ペヤング

ペヤング ジャーマンポテト風 やきそば!ベーコンの旨味やスパイスを利かせたクセになる一杯

ペヤング ジャーマンポテト風 やきそば

ペヤング ジャーマンポテト風 やきそば」を食べてみました。(2022年6月6日発売・まるか食品)

この商品は、適当な大きさにカットして炒めた“じゃがいも”にベーコンなどを加えて塩胡椒で味付した日本でもお馴染み“ジャーマンポテト”の味わいを“ペヤング”流にアレンジ・再現したもので、ベーコンの旨味が利いたスパイシーなソースに仕上げたことで食欲そそるジャンク感のある味わいに仕立て上げ、具材にはゴロゴロと大きな皮付きポテトを豊富に使用し、そこにラードを使用した油で揚げた麺から滲み出すラードの旨味や香ばしさが相性良くマッチしたスパイシー感がクセになる風味豊かな一杯、“ペヤング ジャーマンポテト風 やきそば”となっております。(値段:税別214円)

ご覧の通り、パッケージには“ジャーマンポテト”といった今回の商品名が大きく掲載されており、この品名だけ見るとそこまで真新しさを感じられないかもしれませんが…実際にはベーコンの旨味や塩胡椒が利いたジャンク感溢れるスパイシーなソースに具材を豊富に使用したことによって臨場感溢れる味わいを再現しており、ちょうど良い“つまみ”にもなりそうな満足度の高い美味しさが今回もまた楽しめるものと思われます!…というか背景の“じゃがいも”感が凄いですね。。

一方こちらには“スパイシーでジャンキーな味わい”と記載され、特に仕上がりイメージが掲載されていません。そのため原材料をチェックしてみると具材には…ポテト・キャベツ・ベーコンが使用されているようです!今回は“ジャーマンポテト”ということで個人的にはキャベツが必要ないような気もしたものの…あくまで“カップ焼そば”にアレンジしていますから、恐らくシャキシャキとした食感が“焼そば”感を演出しているのでしょう!

このように今回のフレーバー“ジャーマンポテト風”は一瞬何の変哲もない地味なテイストにも感じられるかもしれませんが…実際には食欲そそるベーコンの旨味・風味や後引く黒胡椒がちょうど良いスパイス感やジャンク感を際立たせ、それによってホクホクとしたポテトと絶妙にマッチし、やみつき感のある旨味がたっぷりと楽しめるのはもちろん、全体のバランスが考慮された一品として幅広い層に好まれることに間違いありません!

また、最近の“ペヤング”から登場するフレーバーは、“ペヤング 蕎麦風わさび味(2022年4月25日発売)”や“ペヤング にんにく味噌やきそば(2022年5月2日発売)”、“ペヤング バター醤油味やきそば(2022年5月16日発売)”など…和風テイストが多く、ある意味シリーズらしくない定番とも言える一杯が多く登場しているんですが、今回も和風ではないものの…非常に馴染み深い“ジャーマンポテト”といった間違いない味わいですから…鉄板とも言える美味しさでありながらも申し分のない旨味が楽しめる仕上がりに期待できそうです!

他にも特徴として…麺は“ペヤング”シリーズお馴染みのラードを使用した油で揚げたフライ麺が今回も同じく採用されていて、それによってラードの旨味・香ばしさがベーコンの旨味を利かせたスパイシーなソースに滲み出し、豊富に使用された具材によって臨場感の高い味わいへと引き立てられ、黒胡椒のピリッとしたメリハリがクセになる味わいが最後まで飽きることなくじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

ここに来て“ジャーマンポテト”か…と思いながら食べてみると!まるでカリッと焼いた食欲そそるベーコンの旨味や風味、そしてピリッと後引く黒胡椒が絶妙にマッチしていて非常に美味しく仕上がり、まさにスパイシーでジャンクな味わいが心地良く、なんと言ってもたっぷりと使用されたポテトによってホクホクとした食感をうまく再現、そして“つまみ”にもなりそうなテイストは食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな風味豊かな一杯となっていました!
これは特に、“ジャーマンポテト”といった日本でも馴染み深い定番の味わいが好みの方はもちろん、ベーコンの旨味に黒胡椒をバランス良く利かせたことでスパイシーでジャンク感のある味わいを引き立て、さらにたっぷりと使用された各種具材によって臨場感の高い味わいを香ばしい麺とともにじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“ペヤング”シリーズの新フレーバーとして登場したもので、“ジャーマンポテト”らしくベーコンの旨味が利いたスパイシーなソースに仕立て上げ、さらにポテト・キャベツ・ベーコンといった豊富な具材によってクオリティの高い味わいを再現、そこにラードを使用した油で揚げた麺から滲み出すラードの旨味や香ばしさが絶妙にマッチした一杯、「ペヤング ジャーマンポテト風 やきそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ペヤング ジャーマンポテト風 やきそば

