まるか食品

ペヤング たこめし風やきそば!超特選濃口醤油にタコエキスを凝縮させた旨味溢れる風味豊かな一杯

ペヤング たこめし風やきそば
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ペヤング たこめし風やきそば」を食べてみました。(2022年2月7日発売・まるか食品)

この商品は、お馴染み“ペヤング”シリーズの新商品ということで、今回は“宮城県志津川高等学校商業部”とのコラボによって宮城県南三陸町で食べられる“たこ飯”の味わいを再現、超特選濃口醤油をベースにタコエキスや食欲そそる生姜パウダーを加え、具材には独自製法の“たこ入りすり身ボール”を豊富に使用したことで噛むほどにタコの旨味が感じられる味わい深い一杯が登場です!

それも…濃い目の醤油ベースにタコの旨味をギュッと詰め込み、香味野菜や様々な具材を使用したことで旨味溢れる“たこ飯”を“焼そば”にアレンジ、タコの風味にラードを使用した油で揚げた麺から香る香ばしさが加わったことで臨場感が際立ち、さらに具材にもタコを使用した“たこ入りすり身ボール”をたっぷりと盛り付けたことで食欲そそる旨味が滲み出し、“たこ飯”ならではの味わいが最後までたっぷりと楽しめる飽きの来ない一杯、“ペヤング たこめし風やきそば”となっております。(税抜き205円)

ご覧の通り、パッケージには“たこめし風”といった今回の商品名が大きく掲載されており、超特選濃厚醤油にタコエキスの旨味を利かせた濃い目のソースに香味野菜をバランス良く合わせたことで“たこ飯”ならではの味わいを表現しているようで、普通に考えて美味しくないはずがない組み合わせですから…キリッとしたシャープな口当たりとじんわりと染み渡るタコの旨味がたっぷりと楽しめそうです!

一方こちらには“宮城県志津川高等学校と共同で企画した商品です。”と記載されているように、今回のフレーバーは同校の商業部が昨年“まるか食品”に60以上ものアイデアを送り、なんと“まるか食品”の“丸藤 嘉一”社長から直々に返事が来て話が進み、その結果今回の“たこめし風やきそば”と“わさび醤油味やきそば(2022年2月21日発売予定)”の商品化が決定、その第1弾としての登場ということで期待値も上がりますね!

ちなみに今回はパッケージに仕上がりイメージなどは掲載されていないんですが、原材料を見る限り具材には…タコ入りすり身ボール・人参・“ねぎ”が使用されているようです!

また、このシリーズとしては2022年の第1弾として“ペヤング 明太シーフード 唐辛子マヨやきそば”が1月17日に発売されており、今回の“たこめし風やきそば”はそれに続く若干方向性が似たフレーバーではあるものの…今年はシリーズ発売47周年を迎えますから今後の商品展開にも期待したいところ!(今後もすでに毎週のように新商品の発売が予定されており、2月14日にはインパクト抜群な“ペヤング ペタマックスきつねうどん”が発売予定です。。)
※“ペヤング ソースやきそば”は1975年(昭和50年)3月に発売されました。

他にも特徴として…麺は“ペヤング”シリーズお馴染みのラードを使用した油で揚げたフライ麺が今回も同じく採用されていて、それによってラードの旨味・香ばしさがタコの旨味や濃い目の醤油ソースによく馴染み、豊富に使用された具材“たこ入りすり身ボール”が味わい深く引き立て、超特選濃厚醤油×タコエキスによる旨味溢れる味わいが最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

醤油ベースの濃いめなソースにはタコの旨味や食欲そそる風味がほんのりと香り立ち、海鮮系の染み渡る美味しさが心地良く、豊富に使用された“たこ入りすり身ボール”からもタコの旨味が滲み出しているものの…タコだけが強烈に強調されているわけではなく、あくまで素材本来の旨味を丁寧に表現したことで宮城県南三陸町で食べられる“たこ飯”の味わいを“カップ焼そば”にアレンジし、食欲そそる香味野菜や豊富に使用された各種具材ともバランス良くマッチ、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな相性抜群な組み合わせによる風味豊かなテイストとなっていました!
これは特に、“たこ飯”が好みの方はもちろん、濃厚な醤油ソースにタコエキスや香味野菜、豊富な具材を使用したことでタコの旨味を品良く引き立て、ラードを使用した油で揚げた香ばしい麺とともに旨味溢れる味わいをじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“ペヤング”シリーズの新フレーバーとして登場したもので、超特選濃厚醤油をベースにタコエキスや食欲そそる生姜パウダーなどをバランス良く合わせ、相性抜群な“たこ入りすり身ボール”を豊富に使用したことで濃い目の醤油ソースが引き立ち、そこにラードを使用した油で揚げた麺から滲み出すラードの香ばしい旨味や風味が絶妙にマッチした一杯、「ペヤング たこめし風やきそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ペヤング たこめし風やきそば

