ペヤング

ペヤング 幸楽苑味噌野菜たんめん味やきそば!“幸楽苑”一押しメニューを再現したコク深い一杯

ペヤング 幸楽苑味噌野菜 たんめん味やきそば

ペヤング 幸楽苑味噌野菜たんめん味やきそば」を食べてみました。(2021年11月1日発売・まるか食品)

この商品は、お馴染み“ペヤング”シリーズの新商品ということで、今回は昭和29年創業の全国にチェーン展開する“幸楽苑(こうらくえん)”とのコラボ商品として…同店一押しメニューだという“味噌野菜たんめん”の味わいを“ペヤングやきそば”で再現、味噌の濃厚感と野菜の旨味をバランス良く合わせ、別添されている唐辛子を加えることによってメリハリのある味わいに仕立て上げ、そこにシリーズらしいラードを使用した油で揚げた麺から滲み出す旨味や香ばしさが絶妙にマッチした風味豊かな一杯が登場です!

それも…ポークなど動物系の旨味をベースにコクのある味噌や魚介の旨味をバランス良く合わせ、そこに“味噌野菜たんめん”らしく野菜の旨味をしっかりと利かせ、香辛料やホタテエキスをバランス良く合わせたことで幅広い層に好まれる濃いめの味噌野菜ソースに仕上がり、なんと言ってもラードを使用した油で揚げた麺から滲み出す旨味・香ばしさが絶妙にマッチした味わい深い一杯、“ペヤング 幸楽苑味噌野菜たんめん味やきそば”となっております。(税抜き205円)

ご覧の通りこちらには“ペヤング×幸楽苑”といったそれぞれのロゴが配置されており、今回は昭和29年創業だという老舗人気チェーン店の一押しメニュー“味噌野菜たんめん”を“ペヤング”流にアレンジ・再現し、シリーズとしても“タンメン”をテーマにしたフレーバーはかなり珍しいですから…その仕上がりは非常に気になるところではないでしょうか?

一方こちらにはポークなど動物系の旨味に魚介系や野菜の旨味をバランス良く合わせたコク深い味噌野菜ソースがシリーズお馴染みの風味豊かな麺に絡み、さらに野菜中心にたっぷりと各種具材が盛り付けられた仕上がりイメージが掲載され、これを見る限り具材には…キャベツ・もやし・キクラゲ・人参・ニラが使用されているようです!

ちなみに“タンメン”と言えば鶏ガラなど動物系をベースに野菜の旨味を活かした味わいが特徴的なんですが、今回の“幸楽苑味噌野菜 たんめん味”は文字通りコク深い味噌を合わせているため、ひと味違った濃厚とも言える“タンメン”がたっぷりと楽しめるものと思われます!

他にも特徴として…麺はシリーズお馴染みのラードを使用した油で揚げたやや細めのフライ麺が採用されており、コクのある味噌をベースにポークや野菜の旨味をたっぷりと利かせ、さらに具材にも野菜を豊富に使用したことによってシャキシャキとした食感なんかも心地良く、ソース・具材ともに“幸楽苑”の一押しメニュー“味噌野菜たんめん”の味わいをうまく“ペヤングやきそば”にアレンジ・再現した一杯がシリーズ特有の風味豊かな麺とともにたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

今回は“味噌野菜たんめん”ということで、コク深い味噌によってドロッとしたテイストかと思いきや…意外とサラッとしたソースに仕上がり、ポークなど動物系の旨味が野菜の美味しさを引き立てるかのようにコク深く下支えし、シリーズお馴染みの麺から滲み出す香ばしい風味がちょうど良い調理感をプラス、そこに別添されている唐辛子がピリッと味に締まりを加えることでメリハリのある味わいにアレンジされ、最後までじっくりと“幸楽苑”の一押しメニュー“味噌野菜たんめん”ならではの美味しさが楽しめるコク深いフレーバーとなっていました!
これは特に、全国展開するチェーン店“幸楽苑”ファンはもちろん、今回コラボによって同店一押しメニュー“味噌野菜たんめん”を“ペヤングやきそば”に再現し、ラードを使用した油で揚げた麺から滲み出す旨味や香ばしさと絶妙にマッチした味わいをじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は全国展開する人気チェーン店“幸楽苑”の一押しメニュー“味噌野菜たんめん”の味わいを“ペヤングやきそば”に再現し、動物系×野菜の旨味にコクのある味噌を合わせたことによって味わい深くも“タンメン”らしく後味さっぱりとしたテイストに仕上がり、お馴染みラードの旨味・風味が絶妙にマッチした一杯、「ペヤング 幸楽苑味噌野菜たんめん味やきそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ペヤング 幸楽苑味噌野菜たんめん味やきそば

