スーパーカップ

スーパーカップ1.5倍 伝説のすた丼屋監修 すたみな豚骨ラーメン!ニンニクが利いたスタミナ感抜群な一杯

スーパーカップ1.5倍 伝説のすた丼屋監修 すたみな豚骨ラーメン

スーパーカップ1.5倍 伝説のすた丼屋監修 すたみな豚骨ラーメン」を食べてみました。(2020年10月12日発売・エースコック)

この商品は、1988年発売のロングセラーブランドでお馴染み“スーパーカップ1.5倍”シリーズの新商品ということで、今回はなんと人気丼チェーン“伝説のすた丼屋”とのコラボカップ麺として食欲そそる“にんにく”の香りとタレの旨味をがっつりと利かせたスープにアレンジ、まさにスタミナ感抜群の一杯が登場です!

それも…数種類ものポークエキスを使用したシャープな飲み口が印象的な豚骨スープに“伝説のすた丼屋”の特徴である“にんにく”の香りとタレの旨味をがっつりと加え、パンチのあるテイストに際立った同店監修の一杯、“スーパーカップ1.5倍 伝説のすた丼屋監修 すたみな豚骨ラーメン”となっております。(税抜き210円)

ご覧の通り、パッケージには“伝説のすた丼屋”の力強い店舗ロゴがエースコックのロゴとともに掲載されていて、話題性のある異色のコラボであることが伝わってきますね!これは…“にんにく”の風味を最大限に活かした同店監修による仕上がり具合なんかも気になるところではないでしょうか?

一方こちらには、“ニンニクをガッツリ利かせた驚愕のすたみなスープ!”と記載され、その背景には、数種類ものポークエキスを利かせた豚骨スープらしい乳化感のある白濁とした仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…ごま・ねぎ・揚げ玉・大豆加工品・“にんにく”が使用されているようです!

また、こちらには麺量90gのボリューム感のあるシリーズでお馴染み“スーパーカップ1.5倍”のロゴとともに、中太・丸刃仕様の食べ応え抜群な麺リフトの写真なんかも掲載されていて、大型容器にもかかわらず税別210円といったリーズナブルな価格設定も魅力のひとつなんですよね!それが今回“伝説のすた丼屋”とのコラボによって“にんにく”の香りとタレの旨味を利かせた一杯ということで、ガツンとしたスタミナ系の味わいに仕上がっているものと思われます!

そしてこの“スーパーカップ”シリーズには“スーパーカップ1.5倍 ブタキムファイヤーラーメン(2020年3月9日発売)”や“スーパーカップ1.5倍 ブタキム蕎麦(2019年12月16日発売)”といったがっつり系のテイストが多く発売されており、そもそも“バケツ型”の大盛り仕様で食欲もしっかりと満たしてくれますから、今回の“伝説のすた丼屋監修 すたみな豚骨ラーメン”にもかなり期待できそうです!

他にも特徴として…麺は中太・丸刃仕様のシリーズらしい弾力やほどよいコシを兼ね合わせた食感を表現、もちろんすすり心地も非常に良く、それによって“にんにく”の香りをたっぷりと利かせた“伝説のすた丼屋”監修のスタミナ感溢れる豚骨スープが相性良く馴染み、最後まで飽きることなくがっつりとしたテイストが堪能できるというわけです!

実際に食べてみて…

豚骨特有の臭みは一切なく、非常にすっきりとしたキレの良い豚骨スープをベースにたっぷりと“にんにく”の旨味・風味が加わったことによってガツンとした口当たりを表現、ただ…個人的にはもう少し濃厚・こってりとした感じがあればもっとこのスタミナ系の“にんにく”の旨味が活かされていたようにも思いましたが、それによって最後まで飽きることなく楽しめる仕上がりとなっていました!
これは特に、豚骨系のテイストが好みの方はもちろん、“伝説のすた丼屋”ならではの“にんにく”の香り・旨味をがっつりと利かせたパンチのある味わいを思う存分楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は秘伝のニンニク醤油ダレが特徴的な“すた丼”でお馴染み“伝説のすた丼屋”とのコラボカップ麺らしく“にんにく”の香りやタレの旨味をしっかりと合わせ、“スーパーカップ”ならではの麺量90gもの食べ応え抜群なボリューム感が楽しめるスタミナ系の一杯、「スーパーカップ1.5倍 伝説のすた丼屋監修 すたみな豚骨ラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

