カップ麺

スーパーカップ1.5倍 塩バター味ラーメン!甘みのあるバターが香り立つ風味豊かな一杯

スーパーカップ1.5倍 塩バター味ラーメン

スーパーカップ1.5倍 塩バター味ラーメン」を食べてみました。(2019年12月9日発売・エースコック)

この商品は、大盛りカップ麺でお馴染み“スーパーカップ”の新商品ということで、今回は独自技術による“バター状ブロック”がよりクリーミーさをアップし、じんわりと広がるバター風味が食欲そそる…この寒い季節にぴったりの一杯が登場です!

それも…ポークとホタテの旨味を利かせた塩スープをベースにしたことによって、塩スープならではの後味すっきりとしたキレの良い口当たりとともにコク深くまろやかな味わいが印象的で、さらに後入れタイプのクリーミーさがさらに進化した“バター状ブロック”を加えることで、甘みのある風味が香り立ち、厚みのある本格的な味わいが楽しめる一杯、“スーパーカップ1.5倍 塩バター味ラーメン”となっております。(税抜き210円)

ちなみに2019年1月14日にも“塩バター味ラーメン 超やみつきバター状ブロック仕上げ”といった同等のフレーバーが登場していたため、今回はその一杯をさらに美味しく改良しての登場のようですね!

ご覧の通り、パッケージには今回の商品名“塩バター味ラーメン”や“ホタテだし”といった文言がスープに溶け込むバターを印象付けるデザインによって配置され、後味すっきりとした塩ベースのスープにポークやホタテの旨味を加え、さらに改良された“バター状ブロック”を加えることにによるバターならではの甘みのある風味が優しく香り立ち、風味豊かなやみつき塩ラーメンがシリーズらしくガッツリと楽しめそうな賑やかなデザインがあしらわれています!

スーパーカップ1.5倍 塩バター味ラーメン パッケージ

一方こちらには、そのクリーミーさをさらに強化したという“バター状ブロック”がまさに溶けつつあるシズル感溢れる仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…キャベツ・人参・ねぎが使用されているようです!すっきりとした塩味のテイストと対称的とも言えるバターの甘みが互いの旨味を引き立てているようにも見えますね!

そしてその気になる特徴としては…こちらパッケージにも“もっとクリーミー!”、“超やみつきバター状ブロック仕上げ!”と記載されているように、なんと言っても今回、よりクリーミーさに磨きをかけて進化した後入れタイプの“バター状ブロック(特許製法)”を加えることによるリッチ感のあるバターの香りとポークやホタテの旨味を利かせた塩スープが絶妙にマッチした一杯とのこと!

このようにポークやホタテの旨味を利かせた塩スープにバターを合わせた一杯と聞くと…キレとコクといったメリハリのある塩ラーメンのようにも感じられますからね!今回の“スーパーカップ”はそんなオーソドックスとも言える味わいをさらに際立たせたコク深い甘みを加え、塩ラーメンならではのキレの良い口当たりとうまく調和した“やみつき”仕様の味わいが楽しめるものと思われます!

また、この“バター状ブロック”は後入れタイプとなっているため、熱々のスープによってゆっくりと溶けていく様子がさらなる食欲をかき立て、旨味・風味だけでなく、見た目からも楽しめる食べ応え抜群な一杯のようです!

他にも特徴として…麺は丸刃仕様によるほどよい弾力と食感滑らかな仕上がりが印象的で、“スーパーカップ”シリーズならではのしっかりとした食べた感のある大盛り仕様の麺とともに、甘み・クリーミーさに際立った“バター状ブロック”を加えることによるポークやホタテの旨味を引き立てる塩スープがじんわりと染み渡り、風味豊かな味わいをじっくりと堪能できるというわけです!

