カップ麺

すこやか和膳 もち麦めん 鰹と昆布だし!新開発“もち麦めん”に“和風つゆ”がマッチした優しい一杯

すこやか和膳 もち麦めん 鰹と昆布だし

すこやか和膳 もち麦めん 鰹と昆布だし」を食べてみました。(2020年9月14日発売・エースコック)

この商品は、素材の美味しさと健康を考えたエースコックの新ブランド“すこやか和膳”第1弾となるカップ麺で、2年もの歳月をかけて独自開発された“もちつる食感”が印象的な“もち麦めん”には…食物繊維豊富な“もち麦”を練り込んだことによってレタス1個分もの食物繊維が摂取できるというヘルシーかつ素材の旨味を活かした優しいテイストの一杯が登場です!
※“株式会社はくばく”の“もち麦”を使用しているとのこと。

それも…キレ・後味の良い醤油ベースの“和風つゆ”には、鰹出汁の旨みや国産昆布出汁を合わせた風味豊かな仕上がりで、シンプルながらも香り高いじんわりと染み渡る出汁によって、どこかほっと心落ち着く美味しさが楽しめる健康面を考慮したヘルシーな一杯、“すこやか和膳 もち麦めん 鰹と昆布だし”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通り、パッケージには今回新たに誕生した新シリーズ“すこやか和膳(わぜん)”といったロゴが記載され、その背景には“もち麦”を練り込んだ“もちつる食感”を再現するまでになんと2年もの歳月かけたという…独自技術によるもっちりとした滑らかな食感が伝わってくる“もち麦めん”が掲載されています!

一方こちらには、醤油ベースのあっさりとした透明度の高い“和風つゆ”に鰹や昆布といった拘りの旨味を利かせた優しい味わいが伝わってくる仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…油揚げ・卵・ねぎ・かまぼこが使用されているようです!

というか…“もちつる!”といった麺の食感をイメージした表現なんかも印象的ですね!
独自の配合・製法によって作られた“もち麦めん”はまさにつるっとした滑らかさともっちり感を併せ持った“もち麦”由来の食感をうまく麺に再現したことでカロリーも抑えられ、健康面に気を使う方にとっても嬉しいところではないでしょうか?

また、こちらには“レタス1個分の食物繊維”と記載されているように、今回使用されている麺にはたっぷりと“もち麦”の粉末が練り込まれており、それによって食物繊維も摂取することができ、ヘルシーで軽やかな優しい味わいとして出汁の利いた“和風つゆ”とも相性良く馴染み、罪悪感なく“どんぶり型”の和風カップ麺が思う存分楽しめるというわけです!

そして、こちらには“鰹と昆布だし”と記載されているように、今回の新シリーズ“すこやか和膳”第1弾として登場した一杯には鰹出汁の旨みや国産昆布出汁を合わせた風味豊かな味わいに仕上がり、このじんわりと染み渡るかのような“和風つゆ”とこれまでの麺とは異なる食感の“もち麦めん”がライトに楽しむことができ、シンプルだからこそ幅広い層に好まれるテイストと言えるでしょう!

他にも特徴として…麺は上記の通り“もち麦”の粉をしっかりと練り込んだ独自の配合・製造によって、これまでになかった独特の“もちつる食感”に仕上げ、ライトに楽しめる軽やかな味わいと出汁の旨味を活かしたじんわりと染み渡る醤油ベースの“和風つゆ”が絶妙にマッチし、シンプルながらも何度食べても飽きの来ない万人受けするかのような味わいがじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

キレの良い醤油ベースの“和風つゆ”には…鰹出汁や昆布の旨味がしっかりと利いているものの、非常に優しくも感じられる仕上がり具合となっていて、素材に使用された“油揚げ”から滲み出る若干甘みのある旨味・油分が風味豊かに美味しさを引き立て、なんと言っても“もち麦”を練り込んだという新開発された“もち麦めん”が文字通り弾力あるもっちり感とほどよいコシを兼ね備えた“もちつる食感”に仕上がり、思ったよりも食べ応えはありながらもしっかりと食物繊維が摂取できるヘルシーさに際立った安定感のある一杯となっていました!
これは特に、脂っこさなどを控えめにしたライトな“どんぶり型”の和風カップ麺をヘルシー感のあるもっちりとした弾力の麺とともにじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はエースコックの新シリーズ“すこやか和膳”から第1弾として登場した鰹出汁や昆布の旨味を存分に活かした染み渡る“和風つゆ”と“もち麦”の粉を練り込んだことで食物繊維もたっぷりと摂取できるヘルシーな一杯、「すこやか和膳 もち麦めん 鰹と昆布だし」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

