スーパーカップ

スーパーカップ 大盛り粗挽き胡椒まぜそば!大量の粗挽き胡椒が加わったパンチのある一杯

スーパーカップ 大盛り粗挽き胡椒まぜそば

スーパーカップ 大盛り粗挽き胡椒まぜそば」を食べてみました。(2021年2月8日発売・エースコック)

この商品は、インパクト系でお馴染み“スーパーカップ”シリーズの新商品ということで、今回はチキンやポークの旨味をベースにほんのり魚介出汁を加えたコク深く後味すっきりとした塩ダレに仕上げ、そこに後がけ仕様の“粗挽き胡椒入りふりかけ”をたっぷりと加えることによって刺激的な辛さ・パンチのある口当たりがガツンと楽しめる食べ応え抜群な一杯が登場です!

それも…上記の通りデフォルトはチキンやポークを利かせた割とあっさりとしていながらも深みのある塩ダレに仕上がっているものの…そこに別添されている“粗挽き胡椒入りふりかけ”に含まれる大量の粗挽き胡椒や唐辛子、揚げ玉や花椒をふりかけることで刺激的な味わいに様変わりし、噛み応え抜群な角刃仕様の太麺にしっかりと絡むことで、まさに目が覚めるほどの辛さを感じさせる刺激的な一杯、“スーパーカップ 大盛り粗挽き胡椒まぜそば”となっております。(税抜き230円)

ご覧の通り、パッケージには“粗挽き胡椒まぜそば”といった商品名が力強く荒々しいイメージで記載されているように、今回のフレーバーは別添されている“粗挽き胡椒入りふりかけ”が味の決め手とも言え、刺激的な香辛料をたっぷりとふりかけることによって、まさに目が覚めるほどの辛さが楽しめる一杯のようで、胡椒や唐辛子、さらに花椒までもが加えられた風味豊かな香辛料の利かせ具合に関しては非常に気になるところ。。

一方こちらには…麺量130gの大盛り仕様の角刃・太麺にたっぷりと香辛料が絡む麺リフトされた仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…胡椒・揚げ玉・花椒・唐辛子が使用されているようです!

これは、揚げ玉による香ばしい風味やサクサク感、そして各種香辛料がたっぷりと使用されたことでチキンやポークの旨味を利かせたコク深い塩ダレがベースの美味しさを下支えし、“刺激で目覚めろ!”と記載されている通り思う存分たっぷりと刺激的な辛さが楽しめそうですね!!

また、“スーパーカップ”シリーズの汁なしタイプとしては…“スーパーカップMAX大盛り 太麺辛だれ油そば(2020年3月2日発売)”や“スーパーカップ 大盛りブタキム油そば 絶辛(2020年7月6日発売)”、さらに“スーパーカップ 大盛りブタキム油そば(2019年2月11日発売)”といった“油そば”なら何度か目にしたことはありましたが、今回のように“まぜそば”は意外と珍しく、定義としてはほぼ同等のジャンルではあるものの…お好みの香辛料や追加トッピングを加えて思い切り混ぜて味わってみても面白いかもしれませんね!

他にも特徴として…麺はシリーズらしい大盛り仕様で、角刃・太麺といった食べ応え抜群な黄色みを帯びたフライ麺が採用されており、それによってチキンやポーク、さらに魚介の旨味をバランス良く合わせたコク深く後味の良い塩ダレにたっぷりと使用された揚げ玉や各種香辛料によってパンチの強い味わいが表現された濃厚な味わいが最後までたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

ベースとなるタレにはチキンやポークといった脂っこさを感じさせないコク深い味わいが塩味らしい後味の良い仕上がりとなっていて、そこに隠し味のように魚介の旨味が加わったことで繊細さを引き立て、さらに別添されている“粗挽き胡椒入りふりかけ”をたっぷりとふりかけることによってサクサクとした食感の揚げ玉や唐辛子や花椒による痺れる辛さ・粗挽き胡椒の辛さが相性良くマッチしたことによってガツンとしたテイストならがもそもそもの味わいが塩ダレということもあって、最後まで飽きることなくパンチのある美味しさがボリューム感たっぷりと楽しめる食べ応え抜群な一杯となっていました!
これは特に、物足りなさを感じさせないコク深く後味の良い塩ダレに粗挽き胡椒を中心にたっぷりと香辛料を加えた刺激的な“まぜそば”をがっつりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“スーパーカップ”シリーズから新たに登場したチキンやポークの旨味をベースにしたコク深く後味の良い塩ダレにたっぷりと揚げ玉や粗挽き胡椒、唐辛子や花椒を加えた食べ応え抜群なパンチのある一杯、「スーパーカップ 大盛り粗挽き胡椒まぜそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

