カップ麺

「麺尊RAGE」カップ麺 “軍鶏だし中華そば” 軍鶏や金華ハムの旨味エキスを利かせたコク深い一杯

一度は食べたい名店の味 麺尊RAGE 軍鶏だし中華そば

麺尊RAGE(めんそんレイジ)軍鶏(しゃも)だし中華そば」を食べてみました。(2021年7月12日発売・エースコック)

この商品は、東京・西荻窪の人気ラーメン店“麺尊RAGE”の看板メニュー“軍鶏そば”の味わいをカップ麺に再現したもので、実店舗でも実際に使用されているという…大変珍しい“軍鶏(しゃも)”と“金華ハム”の旨味エキスを利かせた奥行きのある醤油スープに仕上げ、別添されている調味油を加えることによって鶏油ならではのコクのある香りを付与した風味豊かな一杯が登場です!

それも…他のラーメン店ではあまり使用されることのない闘鶏用のニワトリでもある軍鶏(ぐんけい・しゃも)や世界3大ハムのひとつに数えられる“金華ハム”の旨味エキスを利かせた液体スープと調味油を加えることによってコク深く上品な醤油スープに仕上がり、醤油感の強いキリッとした口当たりが絶妙にマッチした一杯、“一度は食べたい名店の味 麺尊RAGE 軍鶏だし中華そば”となっております。(税抜き220円)

ご覧の通りパッケージには東京・西荻窪の中でも特に人気の高い“麺尊RAGE”といった店舗名、そしてなんと言ってもこの箸を持って手を合わせるイラストが印象的なデザインがあしらわれ、軍鶏や金華ハムの旨味エキスを使用するという…鶏への拘りがとにかく強く、鶏好きなら一度食べておくべき人気店とのことで、カップ麺ながらもその仕上がりには非常に期待したいところではないでしょうか?

一度は食べたい名店の味 麺尊RAGE 軍鶏だし中華そば パッケージ

一方こちらには、“軍鶏だし中華そば”といった今回の商品名が記載されており、カップ麺としても大変珍しい軍鶏や金華ハムの旨味エキスを活かしたコク深くキリッとしたメリハリのある醤油スープに仕上げ、シンプルながらも鶏油ならではの厚みや風味豊かな香りが広がっていく…そんな飽きの来ない美しいスープが表現されているものと思われますが、今回の仕上がりイメージなどは掲載されていないものの、原材料を見る限り具材には…焼豚・メンマ・“ねぎ”が使用されているようです!

また、こちらには“東京・西荻窪の雄”、“金華ハムエキス使用”と記載されているように、軍鶏や金華ハムの旨味エキスを使用する唯一無二の味わいが表現された“軍鶏そば”が大変人気を博し、今勢いに乗っているラーメン店であり、東京・西荻窪屈指の名店“麺尊RAGE”による鶏出汁スープとともにボリューム感たっぷりと楽しめる縦型ビッグサイズのカップ麺ということで食欲もしっかりと満たしてくれそうです!

そんな軍鶏や金華ハムについては、こちら容器側面に…“チキン原料中に軍鶏エキスを8%使用しています。”、“ポーク調味料に金華ハムエキスを63%使用しています。”と記載されているように、軍鶏エキスはかなり割合が低いものの…素材の旨味いに拘った味わいがカップ麺にも再現されているようで、調味油を加えた鶏油ならではのコク深く風味豊かな仕上がりをイメージさせますね!

そして、ここ“麺尊RAGE”の看板メニューは“軍鶏そば”と“煮干しそば”といった非常にシンプルな2枚看板で、他にも“まぜそば”や“つけ麺”があり、これらを元にセットメニューやサイドメニューが提供されており、今回“軍鶏そば”をカップ麺に再現したという一杯は上記の通り軍鶏の旨味エキスが使用され、そういった軍鶏のイラストイメージなんかもフタの上に掲載されているのが印象的といったところ!(インパクトが強くてわかりにくいかもしれませんが…一応“一度は食べたい名店の味”シリーズの新商品でもあります。)

