モッチッチ

韓国旨辛焼そばモッチッチ ヤンニョムだれ!女性を中心に人気が高いトレンドメニューを焼そばに再現

韓国旨辛焼そばモッチッチ ヤンニョムだれ

韓国旨辛焼そばモッチッチ ヤンニョムだれ」を食べてみました。(2022年8月29日発売・エースコック

この商品は、トマトをベースにコチュジャンの旨味や“ごま油”を利かせた韓国風旨辛ヤンニョムといったタレの味を“モッチッチ”流にアレンジ・再現、黒糖蜜の甘みや味噌のコクを加えたヤンニョムダレがシリーズらしいモチモチ食感の“真空仕立て麺”と絶妙にマッチし、ほどよい辛さと旨味がクセになる“焼そば”とはひと味違ったコク深い一杯、“韓国旨辛焼そばモッチッチ ヤンニョムだれ”となっております。(値段:税別214円)

ご覧の通り、今回の“モッチッチ”は韓流メニューの中でも定番グルメとして定着しつつある“ヤンニョム”を“焼そばモッチッチ”で再現した一杯となっており、そもそもコチュジャンや唐辛子、香味野菜など様々な材料を合わせた調味料で、焼肉やキムチなどの味付けなどに使用する旨辛な味わいをアレンジし、女性層をターゲットとしているせいか辛さに関してはやや控え目となっているようで比較的甘みが強調され、まさに気軽に楽しめるテイストが最大の特徴であり、パッケージにもどこか可愛らしい雰囲気を感じさせる配色やフォントが使用されています!

韓国旨辛焼そばモッチッチ ヤンニョムだれ パッケージ

また、こちら容器側面には…トマトをベースにコチュジャンや“ごま油”、黒糖蜜の甘みや味噌のコクなどを合わせた旨辛なタレがモチモチとした中細麺にしっかりと絡み、各種具材が盛り付けられた仕上がりイメージが掲載されていて、これを見る限り具材には…シンプルにキャベツ・“ねぎ”が使用されているようです!

これは…見るからに濃厚な“ヤンニョム”ならではの旨味溢れる味わいが予想され、やみつき感のある旨辛なテイストが気軽に楽しめる一杯ということで、本格韓流旨辛な“焼そば”に期待できそうです!そしてトマトをベースにしたタレに黒糖蜜の甘みや味噌のコク、ピリッとした唐辛子の辛さを加え、メリハリのあるコク深さがクセになるフレーバーということもあって女性層からの評判も良いんじゃないでしょうか?
※この“もちもち真空仕立て麺”は、麺の密度を高めることによって新食感を表現しているとのこと。

ちなみに気になるこちらの文字は“モッチッチ”シリーズらしい麺の食感を意味する“もちもち”と韓国語で記載されているとのことです!(この辺りは気になるので読めるようにしてほしいんですが…)上記の仕上がりイメージの横に記載されている文字は韓国語で“ヤンニョム”です。

そして実際の“ヤンニョム”にはコチュジャンや味噌・醤油、“ごま油”や様々な香味野菜、“ごま”や果物などが含まれているため、お好みによっては後引く辛さを引き立てる唐辛子などを加えてやみつき感のある味わいをさらに際立たせてみても良いかもしれません!ただ…別添されている“調味たれ”にもコチュジャンや味噌、ほどよい辛さが使用されていますから、全体の旨味としては申し分なく、気軽に“ヤンニョム”風の味わいが楽しめることに間違いなさそうです!

他にも特徴として…麺は“モッチッチ”シリーズならではの密度感の高い“真空仕立て麺”による生麺のようなモチモチとした食感に仕上がり、トマトやコチュジャンをベースに“ごま油”や黒糖蜜の甘みや味噌のコク、ピリッとした唐辛子の辛みなどをバランス良く合わせたことによって本格的な韓国調味料“ヤンニョム”をイメージさせるコク深く旨辛な味わいが最後まで飽きることなく楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

