ペヤング

ペヤング オニオンマヨツナ やきそば!“ツナマヨ”や“玉ねぎ”が相性良く馴染んだ間違いない一杯

ペヤング オニオンマヨツナ やきそば

ペヤング オニオンマヨツナ やきそば」を食べてみました。(2021年12月13日発売・まるか食品)

この商品は、お馴染み“ペヤング”シリーズの新商品ということで、今回はレギュラー商品として人気の“ペヤング ソースやきそば”のベーシックな焼そばソースにツナ・玉ねぎを具材として使用し、さらにマヨネーズでコクを引き立てたことで“ツナマヨ”をトッピングしたかのような安定感のある子どもから大人まで楽しめる美味しさに仕上がり、シャキシャキとした“玉ねぎ”の食感がちょうど良いアクセントや素材の旨味・甘みをプラス、まさに幅広い層に好まれるアレンジレシピとも言える一杯、“ペヤング オニオンマヨツナ やきそば”となっております。(税抜き205円)

ご覧の通り、パッケージには“オニオンマヨツナ”、“ソース味”と記載され、背景には“玉ねぎ”をイメージさせるような…ふんわりとしたデザインがあしらわれ、個人的には“ツナマヨ”ではなく“マヨツナ”と記載されている点が若干気になるところではありますが…ラードを使用した油で揚げた麺から滲み出す旨味・香ばしさとお馴染みの焼そばソースが相性良くマッチし、さらにツナ・玉ねぎ・マヨを加えた安定感のある美味しさが表現されているに違いありません!

また、“ペヤング”シリーズとしては2021年11月1日に“幸楽苑味噌野菜たんめん味やきそば”と“幸楽苑ペタマックス 味噌野菜うどん”といったインパクト抜群なコラボ商品が同時発売されたばかりなんですが…さすが“ペヤング”シリーズ、今年で発売46周年ということもあってまだまだ新フレーバーのラッシュは止まりませんね!(2021年12月20日には“ペヤング ペタマックス たぬきそば風”といったとんでもない商品が登場します。。)

ちなみに今回の“ペヤング オニオンマヨツナ やきそば”には仕上がりイメージが掲載されていませんが、商品名や原材料を見る限り具材には…ツナ・“玉ねぎ”が使用されているようです!

他にも特徴として…麺は“ペヤング”シリーズお馴染みのラードを使用した油で揚げたフライ麺が今回も同じく採用されていて、それによってラードの旨味・香ばしさがレギュラー商品の焼そばソースに加わり、具材に使用されたツナと“玉ねぎ”、そしてマヨネーズによって食感やコクが引き立てられ、シンプルながらも申し分のない美味しさが最後まで飽きることなく楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

ベースとなっているソースには…お馴染み“ソースやきそば”と全く同じということもあって非常に安定感のある味わいが表現され、そこにツナや食感の良い“玉ねぎ”、さらにマヨネーズが加わったことで相性抜群なコクがプラスされ、まさに子どもから大人まで幅広い層に好まれるフレーバーに仕上がり、ちょうど良い香ばしさや“マヨツナ”による旨味、そしてほんのり酸味を含むプレーンなマヨネーズによって正統派とも言えるテイストが最後までたっぷりと楽しめる満足度の高い一杯となっていました!
これは特に、通年扱いされている人気商品“ペヤング ソースやきそば”が好みの方はもちろん、そこにツナや“玉ねぎ”、さらにマヨネーズを加えたことで“ツナマヨ”がトッピングされたような安定感のある美味しさを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“ペヤング”シリーズの新フレーバーとして登場したもので、発売46周年を迎えた人気商品“ペヤング ソースやきそば”をベースに具材としてツナと“玉ねぎ”を加え、さらにコク深いマヨネーズが別添されたことによって“ツナマヨ”が追加トッピングされたかのような美味しさに仕上がり、ラードを使用した油で揚げた麺から滲み出すラードの香ばしい旨味や風味が絶妙にマッチした一杯、「ペヤング オニオンマヨツナ やきそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ペヤング オニオンマヨツナ やきそば

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“ペヤング”シリーズの新商品ということで、“オニオンマヨツナ”の文字通り具材にツナ・“玉ねぎ”を使用し、さらにコク深さを際立たせる焼そばソースと相性抜群なマヨネーズを別添し、馴染み深い“ペヤング ソースやきそば”の味わいをベースに“ツナマヨ”を追加トッピングしたかのような安定感のある美味しさを表現、そこにシリーズらしいラードを使用した油で揚げた麺から滲み出すラードの旨味や風味が相性良くマッチした万人受けするかのような一杯、“ペヤング オニオンマヨツナ やきそば”となっています。

ペヤング オニオンマヨツナ やきそば パッケージ

上記の通り今回のフレーバーはお馴染み“ソースやきそば”の味わいをベースに“ツナマヨ”やシャキシャキとした食感の“玉ねぎ”を加えた一杯ということでツナマヨの旨味をはじめ…マヨネーズがコク深さ・濃厚感を引き立て、ある意味シリーズらしくない…というか、そこまで奇抜なテイストというわけではありませんが…嫌いな人がいないのでは?というくらい人気の“ツナマヨ”をイメージさせる具材やコクを引き立てるマヨネーズが別添されたことで安定感のある美味しさが楽しめそうです!

