まるか食品

ペヤング 海鮮カレーやきそば!カレーソースと3種類の海鮮具材を組み合わせた風味豊かな一杯

ペヤング 海鮮カレーやきそば
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ペヤング 海鮮カレーやきそば」を食べてみました。(2024年6月10日発売・まるか食品

この商品は、スパイスの利いたカレーソースにイカ・エビ・カニカマといった3種類の海鮮具材を組み合わせたもので、夏にぴったりな後味の良さに際立ち、さらに麺から滲み出すラードの旨味や香ばしさが調理感を引き立てる風味豊かな一杯、“ペヤング 海鮮カレーやきそば”となっております。(値段:税別214円)

ご覧の通り、パッケージには“海鮮カレー(SEAFOOD CURRY)”とだけ記載されており、原材料を見てみると畜肉の旨味をベースに野菜やスパイスを利かせた割とシンプルな焼そばソースで、特に海鮮系の材料が使用されているわけではなく、具材として海鮮の旨味を引き立てているようです!(ちょっとイメージと違いました…)

そして今回のフレーバーには…特に仕上がりイメージが掲載されていないんですが、原材料を見る限り具材には…カニ風味かまぼこ・イカ・“えび”といった3種の海鮮具材が使用されているようです!

他にも特徴として…麺はシリーズお馴染みのラードを使用した油で揚げたフライ麺が採用されており、今回の“海鮮カレーやきそば”といったスパイスの利いたカレーソースと3種の海鮮具材を組み合わせことで、香ばしくも旨味溢れるソースと絶妙にマッチし、カレーならではの香辛料によってちょうど良いアクセントが際立ち、安定感のある味わいがじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

上記の通り当初海鮮の旨味も利かせたスパイシーな焼そばソースに仕上がっていると思いきや、実際には特徴のないカレー味の焼そばソースに3種の海鮮具材が旨味をプラスしているだけで、“海鮮カレーやきそば”といった商品名のイメージとは正直かけ離れており、全体的に中途半端な感じが否めない組み合わせで、そこにラードを使用した油で揚げた香ばしいフライ麺が食欲を満たすのある若干チープな印象の仕上がりとなっていました!

ゆうき
ゆうき
では、今回は2024年6月10日に“まるか食品株式会社”から発売された「ペヤング 海鮮カレーやきそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ペヤング 海鮮カレーやきそば

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“ペヤング”シリーズの新商品ということで、スパイスを利かせたカレーソースに3種の海鮮具材を組み合わせ、ラードを使用した油で揚げた香ばしいフライ麺が馴染む落ち着いた雰囲気の一杯、“ペヤング 海鮮カレーやきそば”となっています。
※売っている場所:今回はヨドバシの通販で購入

ご覧の通り今回は定番の和風テイストとはひと味違い、スパイスを利かせたカレー味のソースと海鮮具材を組み合わせたフレーバーとのことで、海鮮を思わせるデザインがあしらわれ、スパイス感のあるカレーソースと海鮮具材、さらに香ばしいフライ麺によってライトな味わいが楽しめそうです!

そして個人的には…“海鮮カレーやきそば”ということでスパイスをメインに海鮮系の旨味も同時に利かせたテイストだと思ったんですが、実際にはソースと具材で海鮮とカレーを組み合わせたフレーバーとのことで、果たしてこれが本来の“海鮮カレー”と言えるのか?若干疑問が残るところではあります…ちなみに今回は福島県の郷土料理“いかにんじん”を再現した一杯、“ペヤング いかにんじん味やきそば”も同時発売されています!

このように“ペヤング”シリーズにはレギュラーサイズとして激辛なテイストから突拍子もない企業・メーカーとのコラボだったりと様々なフレーバーが発売されており、他にもボリューム感のある“超大盛”シリーズや“GIGAMAX”・“ペタマックス”シリーズなど…その種類は非常に多岐に渡り、2023年も様々なフレーバーが登場したように発売49年を迎えた2024年にも期待したいところ!
※“ペヤング ソースやきそば”は1975年(昭和50年)3月に発売されました。

他にも、ここ数年の“ペヤング”シリーズ一覧は下記の記事にもまとめてありますので、ぜひご覧ください!やはり“ペヤング”は改めて見ると多種多様なフレーバーが数多く登場していて面白いです!