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“ペヤング”シリーズの新商品ということで、人気チェーン店“幸楽苑”とのコラボによって一押しメニュー“味噌野菜たんめん”を“ペヤングやきそば”に再現、味噌をベースにポークや野菜の旨味をバランス良く合わせたコク深く風味豊かな香りが食欲そそるソースに仕上げ、そこにシリーズらしい香ばしさが加わった調理感のある一杯、“ペヤング 幸楽苑味噌野菜たんめん味やきそば”となっています。

そして今回のフレーバーに関しては以前ご紹介した“ペヤング オムそば風やきそば(2021年10月25日発売)”に続く新商品ということで、ここ最近は毎週のように新たなフレーバーが登場し、万人に好まれるような各種フレーバーや“獄激辛”第5弾など実に様々なテイストが発売されており、最新作となる“幸楽苑味噌野菜たんめん味やきそば”のパッケージにはまさに風味豊かな調理感が伝わってくるかのような仕上がりイメージが掲載され、最後まで飽きの来ない“タンメン”ならではのクセになる味わいがや香ばしい風味がしっかりと楽しめそうです!

ペヤング 幸楽苑味噌野菜たんめん味やきそば パッケージ

ちなみに今回は同じく一押しメニューの“味噌野菜たんめん”を“ペタマックス”で再現した強烈なインパクトを放つ規格外の一杯、“ペヤング 幸楽苑ペタマックス 味噌野菜うどん”も同時発売されています!

このように“ペヤング”シリーズにはレギュラーサイズとして激辛なテイストから突拍子もない企業・メーカーとのコラボだったりと様々なフレーバーが発売されており、他にもボリューム感のある“超大盛”シリーズや“GIGAMAX”・“ペタマックス”シリーズなど…その種類は非常に多岐に渡り、2021年も以下のような商品が発売されていて目が離せませんね!(2021年2月1日に発売された“ペヨちゃんやきそば”なんかも面白いフレーバー・商品展開でした!)

それでは、今回の“ペヤング 幸楽苑味噌野菜たんめん味やきそば”がどれほどポークなど動物系や野菜の旨味をコク深い味噌と合わせた濃厚な仕上がりとなっているのか?別添されている唐辛子を加えたピリッとしたメリハリとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもラードを使用した油で揚げた麺から滲み出るラードの旨味・香ばしさが印象的なすすり心地の良い麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り557kcalとなっております。(塩分は3.6g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)・動物系の旨味を利かせた味噌ベースのコク深いテイストの割にそこまで高い数値ではなく、同じく塩分もレギュラーサイズと同様やや低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり118g、麺の量は90gとこちらは他のレギュラー商品と同等のボリューム感のようです!

このように、今回のフレーバーは“幸楽苑”一押しメニュー“味噌野菜たんめん”の味わいを“ペヤングやきそば”で再現し、味噌ベースのコク深いソースにポークや野菜・魚介の旨味をバランス良く合わせた一杯となっていて、“タンメン”らしく後味さっぱりとしたテイスト、ラードの風味豊かな香ばしい麺と相性良く馴染んだことで最後まで飽きの来ない仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、味噌や動物油脂をはじめ…

  • ポークエキス
  • 食塩
  • ごま
  • 香辛料
  • 野菜エキス
  • たまねぎ
  • ホタテエキス

といった、味噌をベースにポークや野菜の旨味をバランス良く合わせ、さらにホタテエキスといった魚介出汁なんかも隠し味のように加えたことで想像以上に繊細かつコク深いソースに仕上がり、そこに別添されている唐辛子を加えることによってワンランク上の味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…植物油脂やラード、“しょうゆ”や食塩、香辛料といった材料が確認でき、今回もまたしっかりと味付けが施された香ばしい麺が採用されているようです!

JANコード49 02885 00744 9
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(味噌、動物油脂、ポークエキス、たん白加水分解物、食塩、糖類、ごま、香辛料、野菜エキス、たまねぎ、おからパウダー、ホタテエキス)、かやく(キャベツ、もやし、キクラゲ、ニンジン、香辛料、ニラ)/調味料(アミノ酸等)、酒精、香料、増粘剤(グァーガム)、カラメル色素、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB₂、(一部に小麦・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (118g) 当たり]
熱量557kcal
たんぱく質9.0g
脂質32.1g
炭水化物58.0g
食塩相当量3.6g

引用元:ペヤング 幸楽苑味噌野菜たんめん味やきそば | まるか食品株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく”、やきそばソース、“ふりかけ”といった3つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特に“やきそばソース”は原材料にも記載されていた通りコク深い味噌を含む若干トロッとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておくと良いでしょう!

