カップ麺

ペヨング カレーやきそば!辛すぎないまろやかなカレー味がリーズナブルに楽しめる風味豊かな一杯

ペヨング カレーやきそば

ペヨング カレーやきそば」を食べてみました。(2022年6月6日発売・まるか食品

この商品は、“ペヤング”でお馴染み“まるか食品”公認の“ニセモノ”として話題となった廉価版となる“ペヨング”シリーズの新フレーバーということで、ポークをベースにしたコク深くまろやかで何より辛すぎないカレー味を焼そばソースに表現したシンプルでありながらも定番のフレーバーが登場です!

それも…カレーならではのスパイスを利かせた辛さ控え目の味わいにポークの旨味がコクを引き立て、キリッとした口当たりと絶妙にマッチしたことで後味すっきりとしたテイストに仕上がり、“ペヤング”ならではのラードを使用した油で揚げた麺から滲み出る風味豊かな香ばしさはもちろん、辛すぎないとは言え決して甘ったるいわけではない全体のバランスが非常に良い幅広い層に好まれる一杯、“ペヨング カレーやきそば”となっております。(値段:オープン価格)

しかもこのシリーズ、廉価版ということもあって非常にリーズナブルな価格なんですよね!今回も税別118円で購入しましたので、場所によってはもっとお求めやすい価格で取り扱いされている所もあるかもしれません!
※参考までに通常の“ペヤング ソースやきそば”は税別193円です。

ご覧の通り、パッケージには後味シンプルな味わいをイメージさせる黄色を基調に大きく“カレー”と記載されており、ぱっと見で辛すぎずまろやかな美味しさが伝わってきます!…というかこの“ペヨング”シリーズはちょっと少なめで価格も安いので通年扱いしてほしいところ。。

ちなみに上記の通りパッケージには今回の仕上がりイメージなんかは一切掲載されておりません!ただ、原材料を見る限り具材には…シンプルにキャベツのみとなっているようです!通常だと“味付け鶏ひき肉”やカレーにぴったりな味付豚肉なんかが使用されていてもおかしくないと思うんですが、今回は“ペヨング”といった廉価版ですから、若干物足りなさを感じるもののソースが美味しいので意外とこれで良かったりするんですよね!

そしてこちら!通常“ペヤング”とカタカナ表記されている場所に“Peyong(ペヨング)”と記載されており、メーカーが本気で偽物を作ったという…遊び心満載な廉価版シリーズであることが伝わってきます!(むしろちょうど良いサイズ・手頃な価格設定ということもあって、もはやこれで良いという方も多いのではないでしょうか?)

また、今回はイカスミの味わいを活かしたコク深く風味豊かな一杯、“ペヨング イカスミやきそば”も同時発売されています!

他にも特徴として…麺はシリーズお馴染みラードを使用した油で揚げたフライ麺となっていて、ラードの旨味や香ばしい風味が滲み出すことで、コク深いカレーならではの味わいを引き立てる相性の良い麺が今回も採用されており、それによって辛すぎないまろやかなソースはもちろん、ちょうど良い塩気やオニオン、香辛料などをバランス良く合わせた幅広い層に好まれる美味しさが最後まで飽きることなく楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

辛すぎないまろやかな“カレーやきそば”ということで非常にシンプルな味わいを想像していたんですが、実際にはカレーならではのスパイスがしっかりと利いたことで後味すっきりとしたテイストに際立ち、特に甘みのある仕上がりというわけでもなく、原材料にも記載されていた通りポークをベースに野菜の旨味などをバランス良く合わせ、まさに子どもから大人まで楽しめる美味しさがキレの良い口当たりと絶妙にマッチし、塩加減といい…旨味といい、廉価版とは思えないほどしっかりとした味が表現された仕上がりとなっていました!
これは特に、カレーテイストの“焼そば”が好みの方はもちろん、ポークを利かせたコク深くも後味すっきりとしたシャープな口当たりが絶妙にマッチした安定感のある味わいを廉価版ならではのリーズナブルな価格設定で気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“ペヤング”の姉妹品とも言える“ペヨング”の新フレーバー、辛すぎないまろやかなカレー味を表現した焼そばソースにキレの良さを引き立てる塩気や香辛料をバランス良く合わせた後味の良い一杯、「ペヨング カレーやきそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ペヨング カレーやきそば