このように“ペヤング”シリーズにはレギュラーサイズとして激辛なテイストから突拍子もない企業・メーカーとのコラボだったりと様々なフレーバーが発売されており、他にもボリューム感のある“超大盛”シリーズや“GIGAMAX”・“ペタマックス”シリーズなど…その種類は非常に多岐に渡り、2021年も様々な商品が発売されていて目が離せません!

他にも、ここ数年の“ペヤング”シリーズ一覧は下記の記事にもまとめてありますので、ぜひご覧ください!やはり“ペヤング”は改めて見ると多種多様なフレーバーが数多く登場していて面白いですね!

「ペヤング」シリーズ一覧
「ペヤング」シリーズ一覧!歴代フレーバーを一挙ご紹介します!【随時更新】このブログでは、これまで実に様々な“ペヤング”のフレーバーをご紹介してきましたが、今回は実際に味わってみた一杯を全てご紹介したいと思いま...

それでは、今回の“ペヤング オニオンマヨツナ やきそば”がどれほどビーフやウスターソースを合わせた馴染み深い焼そばソースに仕上がっているのか?具材に使用されたツナや“玉ねぎ”、そしてマヨネーズが加わった“ツナマヨ”らしいコクや旨味との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもシリーズらしいラードを使用した油で揚げたことによってラードの旨味・香ばしい風味が香り立つすすり心地抜群な麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り616kcalとなっております。(塩分は3.6g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)・マヨネーズを使用したコク深い一杯ということもあってやや高めな数値のようですが、一方で塩分はかなり低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり126g、麺の量は90gとのこと。

また、このカロリーと塩分を見ると…やはりベースとなる“ペヤング ソースやきそば”にマヨネーズが加わったことでコク深さ・濃厚感が際立っているようで、“ツナマヨ”を加えた旨味溢れる一品に仕上がり、食欲そそる風味豊かな香ばしさがバランス良くマッチした安定感のあるフレーバーをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、ウスターソースやマヨネーズをはじめ…

  • 糖類
  • 食塩
  • 香味油
  • ビーフエキス
  • 香辛料
  • ビーフ風味調味料

といった、まさに“ペヤング ソースやきそば”の原材料と全く同じで、そこにマヨネーズのコクが加わったことで相性抜群な旨味をプラス、他にもツナや食感の良い“玉ねぎ”が具材として使用されたことによって、まるで“ツナマヨ”を追加トッピングしたかのような美味しさが気軽に楽しむことができ、シンプルで非常に幅広い層に好まれる味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…シリーズらしい“ラード”といった材料がしっかりと記載されていることが確認できます!これによってラードの旨味・香ばしさが滲み出し、ソースの旨味も増すんですよね!

JANコード49 02885 00758 6
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(ウスターソース、マヨネーズ、糖類、たん白加水分解物、食塩、香味油、ビーフエキス、香辛料、ビーフ風味調味料)、かやく(ツナ、タマネギ)/カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(グァーガム)、酸味料、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、ビタミンB₂、(一部に小麦・卵・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉・りんごを含む)

栄養成分表示 [1食 (126g) 当たり]
熱量616kcal
たん白質9.1g
脂質38.3g
炭水化物58.8g
食塩相当量3.6g

引用元:ペヤング オニオンマヨツナやきそば | まるか食品株式会社

開封してみた

フタを開けてみると…ご覧の通り“かやく”、ソース、マヨネーズといった3つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特に“ソース”に関しては原材料にも記載されていた通り“ペヤング ソースやきそば”と全く同じ仕様となっていて、非常にサラッとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!
※マヨネーズは温めてはいけません。

また、麺はご覧の通り“ペヤング”シリーズお馴染みのラードを使用した油で揚げたやや細めな仕様となっていて、これによってラードの旨味と香ばしさが広がり、ソースの旨味をさり気なく際立たせているんですよね!これは今回の“ツナマヨ”をイメージしたフレーバーとの相性なんかも良さそうです!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

そして、かやくには…

  • ツナ
  • 玉ねぎ

が入っています。

特にツナは使用されている数・サイズともに申し分ありませんが、大小マチマチなので湯切りした際に流れていきそうな点が若干心配ではありますね。。他にも食感の良い“玉ねぎ”が豊富に使用されており、ちょうど良いアクセントとなったことで最後まで飽きさせることもなく、お馴染みの焼そばソースを引き立てているようにも感じられます!