他にも特徴として…麺は中太・丸刃仕様のフライ麺が採用されており、つるっと滑らかな食感に仕上がり、麺量70gによる食べ応え抜群なボリューム感があり、それによって軍鶏や金華ハムの旨味エキスを贅沢に利かせたコク深い醤油スープとの絡みも非常に良く、鶏の旨味を存分に感じられる上質な脂によるまろやかで風味豊かな味わいが縦型ビッグサイズらしく最後までたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

深みのある鶏の旨味がしっかりと利いた醤油感の強いメリハリのあるスープには、非常に珍しい軍鶏や金華ハムの旨味エキスを使用したことによって味わい深いテイストに仕上がり、シンプルながらも物足りなさを感じさせないコク深さや芳醇な風味がバランス良くマッチし、実店舗では醤油にも拘っているというだけあって繊細な旨味やキリッとしたシャープな飲み口なんかも好印象といったところで、まさに深み・メリハリのある味わいがたまらなく…もっちりとした弾力のある中太麺が食欲をしっかりと満たす満足度の高い一杯となっていました!
これは特に、“麺尊RAGE”ファンはもちろん、鶏の旨味に拘ったコク深く風味豊かな醤油スープに仕上がったシンプルながらも飽きの来ない美味しさを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は東京・西荻窪の人気ラーメン店“麺尊RAGE”の看板メニュー“軍鶏そば”の味わいをカップ麺に再現、贅沢にも軍鶏や金華ハムの旨味エキスを使用したことで、コク深くまろやかな醤油スープにキレ・後味の良さが絶妙にマッチした安定感のある一杯、「一度は食べたい名店の味 麺尊RAGE 軍鶏だし中華そば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

一度は食べたい名店の味 麺尊RAGE 軍鶏だし中華そば

今回ご紹介するカップ麺は、東京・西荻窪を代表するとも言っても過言ではない人気ラーメン店“麺尊RAGE”の味わいをカップ麺に再現したもので、軍鶏や金華ハムの旨味エキスを贅沢に使用したことによってコク深く風味豊かな醤油スープに仕上げ、割と濃いめの喉越し抜群な味わいが芳醇な香りや食べ応えのある中太麺とともにしっかりと食欲を満たしてくれる一杯、“一度は食べたい名店の味 麺尊RAGE 軍鶏だし中華そば”となっています。

ご覧の通りこちら容器側面には…“麺尊RAGE”の実店舗写真や簡単な説明書きが記載されており、これによると…“東京・西荻窪で名を馳せる人気ラーメン店「麺尊RAGE」の看板メニュー「軍鶏そば」をイメージした一杯です。同店の一杯は、複数の軍鶏から出汁をとったコク深い清湯スープに醤油ダレを合わせた、めんと愛想油抜群の味わい。麺尊RAGE初のカップめんをお楽しみください。”とのことで、鶏の旨味に拘った名店の味わいがカップ麺で気軽に味わえるとあって、どれほどの再現性かは定かではありませんが…拘りの一杯にはかなり期待したいところ!!

ちなみにここ“麺尊RAGE”の創業は2015年2月、店主“広田 圭亮(ひろた けいすけ)”氏が2007年辺りから知人のラーメン店でアルバイトを続け、2012年5月にオープンした新宿三丁目の名店“煮干中華そば鈴蘭(すずらん)”では店長を務め、そういった実務・修行経験を経た後に現在の“麺尊 RAGE”をオープン(東京・杉並区)させたのがはじまり。その後2020年6月1日には2号店となる“麺尊レイジ レネゲイズ”が東京都小平市にオープンしています!(看板メニューの“軍鶏そば”は店主の拘り、そして“煮干しそば”は修行元である“鈴蘭”の味わいを踏襲しています。)

また、店舗名の“麺尊RAGE(レイジ)”は…ラップとメタルを融合させたミクスチャーとして知られるアメリカのバンド、“Rage Against the Machine”が由来しているとのことで、店内はそんなノリを思わせるお洒落なカフェといった雰囲気作りとなっていて、女性にも好評のようですね!