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“ペヤング”シリーズの新商品ということで、日本でも馴染み深い“ジャーマンポテト”の味わいを“ペヤング”流にアレンジ・再現、ベーコンの旨味に黒胡椒を加えたやみつき感のあるソースに仕立て上げ、具材には皮付きポテトが大きなサイズでゴロゴロと使用され、想像以上に臨場感の高い味わいがたまらなく、そこにシリーズらしいラードを使用した油で揚げた麺から滲み出すラードの旨味や風味が相性良くマッチした“つまみ”にもぴったりな一杯、“ペヤング ジャーマンポテト風 やきそば”となっています。
※売っている場所:今回はヨドバシの通販で購入

というかそもそも“ジャーマンポテト”は“じゃがいも”メインの料理なんですが、その味付けはやみつき感というか…ベーコンの旨味や黒胡椒といったシンプルながらも相性抜群な組み合わせとして子どもから大人まで人気があり、豊富に使用された各種具材によってクセになる味わいを再現したということで、ご覧の通りパッケージの背景には迫力の“じゃがいも”が埋め尽くされています。。(もちろんソース自体にポテトの旨味が加わっているわけではなく、あくまでベーコンの旨味や香ばしさ、そしてピリッと後引く黒胡椒のアクセントがスパイシーでジャンク感のある味わいを目指したわけですね。)

ペヤング ジャーマンポテト風 やきそば パッケージ

そして上記の通り今回のフレーバーはぱっと見だと奇抜なフレーバーではありませんが…以前ご紹介した“ペヤング ポテトやきそば”や“ペヤング ポテトやきそば 超大盛”のようにポテトの旨味を引き立てる間違いない組み合わせで、幅広い層に好まれる納得の美味しさが堪能でき、風味豊かな香りと豊富に使用された各種具材によってスパイシーな“ジャーマンポテト”風の味わいが楽しめる一杯と言えるでしょう!

このように“ペヤング”シリーズにはレギュラーサイズとして激辛なテイストから突拍子もない企業・メーカーとのコラボだったりと様々なフレーバーが発売されており、他にもボリューム感のある“超大盛”シリーズや“GIGAMAX”・“ペタマックス”シリーズなど…その種類は非常に多岐に渡り、2021年も実に様々な商品が発売されましたから…発売47周年を迎えた2022年も期待したいところ!
※“ペヤング ソースやきそば”は1975年(昭和50年)3月に発売されました。

しかも2022年6月13日には“ペヤング 超大盛やきそばハーフ&ハーフカレー”、2022年6月20日には“ペヤング きんぴら風やきそば”が発売予定で、新フレーバーは毎週のように登場しているため、今後の商品展開も気になりますね!

他にも、ここ数年の“ペヤング”シリーズ一覧は下記の記事にもまとめてありますので、ぜひご覧ください!やはり“ペヤング”は改めて見ると多種多様なフレーバーが数多く登場していて面白いです!

「ペヤング」シリーズ一覧
「ペヤング」シリーズ一覧!歴代フレーバーを一挙ご紹介します!【随時更新】このブログでは、これまで実に様々な“ペヤング”のフレーバーをご紹介してきましたが、今回は実際に味わってみた一杯を全てご紹介したいと思いま...