また、麺はご覧の通りシリーズお馴染みのやや細めの中細・フライ麺となっていて、すすり心地も非常に良く、ラードを使用した油で揚げたことによってラードの旨味や香ばしい風味がソースにも相性良く馴染み、今回の“幸楽苑味噌野菜たんめん味やきそば”が臨場感高く楽しめそうです!

調理してみた

ではまず、先ほどの“かやく”を入れてみます。

そしてこの“かやく”には…

  • キャベツ
  • もやし
  • キクラゲ
  • ニンジン
  • 香辛料
  • ニラ

が入っています。

やはり“タンメン”というだけあって具材にも野菜がたっぷりと使用されているようですね!これが湯戻りすることによってどれほどシャキシャキとした食感に仕上がるのか?非常に気になるところ。。

続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:480ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺には細めながらも歯切れの良いコシが加わり、まだ“やきそばソース”を加える前の状態ではありますが…ポークや野菜の旨味を利かせたことで“幸楽苑”一押しメニュー“味噌野菜たんめん”ならではのやみつき感のある美味しさが臨場感高く再現され、コク深いテイストが際立つ満足度の高い一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“やきそばソース”を加えていきます!
すると…味噌ベースということもあって若干トロッとした状態ではありますが、決して粘度の高い仕様ではないので、恐らく麺との馴染みも非常に良く、そもそも量がたっぷりと入っているのでしっかりと絞り込んで入れていきましょう!

ご覧の通りソースは量も多く、やや重みのある仕様でしたのですぐに容器底へと沈んでいき、味噌特有のコク深い風味が一気に広がっていき、野菜の旨味がしっかりと加わったことで“味噌野菜たんめん”ならではの味わいが“ペヤングやきそば”に再現され、麺から香る香ばしい風味と合わさったことで調理感のある仕上がりが印象的といったところ!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通り見るからに味噌のコク深い仕様となっていますが、決して粘度のある状態ではなくポークの脂でしょうか?ほどよい油分と合わさったことで風味豊かな中細麺にもすんなりと馴染んでいきます!

そして全体にソースが馴染んだら…最後に別添されている“ふりかけ”を加えて完成となります!ちなみにこちらには唐辛子が含まれていて、ポークや野菜の旨味をしっかりと利かせた“味噌野菜たんめん”の味わいにキリッとしたメリハリが加わり、ワンランク上の味わいが楽しめそうな最後まで飽きの来ないテイストであることがよーく伝わってきます!

こうして完成となるわけですが…原材料にも様々な旨味成分が記載されていた通り味噌ベースのコクもありつつも繊細なソースに仕上がり、そこに野菜などの具材が豊富に使用されたことでシャキシャキとした食感や旨味そのものを引き立て、“幸楽苑”一押しメニュー“味噌野菜たんめん”ならではの美味しさがうまく再現されているようです!

また、最後にふりかけた唐辛子がちょうど良いアクセント・メリハリとなったことでやみつき感のある美味しさが際立ち、なんと言ってもラードの旨味・風味が滲み出す麺と相性良く馴染んでいるため、お好みによってはもう少し辛さを調整してみても良いかもしれません!

食べてみた感想

一口食べてみると…様々な材料が記載されていましたが、やはり基本はコク深い味噌をベースにポークや野菜の旨味を利かせ、さらに香味野菜や魚介出汁を凝縮させたことで味わい深くも繊細な美味しさが再現され、そこに食感の良い野菜がたっぷりと盛り付けられたことによって臨場感の高い味わいが楽しめることと思われます!しかも唐辛子によるピリッとした辛みがちょうど良いアクセントとなったことで最後まで全く飽きが来ません!

そして、さり気なく使用されていたホタテエキスといった魚介系の旨味に関しては直接感じられるものではなく、コク深い味噌野菜ソースの美味しさを引き立て、シリーズならではの麺から滲み出るラードの旨味に関してもちょうど香ばしさ・調理感をプラス、それによって“幸楽苑”一押しメニュー“味噌野菜たんめん”ならではの味わいが“ペヤングやきそば”としてうまく再現されているようです!

そのため今回は決して奇抜なテイストではないものの、コラボ商品らしく素材の旨味を活かしたストレートに美味しいテイストで、ある意味シリーズらしくないんですが…麺から香るラードの香ばしさがまた食欲そそる風味を際立たせていたため、安定感のあるフレーバーに間違いありません!

麺について

麺は、ご覧の通りシリーズお馴染みのやや細めの中細・フライ仕様で、ほどよい弾力と細めながらも歯切れの良いコシを兼ね備え、すすり心地も非常に良い風味豊かな仕上がりとなっています!