実際に食べてみて…

塩ラーメンならではの割とさらっとしたスープには、ポークの旨味がコクを引き立て、さらにホタテの旨味…というよりも魚介系の良い出汁が美味しさを際立たせるかのように主張し過ぎることなくスープに馴染み、そこにクリーミーさをアップさせた特許技術による“バター状ブロック”がまろやかさ・甘みを感じさせるリッチなやみつき仕様の一杯となっていました!
これは特に、塩ベースの後味すっきりとしたスープにポークやホタテの旨味、そしてふんわりと香り立つ甘みのあるバターの風味が加わったリッチ感溢れる飽きの来ない一杯をじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は大盛りカップ麺のパイオニア“スーパーカップ”シリーズから登場したラーメンの定番メニューのひとつ“塩ラーメン”にクリーミーさがアップした“バター状ブロック”を加えたコク深く食べ応えのある一杯、「スーパーカップ1.5倍 塩バター味ラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

スーパーカップ1.5倍 塩バター味ラーメン

今回ご紹介するカップ麺は、昨年(2018年)30周年を迎えた大盛りカップ麺でお馴染み“スーパーカップ”シリーズの新商品ということで、ポークやホタテの旨味を利かせた後味すっきりとした塩テイストのスープにクリーミーさをアップさせた“バター状ブロック”を加えたことによって、キレのある口当たりとコク深く甘みのある香りが上品に漂うリッチ感なんかも楽しめる一杯、“スーパーカップ1.5倍 塩バター味ラーメン”となっています。

そしてなんと言っても最大の特徴としては、やはりこの特許製法によってクリーミーさがアップした“バター状ブロック”を加えたことによる甘みのある旨味・風味といったところで、塩ラーメンにバターを加えるというのは個人的にはあまり馴染みがありませんので…バターならではの濃厚感やこってり感がキレの良い塩スープとどのように調和されているのか…気になるところではないでしょうか?

ちなみに今回は同じくクリーミーさに際立った“バター状ブロック”を使用した風味豊かな一杯、“味噌バター味ラーメン”が同時発売されています!

また、個人的にはこれまでもかなりの数の“スーパーカップ”シリーズを味わってきましたが、意外にも塩テイストの一杯と言えば…“森本稀哲考案 ホタテだし生姜塩ラーメン(2019年2月25日発売)”や“ご当地鍋博多編 水炊き風塩ラーメン(2017年12月4日発売)”くらいで、改めて見てみると数多くのコラボ商品や変わり種を中心にシリーズらしい“ラッキーカロリー777 豚骨醤油ラーメン(2018年5月21日発売)”をはじめ…こってり感やガッツリ系の味わいばかりだったように思いますので、今回の後味すっきりとした塩スープとバターを合わせた仕上がりには期待したいところ!

参考:「スーパーカップ1.5倍」シリーズ一覧

それでは、今回の“スーパーカップ1.5倍 塩バター味ラーメン”がどれほどポークやホタテの旨味が凝縮された仕上がりとなっているのか?後味すっきりとしたキレの良い塩ベースのスープとの兼ね合いはもちろん、クリーミーさをアップさせたという“バター状ブロック”の甘みや風味、そしてなんと言ってもシリーズらしい弾力とコシのある麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り453kcal(めん・かやく393kcal / スープ60kcal)となっております。(塩分は6.0g)

カロリーは、“スーパーカップ”シリーズらしい“バケツ型”の大盛り仕様ということもあって、塩ベースの割にやや高めな数値のようで、塩分もまたやや高めといったところでしょうか?

ちなみに1食当たり104g、麺の量は90gとのこと。
また、カロリーの内訳を見てみると…スープは60kcalと塩スープの割にしっかりとポークの旨味やバターを加えたことによるコク深さをイメージさせる数値となっていて、シリーズらしいしっかりとした食べ応えや旨味なんかも楽しめそうです!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩や乳化油脂をはじめ…

  • ポークエキス
  • 香辛料
  • 乳等を主要原料とする食品
  • ホタテエキス
  • 香味調味料
  • チキン調味料
  • オニオンパウダー
  • 野菜エキス