今回ご紹介するカップ麺は、“ペヤング公認のパチモン”とポップに書かれて紹介されるほどメーカーが本気で偽物を作ったという廉価版となる“ペヨング”シリーズの新フレーバーということで、ポークをベースに野菜の旨味や各種香辛料を利かせたことで辛すぎないまろやかなカレー味のソースに仕立て上げ、ラードを使用した油で揚げた麺から滲み出す旨味や香ばしさと絶妙にマッチした風味豊かな一杯、“ペヨング カレーやきそば”となっています。
※売っている場所:今回はドン・キホーテで購入

ご覧の通りパッケージも廉価版ということで、どことなく非常にシンプルなデザインにあしらわれ、敢えて質素な雰囲気なんかも感じさせるチープな印象が独特ですね!(このシリーズは総じてこういったシンプルなデザインとなっています。)

ペヨング カレーやきそば パッケージ

ちなみにこの“ペヨング”シリーズと言えば…以前ご紹介した“激辛やきそば”以外にも様々なフレーバーが登場していて、中でもベーシックな“ソースやきそば”は未だに店頭で見かけたりするので、ご存知の方も多いかと思われます!

  • ペヨング ソースやきそば(2016年3月14日発売)
  • ペヨング やきそばキムチ味(2016年9月12日発売)
  • ペヨング ヌードル醤油味(2016年12月12日発売)
  • ペヨング ヌードル味噌味(2016年12月12日発売)
  • ペヨング やきそば 油そば風(2018年2月12日発売
  • ペヨング 激辛やきそば(2018年2月12日発売)
  • ペヨング 塩やきそば(2020年6月15日発売)

そして冒頭でもお伝えした通りこのシリーズは、お馴染み“ペヤング”の兼価版となる低価格となっていて、今回は税別118円で購入しました。(そのため公式ページにも“オープン価格”と記載されています。)

また、気になる“ペヤング”シリーズとの大きな違いとしては以下のように3つあり、内容と価格帯を考慮するともはや廉価版で良いのでは?と思ってしまうほど…ほんの少しの違いとなっています!…というか小腹が減った時にもちょうど良いかもしれませんね!

  • 麺量が通常より10g少ない(90g→80g)
  • かやくに“味付け鶏ひき肉”を使用していない
  • コストを抑えた原材料の調整によって若干カロリーオフ

他にも“カレー”をテーマにしたフレーバーと言えば…2009年2月に初登場した“MARUKAカレーやきそば”、そして2012年8月には“ペヤング 激辛カレーやきそば”が登場し、その後“ペヤング カレーやきそば プラス納豆(2017年11月27日)”や“ペヤング カレー南蛮やきそば(2019年6月3日発売)”といったフレーバーが発売されており、その際はあくまでカレーの美味しさをベースにひと味違ったテイストが表現された仕上がりでしたが、今回はなんと言っても王道とも言えるまろやかな“カレー”ですからね!その辺りはやはり安定感のある味わいに期待できそうです!

それだけでなく、“ペヤング 超大盛やきそば ハーフ&ハーフ ガーリックカレー(2021年7月12日)”や、“ペヤング 獄激辛カレー やきそば(2021年1月18日発売)”といったインパクト抜群なフレーバーが登場した経緯があり、“まるか食品”でも地味に定番のフレーバーと言える一杯となっています!