コチュジャンや味噌など深みのあるテイストで、ヤンニョムらしく甘みが絶妙にマッチしたタレには…旨辛といった辛さはかなり控え目で個人的には甘みの強さが印象的で、やはり女性層をターゲットにしているシリーズらしく全てにおいて落ち着いた仕上がりとなっており…濃厚感・辛みが非常に弱く、確かに後引く辛みと旨味がクセになるヤンニョム風のテイストではありますが、これと言って突出した特徴もなく変な甘みだけが際立ったことで好みがはっきりと分かれるフレーバーと言え、数あるトレンドメニューの中でも女性を中心に人気が高いヤンニョムを“モッチッチ”流にアレンジしたことで辛さ控え目・コク深く甘みのある一杯となっていました!
これは特に、定番グルメとして定着しつつある“ヤンニョム”といった旨辛な味わいが好みの方はもちろん、トマトをベースにコチュジャンや味噌、“ごま油”や黒糖蜜の甘みを合わせた旨辛なタレにモチモチとしたシリーズ特有の中細麺“真空仕立て麺”がよく絡み、場所を選ばすオシャレにカップ麺を楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの“手づくり”のようなモチモチとした食感が特徴的な“モッチッチ”シリーズの新フレーバーとして登場したトマトをベースにコチュジャンや味噌、“ごま油”や黒糖蜜の甘みを合わせ、さらに唐辛子のピリッとした辛さがクセになる旨辛な味わいが特徴的なヤンニョムを“モッチッチ”流にアレンジした一杯、「韓国旨辛焼そばモッチッチ ヤンニョムだれ」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

韓国旨辛焼そばモッチッチ ヤンニョムだれ

今回ご紹介するカップ麺は、“手づくり”のようなモチモチとした食感やスタイリッシュな容器が特徴的な“モッチッチ”シリーズの新商品ということで、トマトをベースにコチュジャンや味噌のコク、“ごま油”や黒糖蜜の甘み、そして唐辛子の辛みをバランス良く合わせたことによって定番グルメとして定着しつつある“ヤムニョン”をイメージし、まさに旨辛な味わいが表現され、コク深く雰囲気のある味わいがじっくりと楽しめる一杯、“韓国旨辛焼そばモッチッチ ヤンニョムだれ”となっています。
※売っている場所:今回はヨドバシの通販で購入

ご覧の通りパッケージは落ち着いた黄色を基調に女性層がターゲットというだけあって、旨辛でコク深く、ピリッとした辛みを利かせた“ヤムニョン”の味わいがアレンジ・再現されているとは思えないほどスタイリッシュでありながらも可愛らしさを表現したデザインがあしらわれ、今回はシリーズ史上初となる“焼うどん”を表現した一杯、“焼うどんモッチッチ だし醤油味”も同時発売されています!

ちなみにこの“モッチッチ”シリーズと言えば…エースコック独自の市場調査によるアンケート結果を元に女性をターゲットに開発されたもので、以下のような項目が特徴のシリーズです!

  • 持ちやすく・スタイリッシュなパッケージ
  • 熱が逃げにくい口の狭い容器
  • 生麺のようなもっちりとした食感の麺

そしてこちらにも“ホカホカ長続き ボックス型容器”と記載されているように、このシリーズは上記の通り持ちやすさが考慮されており、それによって最後まで熱々のまま楽しめるとのこと!(実際には容器の口が狭いせいで非常に混ぜにくく…後半にもなると普通に冷めています。。)

また、エースコックの独自技術“真空仕立て麺”によってモチモチ感やコシのある弾力など…まるで“手づくり”の味わいを表現したシリーズということで登場した第1弾となる“焼そばモッチッチ(2017年6月19日発売)”をはじめ…“塩焼そばモッチッチ ふわり鰹だし(2017年9月25日発売)”や“五目中華焼そばモッチッチ オイスターソース仕立て(2018年6月4日発売)”、さらに“たらこ味焼そばモッチッチ だし塩仕立て(2018年11月19日発売)”や“塩レモン焼そばモッチッチ 瀬戸内レモン仕立て(2019年6月3日発売/2021年6月7日リニューアル発売)”などバラエティに富み、女性に支持を得られそうなフレーバーが定期的に発売されてきました!