それでは、今回の“ジャーマンポテト風 やきそば”がどれほどベーコンの旨味を利かせた食欲そそる美味しさに仕上がっているのか?スパイシーな味わいや後引くアクセントをプラスする黒胡椒との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもシリーズらしいラードを使用した油で揚げたことによってラードの旨味・香ばしい風味が香り立つすすり心地抜群な麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り548kcalとなっております。(塩分は3.0g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)ながらも後味の良いテイストということもあってそこまで高い数値ではなく、塩分も同じく低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり119g、麺の量は90gとのこと。

また、このカロリーと塩分を見ると…動物系の旨味というよりも香ばしいベーコンの旨味や風味、それとメリハリを付けるスパイシーな黒胡椒によってカロリーが若干抑えられているものの、ほどよい油分や香ばしさが加わったことで物足りなさといった感じは一切なく、豊富に使用された具材とともに“ジャーマンポテト”ならではの味わいを再現し、まさに定番ながらも臨場感の高い仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、植物油脂や食塩をはじめ…

  • しょうゆ
  • ポークエキス
  • 香辛料
  • 動物油脂
  • 玉ねぎエキス
  • 香味油

といった、食欲そそるベーコンの旨味を利かせ、スパイシー感を引き立てる黒胡椒、さらにコクを引き立てる動物系の旨味などがバランス良くマッチしたことで幅広い層に好まれる“ジャーマンポテト”ならではの味わいをシリーズらしくアレンジ・再現し、定番の味わいでありながらも豊富に使用された各種具材によって臨場感を引き立て、まさに素材の旨味を存分に活かしたジャンク感のある味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…シリーズらしい“ラード”といった材料がしっかりと記載されていることが確認できます!これによってラードの旨味・香ばしさが滲み出し、ソースの旨味も増すんですよね!

JANコード49 02885 00828 6
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(植物油脂、糖類、たん白加水分解物、食塩、しょうゆ、ポークエキス、香辛料、動物油脂、玉ねぎエキス、香味油)、かやく(ポテト、キャベツ、ベーコン)/調味料(アミノ酸等)、酒精、増粘多糖類、香料、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、ビタミンB₂、(一部に小麦・大豆・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (119g) 当たり]
熱量548kcal
たん白質9.3g
脂質29.8g
炭水化物60.7g
食塩相当量3.0g

引用元:ペヤング ジャーマンポテト風やきそば | まるか食品株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく”、ソースといった2つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特に“ソース”に関しては塩気の強いフレーバーということもあって非常にサラッとした状態となっていたため、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!(原材料でも確認したように動物系の旨味はポークエキスや動物油脂程度でしたのでスパイシーで後味すっきりとした味わいに期待できそうです。)

また、麺はご覧の通り“ペヤング”ならではのラードを使用した油揚げ麺が今回もまた同じく採用されているようで、これによって今回の“ジャーマンポテト”といった馴染み深い定番の味わいに食欲そそる香ばしさなんかも引き立ち、素材の旨味際立つ相性抜群な仕様となっているようです!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

そして、かやくには…

  • ポテト
  • キャベツ
  • ベーコン

が入っています。

特にポテトは皮付きの状態で大きくカットされたものがゴロゴロと使用されており、それによって“ジャーマンポテト”ならではのホクホクとした食感なんかも楽しむことができ、ベーコンの旨味やスパイシーな味付けにがクセになる味わいへと引き立て、旨味を引き立てるベーコンなんかも小ぶりながら含まれているようですね!

では、熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:480ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺からは食欲そそるラードの香ばしさが漂い、まだ別添されている“ソース”を加える前の状態ではありますが、香ばしいベーコンの旨味にスパイシーな黒胡椒などの香辛料がメリハリを付け、豊富に使用された各種具材によって臨場感の高い味わいが楽しめるスパイシーでジャンク感のある一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの“ソース”を加えていきます!
ちなみにこのソースは醤油や塩をベースにしているため、非常にサラッとした状態で、食欲そそるベーコンの風味に加えスパイシーな風味が一気に広がっていき、麺との馴染みもかなり良さそうです!(まさに“ジャーマンポテト”ならではのやみつき感のある味わいが伝わり、かなり幅広い層に好まれそうなフレーバーとなっています。)

そしてこの“ソース”は量も多め・非常にサラッとした仕様ということもあってすぐに容器底へと沈んでいき、この時点でふんわりと香ばしいベーコンやスパイシーな風味が香り立つことによって“ジャーマンポテト”ならではといった印象で、もちろん香辛料が利いたスパイス感やシャープな口当たりが最後まで飽きさせることもなく、定番ながらも豊富に使用された各種具材やラードの旨味・香ばしさが加わることによって男女問わず幅広い層に好まれるフレーバーに間違いなさそうです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通りソースは非常にサラッとしているため、すんなりと麺に馴染んでいきます!そしてベーコンの旨味だけでなく原材料にも記載されていた通り動物油脂やポークエキスによってちょうど良いコクを引き立て、やはり今回もシリーズらしく想像以上に手の込んだフレーバーのようですね!