それでは、今回の“ペヨング カレーやきそば”がどれほどポークや野菜などの旨味を凝縮させたカレーソースに仕上がっているのか?キリッとした後引くスパイスとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもラードを使用した油で揚げたシリーズならではの麺から滲み出る旨味や香ばしさとの相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り467kcalとなっております。(塩分は3.0g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)でありながらも1食当たりの全体量が若干少なめということもあってそこまで高い数値ではなく、塩分も同じくかなり低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり103g、麺の量は80gとのこと。

通常のレギュラー商品だと1食当たり120gとなっているんですが、“ペヨング”シリーズでは麺が10g少なくなり、さらに具材もキャベツのみということで全体的な量は若干少なく、“ペヤング ソースやきそば”の544kcalと比べてみるとかなりカロリーオフとなっていることがわかりますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、食塩や香辛料をはじめ…

  • しょうゆ
  • はちみつ
  • たまねぎ
  • りんご果汁
  • ポークエキス
  • トマトペースト

といった、ポークをベースに野菜の旨味や隠し味のような材料がバランス良く合わさったことで後味の良いスパイスとともにメリハリのあるコク深くもまろやかなカレー味のソースに仕上がり、“辛すぎないまろやかなカレー味”というだけあって想像以上にクセになる味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…ラードや“しょうゆ”、食塩や香辛料といった材料が確認でき、ラードを使用した油で揚げた麺にはほどよい味付けなんかも施されていることが確認できますね!

JANコード49 02885 00820 0
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(糖類、食塩、香辛料、しょうゆ、はちみつ、たまねぎ、りんご果汁、ポークエキス、トマトペースト)、かやく(キャベツ)/調味料(アミノ酸等)、酒精、増粘多糖類、カラメル色素、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、アナトー色素、ビタミンB₂、(一部に小麦・大豆・豚肉・りんごを含む)

栄養成分表示 [1食 (103g) 当たり]
熱量467kcal
たんぱく質7.7g
脂質22.4g
炭水化物58.6g
食塩相当量3.0g

引用元:ペヨング カレーやきそば | まるか食品株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく”、“ソース”といった2つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特に“ソース”とだけ記載された“焼そばソース”にはカレー味にも関わらず非常にサラッとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます。

また、麺はご覧の通りラードを使用した油で揚げたラードの旨味や香ばしさが滲み出るシリーズらしさを感じさせ、今回のフレーバーもまた香ばしい風味が旨味を引き立てる相性の良い組み合わせのようです!

調理してみた

ではまず、“かやく”を入れてみます。
とは言え…先ほどもお伝えした通りこの“ペヨング”シリーズは廉価版ということもあってシンプルにキャベツのみが入っているものの、使用されている数自体少ないわけではないようです!

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:480ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

しっかりとお湯を吸ったことで先ほどまでの麺やキャベツがふっくらとした仕上がりとなり、そもそも湯切りしている最中からすでに食欲そそるラードの旨味を含む香ばしさが広がり、シンプルなパッケージよりも想像以上にコクのある“カレーやきそば”…といった印象の出来上がりです。(せっかくのラードの旨味が湯切りによって流れているようにも感じられるので本当なら鍋で調理したいですね。。)

ではここに先ほどの“ソース”を加えていきます!
すると…割とサラッとした状態ではありますが、ほどよいポークや油分が加わったことでほんのり“とろみ”が付き、見るからに旨味が凝縮されたコク深いテイストであることが確認できます!というか“カレーやきそば”ならではのスパイシーな風味はやや控え目といったところ。。

そして、使用されているソースはサラッとしていて量もやや多めとなっているせいか…すぐに容器底へと沈んでいくわけですが、表面に留まる様子からして“辛すぎないまろやかなカレー味”というのも納得の雰囲気で、誰もが好むカレーテイストにスパイシーな風味がほんのり香り立ち、ドロッとしていない辺りがむしろ好印象で、色合いからして決して物足りなさを感じさせないコク深い味わいに期待できそうです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通りポークを利かせたコク深いカレーソースにはほどよい旨味エキスや脂・油分などが含まれているようで、カレーらしくほんのり“とろみ”は付いているものの…非常にサラッとした状態となっていますので、思いのほかすんなりと風味豊かな麺にも馴染んでいきます!

