カップ麺

ライザップ 野菜たっぷりちゃんぽん!魚介と野菜の旨味を利かせた風味豊かな一杯

ライザップ 野菜たっぷりちゃんぽん

ライザップ 野菜たっぷりちゃんぽん」を食べてみました。(2020年6月23日発売・ライザップ×ファミリーマート/数量限定)

この商品は、もはやファミマではお馴染みとなったRIZAP監修・糖質控えめのカップ麺で、今回はポークをベースに野菜や魚介の旨味をたっぷりと利かせた“ちゃんぽん”ならではの味わいを表現した一杯が登場です!

それも…糖質32.3g、カロリー294kcalに抑えたヘルシーな仕様にもかかわらず、ポークや魚介・野菜の旨味をたっぷりと利かせ、コク深く風味豊かな味わいに仕上がった一杯、“ライザップ 野菜たっぷりちゃんぽん”となっております。(税抜き220円)

ライザップ 野菜たっぷりちゃんぽん パッケージ

ご覧の通り、今回もまた“ライザップ”のロゴが黒を背景に記載されており、他にも“ファミマでライザップ。”といった文字が印象的で、その背景には…糖質を抑えたにもかかわらずしっかりとした美味しさが表現された物足りなさを全く感じさせない具だくさんな仕上がりイメージなんかも掲載されていますね!

そしてこれを見る限り…キャベツ・魚肉練り製品・もやし・人参・キクラゲなど、“ちゃんぽん”らしい野菜中心の具材がたっぷりと使用されているようです!

ただし、今回はいつものように“糖質50%off”といった文言がどこにも記載されていません!というのも前回の“麻辣湯麺”と比べると…炭水化物33.3g(糖質13.6g・食物繊維19.7g)に対し、今回の“野菜たっぷりちゃんぽん”は炭水化物57.4g(糖質32.3g・25.1g)と食物繊維こそたっぷりと使用されているんですが、糖質が抑えられていないわけです!

この辺りは麺に関係しているのかと思きや…これまでのライザップ監修のカップ麺も発売当初ノンフライ麺を使用していたものが多く、途中からフライ麺(油揚げ麺)に変更、そして今回の“野菜たっぷりちゃんぽん”には食物繊維を練り込んだ久しぶりのノンフライ麺を使用したことで、しっかりとした食感が楽しめる仕様となっています!

このようにこれまでのフレーバーは、食物繊維をたっぷりと麺に練り込んだことによって糖質を抑えていたんですが…今回はどうも味付けが施されているせいか…糖質32.3gとなっているようですね!(食べ応えを考慮して新たに開発されたのかもしれません。)

ちなみにこのライザップ監修のカップ麺、ここ最近では“ライザップ 麻辣湯麺”が2019年5月14日に発売されていて、ファミマとのコラボ商品としては2016年11月の発売からはじまり、2017年1月10日にカップ麺第1弾となる“ライザップ 生姜醤油ラーメン”と“ライザップ 辛味噌ラーメン”が登場して以来、今回の“野菜たっぷりちゃんぽん”でなんと第11弾となります!

他にも特徴として…麺は中太・丸刃、そして上記のようにノンフライ仕様となっていて、つるっと滑らかな食感ともっちりとした弾力を併せ持つ仕上がりで、これまでの糖質を練り込んだことによる若干ぱさついた食感を払拭するかのような…ごく自然な麺が採用され、それによってポークをベースに魚介や野菜の旨味を利かせた“ちゃんぽん”ならではの旨味が詰め込まれた白濁としたスープとともに最後までじっくりと風味豊かな味わいが楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

スープの仕上がりは、ポークをベースに魚介・野菜の旨味を利かせたキレ・後味の良い“ちゃんぽん”らしい満足度の高い味わいがヘルシーな一杯であることを思わせることもなく、麺もこれまでとは異なるぱさついた印象のない密度感のある仕様で、しっかりとした食べ応えなんかも楽しめる素材の旨味をうまく活かした一杯となっていました!
これは特に、魚介や野菜の旨味をしっかりと利かせた“ちゃんぽん”が好みの方はもちろん、糖質を抑えてカップ麺を気兼ねなく楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はファミマ×ライザップのコラボカップ麺第11弾として“ちゃんぽん”の味わいを表現した一杯、「ライザップ 野菜たっぷりちゃんぽん」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ライザップ 野菜たっぷりちゃんぽん