こうして完成となるわけですが…全体が馴染むと色味は非常に薄くあっさりしているようにも見えるかもしれませんが、ベーコンの旨味やスパイシー感が絶妙にマッチしており、ホクホクとした食感をイメージさせるポテトなどの具材がたっぷりと使用されたことで思ったより再現性の高い仕上がりに香ばしさなんかも加わったことで食欲そそりますね!ベーコンの香ばしさや麺から滲み出す風味、そしてスパイス感溢れる香りがうまく融合したことで臨場感の高い一杯とも言え、誰もが好む“ジャーマンポテト”ならではの味わいがしっかりと再現されていることがよーく伝わり、まさにシリーズらしいジャンク感のある美味しさがたっぷりと楽しめるフレーバーとなっています!

また、今回の具材は思ったより豊富に使用されているようで、中でも“ジャーマンポテト”には欠かせないポテトが皮付きの状態でゴロゴロと入っていて、全体をしっかりと混ぜ合わせることでベーコンの旨味やちょうど良い塩気・香辛料がそれぞれ際立ち、他にもペヤングならではの麺から滲み出すラードの旨味や香ばしさが滲み出す香り高いテイストがしっかりと楽しめそうです!…というかこれは若干塩気の強い“ジャーマンポテト”ということもあってちょうど良い“つまみ”にもなりそうな一杯と言えるのではないでしょうか?

食べてみた感想

一口食べてみると…これは想像以上に美味しいですね!“ジャーマンポテト”らしいベーコンの旨味やスパイシーな感じが非常にうまく再現されていて、この味付けそのものが塩気・香辛料が強いせいか、やたらとクセになる味わいに際立っており、定番のテイストながらも豊富に使用された各種具材によって物足りなさといった感じは一切なく、メリハリの付いた後味の良いキレ・コクが心地良く、シンプルな味わいかと思いきや焼き上げたかのようなベーコンの風味なんかもまた絶妙にマッチし、通常の“ジャーマンポテト”の味付けで“焼そば”を味わうといった印象でしたので少し塩気が強く感じられるのかもしれませんね!それくらいクセになるスパイシーでジャンキーな仕上がりです!(公式ページにはジャンクフードとして人気のジャーマンポテトと記載されていましたが…そもそもジャンクフードなんですかね?)

もちろん具材に使用されたポテトとの相性も非常に良く、しっかりと全体を絡めていただくことで“ジャーマンポテト”ならではの味わいがリアルに感じられ、ホクホクとした食感はもちろん、ポテトならではの味わいなんかもクオリティ高いですね!さらにラードを使用した油で揚げた麺から滲み出す旨味や香ばしさとも絶妙にマッチしたことで最後まで飽きることなく楽しめるかと思われます!

また、そもそも相性抜群なベーコンの旨味と香辛料の組み合わせですから…互いに食欲そそる素材同士によってやみつき感のある旨味は思っていたよりも強く、シンプルながらも飽きの来ないフレーバーと言えるでしょう!そのため今回の“ジャーマンポテト風やきそば”は決して奇抜なテイストというわけではありませんが…後味の良い旨味・香ばしさ、そして豊富に使用された各種具材によって旨味が強いテイストに間違いなく、クセになる味わいによってついつい箸が止まりません!

麺について

麺は、ご覧の通りシリーズらしいやや細めの中細フライ仕様となっていて、すすり心地も非常に良く、ラードを使用した油で揚げたことによってラードの旨味・香ばしい風味が調理感や臨場感を高め、今回の“ジャーマンポテト風やきそば”といったフレーバーにもぴったりな仕上がりとなっています!