そしてソースが全体に馴染んだところがこちら!
廉価版ということでキャベツのみという点が非常にシンプルではありますが…辛すぎないまろやかなカレーというだけあって色味はやや薄めで安定感があり、やはり“焼そば”の基本はソースの美味しさが命ですから特に物足りなさといった感じはそこまでありません!

そのため、ソースはカレー独特の旨味や風味に加え塩気や香辛料がバランス良く融合したことで子どもから大人まで幅広い層に好まれる美味しさに際立ち、色が色なので若干薄味にも感じられるかもしれませんが…実際にはコク深くまろやかな味に間違いなく、香辛料によるキレ・後味の良さが加わったことで最後まで飽きの来ない万人受けするかのようなフレーバーと言えるでしょう!

というのも…今回のフレーバーは“辛すぎないまろやかなカレー味”ということで素材の旨味がストレートに楽しめるのは間違いなく、そのため原材料に記載されていたようなポークの旨味がコク深さを下支えし、さらに野菜の旨味やほどよく利かせた本格スパイスなどがバランス良くマッチした安定感のある味わいがじっくりと楽しめそうです!

食べてみた感想

一口食べてみると…辛すぎないまろやかなカレー味ということでスパイス感はやや控え目ではありますが、決して甘みの強いテイストというわけではなく、ポークや野菜の旨味がしっかりと利いたことで安定感のある味わいが心地良く、キリッとしたシャープな口当たりが絶妙にマッチしたことでちょうど良いメリハリが付き、しっかりとした旨味とほどよいスパイシーな風味が食欲を掻き立て、まさに廉価版とは思えないほど満足度の高い仕上がりとなっています!

ただ、あくまで“辛すぎないまろやかなカレー味”を表現しているため、安定感もあって美味しいんですが、個人的にはもう少し刺激的な辛さや本格スパイスをガツンと利かせた方が好みでしたから…お好みに合わせて各種調味料や香辛料を加えてアレンジしていただくと良いでしょう!塩気もやや強めでほどよいスパイス感が食欲そそる後味の良いフレーバーでしたから、ついつい箸が止まらなくなるシリーズらしいジャンク感などがうまく表現されていることに間違いありません!

また、ラードを使用した油で揚げた麺から滲み出すラードの旨味や香ばしさなんかも直接感じられることはないものの…今回のフレーバーに相性良く馴染み、原材料にも記載されていた通りほどよい味付けが施されていますから、そういった細かい調整によってこの美味しさに仕上がっており、まさに廉価版らしく非常にシンプルですが納得の一杯と言えるでしょう!

そして、気になる香辛料については…恐らく数種類のスパイスが使用されていると思われるんですが、ほどよくといった感じで主張が強いわけではなく、ベースがポークなのでコク深くも香辛料によるキレ・後味の良さが好印象といったところ!

麺について

麺は、ご覧の通りラードを使用した油で揚げたフライ麺となっていて、やや細めにも見える中太仕様の麺から香る風味豊かな香ばしさが印象的で、軽やかなすすり心地がまた香ばしい風味を引き立てているようにも感じられます!

そんな麺には、臭みのないポークをベースに野菜の旨味や各種香辛料などをバランス良く合わせたことで誰もが好む辛すぎないまろやかなカレー味に仕立て上げたソースがよく絡み、一口ずつにスパイス感のある旨味がポークによってコク深く引き立てられた味わいなどが口いっぱいに広がっていき、食欲そそるスパイシーな風味やラードの香ばしさなどが後味良く抜けていきます!…というか今回のフレーバーは非常に安定感がありますね!まろやかであり、辛すぎずほどよいスパイス感がバランス良く融合しているため、嫌いな人がいないのでは?というほど定番の味わいと言えるでしょう!