今回ご紹介するカップ麺は、ファミマではもうすでのお馴染みとなったライザップとのコラボカップ麺の新商品ということで、ポークをベースに魚介や野菜の旨味を利かせた後味すっきりとした“ちゃんぽん”ならではの味わいを表現し、食物繊維をたっぷりと麺に練り込んだことによって糖質を抑えたヘルシーな一杯、“ライザップ 野菜たっぷりちゃんぽん”となっています。

ご覧の通り、フタの上に別添されている調味料を剥がしてみると…こちらにも容器側面と同じく黒を基調にライザップのロゴや今回の商品名などがシンプルに記載されています!

また、今回の“野菜たっぷりちゃんぽん”には、ペッパー系の香辛料が使用されており、思ったよりも容器底に溜まった状態となっていましたので、こちらにも記載されている通り、カップの底までよくかき混ぜながらいただくと良いでしょう!

また、この明星食品と言えば、食物繊維をたっぷりと麺に練り込んだ“ローカーボNoodles”や“はじめ屋”といった低糖質・低カロリーに際立ったシリーズなんかも定番商品として発売されていますからね!

今回のライザップ監修の“野菜たっぷりちゃんぽん”も食物繊維を練り込んだ麺によって糖質を抑え、スープの美味しさそのままでヘルシーな味わいが楽しめるものと思われます!

そして、こちらにも“毎日の食事を楽しみながら、食事コントロールを身につけよう。”といったライザップらしい文言とともに今回の“野菜たっぷりちゃんぽん”に関する簡単な説明なんかも記載されていますね!

これによると…糖質を抑えたノンフライ麺に野菜・“かに風味かまぼこ”をたっぷりと使用し、ごま油の風味によって魚介の旨味を利かせたちゃんぽんスープを美味しく引き立てる満足感のある低糖質なカップ麺に仕上がっているとのこと!

ちなみに、ダイエット中にもおすすめのカップ麺について詳しくは、ぜひこちらの記事もご覧ください!

ダイエット中にもおすすめのカップ麺を一挙ご紹介します!【随時更新】ダイエット中のカップ麺はちょっと…と気にしていませんか? そもそもカップ麺だからダイエット中はダメというわけではなく、最近では糖質...

それでは、今回の“ライザップ 野菜たっぷりちゃんぽん”がどれほど魚介や野菜の旨味を凝縮した仕上がりとなっているのか?たっぷりと使用した具材やごま油の風味との兼ね合いはもちろん、なんと言っても食物繊維を練り込んだことで糖質を抑えたヘルシーな麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り294kcal(めん・かやく267kcal / スープ27kcal)となっております。(塩分は5.3g)

カロリーは、今回ビッグサイズ・旨味がしっかりと詰め込まれた割にかなり低めな数値のようですが、一方で塩分に関しては平均的といったところでしょうか?
ちなみに1食当たり86g、麺の量は65gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけで27kcalとかなり低めな数値となっていることからポークの旨味をベースにシているとは言え、素材の旨味を存分に活かした仕上がりのようですね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩や植物油脂をはじめ…

  • 香味調味料
  • 粉末油脂
  • ポークエキス
  • 魚介エキス
  • 香辛料

といった、白濁とした“ちゃんぽん”らしいポークをベースに魚介や野菜の旨味をしっかりと利かせ、さらにごま油の風味が炒め野菜のような食欲そそる香りを引き立て、香辛料によってメリハリのあるキレの良い味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…食塩やソース、香辛料といった材料が確認でき、ほどよく味付けが施されていることがわかりますね!(これまでの麺とは若干仕様が異なるようです。)