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“ペヤング”が宮城県立志津川高等学校商業部からのアイデアを実際に商品化したもので、宮城県南三陸町で食べられる“たこ飯”の味わいを“カップ焼そば”としてアレンジ・再現、超特選濃厚醤油をベースにタコエキスや生姜パウダーをバランス良く合わせたことでシンプルながらもタコの旨味を存分に活かした染み渡る美味しさを風味豊かな香りがクセになる濃い目のソースに仕立て上げ、具材にも“たこ入りすり身ボール”を豊富に使用したことによって最後まで飽きることのない“たこ飯”ならではの味わいが楽しむことができ、そこにシリーズらしいラードを使用した油で揚げた麺から滲み出すラードの旨味や風味が相性良くマッチしたやみつき感のある一杯、“ペヤング たこめし風やきそば”となっています。

上記の通り今回のフレーバーは宮城県志津川高等学校商業部からの提案レシピを商品化したもので、地元特産品であるタコを全国にPRするために宮城県南三陸町で食べられる“たこ飯”の味わいを再現し、これまでありそうでなかったテイストでありながらも特に奇抜なフレーバーではありませんが…誰もが好む安定感のある一杯と言え、最後まで全く飽きの来ない安定感のある美味しさが楽しめそうです!

このように“ペヤング”シリーズにはレギュラーサイズとして激辛なテイストから突拍子もない企業・メーカーとのコラボだったりと様々なフレーバーが発売されており、他にもボリューム感のある“超大盛”シリーズや“GIGAMAX”・“ペタマックス”シリーズなど…その種類は非常に多岐に渡り、2021年も実に様々な商品が発売されましたから…2022年も期待したいところ!

他にも、ここ数年の“ペヤング”シリーズ一覧は下記の記事にもまとめてありますので、ぜひご覧ください!やはり“ペヤング”は改めて見ると多種多様なフレーバーが数多く登場していて面白いですね!

「ペヤング」シリーズ一覧
「ペヤング」シリーズ一覧!歴代フレーバーを一挙ご紹介します!【随時更新】このブログでは、これまで実に様々な“ペヤング”のフレーバーをご紹介してきましたが、今回は実際に味わってみた一杯を全てご紹介したいと思いま...

それでは、今回の“たこめし風やきそば”がどれほどタコの旨味を利かせた濃い目なソースに仕上がっているのか?食欲そそる生姜パウダーや豊富に使用された“たこ入りすり身ボール”との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもシリーズらしいラードを使用した油で揚げたことによってラードの旨味・香ばしい風味が香り立つすすり心地抜群な麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り549kcalとなっております。(塩分は3.6g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)ながらもそこまで高い数値ではありませんが、一方で塩分はかなり低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり126g、麺の量は90gとのこと。

また、このカロリーと塩分を見ると…醤油ベースの後味すっきりとしたテイストによってカロリーが若干抑えられ、基本はタコの旨味をしっかりと利かせた味わい深いテイストを表現し、濃い目な醤油ソースとは言っても特にしょっぱすぎるわけではなく、あくまで“たこ飯”ならではの味わいを再現し、食欲そそる風味豊かな香ばしさがバランス良くマッチした安定感のある仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、糖類や“しょうゆ”をはじめ…

  • 植物油脂
  • 食塩
  • タコエキス
  • ジンジャーパウダー

といった、超特選濃厚醤油をベースにタコエキスや食欲そそる生姜パウダーをバランス良く融合させ、具材に使用されている“たこ入りすり身ボール”からも良い旨味が滲み出し、タコの旨味を存分に活かした風味豊かな味わいを想像させる材料がシンプルに並びます。

また、麺の項目を見てみると…シリーズらしい“ラード”といった材料がしっかりと記載されていることが確認できます!これによってラードの旨味・香ばしさが滲み出し、ソースの旨味も増すんですよね!

JANコード49 02885 00786 9
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(糖類、しょうゆ、たん白加水分解物、植物油脂、食塩、タコエキス、ジンジャーパウダー)、かやく(タコ入りすり身ボール、ニンジン、ネギ)/調味料(アミノ酸等)、酒精、増粘多糖類、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、膨張剤、カラメル色素、香料、乳化剤、ビタミンB2、(一部に小麦・卵・大豆を含む)

栄養成分表示 [1食 (120g) 当たり]
熱量549kcal
たん白質11.3g
脂質28.2g
炭水化物62.6g
食塩相当量3.6g

引用元:ペヤング たこめし風やきそば | まるか食品株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく”、やきそばソースといった2つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特に“やきそばソース”に関しては原材料にも記載されていた通りタコエキスを利かせた醤油ベースのサラッとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、麺はご覧の通り“ペヤング”ならではのラードを使用した油揚げ麺が今回もまた同じく採用されているようで、これによって今回の“たこめし風やきそば”といったタコの旨味を凝縮させた濃い目の醤油ソースにほんのりと香ばしさなんかも引き立ち、旨味際立つ相性の良い麺となっているようですね!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • タコ入りすり身ボール
  • 人参
  • ねぎ

が入っています。
…というかこの時点ですでに海鮮系のようなタコならではの食欲そそる香りがしっかりと確認できます!

