ペヤング

ペヤング きんぴら風やきそば!香ばしい醤油をベースに“ごぼう”の風味を利かせた馴染み深い一杯

ペヤング きんぴら風やきそば

ペヤング きんぴら風やきそば」を食べてみました。(2022年6月20日発売・まるか食品

この商品は、醤油をベースにゴボウの風味が際立つ“きんぴらごぼう”の味わいを再現したもので、こってりとした甘みが香辛料とうまく調和したことによって食欲そそる焼そばソースに仕立て上げ、具材には“きんぴらごぼう”らしく“ごぼう”や人参だけでなく“焼そば”らしさを思わせるキャベツを豊富に使用し、そこにラードを使用した油で揚げた麺から滲み出すラードの旨味や香ばしさが相性良く馴染み、どこか懐かしい風味豊かな一杯、“ペヤング きんぴら風やきそば”となっております。(値段:税別214円)

ご覧の通り、パッケージには“きんぴら風”といった今回の商品名が大きく掲載されており、もはや奇抜なのか迷走中なのかわかりませんが…甘みのある醤油味のソースに“ごぼう”の風味を利かせたことで“きんぴらごぼう”を彷彿とさせる味わいに仕立て上げ、具材にも“きんぴらごぼう”ならではの根菜などを豊富に使用したことによって“おかず”にもなりそうな臨場感溢れる美味しさを再現し、どことなく安心感のあるテイストが今回もまた楽しめるものと思われます!…というか最近のペヤングは和風や定番とも言えるフレーバーが多い傾向ですね。。(ありそうでなかったフレーバーが次々と登場している感じもします。)

一方こちらには“ごぼうの旨味が効いたソース”と記載され、特に仕上がりイメージが掲載されていません。そのため原材料をチェックしてみると具材には…キャベツ・ごぼう・人参が使用されているようです!今回は“きんぴら風”ということで個人的にはキャベツが必要ないような気もしたものの…あくまで“カップ焼そば”としてアレンジ・再現していますから、恐らくシャキシャキとした食感が“焼そば”感を演出しているのでしょう!

このように今回のフレーバー“きんぴら風”は一瞬何の変哲もない地味なテイストにも感じられるかもしれませんが…実際には甘みのある醤油をベースに“ごぼう”の風味を利かせ、それによってどこか懐かしさを感じさせる“きんぴらごぼう”ならではの味わいを再現、ラードを使用した油で揚げた麺から滲み出す旨味や香ばしさと絶妙にマッチしたことで全体のバランスが考慮された一品として幅広い層に好まれることに間違いありません!

また、最近の“ペヤング”から登場するフレーバーは、“ペヤング にんにく味噌やきそば(2022年5月2日発売)”や“ペヤング バター醤油味やきそば(2022年5月16日発売)”、“ペヤング ジャーマンポテト風 やきそば(2022年6月6日発売)”など…ある意味シリーズらしくない落ち着いた雰囲気のフレーバーが多く登場していて、今回も日本では非常に馴染み深い“きんぴらごぼう”といった間違いない味わいですから…鉄板でありながらも申し分のない味わいに期待できそうです!

他にも特徴として…麺は“ペヤング”シリーズお馴染みのラードを使用した油で揚げたフライ麺が今回も同じく採用されていて、それによってラードの旨味・香ばしさが“ごぼう”の風味を利かせた甘みのあるソースに滲み出し、豊富に使用された具材やほどよい香辛料がクセになる最後まで飽きの来ない味わいがじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

新フレーバーが“きんぴら風”か…と思いながらも実際に食べてみると、甘めの醤油をベースに“ごぼう”の風味や具材にも根菜などの野菜を使用したことでまさに“きんぴらごぼう”ならではの味わいに仕上がり、ほどよい香辛料が最後まで飽きさせることもなく絶妙にマッチし、想像以上に安定感のある美味しさに仕上がり、なんと言っても豊富に使用された“ごぼう”や人参などの具材が臨場感を際立たせ、まさに“おかず”にもなりそうなテイストとして食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな風味豊かな一杯となっていました!
これは特に、“きんぴらごぼう”といった日本でも馴染み深い定番の味わいが好みの方はもちろん、やや甘めの醤油をベースに“ごぼう”の風味や各種具材を使用したことで想像以上に“きんぴらごぼう”ならではの味わいを香ばしい麺とともにじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“ペヤング”シリーズの新フレーバーとして登場したもので、“きんぴらごぼう”らしく甘めの醤油をベースに“ごぼう”の風味を利かせ、さらにキャベツ・ごぼう・人参といった豊富な具材によってクオリティの高い味わいを再現、そこにラードを使用した油で揚げた麺から滲み出すラードの旨味や香ばしさが絶妙にマッチした一杯、「ペヤング きんぴら風やきそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ペヤング きんぴら風やきそば