そんな麺には、香ばしいベーコンの旨味や後引くスパイシーな香辛料などをバランス良く合わせ、“ジャーマンポテト”ならではのキリッとした旨味溢れるソースがよく絡み、一口ずつに味わい深いコクやメリハリを付ける黒胡椒などの辛みなどが口いっぱいに広がっていき、ふんわり香るベーコンの風味やラードならではの香ばしさが後味良く抜けていきます!…というか“ジャーマンポテト”はポテトだけでなく“焼そば”としても相性抜群ですね!普通に美味い!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのポテトが使用されていて、数・サイズともに申し分なく、じっくりと味わってみると…皮付きポテトらしくしっかりと“じゃがいも”ならではの味わいが感じられ、さらに今回のソースをしっかりと吸ったことで味付けが施された“ジャーマンポテト”の味わいがしっかりと確認できる非常に美味しい仕上がり具合となっていたため、全体をしっかりと混ぜ合わせていただくと、より一層臨場感の高い味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらのキャベツも豊富に使用されており、やや大きめにカットされたことでシャキシャキとした食感が心地良く、今回の一杯に対してちょうど良い彩りや食感としてのアクセントがプラスされているようです!

他にもこちらのベーコンが使用されていて、かなり小さめにカットされたことで気付きにくいかもしれませんが…こちらもじっくりと味わってみると、しっかりと味付けされたベーコンならではの旨味や塩気が感じられたため、こちらもまた上記の具材と一緒に全体に混ぜ合わせていただくと、より一層“ジャーマンポテト”ならではの味わいが際立つのではないでしょうか?

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通りベーコンの旨味やスパイシーな香辛料などをバランス良く合わせたことで“ジャーマンポテト”ならではの塩気・香辛料の利いた旨味溢れる味わいに仕上がり、最初の一口目からすでに濃いめの味わいがたまらなく…シンプルながらも誰もが好む鉄板の味わいで、豊富に使用したポテトなどの具材によって“ジャーマンポテト”を食べているかのような感覚へと陥り、想像以上に再現性の高い味わいが“カップ焼そば”として楽しめる後味すっきりとしたテイストで、麺から滲み出すラードの風味が絶妙にマッチした安定感のあるフレーバーとなっています!

そして、何と言っても“ペヤング”ならではのラードを使用した油揚げ麺から滲み出す香ばしさが今回の“ジャーマンポテト”をテーマにした香ばしいベーコンの旨味が詰まったソースをより一層美味しく引き立て、申し分のない旨味・風味が凝縮された“焼そば”は期待値以上の味わいに感じられ、実際味わってみても納得の一杯と言えるのではないでしょうか?

そのため、今回の“ジャーマンポテト風やきそば”は“ペヤング”シリーズとしては安定感のあるテイストのひとつで、特に奇抜で話題性のあるフレーバーというわけではありませんが…相性抜群なベーコンの旨味×スパイス感といった間違いない美味しさを再現した一杯となっていて、通常の濃厚な“ソース焼そば”とはひと味違った後味の良い美味しさがクセになるメリハリの付いた味わいで、ついつい箸が止まらなくなりますね。。(見た目よりも遙かに味付けが施されており、旨味そのものは非常に濃いめで美味しいです!)

このように、今回の“ペヤング ジャーマンポテト風 やきそば”は、ベーコンの旨味やスパイシーな香辛料をバランス良く合わせたことで日本でも馴染み深い“ジャーマンポテト”の味わいをシリーズらしく“カップ焼そば”にアレンジ・再現し、想像以上に旨味が強く、それに伴った塩気や香辛料が絶妙にマッチし、シンプルながらも豊富に使用された具材によってワンランク上の味わいへと際立ち、ホクホクとした食感のポテトが特に相性良く馴染んだことで物足りなさを感じさせることもなく、思っていた以上に再現性の高い仕上がりとなっていたため、お好みによっては“ジャーマンポテト”と相性の良い“おろしにんにく”やマスタードなどをちょい足ししてピリッとしたアクセントを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「ペヤング ジャーマンポテト風 やきそば」を食べてみて、“ジャーマンポテト”といった定番とも言えるフレーバーにたっぷりと具材を使用したことで想像以上に再現性の高い味わいに仕上がった一杯には…ベーコンの旨味や各種香辛料をバランス良く合わせたことでやみつき感のある濃いめのソースがクセになり、そこに皮付きポテトなど豊富に使用された具材によって臨場感の高い味わいが引き立ち、やみつき感のある味わいがたっぷりと楽しめる満足度の高い一杯となっていました!

また、ポテトを引き立てるかのようなスパイシーでジャンク感のあるソースが印象的で、素材本来の美味しさを存分に活かしたフレーバーであることに間違いなく、麺から滲み出すラードの旨味や香ばしさとの相性も想像以上に抜群な仕上がりとなっていたため、幅広い層に好まれる上品なフレーバーと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!