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:480ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、麺からは食欲そそるラードの香ばしさ、そして具材に使用されたツナからも良い風味が香り立ち、まだ別添されているソースを加えていない状態ではありますが、ウスターソースやビーフの旨味が利いた安定感のある焼そばソースにツナマヨが加わったコク深い一杯…といった印象の出来上がりです。ただ、ツナの旨味も活かしたいので本当はフライパンで調理してみたいですね。。

では、ここに先ほどのソースを加えていきます!
すると…ご覧の通りウスターソースやビーフの旨味を含む“ペヤング ソースやきそば”ならではの割とサラッとしたソースがたっぷりと出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!この辺りに関しては特に変わった点はなく、馴染み深いソースが味わえそうです!

そのため、このソースはすぐに容器底へと沈んでいき、見た目としては非常にあっさりとしたテイストを思わせるかもしれませんが、実際には鉄板焼きしたかのような香ばしさが心地良く、ツナからもほどよい香りも後押ししたことでイメージ通り安定感のある美味しさに期待できそうです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通りウスターソースやビーフの旨味を利かせたソースは非常にサラッとした状態となっているため、すんなりと風味豊かな麺に馴染んでいきます!

そしてソースが全体に馴染んだら…最後に先ほどのマヨネーズを加えて完成となります!
ちなみにこのマヨネーズはプレーンなものが使用されているようで、特に変わった様子は見られません!ただ…ツナとのバランスを考慮すると、上記でソースを混ぜた際にツナだけはソースに馴染ませない方が良かったのかもしれませんね。。(とは言っても、後ほど全体をしっかりと混ぜ合わせていただくんですが…笑)
※マヨネーズはたっぷりと使用されているため、お好みの量で味わってみてください。

こうして完成となるわけですが…具材に使用されたツナと別添されているマヨネーズによってやはり“ツナマヨ”のような追加トッピングをイメージさせます!他にもシャキシャキ食感が心地良い“玉ねぎ”が豊富に使用されたことでちょうど良いアクセントとなり、メリハリの付いた安定感のある味わいがじっくりと楽しめそうです!

ただ…ベースがお馴染み“ペヤング ソースやきそば”ということもあって、“ツナマヨ”を加えただけ?と思う方もいるかもしれません。。それくらい今回のフレーバーはシンプルなんですが、“玉ねぎ”の旨味・食感が加わったことでひと味違った味わいを表現しているようですね!

また、ソースは上記の通り“ペヤング ソースやきそば”と同等の内容となっているだけあって馴染み深く安定感のある美味しさが表現され、そこにツナと“玉ねぎ”を具材に使用し、さらにマヨネーズを別添したことで香ばしいソース焼そばに“ツナマヨ”を追加トッピングしたかのような美味しさが楽しむことができ、そもそもマヨネーズの量が非常に多いため“ツナマヨ”ではなく敢えて“マヨツナ”と表現しているのかもしれません!…どちらにしてもいつもの“ペヤング ソースやきそば”とはひと味違ったコク深い味わいがたっぷりと楽しめそうです!

食べてみた感想

一口食べてみると…ウスターソースやビーフの旨味を利かせた馴染み深い焼そばソースがベースとなっているため、特に真新しさといった感じはないものの、具材に使用されたツナや“玉ねぎ”、そして別添されているマヨネーズが加わったことで“ツナマヨ”のような大変人気のトッピングが旨味そのものを引き立て、こってり感といった“くどさ”はないんですが、シャキシャキとした食感の“玉ねぎ”がちょうど良いアクセントとなって最後まで全く飽きさせません!

そのため、非常に安定感のあるテイストで、ある意味シリーズらしくない味わいなんですが。。子どもから大人まで楽しめるフレーバーと言え、焼そばソース×ツナマヨといった…改めて考えると意外と珍しい組み合わせは“玉ねぎ”の食感によって濃厚感と後味の良さをうまく調和し、そもそも安定感のある一杯ですから…ついつい箸が止まらなくなってしまいます!

また、別添されたマヨネーズは決して脂っこさや“くどさ”を感じさせるものではなく、ちょうど良いコクというんでしょうか?“ソース焼そば”と相性抜群な旨味だけでなく、同時に“ツナマヨ”といった美味しさを引き立てていたため、食べはじめは部分的に味の違いなどをじっくりと味わい、徐々に全体を混ぜ合わせていただくと、絶妙な旨味やコクが際立ち、間違いないテイストがたっぷりと楽しめるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通りシリーズらしいやや細めの中太のフライ仕様となっていて、すすり心地も非常に良く、ラードを使用した油で揚げたことによってラードの旨味・香ばしい風味が調理感や臨場感を高め、今回の“オニオンマヨツナやきそば”にぴったりな味わいを際立たせています!