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“ペヤング”シリーズの新商品ということで、日本でも馴染み深い“きんぴらごぼう”の味わいを“ペヤング”流にアレンジ・再現、香ばしい醤油に“ごぼう”の風味を利かせた安定感のあるソースに仕立て上げ、具材には“ごぼう”や人参といった“きんぴらごぼう”には欠かせない根菜などが豊富に使用され、想像以上に臨場感の高い味わいがたまらなく、そこにシリーズらしいラードを使用した油で揚げた麺から滲み出すラードの旨味や風味が相性良くマッチした“おかず”にもなりそうな一杯、“ペヤング きんぴら風やきそば”となっています。
※売っている場所:今回はドン・キホーテで購入

というかそもそも“きんぴらごぼう”は和食の中でも定番とも言える料理なんですが、その味付けは濃いめ・甘めの醤油味に“ごぼう”や人参の旨味が滲み出し、子どもから大人まで人気の“おかず”のひとつで、もちろんソース自体に“ごぼう”の旨味が加わっているわけではなく、あくまで“ごぼう”の風味を利かせたことでシリーズらしいジャンク感のある味わいを再現しているようですね。

ペヤング きんぴら風やきそば パッケージ

また、パッケージ背景には野菜をふんだんに使用したイラストイメージの他にも“田舎”といったイメージからインスピレーションした平井筒(ひらいづつ)がさり気なくあしらわれ、最近では食べる方も少なくなったんですかね?根菜を使用した“きんぴらごぼう”=田舎といったテーマが印象的といったところ!

そして上記の通り今回の新商品はぱっと見だと奇抜なフレーバーというわけではありませんが…これまで登場してきた和風テイストのように素材本来の旨味を引き立てる間違いない仕上がりで、幅広い層に好まれる納得の美味しさが気軽に堪能でき、風味豊かな香りと豊富に使用された各種具材によって馴染み深い“きんぴらごぼう”の味わいが楽しめる一杯と言えるでしょう!

このように“ペヤング”シリーズにはレギュラーサイズとして激辛なテイストから突拍子もない企業・メーカーとのコラボだったりと様々なフレーバーが発売されており、他にもボリューム感のある“超大盛”シリーズや“GIGAMAX”・“ペタマックス”シリーズなど…その種類は非常に多岐に渡り、2021年も実に様々な商品が発売されましたから…発売47周年を迎えた2022年も期待したいところ!
※“ペヤング ソースやきそば”は1975年(昭和50年)3月に発売されました。

しかも2022年6月27日には“ペヤング 超大盛やきそばハーフ&ハーフイカスミ”が発売予定で、ここ最近は新フレーバーが毎週のように登場しているため、今後の商品展開も気になりますね!

他にも、ここ数年の“ペヤング”シリーズ一覧は下記の記事にもまとめてありますので、ぜひご覧ください!やはり“ペヤング”は改めて見ると多種多様なフレーバーが数多く登場していて面白いです!

「ペヤング」シリーズ一覧
「ペヤング」シリーズ一覧!歴代フレーバーを一挙ご紹介します!【随時更新】このブログでは、これまで実に様々な“ペヤング”のフレーバーをご紹介してきましたが、今回は実際に味わってみた一杯を全てご紹介したいと思いま...

