カップ麺

「スタミナ満点らーめん すず鬼」監修カップ麺 “スタ満ソバ” にんにく尽くしのパンチのある一杯

スタミナ満点らーめん すず鬼監修 スタ満ソバ

スタミナ満点らーめん すず鬼監修 スタ満ソバ」を食べてみました。(2020年10月26日発売・明星食品)

この商品は、東京・三鷹の人気ラーメン店“元祖スタミナ満点らーめん すず鬼(すずき)”の看板メニュー“スタ満ソバ(“スタミナ満点らーめん”の略称)”の味わいを同店監修によってカップ麺にアレンジ・再現したもので、ポークの旨味を利かせた超濃厚な甘辛い醤油スープに“にんにく”など香味野菜をたっぷりと加え、ペッパーをはじめとする香辛料によってメリハリを付けた食べ応え抜群な一杯が登場です!

それも…様々なテイストを掛け合わせた新ジャンルのハイブリッドラーメンとの呼び声高い人気店とあって、上記の通りポークの旨味をしっかりと利かせ、さらに麺にまで“にんにく”を練り込み、具材にもたっぷりとフライドガーリックを加えたことでガツンとしたスタミナ系の味わいに仕上がり、カップ麺ながらも“にんにく”尽くしのテイストがたっぷりと楽しめる満足度の高い一杯、“スタミナ満点らーめん すず鬼監修 スタ満ソバ”となっております。(税抜き250円)

ご覧の通り、パッケージには“スタ満ソバ”といった大きな文字が印象的なパッケージとなっていて、商品名にふさわしい豚の旨味をしっかりと利かせた濃厚な醤油スープにスタミナ感を際立たせる“にんにく”などの香味野菜、さらに香辛料によって味を引き締め、豚肉の香りが食欲そそるがっつり系の味わいが楽しめるガツンとしたテイストをイメージさせますね!これは見るからに期待できそうな一杯!!

一方こちらには“めん・スープ・かやく にんにく祭”と記載され、その背景には上記の通り麺・スープ・かやくの全てに“にんにく”を使用したコク深くパンチのある色の濃いめ・濃厚な醤油スープにたっぷりとスタミナ感のある具材が盛り付けられた仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…ダイス肉・キャベツが使用されています!(実店舗ではここに背脂なんかもたっぷりと加えられたことで二郎系の要素も含んでいるようですね。)
※“あとのせかやく”には…ガーリックスライス・ニラ・チリミンスが豊富に使用されています。

このように、ここ“元祖スタミナ満点らーめん すず鬼”では、豚の旨味を利かせた濃厚な諸油スープにたっぷりと“にんにく”を加え、ペッパーなどの香辛料でメリハリを加えた甘辛なテイストに仕立て上げ、食欲そそるフライドガーリック・“にんにく練り込み麺”でさらに美味しさを際立たせるスタミナ系ラーメンのようですね!これは“にんにく”好きならぜひ試し得ておきたいところではないでしょうか?

他にも特徴として…麺には“にんにく”を練り込んだことで噛むほどに旨味が感じられる食べ応え抜群な太麺・フライ仕様となっていて、もっちりとした弾力やコシの強い食感を表現、それによってポークや香味野菜、香辛料などがたっぷりと使用された贅沢にも感じられる濃厚な甘辛い醤油スープとの相性はまさに鬼のごとくインパクト抜群なテイストに仕上げられ、“にんにく”尽くしのやみつき感のあるテイストが最後まで飽きることなくガツンと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

麺にまで“にんにく”が練り込まれたことによって一口ずつにたっぷりと“にんにく”尽くしの味わいが口いっぱいに広がり、しょっぱいくらいにキレの良い口当たりには素材の旨味を活かした甘辛さがうまく濃厚感を調和し、ガツンとした食べ応えもありつつ…旨味溢れるテイストが楽しめる満足度の高い一杯となっていました!
これは特に、“元祖スタミナ満点らーめん すず鬼”ファンはもちろん、麺・スープ・かやく全てに“にんにく”を惜しげもなく使用したジャンク感・スタミナ感抜群な味わいをガツンと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は東京・三鷹の人気ラーメン店“元祖スタミナ満点らーめん すず鬼”の看板メニュー“スタ満ソバ”の味わいをカップ麺にアレンジ・再現した超濃厚な甘辛い醤油スープにたっぷりと“にんにく”を利かせたパンチのある一杯、「スタミナ満点らーめんすず鬼監修 スタ満ソバ」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

スタミナ満点らーめん すず鬼監修 スタ満ソバ

今回ご紹介するカップ麺は、東京・三鷹の人気ラーメン店“元祖スタミナ満点らーめん すず鬼”の看板メニュー“スタ満ソバ”の味わいを同店監修によってカップ麺にアレンジ・再現したもので、ポークをベースに香味野菜や香辛料をたっぷりと加えられた濃いめの甘辛い醤油スープに仕上げ、そこに食欲を掻き立てるフライドガーリックや“にんにく”を練り込んだ食べ応え抜群な太麺が絡む強烈なインパクトの一杯、“スタミナ満点らーめんすず鬼監修 スタ満ソバ”となっています。

また、今回はパッケージにも“甘辛醤油”と記載されており、特に何の甘味なのかは明記されておりませんが、実店舗では背脂によって甘味を表現しているとのことでしたので、恐らくポークの旨味と香辛料をうまく掛け合わせたことによって濃厚かつ甘辛いテイストを表現しているのでしょう!