そんなシリーズ発売5周年を迎える中、2022年8月29日には“焼そばモッチッチ”がリニューアル、そして“塩焼そばモッチッチ ふわり鰹だし(2017年9月25日発売/2022年3月28日リニューアル発売)”の終売に伴い新たに登場した“韓国旨辛焼そばモッチッチ ヤンニョムだれ”と“焼うどんモッチッチ だし醤油味”を盛り上げようということで、セブン-イレブン限定で“焼そばモッチッチ 台湾まぜそば”と“焼そばモッチッチ 汁なし担々麺”が2022年8月23日に同時発売されています!(この2商品に関してはセブン-イレブン限定ではありますが、エースコックのロゴが入っているため、PB商品ではなく“留型”と呼ばれる商品となっています。)

それでは、今回の“韓国旨辛焼そばモッチッチ ヤンニョムだれ”がどれほどトマトをベースにコチュジャンや味噌、“ごま油”や黒糖蜜の甘みを利かせた旨辛なタレに仕上がっているのか?シンプルながらも具材に使用されたキャベツや“ねぎ”との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもモチモチとした食感に仕上がった“モッチッチ”シリーズならではの中細麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り403kcalとなっております。(塩分は4.0g)

カロリーは、コク深く旨辛な“ヤンニョム”の味わいを再現したフレーバー・汁なしカップ麺の割に女性をターゲットとしているからでしょうか?1食当たりの量が少ないわけでもなく低めな数値のようで、塩分も同じくやや低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり98g、麺の量は85gとのこと。

また、このカロリーと塩分の数値を見てみると…トマトをベースにコチュジャンや味噌、“ごま油”や黒糖蜜の甘み、ピリッとした唐辛子の辛みなどを合わせ、特に動物系の脂・油分などが使用されているわけでもありませんので、思いのほか後味の良い旨辛なテイストを表現、まさに素材の旨味を存分に活かしたフレーバーとなっており、モチモチとした食感とともにカロリーもそこまで高くないとくれば…この辺りを気にしている女性層にもうまくマッチしているとも言えるでしょう!

原材料について

では原材料も見てみます。

タレには、トマトペーストや植物油脂をはじめ…

  • 食塩
  • みそ加工品
  • 香辛料
  • 黒糖加工品
  • 香味油
  • カツオ調味料

といった、トマトをベースにコチュジャンや味噌、“ごま油”や黒糖蜜の甘み、唐辛子などをバランス良く利かせたことで“ヤンニョム”ならではのコク深く旨辛なタレに仕上がり、具材はキャベツと“ねぎ”といった非常にシンプルな仕様ですから…物足りなさを感じさせない味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…これまで発売されてきたシリーズお馴染みの材料が使用されているようで、今回も同じく生麺を再現したエースコックの独自技術“真空仕立て麺”によってモチモチとした食感が楽しめそうです!

JANコード4901071222345
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白、たん白加水分解物)、たれ(トマトペースト、植物油脂、たん白加水分解物、発酵調味料、砂糖、食塩、みそ加工品、酵母エキス、香辛料、黒糖加工品、香味油、カツオ調味料)、かやく(キャベツ、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、ソルビット、酒精、かんすい、乳化剤、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、カラメル色素、香料、香辛料抽出物、増粘多糖類、甘味料(スクラロース)、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (98g) 当たり]
熱量403kcal
たん白質7.6g
脂質13.0g
炭水化物63.8g
食塩相当量4.0g
カルシウム250mg

引用元:韓国旨辛焼そばモッチッチ ヤンニョムだれ|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“真空仕立て麺”によるモチモチとした食感が特徴的な中細麺や具材などがすでに入っていて、他には…“調味たれ”と記載された調味料がひとつ入っています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、触ってみたところ…コチュジャンや味噌、黒糖蜜などが使用されたことによって若干トロッとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

そして、具材には…

  • キャベツ
  • ねぎ

が入っています。

今回は“ヤンニョム”といった調味料・タレをイメージした一杯ということもあって何らかの料理を再現しているわけではありませんので、そこまで違和感こそないものの…個人的に肉類の具材は使用してほしかったところではありますね。。ただ…別添されている“調味たれ”を加えて、しっかりと全体を混ぜ合わせることによって旨辛で甘みのある美味しさが際立ち、様々な材料を凝縮させた濃いめの味わいに期待できそうです!

また、麺はご覧の通りエースコックの独自技術“真空仕立て麺”による中細太といったところでしょうか?すでにもちっとした弾力を思わせるような通常見かけるカップ麺の麺とはまた若干仕様が異なる生麺のような“てづくり感”のあるフライ麺が採用されています!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ4分待ちます。(必要なお湯の目安量:460ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

しっかりと湯戻りしたことで先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはモチモチ感が増したことでシリーズらしい弾力のある食感が楽しむことができ、まだ別添されている“調味たれ”を加える前の状態ではありますが、トマトをベースにコチュジャンや味噌、“ごま油”が香る旨辛なヤンニョム風のタレに仕上がり、最後まで飽きることのない韓国グルメとして定着しつつある味わいが気軽に楽しめる一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの“調味たれ”を加えていきます!
すると…コチュジャンや味噌、黒糖蜜の甘みなどを凝縮させたほんのり“とろみ”のある濃い目のタレが出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

そして風味としては意外と甘みのある香りが広がり、韓国の調味料・タレとして知られる“ヤンニョム”らしい様々な旨味・甘みなどがコクを引き立て、さらにほんのり唐辛子を利かせた旨辛なテイストが最後まで飽きさせないメリハリをプラスし、この時点ではそこまでクセのある風味というわけではありません!