さらに…ここ“麺尊RAGE”は“食べログ 百名店”の選出常連店でもあり、創業当時から“ミシュランガイド東京”のビブグルマンに2016〜2021年まで6年連続で掲載されている人気・実力を兼ね備えた名店でもあります!

それでは、今回の“一度は食べたい名店の味 麺尊RAGE 軍鶏だし中華そば”がどれほど素材の旨味を凝縮させたコク深い醤油スープに仕上がっているのか?丁寧に抽出した軍鶏や金華ハムの旨味エキスによるコクや深みのある味わい、そして醤油ダレの“かえし”と合わせた芳醇な風味との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもつるっと滑らかな丸刃仕様ならではの食感の中太麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り400kcal(めん・かやく305kcal / スープ95kcal)となっております。(塩分は7.2g)

カロリーは、軍鶏や金華ハムの旨味エキスを活かした一杯ということで、鶏出汁をしっかりと利かせてはいるものの…縦型ビッグサイズの割に若干低めな数値のようですが、一方で塩分はかなり高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり94g、麺の量は70gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと95kcalと決して低い数値というわけではなく、鶏の旨味を余すことなく凝縮したことによるコク深く後味すっきりとした一杯には、食材に拘った名店に相応しい味わいを再現、そしてコクのある醤油スープに溶け込ませた鶏の旨味・鶏油の風味が広がる上品な仕上がりをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“しょうゆ”や植物油脂をはじめ…

  • 鶏油
  • チキンエキス
  • 食塩
  • チキンパウダー
  • 粉末しょうゆ
  • ポーク調味料
  • オニオンエキス
  • 香味調味料
  • ジンジャーパウダー

といった、鶏の旨味を丁寧に利かせた醤油ベースの清湯スープには、軍鶏や金華ハムの旨味エキスを贅沢に使用したことでコク深く上質な脂が旨味を引き立て、さらに相性抜群な香味野菜の旨味なんかも使用されたことで臭みのない安定感のある美味しさがクオリティ高く再現され、シンプルながらも飽きの来ない上質な味わいを想像させる材料がシンプルに並びます。

JANコード4901071247263
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白、卵白粉)、スープ(しょうゆ、植物油脂、鶏油、チキンエキス、食塩、チキンパウダー、デキストリン、でん粉、粉末しょうゆ、たん白加水分解物、砂糖、ポーク調味料、オニオンエキス、香味調味料、発酵調味料、酵母エキス、ジンジャーパウダー)、かやく(焼豚、メンマ、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、炭酸Ca、酒精、かんすい、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、酸味料、微粒二酸化ケイ素、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (94g) 当たり]
熱量400kcal
たんぱく質10.1g
脂質16.5g
炭水化物52.7g
食塩相当量7.2g
(1.8g/5.4g)
ビタミンB10.33mg
ビタミンB20.31mg
カルシウム240mg

引用元:一度は食べたい名店の味 麺尊RAGE 軍鶏だし中華そば|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、中には液体スープ、調味油といった調味料が入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料2パックとなっていて、触ってみたところ…どちらも鶏の旨味・風味を引き立てる脂のようなサラッとした油分となっていたため、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます。

また、かやくには…

  • 焼豚
  • メンマ
  • ねぎ

が入っています。

特にこの細かくカットされた焼豚に関しては若干チープな印象ではありますが…しっかりとスープと馴染ませることによって肉の旨味が際立つものと思われます!

さらに、麺はご覧の通り中太・丸刃のフライ仕様で、湯戻りする前からすでにもっちりとした弾力や噛み応えのある強いコシを兼ね備え、実店舗で使用している“三河屋製麺”の食感滑らかな舌触りを再現しているかのようにスープとの絡みも非常に良く、ボリューム感たっぷりと楽しめそうです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:440ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸ったことで先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはほどよい弾力やコシが加わり、鶏の旨味に拘った“麺尊RAGE”ならではのコク深くも醤油感の強いキリッとしたシャープな飲み口と絶妙にマッチした清湯スープが最後までじっくりと楽しめる食べ応え抜群な一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの調味油を加えていきます!
すると…こちらは無色透明な油分となっていて、ほんのりと鶏油の香りが加わり、それによって今回の一杯にちょうど良い深みや臨場感の高い美味しさが引き立っているようにも感じられます!