すこやか和膳 もち麦めん 鰹と昆布だし

今回ご紹介するカップ麺は、日本の新しい和風めん“もち麦めん”誕生!ということで、開発に2年も費やしたことによって“もちつる食感”を表現、食物繊維が豊富な“もち麦”を練り粉だことでヘルシーさが際立ち、鰹出汁や昆布の旨味をバランス良く合わせた“和風つゆ”と絶妙にマッチした風味豊かな一杯、“すこやか和膳 もち麦めん 鰹と昆布だし”となっています。

ご覧の通りパッケージには“もち麦めん”といった文言が大きく記載されているため、シリーズ名が“すこやか和膳”なのか、それとも“すこやか和膳 もち麦めん”なのか気になるところでしたが、問い合わせてみたところ…あくまでシリーズ名は“すこやか和膳”ということで、今回は“もち麦めん”が採用されたフレーバーであり、そもそも健康・ヘルシーをコンセプトにした“わかめラーメン”シリーズがすでにロングセラーブランドとして定着していますからね!それに続くヘルシーな“どんぶり型”の和風カップ麺がどこまで話題となるのか非常に気になるところ。。

そして、この“すこやか和膳”といったシリーズ名からしても…健やかで、和出汁を利かせたテイストをコンセプトとしていることが伝わってきますから、健康的価値の高い新定番となりそうです!

ちなみにこの“もち麦めん”は、従来の“うどん”や“そば”、ラーメンといった麺とは異なる独特技術による“もちつる食感”が楽しむことができ、さらにレタス1個分の食物繊維が手軽に摂れるという美味しくてヘルシーな仕上がりということで、今後の商品展開なんかも気になるところではないでしょうか?

また、今回は鶏出汁の旨みに、国産柚子胡椒が香り立つ上品な一杯、“すこやか和膳 もち麦めん 鶏だしと柚子胡椒”も同時発売されています!

それでは、今回の“すこやか和膳 もち麦めん 鰹と昆布だし”がどれほど鰹出汁や昆布の旨味を利かせた染み渡る仕上がりとなっているのか?キレの良い醤油ならではの“つゆ”との兼ね合いはもちろん、なんと言っても満を持して登場した“もち麦”の粉をたっぷりと練り込んだ“もち麦めん”との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り290kcal(めん・かやく269kcal / スープ21kcal)となっております。(塩分は4.6g)

カロリーは、油揚げ麺にもかかわらず“もち麦”をたっぷりと練り込んだことによってかなり低めな数値のようで、塩分も同じくかなり抑えられている数値となっています。
ちなみに1食当たり80g、麺の量は60gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだとなんと21kcalとかなり低めの数値となっていることからも、醤油ベースに鰹出汁や昆布の旨味をバランス良く利かせたシンプルながらも非常に優しくじんわりと染み渡る仕上がりをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“しょうゆ”や食塩をはじめ…

  • 魚介エキス
  • カツオブシパウダー
  • コンブエキス
  • カツオブシ
  • コンブ

といった、キリッとしたシャープな飲み口が印象的な醤油をベースに鰹節や国産昆布の旨味をシンプルに合わせたことで、どこかほっとするじんわりとした味わいを想像させる材料がシンプルに並びます。

また、麺の項目を見てみると…しっかりと“もち大麦粉”といった文言が記載されているのが確認できます!これによってたっぷりと食物繊維を摂取することができ、さらにカロリーも抑えられたことで、カップ麺全体として非常にヘルシーな一杯を表現しているようですね!