それでは、今回の“きんぴら風やきそば”がどれほど“ごぼう”の風味を利かせた馴染み深い“きんぴらごぼう”ならではの美味しさに仕上がっているのか?甘めの醤油やメリハリを付ける香辛料との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもシリーズらしいラードを使用した油で揚げたことによってラードの旨味・香ばしい風味が香り立つすすり心地抜群な麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り519kcalとなっております。(塩分は3.3g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)ながらも“きんぴらごぼう”を再現したテイストということもあってそこまで高い数値ではなく、塩分も同じく低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり117g、麺の量は90gとのこと。

また、このカロリーと塩分を見ると…香ばしい醤油をベースに“ごぼう”の風味を利かせ、さらに具材にも“きんぴらごぼう”には欠かせない根菜などの野菜が豊富に使用されたことで馴染み深い旨味や風味、それとメリハリを付ける香辛料によってカロリーが若干抑えられているものの物足りなさといった感じは一切なく、まさに定番ながらも臨場感の高い仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、“しょうゆ”や糖類をはじめ…

  • 植物油脂
  • 食塩
  • ごぼうパウダー
  • かつおぶしエキス
  • 香辛料

といった、香ばしく甘めの醤油をベースに“ごぼう”の風味を利かせたことで“きんぴらごぼう”ならではの美味しさを際立たせ、こってりとした甘みを香辛料がちょうど良く調和し、さらに臨場感を引き立てる各種具材を使用したことによって幅広い層に好まれるテイストをシリーズらしくアレンジ・再現し、まさに素材の旨味を存分に活かした馴染み深くも安定感のある味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…シリーズらしい“ラード”といった材料がしっかりと記載されていることが確認できます!これによってラードの旨味・香ばしさが滲み出し、ソースの旨味も増すんですよね!

JANコード49 02885 00830 9
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(しょうゆ、糖類、植物油脂、食塩、ごぼうパウダー、かつおぶしエキス、香辛料)、かやく(キャベツ、ごぼう、ニンジン)/カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、酒精、増粘多糖類、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB₂、(一部に小麦・ごま・大豆を含む)

栄養成分表示 [1食 (117g) 当たり]
熱量519kcal
たん白質9.5g
脂質23.8g
炭水化物66.6g
食塩相当量3.3g

引用元:ペヤング きんぴら風やきそば | まるか食品株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく”、やきそばソースといった2つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特に“やきそばソース”に関しては甘く香ばしい醤油がベースということもあって非常にサラッとした状態となっていたため、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!(原材料でも確認したように動物系の旨味は特に見当たりませんでしたので後味すっきりとした味わいに期待できそうです。)

また、麺はご覧の通り“ペヤング”ならではのラードを使用した油揚げ麺が今回もまた同じく採用されているようで、これによって今回の“きんぴらごぼう”といった馴染み深い定番の味わいに食欲そそる香ばしさなんかも引き立ち、素材の旨味際立つ相性抜群な仕様となっているようです!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

そして、かやくには…

  • キャベツ
  • ごぼう
  • 人参

が入っています。

特に“きんぴらごぼう”には欠かせない“ごぼう”や人参が豊富に使用されており、それによって風味豊かな“ごぼう”の香りが際立ち、ほどよい食感なんかも楽しむことができ、“焼そば”らしいキャベツなんかも彩り良く含まれているようですね!

では、熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:480ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!(ラードの風味もそうですが…“ごぼう”の旨味や風味も流しているような気がして、なんかもったいなく感じられますね。。)

先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺からは食欲そそるラードの香ばしさが漂い、まだ別添されている“やきそばソース”を加える前の状態ではありますが、香ばしく甘みの強い醤油をベースに“ごぼう”の風味を利かせたことで、まさに“きんぴらごぼう”を食べているかのような味わいに際立ち、豊富に使用された各種具材によって臨場感の高い美味しさが楽しめる安定感のある一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの“やきそばソース”を加えていきます!
ちなみにこのソースは醤油をベースにしているため、非常にサラッとした状態で、しっかりと灰汁抜きされたかのようなクセのない“ごぼう”の風味が一気に広がっていき、麺との馴染みもかなり良さそうです!(まさに“きんぴらごぼう”ならではの安定感のある味わいが伝わり、かなり幅広い層に好まれそうなフレーバーとなっています。)

そしてこの“ソース”は量も多め・非常にサラッとした仕様ということもあってすぐに容器底へと沈んでいき、この時点でふんわりと香ばしい風味や“ごぼう”の香りが広がることで、まさにイメージは“きんぴらごぼう”ならではといった印象で、ほどよい香辛料が利いたメリハリのある口当たりが最後まで飽きさせることもなく、定番ながらも豊富に使用された各種具材やラードの旨味・香ばしさが加わることによって老若男女問わず幅広い層に好まれるフレーバーに間違いなさそうです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通りソースは非常にサラッとしているため、すんなりと麺に馴染んでいきます!そして“ごぼう”の風味だけでなく原材料にも記載されていた通り鰹節エキスによって和風テイストにちょうど良い旨味を引き立て、やはり今回もシリーズらしく想像以上に手の込んだフレーバーのようですね!