そしてこちらの液体スープは、醤油にも拘っているという…数種類の醤油をブレンドしたかのような濃いめの“醤油ダレ(かえし)”にも感じられ、コク深くまろやかな鶏の旨味にキリッとしたシャープな口当たりが加わり、メリハリのある醤油スープがしっかりと楽しめそうです!

そのため、これらの調味料を加えると見た目としての変化は液体スープに含まれている醤油感といった濃いめの色味が印象的で、風味としては鶏油の香りはそこまで強くはなく、ほどよく旨味を際立たせているようで、これをしっかりと混ぜていくことによって恐らく鶏の旨味ならではの芳醇な香りが表現されることに間違いありません!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…やはりスープ表面には上質な鶏の旨味・脂と思われる油分が浮き、濃いめに仕上がった醤油ベースの清湯スープにはあっさりとしていながらもコク深く素材の旨味を最大限に活かした満足度の高い味わいが再現され、なんと言ってもスープ表面に浮かぶ鶏油がキラキラと光り輝く美しい仕上がりとなっています!

また、具材に使用された焼豚からも良い旨味が滲み出しているように感じられ、見た目からも上質な鶏の旨味を利かせた醤油ベースの清湯スープといったところで、喉越しの良いコクがあり、そして芳醇な鶏の香り高い風味がほんのり漂うことによって一気に食欲を掻き立てていきます!!…これはちょっと想像以上の仕上がりですね!

食べてみた感想

一口食べてみると…軍鶏や金華ハムの旨味エキスをしっかりと利かせたコク深い醤油スープには、材料に拘った旨味はもちろん、芳醇な風味や喉越しの良い仕上がりが心地良く、鶏の旨味に拘る東京・西荻窪の名店らしく丁寧かつ味わい深いスープに上質な脂が溶け込み、キリッとした口当たりと絶妙にマッチしたメリハリのあるテイストとなり、個人的にいつも鶏の旨味を売りとするラーメン店の味わいはカップ麺に再現することが難しいと言っているんですが…ここ“麺尊RAGE”の味わいを再現した一杯にはしっかりと鶏の旨味・コクが感じられます!

また、コク深いスープ表面には上質な脂が浮いていたものの…決して脂っこさといった“くどさ”を感じさせるものではなく、むしろ鶏の旨味を際立たせるように下支えしたことで喉越し抜群な厚みを引き立て、全体のバランスとしてもかなり良いですね!

というか、この再現性は定かではありませんが…個人的には想像以上の仕上がりと言えるのではないでしょうか?非常に飲みやすいキレ・コクのある醤油スープで鶏の旨味はもちろん、醤油感に関しても申し分なく、実際食べてみると鶏の脂に対してしっかりとメリハリのある口当たりがバランス良く感じられ、奥行きのある美味しさがたっぷりと楽しめることに間違いありません!

麺について

麺は、ご覧の通り中太・丸刃仕様のフライ麺で、つるっと滑らかな食感が心地良く、想像以上にずしっとした密度感のあるすすり心地抜群な仕上がりとなっています!

そんな中太麺には、軍鶏や金華ハムといった鶏の旨味に拘ったコク深くまろやかで鶏油の風味が香り立つバランスの良い醤油スープがよく絡み、一口ずつに名店ならではの上品な深みのある旨味が口いっぱいに広がっていき、芳醇とも言える鶏の風味が後味良く抜けていきます!…これはカップ麺ながらも上質な鶏の旨味を感じる名店の一杯に相応しく、かなり幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの焼豚が入っていて、やや小さくカットされており、よくカップ麺で見かける若干チープな仕様だったものの、じっくりと味わってみると…思いのほかしっかりとした味付けや豚肉ならではの旨味がじゅわっと滲み出てくる仕上がりとなっていたため、食べはじめはスープとしっかりと馴染ませながら食べ進め、後ほど麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるのではないでしょうか?