「ペヤング」シリーズ一覧
「ペヤング」シリーズ一覧!歴代フレーバーを一挙ご紹介します!【随時更新】このブログでは、これまで実に様々な“ペヤング”のフレーバーをご紹介してきましたが、今回は実際に味わってみた一杯を全てご紹介したいと思いま...

それでは、今回の“ペヤング 海鮮カレーやきそば”がどれほどスパイスを利かせたカレーソースに仕上がっているのか?海鮮の旨味を引き立てる3種の具材との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもラードを使用した油で揚げたすすり心地の良いフライ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り523kcalとなっております。(塩分は4.3g)

カロリーは、レギュラーサイズながらも汁なしカップ麺(カップ焼そば)・スパイスを利かせたカレーソースということもあって若干高めな数値のようですが、一方で塩分はこのボリュームを考慮するとやや低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり113g、麺の量は90gとこちらは他のレギュラー商品と同じボリューム感のようです!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、食塩や植物油脂をはじめ…

  • カレー粉
  • しょうゆ
  • ソテーオニオン
  • 畜肉エキス
  • 香辛料

といった、畜肉の旨味をベースに各種スパイスを利かせた定番とも言えるカレー味の焼そばソースに仕上げ、別添されている“かやく”によって海鮮系ならではの旨味をプラス、それらがうまく馴染むことによってクセになるような味わいを想像させる材料が並びます。
※製造工場:まるか食品株式会社 赤堀工場(群馬県)

また、麺の項目を見てみると…ラードや“しょうゆ”、食塩や香辛料といった材料が確認でき、今回もまたしっかりと味付けが施された香ばしい麺が採用されているようです!

JANコード49 02885 01098 2
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(糖類、食塩、植物油脂、カレー粉、しょうゆ、ソテーオニオン、畜肉エキス、香辛料)、かやく(カニ風味かまぼこ、イカ、えび)/調味料(アミノ酸等)、酒精、カラメル色素、増粘多糖類、香料、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、乳化剤、膨張剤、ソルビトール、重曹、加工デンプン、リン酸塩(Na)、ベニコウジ色素、ビタミンB₂、(一部にえび・かに・小麦・卵・いか・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (113g) 当たり]
熱量523kcal
たんぱく質9.3g
脂質27.9g
炭水化物58.7g
食塩相当量4.3g

引用元:ペヤング 海鮮カレーやきそば|まるか食品株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく”、ソースといった2つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特にソースに関しては畜肉の旨味やスパイスが凝縮されているものの、割とサラッとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておくと良いでしょう!

また、麺はご覧の通りシリーズお馴染みのやや細めのフライ仕様となっていて、すすり心地も非常に良く、ラードを使用した油で揚げたことによってラードの旨味や香ばしい風味がコクのあるスパイシーなカレーソースとも相性良く馴染み、素材の旨味をうまく活かした味わいがしっかりと楽しめそうです!

調理してみた

ではまず先ほどの“かやく”を入れてみます。

そして、“かやく”には…

  • カニ風味かまぼこ
  • イカ
  • えび

が入っています!

続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:480ml)
その後しっかりと湯切りをしたところがこちら!…というか3種の海鮮具材から滲み出た旨味まで捨てているようで何かもったいないような気もします!

先ほどまでの麺や具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺には細めながらも歯切れの良いコシが加わり、まだソースを加える前の状態ではありますが…臭みのない畜肉の旨味にスパイスを利かせ、3種の海鮮具材が旨味を引き立てる風味豊かな一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどのソースを加えていきます!
すると…畜肉(牛肉や豚肉)の旨味やスパイスなどを利かせた若干“とろみ”のあるカレーソースがたっぷりと出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!そして風味としてはやはりスパイシーですが、思ったほど強くはありません!

ではよーくかき混ぜていきます!
そしてソースが全体に馴染んだら…先ほどまでの濃い色味は落ち着き、シンプルなカレーソースに3種の海鮮具材が組み合わさったことで今回の味わいを表現しているようで、特に脂っこさや“くどさ”といった感じもなく、“海鮮カレーやきそば”をじっくりと味わうためにもしっかりと混ぜていただいた方が良さそうです!

他にも上記の通り畜肉の旨味を利かせたことでほどよいコクが際立ち、そこに3種類の海鮮具材が使用されたことによって“海鮮カレー”を表現、具材だけで海鮮の旨味をプラスするのは正直どうかと思いますが、香ばしいフライ麺とも相性良く馴染むスパイシーな一杯といったところ!ただ、海鮮具材に関しては“カニ風味かまぼこ”以外かなりチープです…

食べてみた感想・レビュー

一口食べてみると…確かにスパイシーなんですが、定番のカレーならではのスパイス感といったところで、畜肉の旨味もちょうど良いコクをプラスしているものの、インパクトとしては非常に弱く、なんと言っても海鮮の旨味に関してはソースに一切含まれていませんから…かなり肩すかしを食らう印象です!