スーパーカップ 大盛り粗挽き胡椒まぜそば

今回ご紹介するカップ麺は、食べ応えのあるインパクト系でお馴染み“スーパーカップ”シリーズの新商品ということで、チキンやポークの旨味を利かせたコク深くも“くどさ”のない塩ダレをベースに、別添されている“粗挽き胡椒入りふりかけ”に含まれる揚げ玉や粗挽き胡椒、唐辛子や花椒といった刺激的な辛さが加わり、角刃・太麺仕様のボリューム感たっぷりとパンチのあるテイストが楽しめる満足度の高い一杯、“スーパーカップ 大盛り粗挽き胡椒まぜそば”となっています。

ご覧の通りパッケージにはボリューム感たっぷりとした麺量や目が覚めるほどの刺激的な辛さがガツンと利いたインパクトのあるテイストをイメージさせるデザインにあしらわれ、特に粗挽き胡椒がたっぷりと使用されたパンチのある一杯であることがよーく伝わってきますね!!

一方こちら容器側面には、ミルで粗挽きされる前の唐辛子のホールが所狭しと敷き詰められ、見るからに胡椒が利いたパンチのあるテイストであることがわかります!…というか今回のテイストは胡椒の辛さを全面に押し出しているようで、その分物足りなさを感じさせないチキンやポークなどの旨味をしっかりと利かせたコク深く後味の良い塩ダレにも期待できそうです!

ちなみに、先ほどもお伝えした通りこのシリーズでは“油そば”が希に発売されているんですが、意外にも“まぜそば”としてのフレーバーは今回が初めてなのかもしれません!(定義はほぼ同じなので、どちらでも良いんですが…“まぜそば”として発売されたということは今後の商品展開なんかも気になるところではないでしょうか?)

それでは、今回の“スーパーカップ 大盛り粗挽き胡椒まぜそば”がどれほどチキンやポークの旨味を利かせたコク深く後味すっきりとした塩ダレに仕上がっているのか?別添されている“粗挽き胡椒入りふりかけ”に含まれる揚げ玉や粗挽き胡椒、さらに唐辛子や花椒によるパンチのある辛さとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても角刃・太麺仕様の食べ応え抜群なシリーズらしい麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り700kcalとなっております。(塩分は5.7g)

カロリーは、シリーズらしい大盛り仕様・汁なしカップ麺ということもあって非常に高い数値のようですが、一方で塩分は平均的といったところでしょうか?
ちなみに1食当たり161g、麺の量は130gとのこと。

このカロリーを見ると…やはりシリーズらしいフライ麺は大盛り仕様で、塩ダレながらも動物系の旨味がしっかりと利いたことによってコク深く濃厚なテイストに仕上がっていることに期待できそうですね!がっつりと楽しみたい時におすすめの一杯に間違いなさそうです!

原材料について

では原材料も見てみます。

タレには、植物油脂やチキンエキスをはじめ…

  • 動物油脂
  • ポークエキス
  • 香味油
  • 魚介エキス
  • ガーリックペースト
  • 魚介調味料
  • 食塩

といった、チキンやポークの旨味を利かせたコク深く後味すっきりとした塩ダレをベースにしたことで物足りなさといった印象は全くなく、隠し味に魚介の旨味を加えたことで深みのあるテイストに仕上がり、そこに粗挽き胡椒など各種香辛料をたっぷりと加えたことによって目が覚めるようなメリハリが付き、まさに最後まで飽きの来ないパンチのある味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901071207854
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、砂糖)、たれ(植物油脂、たん白加水分解物、糖類、チキンエキス、動物油脂、発酵調味料、ポークエキス、香味油、魚介エキス、ガーリックペースト、魚介調味料、食塩)、ふりかけ(胡椒、揚げ玉、花椒、唐辛子)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、酒精、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、カロチノイド色素、酸味料、カラメル色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・ごま・さば・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (161g) 当たり]
熱量700kcal
たんぱく質13.0g
脂質27.9g
炭水化物99.3g
食塩相当量5.7g
ビタミンB10.65mg
ビタミンB20.93mg
カルシウム469mg