JANコード4902881476003
原材料名

めん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食物性たん白、食塩、ソース、香辛料)、スープ(食塩、植物油脂、香味調味料、粉末油脂、ポークエキス、魚介エキス、難消化性デキストリン、デキストリン、香辛料、たん白加水分解物、酵母エキス)、かやく(キャベツ、魚肉練り製品、もやし、人参、キクラゲ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(増粘多糖類、アルギン酸エステル)、かんすい、乳化剤、グリセリン、カラメル色素、香料、酸味料、ベニコウジ色素、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、微粒二酸化ケイ素、炭酸マグネシウム、甘味料(カンゾウ、ステビア)、香辛料抽出物、(一部に卵・乳成分・小麦・えび・かに・いか・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんご・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (86g) 当たり]
熱量294kcal
たんぱく質9.1g
脂質8.7.4g
炭水化物57.4
糖質:32.3g
食物繊維:25.1g
食塩相当量5.3g
めん・かやく: 2.2g
スープ: 3.1g

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“調味油”と記載された調味料が入っています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、恐らくこちらに“ごま油”が含まれていると思われ、触った感じだとさらっとした油分のような感じでしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます。

また、具材には…

  • キャベツ
  • 魚肉練り製品
  • もやし
  • 人参
  • キクラゲ

が入っています。

さらに、麺はご覧の通り中太・丸刃使用の食物繊維がたっぷりと練り込まれたノンフライ麺となっていて、もっちりとした食感と歯切れの良いコシを兼ね備えた思ったよりも食べ応えのある仕上がりをイメージさせます!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:400ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸ったことで、先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはもっちりとした弾力が加わり、旨味の詰まったちゃんぽんスープをじっくりと楽しめるヘルシーでありながらも風味豊かな一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの調味油を加えていきます!
すると…やはり“ごま油”らしい若干色の付いた油分となっていて、これによってたっぷりと使用された野菜が炒めた感じの風味に様変わりし、臨場感の高い“ちゃんぽん”に引き立てているように感じられます!

そして、この調味油はスープ表面に食欲そそる香りとともに広がっていき、糖質を抑えたヘルシーさだけでなく、しっかりと旨味・風味にも拘った一杯に仕上がっているようですね!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…“ちゃんぽん”らしく割とさらっとした仕上がりではありますが、ポークがベースとなったことで魚介や野菜の旨味も引き立ち、なんと言っても最後に加えた調味油がクオリティの高さを感じさせます!

また、たっぷりと使用された各種具材からも良い旨味が滲み出し、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんなクオリティの高い一杯に仕上がり、糖質・カロリーをそこまで気にすることなく楽しむことができ、これまでのライザップらしさを踏襲した“ちゃんぽんスープ”に仕上がっているようです!

食べてみた感想

一口食べてみると…ポークをベースにしていますが、“ちゃんぽん”らしいキレ・後味の良いすっきりとした仕上がりとなっていて、そこに魚介や野菜の旨味が深みを際立たせ、別添されていた調味油を加えることによって“ごま油”による炒め野菜のような臨場感溢れる風味が心地良く、まるでヘルシーさに際立った一杯であることを思わせない一杯となっています!

これまでライザップ監修のカップ麺と言えば…割とこってりとした食べ応えのあるフレーバーが数多く登場していたんですが、今回は一味違った味わいでこれはこれで美味しいですね!

そして容器底に溜まっているペッパー系の香辛料をしっかりと混ぜながらいただくと…キリッとした口当たりが際立って感じられ、そもそも脂っこさといった印象もありませんから、飽きの来ない“ちゃんぽん”がたっぷりと楽しめることでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通り中太・丸刃仕様のノンフライ麺ということで、つるっと滑らかな食感はもちろん、今回は麺の仕様が若干異なるようで、食物繊維をたっぷりと練り込んだことによるぱさついた印象もなく、むしろ密度感のある食べ応えなんかも表現されています!

そんな中太麺には…ポークをベースに魚介や野菜の旨味をたっぷりと利かせた“ちゃんぽんスープ”がよく絡み、一口ずつにあっさりとした中にもしっかりとした味わいが口いっぱいに広がっていき、別添されていた“ごま油”の食欲そそる風味が後味良く抜けていきます!