また、こちらのメンマはやや小さめではありますが、コリコリとしたちょうど良い食感に仕上がり、使用されている数・サイズ感ともに全く申し分なく、メンマならではの味付けや素材本来の旨味がしっかりと感じられ、今回の一杯にちょうど良いアクセントをプラスしているようです!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されていて、青い部位が小さめにカットされていたため、シャキシャキとまではいきませんが、ちょうど良い薬味となったことで今回の“軍鶏だし中華そば”の美味しさを引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材として彩り良く添えられています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り軍鶏や金華ハムの旨味エキスを贅沢に使用したコク深くまろやかな醤油スープに仕上がり、そこに相性抜群な香味野菜や鶏油をバランス良く合わせたことによって名店“麺尊RAGE”の味わいを再現、濃厚とも言える旨味が清湯系の醤油スープにしっかりと溶け込み、キリッとしたシャープな飲み口と絶妙にマッチしたことで全体のバランスも非常に良く、まさに鶏の旨味に拘った上品な仕上がりとなっています!

そして、よく見かける鶏出汁に拘ったフレーバーは、ここに様々な旨味が使用されたことで鶏自体の存在感が薄れてしまいがちなんですが…今回の“軍鶏(しゃも)だし中華そば”に関してはまさに鶏の旨味に拘り抜いた一杯ということもあって鶏の旨味・コク・風味どれをとっても申し分のない仕上がりが印象的といったところ!

しかも醤油感も非常に丁寧で、“かえし”となる醤油ダレはベースとなる出汁とのバランスが絶妙なため、濃いめながらも単純にしょっぱいわけでもなく、メリハリの利いたテイストや芳醇な鶏の風味が醤油スープと相性良くマッチしているようです!これは…創業間もなくして“ミシュランガイド東京”に掲載された名店というのも納得ですね!

また、食べ進めていくに連れて具材に使用された焼豚からも良い旨味が滲み出していき、拘りの旨味を凝縮させたコク深い醤油スープといった見た目とは裏腹にキリッとしたシャープな口当たりが心地良く、単純にあっさりとしているわけでもありませんから…ついついスープが止まらなくなってしまいます。。

そのため、個人的には鶏の旨味を売りにした名店の味わいを再現したカップ麺の中ではトップクラスの部類に入る仕上がりと言え、他にも看板メニューとして“煮干しそば”が提供されているようでしたので、コラボ第2弾といった今後の商品展開にも期待したいですね!

このように、今回の“一度は食べたい名店の味 麺尊RAGE 軍鶏だし中華そば”は、軍鶏(しゃも)や金華ハムの旨味エキスを利かせたコク深くもキレ・後味の良い醤油スープをベースに相性抜群な香味野菜や鶏油をバランス良く合わせ、他にはない鶏の旨味で勝負するという…名店“麺尊RAGE”の看板メニューなだけあって、清湯スープならではのすっきりとした中にも深み・コクがあり、醤油ダレによるキレの良さが最後まで飽きさせない何度も食べたくなる一杯となっていましたので、お好みによっては醤油スープと相性の良いペッパー系の香辛料をちょい足ししてみても良いでしょう!(デフォルトでも十分美味しいです。)

まとめ

今回「一度は食べたい名店の味 麺尊RAGE 軍鶏だし中華そば」を食べてみて、東京・西荻窪の人気ラーメン店“麺尊RAGE”の看板メニュー“軍鶏そば”の味わいをカップ麺に再現した一杯は、軍鶏(しゃも)や金華ハムといった非常に珍しい旨味エキスを使用し、後味すっきりとした清湯スープにコク深くまろやかな味わいを引き立て、さらに香味野菜や鶏油が相性良く馴染んだ縦型ビッグサイズのボリューム感抜群な満足度の高い一杯となっていました!

また、鶏の旨味に拘り抜いたことで軍鶏や金華ハムの旨味エキスを使用するという…他にはないコク深いテイストに醤油感の強いキレの良さが絶妙にマッチし、カップ麺とは思えないほどの旨味や脂によって深みを際立たせたことによって名店拘りのスープが最後までたっぷりと楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!