トッピングについて

トッピングにはまず、と言っても…このキャベツのみとなっていて、ほどよいシャキシャキ感が心地良く、使用されている数も決して少ないわけではなく、カレーソースとも意外に相性良く馴染み、今回の一杯に対して彩りと食感としてのアクセントがプラスされているようです!

そして、そのキャベツを麺と一緒に絡めて食べてみると…風味豊かなスパイシーな香り以外にもちょうど良い食感が加わり、廉価版とは言え…思ったよりコクのあるしっかりとしたソースとともにまろやかな美味しさが楽しめることでしょう!

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通り、ポークをベースに野菜の旨味や本格スパイスなどをバランス良く融合させたことでコク深くも辛すぎることのない味わいが心地良く、辛すぎないからと言って甘みがあるわけでもなく、後味すっきりとしたキレの良い口当たりがちょうど良いメリハリをプラス、非常に安定感のある定番とも言えるテイストなんですが、物足りなさといった感じは一切なく、ほんのり香るスパイシーな風味が食欲を掻き立て、それによってまろやかなカレー特有の美味しさが存分に楽しめる満足度の高い仕上がりとなっています!

そしてなんと言ってもシリーズらしいラードの旨味・香ばしい風味が滲み出す麺との相性が非常に良く、この組み合わせによって決して単調なテイストではなく、カレーならではの旨味もありつつ香ばしい風味がジャンク感を際立たせる味わいを演出し、コク深くもメリハリの付いた仕上がりということもあってかなり幅広い層に好まれる一杯と言えるでしょう!廉価版ではありますが、レギュラー化しても良いのでは?

ただ…強いて言えば、ソースは液体タイプを使用しているんですが、徐々に麺がソースを吸ってしまうせいか若干麺がパサついた印象でしたので、もう少しオイリーな油分や動物系の旨味エキスや脂・油分があればもっとコク深さが際立って楽しめたように感じられます!

このように、今回の“ペヨング カレーやきそば”は、辛すぎないまろやかなカレー味ということでポークや野菜の旨味、そしてキリッとした塩気や香辛料がバランス良くマッチしたことで安定感のある美味しさでありながらもコク深さや後味の良さ、そしてカレーならではのスパイス感が心地良く、廉価版とは言っても最後まで飽きることもなく、濃厚というよりも定番の“カレー焼そば”を表現した味わい深いテイストが気軽に楽しめる…そんな満足度の高い一杯であり、決して侮れない仕上がりとなっていたため、お好みによってはカレーテイストと相性の良い各種香辛料など様々な追加トッピングで味わってみても良いでしょう!

まとめ

今回「ペヨング カレーやきそば」を食べてみて、メーカー公認の“ニセモノ”として以前話題となった“ペヨング”シリーズの新フレーバーは、辛すぎないまろやかなカレー味を表現したコク深くも風味豊かなテイストに仕上がり、そこに塩気や香辛料が全体のバランスを調和させることで廉価版とは思えないほどしっかりとした味わいとなり、カレーならではのスパイス感やポークによるコクがストレートに楽しめる後味すっきりとしたフレーバーに間違いなく、使用されている具材はキャベツのみといった仕様ではありましたが、ラードを使用した旨味・香ばしさが印象的なお馴染みの麺と合わさったことで物足りなさを感じさせないジャンク感や旨味を含む塩気が心地良い一杯となっていました!

また、この“ペヨング”シリーズは廉価版ということもあって取り扱いされている店舗がかなり限られてくるんですが…しばらくは販売してほしいですね!後味すっきりとした安定感のある“カレーやきそば”がここまでリーズナブルに楽しめるのは他にはなかなかありませんから…箱買いしておいても良いくらいの一品と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!