そのため、この“調味たれ”を加えると…トロッとした状態ということもあって表面に留まり、女性層を中心に幅広く好まれるヤンニョムならではの旨辛な一杯であることに間違いなく、比較的甘みが際立っているせいか…濃厚というよりもコクが引き立ち、ここにどれほど唐辛子のキリッとした辛みが利いているのか気になるところ。。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通り“モッチッチ”シリーズの容器は空気が触れる面積を少なくした小さめの口によって熱が冷めにくいんですが、それによって若干混ぜにくさといった感じはあるんですよね。。

ただ、粘度のある“調味たれ”というわけでもありませんので、案外すんなりとモチモチとした麺にもコク深い醤油ダレが馴染んでいきます!(控え目に言って…なので混ぜにくさは否めません。。)

こうして“調味たれ”が全体に馴染むと…やはり思ったより風味は比較的弱く、トマトをベースにコチュジャンや味噌、黒糖蜜の甘みを利かせたコク深いヤンニョムダレが再現され、“ごま油”もそこまで主張していない点が個人的に好印象で、最後まで飽きの来ない旨辛な味わいが本格感のある麺とともにじっくりと楽しめそうです!

また、具材に使用されているのはキャベツと“ねぎ”のみといった非常にシンプルな仕様となっているため、今回の“韓国旨辛焼そばモッチッチ ヤンニョムだれ”は主に麺と拘りのタレで楽しむ一杯であり、全体を混ぜるほどに満足度も増していき、何と言ってもモチモチとしたシリーズならでは“手づくり”のような食感の麺とコク深く旨味が凝縮されたヤンニョムダレがバランス良く融合し、定番グルメとして定着しつつある韓流メニューの旨辛な味わいがしっかりと楽しめるとあって女性だけでなく幅広い層の方にとっても満足のいく一杯といったところではないでしょうか?

食べてみた感想

一口食べてみると…トマトをベースにコチュジャンや味噌、“ごま油”や黒糖蜜の甘み、唐辛子などをバランス良く合わせたヤンニョムならではの旨辛で甘みの強い仕上がりとなっていて、唐辛子も利いているんでしょうけどかなり控え目ということで甘みが強調されているようにも感じられるため、旨辛とは言ってもコク深く雰囲気のあるテイストで、再現性こそ定かではありませんが…個人的には非常に中途半端なイメージが強く、どうしてもターゲットが女性層ということもあって全体的に味は控え目といったところ!

これはどうなんでしょう?ぱっと見として“韓国旨辛”と記載されていただけあってコク深くもキリッとした辛みがクセになるテイストを期待していただけあって微妙ですね。。特に唐辛子などの辛み要素が黒糖蜜の甘みやトマトの旨味によってかき消されてしまい…メリハリもなくただただ甘みのある味噌系のタレとなっていたため…お好みによっては唐辛子や豆板醤などを別途追加すると劇的に美味しくなることと思われますので、まずはデフォルトで味わってみて味を調整してみても良いでしょう!

そのため、辛みはほぼなく…味噌やコチュジャンによるコクが黒糖蜜の甘みとともに甘みのあるタレに仕上がり、何度じっくりと味わってみても存在感が薄く感じられます。。これはコンセプトからなのでしょうか?味付けは全体的に控え目で、なんと言っても動物系の旨味が使用されていないせいか、食べ進めていくに連れて麺がパサついた印象となってしまいます。。もちろん脂っこさがないので食べやすいフレーバーではありますが、少し物足りなさはありますね!

通常、韓国系のタレで旨辛な調味料と聞くとやはりしっかりとした旨味とコク、それをうまく調和させる辛みが絶妙なバランスで構成されているんですが、今回のフレーバーに関してはコチュジャンや味噌のコクは良いものの…変に甘みが強調されてしまい、辛さが控え目ということで麺のパサつきも気になりますね!とは言え、この軽やかなテイストが“モッチッチ”シリーズらしさでもあり、もちろん薄味というわけでもありませんから、想像以上に満足度も高く楽しめるのではないでしょうか?