といった、キレの良い後味すっきりとした塩ベースのスープにポークやホタテの旨味を利かせ、さらにチキンや野菜などの旨味なんかも美味しさやコクを引き立て、そこに“バター状ブロック”を加えることによる甘みのある風味豊かな香りが楽しめるリッチ感溢れる味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901071231989
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩)、かやく入りスープ(食塩、乳化油脂、ポークエキス、キャベツ、香辛料、乳等を主要原料とする食品、砂糖、人参、ホタテエキス、ねぎ、たん白加水分解物、香味調味料、酵母エキス、チキン調味料、オニオンパウダー、野菜エキス)、バター状ブロック(食用加工油脂、乳化油脂)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、かんすい、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、増粘多糖類、ビタミンB2、ビタミンB1、カラメル色素、香辛料抽出物、(一部に小麦・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (104g) 当たり]
熱量453kcal
たん白質8.4g
脂質15.8g
炭水化物69.3g
食塩相当量
(めん・かやく/スープ)
6.0g
(1.8g/4.2g)
ビタミンB10.49mg
ビタミンB20.47mg
カルシウム287mg

引用元:スーパーカップ1.5倍 塩バター味ラーメン|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやく入り粉末スープ、バター状ブロックといった2つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料など2パックとなっていて、“バター状ブロック”がカップ麺として使用されているのはもちろん珍しく、一方で“かやく入り粉末スープ”はかなり量も多く、具材とともにたっぷりと使用されていることが見てとれます。
※当然ですが、この“バター状ブロック”は調理中に温めないよう注意です。

さらに麺は、ご覧の通り“スーパーカップ”らしい丸刃仕様のつるっと滑らかな食感をイメージさせ、“味噌バター味ラーメン”と見比べてみると…塩テイストにも合うように考慮されているのでしょうか?若干細めの仕様のようにも見えますね!!

調理してみた

ではまず、先ほどの“かやく入り粉末スープ”を入れてみます。

こちら“かやく”には…

  • キャベツ
  • 人参
  • ねぎ

が入っています。

また、この時点ではポークやホタテの旨味を感じさせる風味などは確認できないんですが…思ったよりもホタテの旨味は魚介系にも感じ取ることができるようです!

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:500ml)
そして出来上がりがこちら!

“味噌バター味ラーメン”の方ではここですでにバターの風味が香り立つ仕上がりとなっていたんですが、今回の“塩バター味ラーメン”は粉末スープの方にバターの香りは含まれていないようで、塩スープならではのシャープな口当たり、そしてポークやホタテの旨味を利かせたことによるコクのある一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染み、最後に先ほどの“バター状ブロック”を添えて完成となります!

このように、後味の良い塩スープにしっかりと旨味を利かせ、さらに甘みのあるバターの風味を合わせることによってメリハリ付いた味わいに仕上がり、甘みもありつつ塩気がちょうど良く調和し、それによって最後まで飽きの来ない素材の旨味がストレートに楽しめる一杯のようですね!…というか、想像以上に乳化感のあるポークの旨味がしっかりと利いているようです!

そして、この“バター状ブロック”は入れたとたん徐々に溶け出し、それと同時に甘みのある風味が一気に広がっていき、バターと言えども塩分も含まれていますから、甘ったるさだけが際立った仕上がりではないようで、“塩ラーメン”として考えてみると…かなりリッチな旨味などが詰め込まれているように感じられます!

食べてみた感想

一口食べてみると…バターによるまろやかな甘みは、あくまでコク深さを引き立てて風味良く香り立ち、ベースとなるキレの良い塩スープにはポークやホタテの旨味が利いているものの、特に何かの旨味に突出しているわけでもなく、全体的なバランスは非常に良い仕上がりとなっています!

そして、ホタテ出汁と記載されていましたが、塩スープにぴったりな魚介系とも言える染み渡るような旨味がポークによってコク深く引き立ち、キレの良い口当たりの良さと、さらっとしたスープにも関わらず物足りなさを全く感じさせない素材の旨味がぎゅっと詰まっているようで、このメリハリのある仕上がりだからこそ最後まで飽きの来ない味わいが表現されているのでしょう!