JANコード4901071216610
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、もち大麦粉、食塩、植物性たん白)、スープ(しょうゆ、たん白加水分解物、食塩、魚介エキス、カツオブシパウダー、砂糖、コンブエキス、酵母エキス、カツオブシ、コンブ)、かやく(卵、油揚げ、ねぎ、かまぼこ)/調味料(アミノ酸等)、酒精、炭酸Ca、カラメル色素、炭酸K、酸化防止剤(ビタミンE)、炭酸Na、カロチノイド色素、甘味料(スクラロース)、増粘剤(キサンタンガム)、紅麹色素、(一部に小麦・卵・さば・大豆を含む)

栄養成分表示 [1食 (80g) 当たり]
熱量290kcal
たん白質8.9g
脂質11.1g
炭水化物
(糖質/食物繊維)
40.6g
(36.8g/3.8g)
食塩相当量
(めん・かやく/スープ)
4.6g
(1.1g/3.5g)
カルシウム203mg

引用元:すこやか和膳 もち麦めん 鰹と昆布だし|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく”、液体スープといった2つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特に液体スープは魚介出汁を利かせた“和風つゆ”ということもあって非常にさらっとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、麺はご覧の通り、蕎麦とも“うどん”とも言えない新食感の“もちつる食感”が表現されたフライ麺となっていて、こちらに“もち麦”の粉末がたっぷりと練り込まれたことによってもっちりとした弾力やほどよいコシを兼ね備えた仕上がりとなり、食物繊維も摂取できるヘルシーさだけでなく、思ったよりしっかりとした食べ応えなんかも楽しめそうです!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • 油揚げ
  • ねぎ
  • かまぼこ

が入っています。

“すこやか和膳”といったシリーズらしく和食には欠かせない各種具材が彩り良く取り揃えられているようですね!

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:410ml)
そして出来上がりがこちら!

ほどよくお湯を吸ったことで、先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺に関しては“もちつる食感”というだけあって、ほどよい弾力とつるっとした滑らかさが加わり、想像以上に食べ応えのある一杯…といった印象の出来上がりです。

ちなみに今回新開発された“もち麦めん”は、以下の食感をイメージした麺が表現されているとのことで、まさにもっちりとした弾力と滑らかさが絶妙な食感に仕上がっているようですね!

  • うどんのようなもちっとした程良い弾力
  • そばのようなつるっとした滑らかさ

これでレタス1個分の食物繊維が摂取できるというから驚きです!

ではここに先ほどの液体スープを加えていきます!
すると…やはり和出汁を利かせた醤油ベースの“つゆ”ということで、非常にサラッとした状態で、ほどよい魚介出汁の風味が一気に広がっていき、食欲をそそりますね!

そして、液体スープは容器底へと沈んでいき、和出汁ということでスープ表面には油分らしきものは一切なく、後味すっきりとしたキレの良さ、そしてじんわりと染み渡る出汁の旨味が印象的といったところ!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…鰹出汁や昆布の旨味を利かせた“和風つゆ”は、割と透明度が高く、優しく染み渡る味わいをイメージさせるのはもちろん、風味豊かな香りが“すこやか和膳”といったシリーズ名にぴったりで、なんと言ってもこの“もちつる食感”に仕上がった“もち麦”をたっぷりと練り込んだ麺が目新しく感じさせますね!

また、具材に使用された“油揚げ”からも良い旨味・甘みが滲み出しているようにも感じられ、これによってほどよい油分をプラスし、魚介出汁の旨味を引き立て、食べ進めていくに連れて深みも増していき、同時に満足感にも満たされるヘルシーさと新食感が楽しめるようです!

食べてみた感想

一口食べてみると…スープはシリーズらしく非常にあっさりとした優しい味わいに仕上がり、そんな中にもじんわりと染み渡る鰹出汁や昆布のの旨味がしっかりと感じられる万人受けするかのようなテイストが表現され、まさに“すこやか和膳”といったシリーズ名にもぴったりな品のある美味しさとなっています!

そして醤油ならではの塩気に関してもちょうど良く、リキッとした口当たりと出汁の旨味を活かしたシンプルながらも定番的な味わいが印象的で、ヘルシーさをテーマとする“わかめラーメン”に続いてロングセラー商品を期待させるかのような安定感のある一杯と言えるでしょう!ただ…“すこやか和膳”といったシリーズ名が若干印象薄く感じられる点が気がかりではありますね。。

とは言え、非常にヘルシーな“どんぶり型”の和風カップ麺としては他メーカーにはなかなかありませんから、ぜひ通年扱いとして定着してほしいところ!!

麺について

麺は、ご覧の通り“もち麦”をたっぷりと練り込んだことによって、もっちりとした弾力とつるっと滑らかな食感が心地良く、さらにほどよいコシを併せ持つ中太・フライ仕様となっていて、まさに“もちつる食感”といったイメージにぴったりな弾力と滑らかさがしっかりと表現され、レタス1個分もの食物繊維が含まれるヘルシーな仕上がりとなっています。

だいたいヘルシーさを謳う麺は若干ボソボソとした食感になりがちなんですが、この“もち麦めん”に関してはまさに“もち麦”の食感を活かしているかのような仕上がりで、全く気になりませんね!むしろこのもっちり感が心地良いほどで、かなり満足度の高い仕様と言えるでしょう!