そして今回のソースと相性の良い各種具材が使用されているわけですが、特に“たこ入りすり身ボール”が豊富に使用されている点が印象的で、この具材からも良い旨味が滲み出すことでタコの旨味も引き立って楽しめそうです!(ただ、湯切りの際に具材の旨味が流れてしまうような…)

では、熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:480ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺からは食欲そそるラードの香ばしさが漂い、まだ別添されているソースを加える前の状態ではありますが、タコエキスをしっかりと利かせた濃い目の醤油ソースとも相性良く馴染むやみつき感のある一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの“やきそばソース”を加えていきます!
ちなみにこのソースは、超特選濃厚醤油をベースにしている割にやや薄めにも見える状態で、タコエキスを利かせた食欲そそる風味が広がっていき、非常にサラッとした仕様ですので麺との馴染みも良さそうです!

そしてこのソースは量も多めということもあってすぐに容器底へと沈んでいき、各種具材から香る風味が食欲を掻き立てていきます!!それに加えラードの旨味や香ばしさが一気に広がっていき、タコの旨味を利かせた醤油ソースに各種具材を加えたことでやみつき感のある美味しさが際立ち、安定感のある美味しさに間違いなさそうです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通りソースは非常にサラッとしているため、すんなりと麺に馴染んでいきます!そしてタコの風味に関しては品良く香る程度で強烈にタコの旨味だけを強調しているわけではないようです!

そしてソースが全体に馴染むと…後味すっきりとした醤油ベースの“焼そば”に仕上がり、タコの風味がちょうど海鮮風の香りとして漂い、タコエキスや食欲そそる生姜パウダーが相性良く馴染み、さらに具材として豊富に使用されている“たこ入りすり身ボール”が印象的で、この具材によってタコの旨味がより一層引き立ち、まさに“たこ飯”といった…これまでの“ペヤング”シリーズになかった美味しさが楽しめるやみつき感のあるフレーバーとなっています!

また、今回使用されている具材は全体的に多めで、中でも噛むほどに旨味が滲み出す“たこ入りすり身ボール”や彩りの良い人参や“ねぎ”が豊富に使用され、全体をしっかりと混ぜ合わせることでタコの美味しさが引き立ち、今回もまたペヤングらしい麺から滲み出すラードの旨味や香ばしさが加わったジャンク感のある味わいがしっかりと楽しめるのではないでしょうか?

食べてみた感想

一口食べてみると…超特選濃厚醤油をベースにしているせいか塩気はやや強めではありますが、タコの旨味もしっかりと利いているため安定感のある美味しさが印象的で、香味野菜が繊細さをプラスし、さらにたっぷりと使用された“たこ入りすり身ボール”と絡めていただくと、より一層タコの旨味が際立って感じられ、ラードを使用した油で揚げた麺から滲み出すラードの旨味や香ばしさが絶妙にマッチしたことでメリハリのある味わいといったキレと深みのあるテイストが表現され…タコの旨味・ラードの香ばしさとも相性の良い組み合わせによってやみつき感のある“たこめし風やきそば”が最後までたっぷりと楽しめるかと思われます!

また、“たこ飯”と言えば…ぶつ切りにしたタコを米と一緒に炊き込んだ郷土料理のひとつで、今回の“たこめし風やきそば”はそういったタコの旨味・風味を引き立てるかのように醤油ソースをベースに香味野菜なんかも使用され、後味さっぱりとしたこの味わいは幅広い層に好まれることに間違いなく、濃い目の醤油味と染み渡るタコの旨味によって箸が止まりません。。

そのため、ある意味シリーズらしくないストレートに美味しいフレーバーとなっていて…豊富に使用されている具材“たこ入りすり身ボール”からも旨味が滲み出し、食感といい味といい…まさに商品名の文字通り“たこ飯”を“カップ焼そば”にうまくアレンジ・再現した満足度の高いテイストに仕上げ、ちょうど良い塩気が個人的に好印象といったところ!

麺について

麺は、ご覧の通りシリーズらしいやや細めの中太フライ仕様となっていて、すすり心地も非常に良く、ラードを使用した油で揚げたことによってラードの旨味・香ばしい風味が調理感や臨場感を高め、今回の“たこめし風やきそば”にぴったりな仕上がりとなっています!