スーパーカップ1.5倍 伝説のすた丼屋監修 すたみな豚骨ラーメン

今回ご紹介するカップ麺は、食べ応え抜群な大盛り仕様・がっつり系の味わいでお馴染み“スーパーカップ1.5倍”シリーズの新商品ということで、なんとボリューム感・スタミナ系で人気の“伝説のすた丼屋”とのコラボカップ麺が実現!同店監修によって複数種のポークエキスを利かせた豚骨スープにがっつりと“にんにく”の香りやタレの旨味を利かせた驚愕の一杯、“スーパーカップ1.5倍 伝説のすた丼屋監修 すたみな豚骨ラーメン”となっています。

スーパーカップ1.5倍 伝説のすた丼屋監修 すたみな豚骨ラーメン パッケージ

また、こちら容器側面には…“東京 多摩発祥”と記載されていて、“伝説のすた丼屋”の創業は1971年とされていますが、実際には東京都国立市の“名物スタ丼 サッポロラーメン 国立本店”のメニューとして提供されたのがはじまり、そこで修行していた“早川 秀人”氏はその後“すた丼”メインの専門店“伝説のすた丼屋”を別法人“有限会社アントワークス”として続々とオープンさせ、現在では80店舗以上を構える人気丼チェーンとして現在国内外に展開しています!

他にも、フタの裏面には看板メニュー“すた丼”に関する簡単な説明書きが記載されていて…これによると、“昭和四六年に創業した国内外に店舗を構える人気丼チェーン店の看板商品。「すた丼」は「秘伝のニンニク醤油ダレ」を絡めた豚バラ肉を大盛りご飯にのせたスタミナとボリューム満点の一杯で、食欲旺盛な男性を中心に絶大な支持を得ています。”とのことで、“にんにく”を利かせたがっつり系のテイストが人気の秘訣のようですね!

これが今回“スーパーカップ”シリーズの定番フレーバー“醤油・味噌・豚骨”の味わいに“にんにく”の香りとタレの旨味をバランス良く合わせたスープにアレンジしているというわけです!
※これらのフレーバーは以下の通り麺量100gの“スーバーカップMAX”シリーズから発売されています。

ちなみに今回は、“伝説のすた丼屋”とのコラボカップ麺ということで、香味野菜やラードを利かせた“伝説のすた丼屋監修 すたみな味噌ラーメン”とチキンやオニオンの旨味を利かせた“伝説のすた丼屋監修 すたみな醤油ラーメン”も同時発売されています!

それでは、今回の“スーパーカップ1.5倍 伝説のすた丼屋監修 すたみな豚骨ラーメン”がどれほどポークエキスの旨味を凝縮した仕上がりとなっているのか?“にんにく”を利かせたスタミナ感溢れる“伝説のすた丼屋”らしい香り・旨味との兼ね合いはもちろん、なんと言っても中太・丸刃仕様による滑らかな食感の麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り466kcal(めん・かやく400kcal / スープ66kcal)となっております。(塩分は6.3g)

カロリーは、数種類ものポークを利かせた大盛り仕様の割にそこまで高い数値ではないようですが、一方で塩分はやや高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり108g、麺の量は90gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと66kcalと、この“バケツ型”の大盛り仕様にもかかわらずかなり低めな数値とも言え、数種類ものポークの旨味、さらに“伝説のすた丼屋”監修による“にんにく”の香り・タレの旨味を十分に活かしたスタミナ系の一杯であることが伝わってきますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“しょうゆ”や植物油脂をはじめ…

  • ガーリックペースト
  • ポークエキス
  • 動物油脂
  • チキンエキス

といった、数種類ものポークの旨味を利かせた繊細な豚骨スープに仕上げ、そこにたっぷりと“にんにく”の旨味・風味を加えたスタミナ感抜群な味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901071235338
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩)、スープ(しょうゆ、植物油脂、ガーリックペースト、ポークエキス、動物油脂、チキンエキス)、かやく入りスープ(食塩、ポークエキス、乳化油脂、ごま、砂糖、ねぎ、揚げ玉、大豆加工品、酵母エキス、にんにく、香辛料、たん白加水分解物、植物油脂、乳等を主要原料とする食品)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、酒精、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、香料、かんすい、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、カラメル色素、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (108g) 当たり]
熱量466kcal
たん白質9.3g
脂質17.5g
炭水化物67.9g
食塩相当量
(めん・かやく/スープ)
6.3g
(2.0g/4.3g)
ビタミンB10.45mg
ビタミンB20.53mg
カルシウム378mg