また、シリーズらしく麺の香ばしさが付与されているからこそソースに調理感が引き立ち、そこに畜肉の旨味が馴染んだことで、かろうじてカレーソースとして成り立っているんでしょうけど、正直期待していた“海鮮カレーやきそば”としては物足りなく感じることと思われます!

ちなみにソースはこれまで登場してきたフレーバーにはない仕様で、原材料を見てもわかるようにかなり簡易的な構成となっていて、一応“海鮮カレー”なので海鮮具材をよく馴染ませながらいただいた方が良さそうです!そのため、個人的には真新しさが感じられませんでしたので、ソースにも海鮮の旨味を利かせてほしかったところ…

麺について

麺は、ご覧の通りシリーズお馴染みのやや細めのフライ仕様で、ほどよい弾力と細めながらも歯切れの良いコシを兼ね備え、すすり心地も非常に良い風味豊かな仕上がりとなっていて、麺量90gと食べ応えに関しても申し分ありません!

そんな麺には、畜肉の旨味やスパイスを利かせた割とライトなカレーソースがよく絡み、具材に使用された3種の海鮮具材からに染み出す旨味やカレー特有の味わいなどが口いっぱいに広がっていき、ほんのりスパイシーな風味や食欲そそる香ばしさが後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“カニ風味かまぼこ”が入っていて、使用されている数・サイズともに申し分なく、じっくりと味わってみると…“かまぼこ”なりの旨味が滲み出す仕上がりでしたので、全体をよく馴染ませながら香ばしいフライ麺と一緒に絡めていただくと、より一層海鮮の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらの“えび”は若干少なめで小ぶりではありますが、“えび”特有の旨味や香ばしさが相性良くマッチした具材でしたので、やはりこちらも上記と同じく海鮮の旨味を引き立てるためにも全体をよく混ぜ合わせていただくと良いでしょう!

他にもこちらのイカが使用されていて、やはりこちらも数・サイズともに物足りないものの…強いて言えば噛むほどに旨味が増す仕上がりとなっていたため、全体をよく混ぜながらいただくべきしょう!ただ、しっかりと混ぜて味わってみても特に“海鮮カレーやきそば”といったイメージとはほど遠いので、正直コンセプトに合っているのか微妙です…

ソースについて

ソースは、畜肉の旨味やスパイスなどを使用しているんですが、特別スパイシーというわけでもなく、子どもも味わえそうな優しく定番の味わいで、醤油や野菜の旨味も合わせたことによってコク深くもちょうど良いメリハリが付き、個人的にはスパイシーというよりも王道でジャンク感のある“カレー焼そば”といった印象です!

また、液体仕様のソースという点が個人的には好印象で、畜肉の旨味エキスが麺をパサつかせることなく最後までじっくりと楽しめることと思われ、そもそも“海鮮カレーやきそば”ということもあって3種の海鮮具材と一緒に味わうべきです!ただ、海鮮の具材をもっと豊富にするか…ソースにも海鮮の旨味を利かせた方が良かったのでは?といった点で悩ましいところ…

まとめ

今回「ペヤング 海鮮カレーやきそば」を食べてみて、スパイスの利いたカレーソースに3種の海鮮具材を組み合わせたことによって夏にぴったり・後味の良い一杯には…畜肉やスパイスを利かせた安定感のあるカレー味のソースに仕上がり、海鮮の旨味は利いていないものの、3種の具材を使用したことで“海鮮カレーやきそば”を表現、そこにラードを使用した油で揚げたフライ麺からも良い旨味・風味が滲み出す最後まで飽きの来ない一杯となっていました!

ただ、どうしても“海鮮カレーやきそば”というだけあって、個人的には海鮮の旨味が利いたスパイシーなカレーソースに期待していたので、物足りなさといった感じもあり…特別スパイシーな印象もなく、シリーズとしては割と落ち着いた仕上がりでしたので、今後の商品展開に期待したいところではないでしょうか?

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

著者プロフィール
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな私「ゆうき」が運営しているブログです。新発売のカップ麺やおすすめラーメン店の実食レビュー記事をメインに更新しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です