引用元:スーパーカップ 大盛り粗挽き胡椒まぜそば|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り調味たれ、“ふりかけ”といった2つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特に“調味たれ”はチキンやポークの旨味・脂が凝縮されているわけですが、塩ダレということもあって割と“とろみ”は弱く感じられたため、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、麺はご覧の通り角刃・太麺仕様で、スープタイプとしては2014年に“カドメン”にリニューアルされ、さらに2020年には“THE のどごし麺”へと進化しており、今回採用されている麺に関しては特に触れられておりませんが、恐らくエースコックの独自技術が盛り込まれた食べ応え・食感に拘った仕上がりに間違いなさそうです!
※黄色みがかった様子が印象的。

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:600ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの太麺がふっくらとした仕上がりとなり、一回り太さが増しているようにも感じられ、ほどよいもっちり感とコシを兼ね備えたシリーズらしい食べ応えのある一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“調味たれ”を加えていきます!
すると…チキンやポークの旨味・脂を含んではいるものの…やっはり塩ダレということもあって思ったよりもサラッとした状態で出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通り動物系の旨味・脂はドロッとした状態ではなく、塩ダレということもあって割とサラッとしているため、すんなりと太麺にも馴染んでいきます!

そしてタレが全体に馴染んだら…最後に別添されていた“ふりかけ”を加えて完成となります!

そしてこの“ふりかけ”には…

  • 胡椒
  • 揚げ玉
  • 花椒
  • 唐辛子

が思ったよりもたっぷりと入っていて、胡椒ならではの刺激的な香りが一気に広がっていきます!!しかも今回は花椒なんかも含まれていますから、ほんのりと爽やかな風味なんかもプラスされているようです!

こうして完成となるわけですが、これは動物系の旨味をしっかりと利かせた塩ダレにして正解ですね!たっぷりと加えられた香辛料ならではの刺激的なパンチのある口当たりが引き立ち、そもそもベースとなる塩ダレに関してもシリーズらしくコク深い仕上がりとなっているはずですので、まさにメリハリの利いた最後まで飽きの来ない汗を誘う一杯といったところ!!

また、この“粗挽き胡椒入りふりかけ”に含まれる香辛料は想像以上に多く、当初チキンやポークを利かせた塩ダレということで具材も一切使用されていないため、若干不安要素はあったんですが、これだけたっぷりと粗挽き胡椒などの香辛料が使用されていれば物足りなさといった感じはなさそうです!むしろ刺激的な辛さとコク深く後味の良い塩ダレとの相性が非常に良く、やみつき感のあるテイストにも感じられます!

食べてみた感想

一口食べてみると…これはちょっと予想以上に美味しいですね!まずベースとなる塩ダレには、チキンやポークの旨味がしっかりと利いたことでコク深くも後味すっきりとした飽きの来ないテイストに仕上がり、そこに別添された“粗挽き胡椒入りふりかけ”に含まれるサクサクとした食感の揚げ玉や粗挽き胡椒、さらに唐辛子や花椒による痺れる辛さが絶妙にマッチし、非常にパンチの強い口当たりがガツンと感じられ、こってりとしたタレではないせいか…全体の美味しさもしっかりと担保された満足度の高い一杯となっています!

そしてこのたっぷりと使用された香辛料の中でも特に粗挽き胡椒が際立っていて、汗を誘う刺激的な辛さを唐辛子や花椒による痺れる辛みが後押しし、パンチの強い味わいに仕上がり、物足りなさといった感じは一切ありません!(“まぜそば”なので、この“ふりかけ”は全体にしっかりと混ぜ合わせていただくとより一層美味しさが増して楽しめるかと思われます。)

麺について

麺は、ご覧の通り角刃・太麺のフライ麺で、若干幅広にも感じられ、もっちりとした弾力とコシの強い食感を兼ね備えた食べ応え抜群な仕上がりとなっています!