そんな中細麺には、味噌ベースにポークや野菜の旨味をバランス良く利かせ、さらに香味野菜やホタテエキスなど実に様々な旨味を凝縮したことによって繊細な味わいが再現されたソースがよく絡み、一口ずつにコク深くも“タンメン”らしく野菜の旨味がポークによって引き立てられた申し分のない味わいなどが口いっぱいに広がっていき、シリーズらしいラードの香ばしい風味が後味良く抜けていきます!…これは見た目以上に味もしっかりとしていて美味しいですね!様々な旨味が絶妙にマッチしていてハマる方も多いのではないでしょうか?

トッピングについて

トッピングにはまずこちらのキクラゲが入っていて、コリコリとした食感が心地良く、今回の“味噌野菜たんめん”を再現した一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

また、こちらのキャベツは、やや小さめにカットされていたものの…ほどよい食感を残した仕上がり具合となっていて、上記のキクラゲとは若干異なるアクセントが加わり、彩り良く添えられています!

さらにこちらの人参が使用されており、こちらもやや小さめにカットされてはいるものの…じっくりと味わってみると、ほどよい食感と素材本来の味わいが感じられ、“タンメン”らしく彩りの良い野菜のひとつとして加わっているようです!

そして、こちらの“もやし”はシャキシャキとした食感がしっかりと感じられ、全体的に歯応えの良い野菜が取り揃えられているため、野菜の旨味が際立って感じられるのはもちろん、豊富に使用されたアクセントが印象的といったところ!

他にもこちらのニラが使用されていて、こちらは香味野菜として今回の一杯に旨味を引き立て、全体をしっかりと混ぜ合わせていただくことでクセになる味わいをプラスしています!

一方こちらの“ふりかけ”に含まれていた唐辛子は決して辛みの強いものではなく、むしろキリッとしたメリハリ・アクセントを加え、コク深い味噌ベースのソースとの相性も抜群です!

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通り“幸楽苑”一押しメニューだという“味噌野菜たんめん”の味わいを“ペヤングやきそば”に再現したことでコク深い味噌をベースにポークや野菜の旨味をバランス良く利かせ、さらに香味野菜やホタテエキスといった魚介出汁を凝縮、それによってコク深くも後味すっきりとしたメリハリのあるソースに仕立て上げ、そこに具材として野菜を豊富に使用したことによってやみつき感のある味わいがたっぷりと楽しめる非常にバランスの良い仕上がりとなっています!

…というか味噌ベースの“タンメン”も良いですね!野菜の旨味を引き立てたコクのあるテイストはもちろん飽きる要素もありませんし、キリッとしたシャープな口当たりが心地良く、なんと言っても様々な旨味が風味豊かな麺とバランス良くマッチしている辺りが好印象といったところ!!

このように、今回の“ペヤング 幸楽苑味噌野菜たんめん味やきそば”は、味噌をベースにポークや野菜の旨味をバランス良く利かせ、他にも香味野菜やホタテエキスなど様々な材料によって味わい深く繊細な美味しさを再現し、濃厚というほどではありませんが…味噌ならではのコクがポークなど動物系の脂によって引き立てられ、そこにたっぷりと使用された野菜などの各種具材と相性良く馴染み、食感の良さと旨味が際立ち、調理感のある香ばしい風味が最後まで飽きることなく楽しめる一杯となっていたため、お好みによってはもう少し唐辛子を足してみて辛さを調整してみても良いでしょう!

まとめ

今回「ペヤング 幸楽苑味噌野菜たんめん味やきそば」を食べてみて、全国展開する人気チェーン店“幸楽苑(こうらくえん)”とのコラボによって同店一押しメニューだという…“味噌野菜たんめん”の味わいを“ペヤングやきそば”に再現した一杯は、味噌のコクと野菜の旨味がポークなど動物系の旨味によって引き立てられ、他にも様々な旨味がバランス良くマッチしたことで風味豊かな麺から滲み出す旨味や香ばしさとも相性良く馴染み、ピリッとしたアクセントとして加えられた唐辛子が最後まで飽きさせることもなく、想像以上に満足度の高い一杯となっていました!

やはり“ペヤング”シリーズはこういった奇抜ではない一見普通のフレーバーでありながらもしっかりと旨味・風味などの組み合わせが考慮されていて納得の美味しさが楽しめますね!特に今回は“幸楽苑”とのコラボによって“味噌野菜たんめん”の旨味溢れる味わいをうまく再現したコク深い仕上がりでしたので、かなり幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!