そんな麺には、お馴染み“ペヤング ソースやきそば”の味わいをベースにツナや“玉ねぎ”、さらにマヨネーズを加えたことで、まろやかさ・“ツナマヨ”の旨味などが絶妙にマッチしたソースがよく絡み、一口ずつにコク深くほんのり酸味の利いたソースやさり気なくツナの旨味などが口いっぱいに広がっていき、食欲そそるラードならではの香ばしさが後味良く抜けていきます!…これは強烈に美味しいというわけではありませんが、間違いないテイストとなっていたため、安定感のある味わいがたっぷりと楽しめるのではないでしょうか?

また、別添されているマヨネーズを少し多めに付けて食べてみると…プレーンな仕様ということもあってコク深く安定感のある旨味が際立ち、これはこれで申し分のない美味しさが楽しむことができ、決して濃厚感や“くどさ”を感じさせるものではなく、あくまで焼そばソースをコク深く引き立てる調味料として相性良く馴染んでいるようです!(ただ、このマヨネーズは量がたっぷりと使用されているため、お好みの量で味わってみると良いでしょう。)

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのツナが入っていて、使用されている数は思っていたよりも多いものの…大小マチマチでで、じっくりと味わってみると、ツナならではの質感が感じられ、素材本来の旨味なんかもしっかりと滲み出す美味しい具材となっていたため、単品で味わうというよりもしっかりと全体を混ぜ合わせ、後ほどすすり心地の良い麺やマヨネーズと一緒に絡めていただくと、より一層ツナの旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらの“玉ねぎ”も使用されていて、じっくりと味わってみるとシャキシャキとした食感がたまらなく、素材本来の旨味・甘みがしっかりと感じられ、今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされていてるようです!(他にも“ツナマヨ”の濃厚感をうまく調和させているようにも感じられます。)

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通りウスターソースやビーフの旨味を利かせた“ペヤング ソースやきそば”と全く同じソースが使用され、そこに具材としてツナや食感の良い“玉ねぎ”、さらに別添されているマヨネーズが加わったことで人気の“ツナマヨ”を加えたかのような厚みのある旨味が際立ち、シンプルながらも焼そばソースとの組み合わせとしては意外と珍しく、シリーズらしい話題性のある奇抜なフレーバーではありませんでしたが…万人受けするかのような美味しさが表現され、ついつい箸が止まらなくなるような安定感のある味わいがたっぷりと楽しめることと思われます!

そのため、ベースのソースに関しては申し分なく、具材に使用されたツナや“玉ねぎ”、さらに別添されたマヨネーズを加えたアレンジレシピのような印象が強く、シリーズらしい振り切ったテイストではありませんでしたが、ツナとマヨネーズによる“ツナマヨ”を加えたかのような味わいは幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

このように、今回の“ペヤング オニオンマヨツナ やきそば”は、お馴染み“ペヤング ソースやきそば”をベースにしているものの…具材としてツナや食感の良い“玉ねぎ”、さらに別添されたマヨネーズによって“ツナマヨ”を追加トッピングしたかのような万人受けする美味しさを表現し、焼そばソースと“ツナマヨ”といったよーく考えてみると意外な組み合わせはイメージ通り納得の味わいに仕上がり、シャキシャキとした“玉ねぎ”の食感がちょうど良いメリハリと旨味・甘みを引き立て、シンプルながらもやみつき感のある老若男女に好まれるフレーバーとなっていたため、お好みによっては“ソース焼そば”や“ツナマヨ”と相性の良い唐辛子や追いマヨで味を調整してみても良いでしょう!

まとめ

今回「ペヤング オニオンマヨツナ やきそば」を食べてみて、お馴染み“ペヤング ソースやきそば”らしいまろやかで後味の良い焼そばソースをベースに具材としてツナや“玉ねぎ”を加え、さらに別添されたマヨネーズによって“ツナマヨ”を追加トッピングしたかのようなコク深くも万人受けする味わいに仕上げ、シンプルながらも安定感のある美味しさがしっかりと楽しめる間違いない一杯となっていました!

やはり“ペヤング”シリーズは面白いフレーバーをよく考えますね!今回の一杯に関しても、そこまで奇抜なテイストではないものの…具材に使用されたツナや“玉ねぎ”、そして別添されたマヨネーズによって“ツナマヨ”を彷彿させるトッピングを加えたことで旨味が増し、かなり幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!