引用元:スーパーカップ1.5倍 伝説のすた丼屋監修 すたみな豚骨ラーメン|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく入り粉末スープ”、液体スープといった2つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特に液体スープは触ってみた感じだと割とさらっとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!(※“かやく入り粉末スープ”は先入れタイプ)

また、麺はご覧の通りエースコックらしい中太・丸刃仕様となっていて、もっちりとした弾力やほどよいコシを兼ね備え、麺量90gによるしっかりとした食べ応えなんかも楽しめるシリーズらしいボリューム感抜群な一杯のようです!

調理してみた

ではまず、“かやく入り粉末スープ”を入れてみます。

そして、かやくには…

  • ごま
  • ねぎ
  • 揚げ玉
  • 大豆加工品
  • にんにく

が入っています。

また、この時点ですでに食欲そそる“にんにく”など香味野菜の風味が確認できます!

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:500ml)
そして出来上がりがこちら!

ほどよくお湯を吸ったことで、先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはもっちりとした弾力やコシが加わり、“伝説のすた丼屋”監修による“にんにく”の旨味・風味を利かせた食欲そそるボリューム感のある一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体スープを加えていきます!
すると…こちらにも“にんにく”の旨味・風味が凝縮されているようで、食欲そそる香りが一気に際立っていき、数種類ものポークの旨味を利かせた濃いめの豚骨スープがドロッとした状態で出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

すると…割と濃厚な豚骨スープが表面に留まり、そこまで量は多くないものの…特に“伝説のすた丼屋”ならではのガツンとした“にんにく”の風味が思ったよりも強烈で、そもそも“にんにく”は豚骨との相性も良いですから、かなり満足度の高いテイストに仕上がっているものと思われます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…先ほどまでの濃さがうまく調和され、豚骨スープらしい乳化感のある白濁とした仕上がりとなり、非常にさらっとした状態となっていることからもキレの良い後味すっきりとした味わいが表現されていることが伝わってきます!

また、今回コラボとなった“伝説のすた丼屋”の特徴的な“にんにく”の香りとタレの旨味をたっぷりと利かせたことで、サラッとした豚骨スープにもかかわらず決して物足りなさを感じさせない仕上がりは、パッケージにも記載されていた“驚愕のすたみなスープ!”というのも強ち間違いではなさそうです!

食べてみた感想

一口食べてみると…臭みのない豚骨の旨味がしっかりと利いているものの…やはりそこまで濃厚な感じはなく、比較的後味さっぱりとしたテイストの豚骨スープに仕上がっていますが、決して薄味といった意味ではなく、数種類ものポークエキスを使用したというだけあって繊細な味わいを表現、そこに“伝説のすた丼屋”ならではの“にんにく”の香りやタレの旨味が加わったことでパンチのあるがっつり系のテイストに際立っていきます!

ただ、個人的には…これだけ“にんにく”をがっつりと利かせているのなら、もう少し旨味も調整して、ほんのり“とろみ”を付けるくらい濃厚なスープをベースにしても良かったような気はしますね。。

そのため、若干“にんにく”の香りが突出して感じられ、旨味が伴っていないようにも思える点が少し残念でしたので、お好みによってはラードなどをちょい足しして濃厚感を際立たせてみても良いかもしれません!もしくは面倒でも“伝説のすた丼屋”らしく別途豚肉を焼いて脂ごと加えてみると、より臨場感高く味わえるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通り中太・丸刃仕様となっていて、もっちりとした弾力やほどよいコシがあり、しっかりとした食べ応えなんかもあるんですが、このシリーズに関してはほぼ毎回同じ仕様となっているため、もう少しフレーバーに合わせたひと工夫が欲しかったところではあります。。(このボリューム感で税別210円と破格なのでしょうがないんですけどね…)

そんな中太麺には、数種類ものポークの旨味を利かせた繊細にも感じられる味わいにがっつりと“にんにく”の旨味・風味が加わったパンチのある豚骨スープがよく絡み、一口ずつに深みのある豚骨の旨味や食欲そそる“にんにく”の旨味などが口いっぱいに広がっていき、スタミナ感抜群な風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまずこちらの大豆加工品が入っていて、大豆を主原料としているとは言え…味付けといい、食感といい…かなりチープな仕上がりでしたので、肉の具材としてではなく、しっかりとスープに混ぜ合わせていただくと、“にんにく”の利いた豚骨スープも具材に染み込み、自然と満足度も増していくものと思われます!