そんな麺には、醤油ベースに鰹出汁や昆布の旨味をしっかりと利かせたことで、シンプルながらも安定感のあるじんわりと染み渡る優しい“和風つゆ”がよく絡み、一口ずつに魚介出汁の旨味が口いっぱいに広がっていき、和風出汁ならではの風味豊かな香りが後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“油揚げ”が入っていて、割と数も多く大きさも申し分なく、“油揚げ”特有の甘みのあるほどよい油分や、出汁の利いた“和風つゆ”をしっかりと吸ったことで、じゅわっと旨味が滲み出てくる相性抜群な具材となっています!

また、こちらの“ねぎ”は、見たとおり大きめにカットされたことによってシャキシャキとした食感が心地良く、ちょうど良い薬味にもなったことで、今回の“和風つゆ”の美味しさそのものを引き立て、後味すっきりと感じさせる和風テイストには欠かせない具材となっています!

さらにこちらの“かまぼこ”は、味付け自体感じられないものの…彩りの良い具材のひとつとして華やかさを演出、それによってちょうど良い見た目としてのアクセントがプラスされているようです!

他にもこちらの卵が使用されており、非常にふんわりと柔らかな仕上がりで、こちらもまた上記の“かまぼこ”同様に味付け自体は感じられないんですが、今回の一杯に対して彩り華やかな色合いをプラスしているように感じられます!

“和風つゆ”について

“和風つゆ”は、先ほどもお伝えした通り鰹出汁や昆布の旨味を醤油ベースの“和風つゆ”にバランス良く合わせ、塩気も強すぎず非常に優しい味わいに仕上がり、どこかほっとする安定感のある味わいとなっています!

そのため、非常にシンプルなテイストにも感じられるかもしれませんが…これがまた最後まで飽きの来ない味わいを表現しており、じんわりと染み渡る“和風つゆ”がついつい止まらなくなってしまいますね。。

また、非常にヘルシーな一杯であることがよーく伝わってくる仕上がりではあるんですが、決して薄味というわけではなく、素材の旨味を十二分に活かしたことで物足りなさは一切ありません!

そして、食べ進めていくに連れて具材に使用された“油揚げ”からも良い旨味が滲み出し、このちょうど良い甘みが鰹出汁や昆布の旨味と絶妙にマッチし、“もち麦”を練り込んだ弾力・滑らかさが特徴的な“もち麦めん”とともに満足度も増していきます!

…というか想像していた以上に良い仕上がりですね!この“すこやか和膳”シリーズ、新たな和風麺として定着させていくとのことで、今後の商品展開はまだまだ先かと思われますが、こういったヘルシーな“どんぶり型”和風カップ麺はかなり需要があるのではないでしょうか?

このように、今回の“すこやか和膳 もち麦めん 鰹と昆布だし”は、ヘルシーな“どんぶり型”和風カップ麺の新シリーズということで、シンプルながらもどこかほっとする味わいで、じんわりと染み渡る旨味がバランス良く合わさり、“もちつる食感”に仕上がった“もち麦めん”による弾力や滑らかさが想像以上の食べ応えを表現し、決して物足りなさを感じさせない一杯となっていたため、お好みによっては七味などをちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「すこやか和膳 もち麦めん 鰹と昆布だし」を食べてみて、素材の美味しさと健康面を考えた新シリーズ“すこやか和膳”第1弾ということで、鰹出汁や昆布の旨味といった素材の旨味をしっかりと活かしたシンプルながらも飽きの来ない安定感のある落ち着いたテイストに仕上がり、なんと言ってもほどよい弾力と滑らかさが印象的な“もち麦めん”が想像以上にクオリティ高く表現されたヘルシーながらも納得の一杯となっていました!

また、“和風つゆ”自体は非常にシンプルで飽きの来ないテイストとなっていたんですが、やはり開発までに2年もの歳月をかけて作られたという“もち麦めん”が物足りなさを感じさせないボリューム感を表現し、それによって風味豊かな出汁の旨味が満足度高く楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!