こうして完成となるわけですが…全体が馴染むと色味は当初の濃さよりも若干薄く感じられ、香ばしく甘みのある醤油が“ごぼう”の風味と絶妙にマッチしており、馴染み深い“きんぴらごぼう”をイメージさせる根菜などの野菜が豊富に使用されたことで思ったより再現性の高い仕上がりに香ばしさなんかも加わったことで食欲そそりますね!“ごぼう”の風味や麺から滲み出す香ばしさ、それらがうまく融合したことで臨場感の高い一杯とも言え、誰もが好む“きんぴらごぼう”ならではの味わいがしっかりと再現されていることがよーく伝わってきます!
※ただ、相性の良い“白ごま”が使用されていませんので、お好みによってはちょい足ししてみても良いでしょう!

また、今回の具材は思ったより豊富に使用されているようで、中でも“きんぴらごぼう”には欠かせない“ごぼう”や人参が多めに入っていて、全体をしっかりと混ぜ合わせることで“ごぼう”の旨味やちょうど良い旨味がそれぞれ際立ち、他にもペヤングならではの麺から滲み出すラードの旨味や香ばしさが滲み出す風味豊かなテイストがしっかりと楽しめそうです!…というかこれは思ったより臨場感の高い仕上がりということもあってちょうど良い“おかず”や“つまみ”にもなりそうな一杯と言えるのではないでしょうか?

食べてみた感想

一口食べてみると…これは風味からイメージしていた通り想像以上に美味しいですね!“きんぴらごぼう”らしい風味や香ばしく甘みのある醤油が絶妙にマッチしていて、この味付けそのものがシンプルながらも安定感のある美味しさを際立たせています!そして馴染み深い定番のフレーバーながらも豊富に使用された各種具材によって物足りなさといった感じは一切なく、パッケージのイメージ通りどこか懐かしさを感じさせるテイストで、そもそも食べ慣れた“きんぴらごぼう”は“焼そば”としても相性良く馴染み、最後まで飽きの来ない風味豊かな香ばしい仕上と言えます!(公式ページには“こってりとした…”とありますが、特に濃厚感や飽きるような“くどさ”は一切ありません。)

そしてもちろん具材に使用された“ごぼう”など野菜との相性も非常に良く、しっかりと全体を絡めていただくことで“きんぴらごぼう”ならではの味わいがリアルに感じられ、食感や風味はもちろん、ラードを使用した油で揚げた麺から滲み出す旨味や香ばしさとも絶妙にマッチしたことで最後まで飽きることなく楽しめるのではないでしょうか?

また、そもそも香ばしく甘みのある醤油をベースに“ごぼう”の風味を合わせた相性抜群な組み合わせですから…思っていたよりも“きんぴらごぼう”の再現性が高く、食べ慣れたフレーバーと言えるでしょう!そのため今回の“きんぴら風やきそば”は決して奇抜なテイストというわけではありませんが…安定感のある旨味・香ばしさ、そして豊富に使用された各種具材によって臨場感の高いテイストに間違いなく、ついつい箸が止まりません!

麺について

麺は、ご覧の通りシリーズらしいやや細めの中細フライ仕様となっていて、すすり心地も非常に良く、ラードを使用した油で揚げたことによってラードの旨味・香ばしい風味が調理感や臨場感を高め、今回の“きんぴら風やきそば”といったフレーバーにもぴったりな仕上がりとなっています!

そんな麺には、香ばしく甘めの醤油をベースに“ごぼう”の風味を利かせ、ほどよい鰹節エキスや香辛料をバランス良く合わせたことで“きんぴらごぼう”ならではの美味しさが凝縮された風味豊かなソースがよく絡み、一口ずつに味わい深い根菜の旨味や醤油感の強いコクなどが口いっぱいに広がっていき、ふんわり香る“ごぼう”の風味やラードの香ばしさが後味良く抜けていきます!…というか“きんぴらごぼう”はそのまま“焼そば”としても合いますね!これは普通に美味しいです!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“ごぼう”が入っていて、若干小ぶりではありますが、使用されている数に関しては申し分なく、じっくりと味わってみると…素材本来の味わいがしっかりと感じられる仕上がり具合で変なクセなども一切なく、今回のソースをしっかりと吸ったことで味付けされた“きんぴらごぼう”ならではの味わいがより一層楽しめるかと思われます!