麺について

麺は、アンケート結果から生まれたモチモチ感やほどよいコシを兼ね備えた生麺さながらの食感が“真空仕立て麺”によって表現されていて、シリーズらしい弾力のある仕上がりとなっています!

そんな麺には…トマトをベースにコチュジャンや味噌、“ごま油”や黒糖蜜の甘み、そして唐辛子を利かせた定番グルメとして定着しつつある“ヤンニョム”といった調味料・タレの味わいを再現した旨辛なタレがよく絡み、一口ずつにコク深くも甘みもあり、韓国調味料ならではの味わいなどが口いっぱいに広がっていき、ほんのり香るトマトや“ごま油”の風味などが後味良く抜けていきます!…というかこの“ヤンニョム”の味わいを再現したタレは濃いめではありますが、濃厚・こってりといった感じはなく、非常にライトなテイストとも言えるでしょう!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのキャベツが入っていて、使用されている数は若干少なめではありますが…やや大きめにカットされたことでシャキシャキとした食感が心地良く、今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されていて、新鮮な“ねぎ”というわけではありませんが、ほどよいサイズにカットされてはいますが…シャキシャキとまではいかないものの、ちょうど良い薬味となったことでコク深いヤンニョムダレの美味しさを引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

タレについて

タレは、先ほどもお伝えした通りトマトをベースにコチュジャンや味噌、“ごま油”や黒糖蜜の甘み、そしてピリッとした辛みの唐辛子など様々な材料が使用されたことによってコク深くも旨辛なテイストに仕上がり、特に今回は辛みが弱く甘みが際立ったことで若干微妙な感じもあり…雰囲気あるタレではありますが、どうも全体的に中途半端なイメージが強く、こってり感こそないものの…物足りなさといった感じもなく、まさにシリーズらしいターゲット層に合わせた旨辛な味わいがバランス良く融合したことによって最後まで飽きの来ない仕上がりとなっています!

そして、気になる唐辛子の辛さに関しては、ちょうど良いアクセント程度で食欲そそるピリッとした辛さによるメリハリの付いた旨辛なタレを引き立て、全体をしっかりと混ぜながら食べ進めることでヤンニョムならではの旨辛な味わいだけでなくフライ麺特有の香ばしさなんかも楽しめるのではないでしょうか?

他にも原材料にはカツオ調味料といった材料が記載されていましたが、直接的に感じられるような利かせ方ではなく、あくまで隠し味程度に加えられていたため、個人的にはもう少し全体のバランスを考慮してほしかったですね。。(正直、“まずい”と感じられる方も多いかと思われます…)

このように、今回の“韓国旨辛焼そばモッチッチ ヤンニョムだれ”はトマトをベースにコチュジャンや味噌、“ごま油”や黒糖蜜の甘み、そして唐辛子など様々な材料を合わせた雰囲気のある旨辛なタレに仕上げ、コク深いんですが…意外とあっさりとしたテイストとなっており、女性層をターゲットにしているせいか濃厚感・コク・旨味に関して割と控え目となっていて、個人的には“韓国旨辛”と記載されていただけあって濃厚で辛みも強いフレーバーをイメージしていたため、お好みによっては相性抜群な唐辛子や“おろしにんにく”などをガツンと加えてみても良いでしょう!

まとめ

今回「韓国旨辛焼そばモッチッチ ヤンニョムだれ」を食べてみて、韓流メニューとして定着しつつあるヤンニョムの味わいを韓国旨辛焼そばとしてアレンジした一杯には…トマトをベースに様々な旨味・調味料などが凝縮されたことによって旨辛でコク深いタレに仕立て上げ、そこにシリーズらしいモチモチ食感の“真空仕立て麺”が絶妙にマッチしていたものの、全体的に控え目なテイストとなっていたため、まさに女性層に好まれそうなライトで旨辛な味わいがたっぷりと楽しめる仕上がりとなっていました!

このシリーズはどうしても若干物足りなさといった感じが否めなく…今回はいつもの“焼そば”とはひと味違ったテイストではありますが、ヤンニョムならではの雰囲気ある味わいが表現されていたため、様々な香辛料や調味料を加えて調整してみるとより一層本格感のある味わいが楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!