また、原材料にも記載されていた通り今回の麺にはソースや香辛料なども含まれているため、麺からも旨味を滲み出すようにしっかりと混ぜていただくと、より一層旨味が際立って楽しめるのではないでしょうか?

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの魚肉練り製品(かにかま)が使用されていて、思っていたよりもサイズは大きく、“かにかま”なりの旨味がしっかりと感じられる仕上がりとなっていて、今回の魚介を利かせた“ちゃんぽんスープ”とも相性の良い具材として旨味を引き立てているように感じられます!

また、こちらのキクラゲは、若干コリコリとした食感は弱いものの…素材本来のちょうど良いアクセントが今回の一杯にプラスされているようです!

さらに、こちらのキャベツはシャキシャキとまではいかないものの、非常に彩りも良く、ほどよい食感が上記のキクラゲとともに心地良く感じられ、野菜の旨味を利かせた“ちゃんぽん”にもぴったりな具材となっています!

他にもこちらの“もやし”が入っっていて、見た通りシャキシャキ感がしっかりと伝わるサイズ感で、こちらもまた非常に食感が良く、今回の一杯にもぴったりな具材として添えられています!今回の具材の中で一番食感が良いかもしれません!

そしてこちらの人参は、意外と柔らかな仕上がり具合となっており、やや細かくカットされていることから素材本来の味わいはそこまで強く感じられることはありませんが…彩りの良い具材のひとつとして華やかさを演出しているようにも感じられます!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りポークをベースに“ちゃんぽん”らしい若干白濁とした仕上がりとなり、そこに魚介や野菜の旨味がしっかりと利かせたことで、あっさりとした中にも深みのある味わいが物足りなさを一切感じさせることもなく、別添された“調味油”による“ごま油”がちょうど良い炒め野菜のような風味として香り立ち、ヘルシー感に際立った薄味といった印象もまるでありません。

というのもこのライザップ監修のカップ麺は、スープも当然ヘルシーさに拘っているんですが、食物繊維をたっぷりと練り込んだ麺によって糖質を抑えているため、スープそのものは意外と美味しいんですよね!(気になる方は若干調理時の熱湯を少なめにしてみても良いでしょう。)

また、食べ進めていくに連れて各種具材やほんのり味付けされた麺からも良い旨味が滲み出し、容器底に溜まった香辛料も相性良く馴染むことによって満足度も増していく…そんなコク深い味わいへと際立っていき、サイズ感もさることながら“ちゃんぽんスープ”としても全く物足りなさを感じさせない仕上がりとなっています!

このように、今回の“ライザップ 野菜たっぷりちゃんぽん”は、ポークをベースに魚介や野菜の旨味をしっかりと利かせ、そこに別添された“ごま油”を加えることによって風味豊かな味わいを表現し、食物繊維をたっぷりと練り込んだノンフライ麺と相性良くマッチした満足度の高い仕上がりとなっていたため、お好みによっては“ちゃんぽん”にぴったりなペッパー系の香辛料を加えてみても良いでしょう!

まとめ

今回「ライザップ 野菜たっぷりちゃんぽん」を食べてみて、後味すっきりとしたキレの良い口当たりが印象的な“ちゃんぽんスープ”には、ポークをはじめ魚介や野菜の旨味がバランス良く調和され、さらに香味油に含まれる“ごま油”が香ばしくも風味豊かな香りを臨場感高く表現、そしてなんと言ってもこれで一食当たり294kcalですから、糖質は32.3gとこれまでのシリーズと比べて若干高めな数値ではありますが、物足りなさを一切感じさせないヘルシーな一杯として十分満足できるフレーバーとなっていました!

また、ライザップ監修のカップ麺としては非常に久しぶりの商品で、これまでとは一風変わった味わいを表現した一杯ではありましたが、“ちゃんぽん”らしい旨味がしっかりと表現されたことで、幅広い層に好まれるテイストと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

 

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!