そんな麺にはチキンやポークの旨味をしっかりと利かせたコク深く後味すっきりとした塩ダレがよく絡み、一口ずつにメリハリの利いた動物系の旨味が口いっぱいに広がっていき、魚介の旨味を隠し味程度に利かせた風味が後味良く抜けていきます!このようにはじめはデフォルトの味わいをじっくりと楽しみ、徐々に“粗挽き胡椒入りふりかけ”を混ぜ合わせながら食べ進めていくと、ひと味違った美味しさなんかも楽しめるのではないでしょうか?

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの揚げ玉が入っていて、小ぶりながらもサクサクとした食感が心地良く、ほんのりと香ばしい風味なんかも楽しめる相性抜群な具材となっていて、使用されている数も非常に多く、ちょうど良いアクセントとしてテンポ良く食べ進められます!!

他にも粗挽き胡椒によるパンチのある刺激的な辛さはもちろん、唐辛子や花椒による痺れる辛さが相性良く馴染んだことによってガツンとした味わいを表現、それによって動物系の旨味・脂を利かせた塩ダレともちょうど良いメリハリとなってうまく調和され、最後まで飽きることなくインパクトのある味わいが楽しむことができるでしょう!

そしてこれらの“ふりかけ”をしっかりと太麺に馴染ませて食べてみると…チキンやポーク、さらに魚介の旨味をほんのり利かせた後味の良いコクのある塩ダレに刺激的な辛さが加わり、ついつい箸が止まらなくなるほどの美味しさが引き立って感じられ、麺量130gの大盛り仕様らしくがっつりと食欲を満たしてくれる…そんな満足度の高い一杯に感じられます!

タレについて

タレは、先ほどもお伝えした通りチキンやポークの旨味を利かせたコク深く濃厚ながらも後味すっきりとした塩ダレに仕上がり、そこに別添されている“粗挽き胡椒入りふりかけ”に含まれる揚げ玉や粗挽き胡椒、さらに唐辛子や花椒による辛さがパンチのある口当たりを表現、それによってメリハリのある旨味がクセになる食べ応え抜群な一杯となっています!

また、チキンやポークといった動物系の旨味に関しては決して脂っこさを感じさせることもなく、塩ダレならではの後味の良さが引き立ち、素材本来の旨味を活かしたやみつき感のあるテイストで物足りなさを感じさせることは一切ありません!

…というかこの動物系の旨味を利かせた塩ダレが秀逸な仕上がりですので、それだけで食べても申し分ないほどの旨味が凝縮されているため、気になる方は“粗挽き胡椒入りふりかけ”を少しずつ加えてみても良いかもしれませんね!

このように、今回の“スーパーカップ 大盛り粗挽き胡椒まぜそば”は、パッケージデザインからして非常に濃厚なテイストかと思いきや…実はチキンやポークの旨味を利かせた後味の良い塩ダレがベースとなっていて、そもそもの美味しさに対しては全く物足りなさはなく、そこに別添されている“粗挽き胡椒入りふりかけ”をたっぷりと加えてしっかりと混ぜ合わせていただくことによって、粗挽き胡椒や唐辛子・花椒によるガツンとしたパンチのある辛さが加わり、食べ応え抜群な角刃・太麺仕様のボリューム感抜群な麺とともに最後まで飽きることなく刺激的な味わいが楽しめる仕上がりとなっていたため、お好みによっては“粗挽き胡椒入りふりかけ”の量を調整して味わってみても良いでしょう!

まとめ

今回「スーパーカップ 大盛り粗挽き胡椒まぜそば」を食べてみて、クセのない動物系の旨味がコク深さを引き立てる後味の良い塩ダレには、濃厚ながらも“くどさ”といった印象は全くなく、デフォルトのままでも納得の美味しさが表現され、さらに別添されている“粗挽き胡椒入りふりかけ”をふりかけることによってサクサクとした揚げ玉の食感やパンチのある粗挽き胡椒の辛さや唐辛子・花椒による痺れる辛さがガツンとした味わいを表現した食べ応え抜群な一杯となっていました!

やはりこのシリーズは他のカップ麺よりも食べ応え・ボリューム感が違いますね!しかも今回のテイストはベースとなるタレの旨味と香辛料との相性が非常に良く、物足りなさを感じさせない動物系の美味しさがしっかりと感じられ、そこにスタミナ系の香辛料がたっぷりと使用されたパンチの強いテイストに仕上がっていたため、スパイス感のある辛さの中にも満足度の高い旨味が食欲をがっつりと満たしてくれるインパクト抜群な一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!