また、こちらの揚げ玉は意外にも使用されている量が多く、食べ進めていくに連れてスープと馴染んでいき、それによって揚げ玉特有の油分がスープに滲み出していくわけですが、今回の一杯に必須の具材かと言われると…そこまでの必要性はないようにも感じられます。。(それよりも豚骨スープと相性の良いキクラゲを加えた方が良かったような気がしますね…)

さらに、こちら非常に小さいながらも“にんにく”が豊富に使用されており、じっくりと味わってみると…食感は非常に柔らかく、しっかりと素材本来の味わいが感じられる仕上がりとなっていて、混ぜれば混ぜるほどスタミナ感が増していき、今回の一杯に欠かせない具材としてさり気なく添えられています!

そしてこちらの“ねぎ”に関しては、やや小さめにカットされているせいか…シャキシャキ感はそこまでありませんが、ちょうど良い薬味にもなったことで豚骨スープ本来の旨味を引き立て、後味すっきりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

他にも、さり気なく“ごま”が豊富に使用されており、素材ならではの食感や香ばしさを後押しすることで、がっつりと“にんにく”の旨味・風味が利いた深みのある豚骨スープをより一層引き立てるかのように相性良く馴染んでいます!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り数種類ものポークエキスを使用したことで、あっさりとした中にも繊細な旨味が凝縮されたキレ・後味すっきりとした豚骨スープに仕上がり、そこに今回コラボとなった“伝説のすた丼屋”らしい“にんにく”の香りやタレの旨味が加わったことによってパンチのある口当たりを際立たせ、豚骨דにんにく”といった相性抜群な組み合わせによってクセになる美味しさが表現されています!

また、今回発売された3商品に共通して言えるんですが…“にんにく”の旨味・香りが割と強烈なので、それに伴った旨味が若干物足りなさを感じさせる仕上がりとなっています。。

というのも、そもそもが後味すっきりとしたライトな豚骨スープが表現されているからであって、これだけ“にんにく”の香り・旨味を加えるのなら、もう少し濃厚なテイストでも良かったような気もしますね!そのため、“伝説のすた丼屋”らしく豚肉を別途焼いて脂ごと加えてみると、より一層臨場感溢れる美味しさが楽しめるかもしれません!

ただ、旨味に関しては決して薄味というわけではなく、数種類ものポークエキスを使用したことで繊細な味わいが楽しめることに間違いありません!そのため、この麺量90gのボリューム感のある一杯を最後までじっくりと堪能するために敢えてこういった後味すっきりとしたテイストに仕上げているとも言えるでしょう!

あまりにも濃厚だと飽きる可能性もありますからね!その辺に関してはお好みによってラードなどをちょい足しして濃厚感を際立たせてみても良いかもしれません!

このように、今回の“スーパーカップ1.5倍 伝説のすた丼屋監修 すたみな豚骨ラーメン”は、数種類ものポークエキスを使用したことで、シャープな飲み口やさっぱりとした味わいが印象的ながらも深みのある豚骨スープに仕上がり、そこに今回コラボとなった“伝説のすた丼屋”ならではの“にんにく”の香りやタレの旨味を合わせたことによって非常にパンチの強い口当たりに際立ち、最後まで飽きの来ない味わいとなっていたため、お好みによっては豚骨スープと相性の良いペッパー系の香辛料などをちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「スーパーカップ1.5倍 伝説のすた丼屋監修 すたみな豚骨ラーメン」を食べてみて、数種類ものポークエキスを使用したことで、すっきりとした豚骨スープながらも繊細な味わいに仕上げ、そこにたっぷりと“にんにく”の旨味・香りを利かせたことでがっつりとしたパンチのあるテイストを表現したインパクトのある一杯となっていました!

やはり“スーパーカップ1.5倍”シリーズはこういったがっつり系が合いますね!ボリューム感といい、スタミナ感溢れる一杯は、かなり幅広い層に好まれるフレーバーと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!