そんな麺には、超特選濃厚醤油をベースにタコエキスをしっかりと利かせ、食欲そそる生姜パウダーがバランス良く馴染んだシンプルながらも味わい深い醤油ソースがよく絡み、一口ずつにやみつき感のあるタコの旨味や醤油ならではのキレとコクなどが口いっぱいに広がっていき、食欲そそるラードならではの香ばしさが後味良く抜けていきます!…というかこれはタコの旨味・風味を存分に活かしたシンプルながらも間違いないテイストで、安定感もあってかなり幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“たこ入りすり身ボール”が入っていて、割と大きめな具材で使用されている数に関しても全く申し分なく、じっくりと味わってみると…“すり身”ならではの柔らかさの中にタコ特有の旨味がじゅわっと滲み出す仕上がりとなっていたため、全体をしっかりと混ぜ合わせ、醤油ソースがしっかりと絡んだ麺と一緒にいただくと、より一層タコの旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらの人参は、やや小ぶりではありますが…食感も良く、素材本来の旨味なんかもしっかりと感じられるものの、今回の一杯に対してはちょうど良い彩りの良さとしてのアクセントがプラスされているようです!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されていて、ほどよいサイズにカットされたことでシャキシャキとした食感なんかもあり、ちょうど良い薬味にもなったことで今回の“たこめし風やきそば”の美味しさを引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通り超特選濃厚醤油をベースにタコエキスや食欲そそる生姜パウダーなどをバランス良く合わせたことで宮城県南三陸町で食べられる“たこ飯”の味わいを“ペヤング”流にアレンジ・再現し、濃厚醤油とは言っても色味や味が強烈に濃いわけではなく、後味すっきりとしたキレ・コクがあり、何よりタコの旨味・風味が品良く馴染んだことで安定感のある味わいがじっくりと楽しめるかと思われます!

そして、何と言っても“ペヤング”ならではのラードを使用した油揚げ麺から香る香ばしさが今回のタコエキスを利かせた醤油ソースをより一層美味しく引き立て、単純にタコの旨味を利かせたフレーバーというだけでなく具材や麺からも本格感のあるテイストを表現、まさに幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

そのため、今回の一杯は“カップ焼そば”としては珍しいタコの美味しさを活かしたテイストとなっていて、通常の濃厚なソース焼そばとはひと味違った海鮮系の旨味の強い美味しさがクセになるメリハリの付いたフレーバーと言え、このキリッとしたシャープな口当たりが絶妙にマッチしたやみつき感のある味わいがたまりません!

このように、今回の“ペヤング たこめし風やきそば”は、超特選濃厚醤油をベースにタコエキスや生姜パウダーなどをバランス良く合わせ、具材にも独自製法による“たこ入りすり身ボール”が豊富に使用されたことで“たこ飯”ならではの味わいをうまく再現し、シンプルなテイストながらもタコ本来の旨味・風味がクセになる醤油ソースに仕立て上げ、ラードを使用した油で揚げた麺から滲み出すラードの旨味や香ばしさが絶妙にマッチしたことによって満足度の高い味わいが楽しめるため、お好みによってはさらに唐辛子や“おろしにんにく”辺りをちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「ペヤング たこめし風やきそば」を食べてみて、宮城県志津川高等学校商業部からの数ある提案レシピから選び抜かれた“たこ飯”の味わいを商品化した一杯は、超特選濃厚醤油をベースにタコエキスをたっぷりと利かせたことで旨味・風味ともにタコならではの美味しさがしっかりと伝わるシンプルながらも味わい深いフレーバーとなっていて、醤油の感じも非常に丁寧でキレとコクもあり、タコの旨味を引き立てる絶妙な組み合わせによって最後まで飽きの来ないテイストをうまく“カップ焼そば”にアレンジ・再現、そこにたっぷりと使用された独自製法の“たこ入りすり身ボール”からもタコの旨味を引き立て、ラードを使用した油で揚げた麺と相性良くマッチした満足度の高い一杯となっていました!

また、タコの旨味が前面に出ていない点も好印象といったところで、あくまでタコをぶつ切りにして米と一緒に炊いた領土料理のひとつ“たこ飯”の味わいを臨場感高く再現しており、醤油や香味野菜がバランス良く融合した美味しさは安定感がありますね!そして当然シリーズらしいラードの旨味や香ばしさとの相性も抜群で、まさにタコの旨味を品良く利かせたフレーバーは間違いない仕上がりとなっていたため、かなり幅広い層に好まれるフレーバーと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

著者プロフィール
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな私「ゆうき」が運営しているブログです。新発売のカップ麺やおすすめラーメン店の実食レビュー記事をメインに更新しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です