また、こちらのキャベツも豊富に使用されており、やや大きめにカットされたことでシャキシャキとした食感が心地良く、今回の一杯に対してちょうど良い彩りや食感としてのアクセントがプラスされているようです!

他にもこちらの人参が使用されていて、やや小さめにカットされたことで若干柔らかめな食感で…こちらもじっくりと味わってみると、素材本来の味わいなんかがしっかりと感じられたため、こちらもまた上記の具材と一緒に全体に混ぜ合わせていただくと、より一層“きんぴらごぼう”ならではの味わいが際立つのではないでしょうか?

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通り香ばしく甘めの醤油をベースに“ごぼう”の風味をバランス良く合わせ、さらに鰹節エキスや香辛料を加えたことによって“きんぴらごぼう”ならではの旨味・風味が臨場感高く再現された味わいに仕上がり、最初の一口目からすでにしっかりとした濃いめの味わいがたまらなく…シンプルながらも豊富に使用した具材によって誰もが好む馴染み深い“きんぴらごぼう”を食べているようで、想像以上に再現性の高い味わいが“カップ焼そば”として楽しめる風味豊かなテイストであり、麺から滲み出すラードの風味が絶妙にマッチした安定感のあるフレーバーとなっています!

そして、何と言っても“ペヤング”ならではのラードを使用した油揚げ麺から滲み出す香ばしさが今回の“きんぴらごぼう”をテーマにした甘めの醤油や“ごぼう”の風味が詰まったソースをより一層美味しく引き立て、美味しさとして申し分のない“焼そば”は期待値以上の味わいに感じられ、実際味わってみても納得の一杯と言えるのではないでしょうか?

そのため、今回の“きんぴら風やきそば”は“ペヤング”シリーズとしては安定感のあるテイストのひとつで、特に奇抜で話題性のあるフレーバーというわけではありませんが…相性抜群な醤油の旨味דごぼう”の風味といった間違いない美味しさを再現した一杯となっていて、通常の濃厚な“ソース焼そば”とはひと味違った馴染み深い美味しさがクセになるメリハリの付いた味わいが印象的で、ついつい箸が止まらなくなりますね。。(見た目よりも遙かに味付けが施されており、旨味そのものは非常に濃いめで美味しいです!)

このように、今回の“ペヤング きんぴら風やきそば”は、香ばしく甘めの醤油をベースに“ごぼう”の風味やほどよい香辛料をバランス良く合わせたことで日本でも馴染み深い“きんぴらごぼう”の味わいをシリーズらしく“カップ焼そば”にアレンジ・再現し、想像以上に自然と馴染み、それに伴った旨味や風味が絶妙にマッチし、シンプルながらも豊富に使用された具材によって臨場感の高い味わいへと際立ち、甘めでありながらも醤油感の強いキレや香辛料がうまく調和し、思っていた以上に再現性の高い仕上がりとなっていたため、お好みによっては“きんぴらごぼう”と相性の良い“白ごま”やマヨネーズなどをちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「ペヤング きんぴら風やきそば」を食べてみて、和風料理の定番“きんぴらごぼう”といった一品料理としてお馴染みの味わいをシリーズらしくアレンジ・再現した一杯には…香ばしく甘みのある醤油をベースに“ごぼう”の風味を利かせ、さらに“きんぴらごぼう”には欠かせない“ごぼう”や人参などを具材として豊富に使用したことによって想像以上に再現性の高い味わいに仕上がり、根菜の旨味や鰹節エキス、香辛料をバランス良く合わせたことで安定感のある濃いめのソースがクセになる美味しさがたっぷりと楽しめる満足度の高い一杯となっていました!

また、“ごぼう”の風味を引き立てるかのような香ばしく甘みの強い醤油が印象的で、素材本来の美味しさを存分に活かしたフレーバーであることに間違いなく、麺から滲み出すラードの旨味や香ばしさとの相性も想像以上に抜群な仕上がりとなっていたため、幅広い層に好まれる定番のフレーバーと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!