このバターが溶けるに連れてコク深さや風味の良さも際立ち、満足度もどんどん増していくのがよーく伝わってきます!

さらに特筆すべきは、やはりバターと聞くと…こってりとした“くどさ”のある濃厚な味わいをイメージするかと思いますが。。今回の一杯に関しては全くそんなこともなく、まさにあっさりとした塩スープならではの塩気が心地良く感じられるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通りやや細めにも見える中太・丸刃仕様による食感滑らかな仕上がりとなっていて、ほどよい弾力とコシによってしっかりとした食べ応えを感じさせる“スーパーカップ”シリーズらしいガッツリ系にふさわしい麺となっています!

そんな麺には…ポークやホタテの旨味を利かせたコク深くもキレのある塩スープがよく絡み、一口ずつにコク深い旨味、そしてほどよい香辛料や塩気によるメリハリのある味わいが口いっぱいに広がっていき、甘みのある風味豊かな優しい香りが後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのキャベツが入っていて、若干小さめにカットされているものの…シャキシャキ感のある仕上がりとなっていて、今回の一杯にちょうど良い食感としてのアクセントがプラスされているようです!

他にも、こちらの人参が使用されていて、かなり細かくカットされているせいか…素材本来の味わいはそこまで感じられないものの、想像以上に歯応えの良い仕上がりとなり、上記のキャベツとともに食感の良さ、そして彩り鮮やかな華やかさを“ねぎ”とともに演出しているように見えます!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りポークとホタテの旨味を利かせた塩ベースのスープに仕上がり、見るからに乳化感のあるポークの旨味が利いているものの…塩ならではのキレの良さとバランス良く馴染み、コク深くまろやかな口当たりが印象的で、まさにキレとコクが絶妙に交差する繊細にも感じられる仕上がりとなっています!

さらに、胡椒と思われる香辛料や、塩ラーメンならではの塩気のあるシャープな口当たりによって“くどさ”といった感じは全くなく、クリーミーさをアップさせたという“バター状ブロック”を加えたことで、心地良いコクや旨味に深みが増し、なんと言っても甘みのある風味豊かな香りがふんわりとリッチ感を表現しているようです!

そして、ホタテの旨味は直接ホタテならではの美味しさが感じられるわけではなく、当然臭みもありませんから、品のあるほどよい魚介系の旨味とも言え、塩スープとの相性抜群な染み渡る美味しさがさりげなく溶け込み、ポークや甘みのあるバターがコクを引き立てる絶妙なバランスに感じられるでしょう!

このように、今回の“スーパーカップ1.5倍 塩バター味ラーメン”は、シンプルな塩ラーメンにポークやホタテの旨味、さらにチキンや野菜の旨味など贅沢に美味しさを凝縮したコクのあるスープに仕上げ、そこにクリーミーさを増した“バター状ブロック”を加えることによって、リッチ感が楽しめる風味豊かな香りが漂う優しい味わいとなっていたため、お好みによっては胡椒などの香辛料をちょい足ししてみたり、様子を見ながらバターを少しずつ足していっても良いでしょう!

まとめ

今回「スーパーカップ1.5倍 塩バター味ラーメン」を食べてみて、キレの良さが特徴的な塩ラーメンに乳化感のあるコク深いポークや染み渡るようなホタテの旨味が相性良くマッチしたことによって、後味の良い飽きの来ない味わいに仕上がり、そこに“バター状ブロック”を加えることでふんわりと優しく香るバターの風味が食欲そそるシリーズらしい食べ応えのある一杯となっていました!

ポークとホタテの旨味、そして甘みのあるバターを加えた塩ラーメンということで、どのような仕上がりとなっているのか?非常に気になっていましたが、実際味わってみると…その相性の良さには納得するだけの美味しさが表現されていたため、思っていた以上に飽きの来ない旨味溢れる味わいが楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

ABOUT ME
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています! 詳しいプロフィールはこちら