スタミナ満点らーめん すず鬼監修 スタ満ソバ パッケージ

ちなみにここ“スタミナ満点らーめん すず鬼”の創業は2019年11月、店主である“鈴木 信介”氏によって東京・三鷹にオープンしたのがはじまりですが、そもそも2017年11月には同じ場所に“鶏こく中華 すず喜”が先にオープンしており、18:00からの夜の部に二毛作として“スタミナ満点らーめん すず鬼”が営業しているので一応2ndブランドということになります。(こちらの店長は修行時代からの同期・付き合いだという“西村”氏に一任しているとのこと。)
※“鶏こく中華 すず喜”の営業時間は11:00~15:00

そして夜の部として営業する“元祖スタミナ満点らーめん すず鬼”では、“すず喜”の看板メニューである鶏の旨味を存分に活かした“こく塩”とはひと味違い、冒頭でもお伝えした通り二郎系も取り入れた新ジャンルのハイブリッドラーメンらしく強烈なインパクトを放つ味わいを豚の旨味や“にんにく”の旨味、さらにワシワシとした食べ応え抜群な太麺によって表現し、漆黒の醤油スープがやみつき感のあるテイストに仕上げたことで瞬く間に話題の人気店となっているようです!!
※千葉県発祥の“にんにく”をたっぷりと加えた“アリランラーメン”や、同じく千葉県のご当地ラーメンとして有名な“竹岡式ラーメン”なんかもうまく取り入れているようです。

他にもこちらの“元祖スタミナ満点らーめん すず鬼”の店舗ロゴも商品名に負けじと目立っているため、カップ麺コーナーでもかなり気になっている方も多いのではないでしょうか?

それでは、今回の“スタミナ満点らーめん すず鬼監修 スタ満ソバ”がどれほど豚の旨味を利かせた濃厚な仕上がりとなっているのか?麺・スープ・かやく全てに“にんにく”の旨味をしっかりと利かせたスタミナ感抜群な味わいとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても麺にまで“にんにく”を練り込んだワシワシとした噛み応えのある太麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り514kcal(めん・かやく431kcal / スープ83kcal)となっております。(塩分は8.2g)

カロリーは、豚の旨味をしっかりと利かせた濃厚な仕上がりの割にそこまで高い数値というわけではありませんが、一方で塩分は希に見る高い数値となっています。
ちなみに1食当たり121g、麺の量は90gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと83kcalとこちらも思ったほど高くはありませんので、決してギトギト系の濃厚感というわけではなく、素材本来の美味しさ存分に活かした分厚い旨味を表現しているものと思われます!

そのため、ご覧の通り今回の一杯は“しおケアカップ”と記載され…“お客様自身で内側下線までスープを残し、食塩相当量の摂取を調整できるようにしたカップです。カップ内側下線までスープを残した際の摂取する食塩相当量の目安は5.5グラムです。”とのことで、食塩摂取を調整できる特別仕様の容器が採用されています。

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“しょうゆ”や豚脂をはじめ…

  • 食塩
  • ポークエキス
  • 香辛料(ガーリック、ジンジャー、ペッパー)
  • 香味油
  • 香味調味料
  • 植物油脂

といった、豚の旨味をしっかりと利かせた濃厚な甘辛く超濃厚な醤油スープをベースに食欲そそるガーリックやジンジャーといった香味野菜を合わせ、さらにペッパーによって味を調えたパンチのある味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…“しょうゆ”や香辛料(ガーリック)といった“にんにく練り込み麺”が採用されていることがしっかりと確認できますね!

JANコード4902881451031
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ、酵母エキス、香辛料(ガーリック))、スープ(しょうゆ、豚脂、食塩、ポークエキス、たん白加水分解物、香辛料(ガーリック、ジンジャー、ペッパー)、香味油、香味調味料、糖類、植物油脂、発酵調味料)、かやく(フライドガーリック、キャベツ、味付豚肉、赤唐辛子、ニラ)/加工デンプン、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、炭酸マグネシウム、炭酸カルシウム、増粘多糖類、かんすい、香料、乳化剤、酒精、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に卵・乳成分・小麦・えび・ごま・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (121g) 当たり]
熱量514kcal
めん・かやく: 431kcal
スープ: 83kcal
たんぱく質10.4g
脂質18.2g
炭水化物77.1g
食塩相当量8.2g
めん・かやく: 3.2g
スープ: 5.0g
ビタミンB10.25mg
ビタミンB20.30mg
カルシウム155mg

引用元:明星 スタミナ満点らーめんすず鬼監修 スタ満ソバ | 明星食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“あとのせかやく”、粉末スープ、液体スープといった3つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特に液体スープは触ってみたところサラッとした状態となっていたため、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、麺はご覧の通りもっちりとした弾力のある食感をイメージさせる厚み・幅広な太麺が採用されており、風味としては感じられないものの…ここにはたっぷりと“にんにく”が練り込まれたことによって、スープだけでなく麺からもパンチのある“にんにく”の旨味が楽しめる食べ応え抜群な食感に期待できそうです!

さらに、その太麺の裏側には、かやくとして…

  • ダイス肉
  • キャベツ

がすでに入っています。

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:470ml)
そして出来上がりがこちら!

そこまでお湯は吸っていないんですが、先ほどまでの麺にもっちりとした弾力が加わり、カップ麺ながらも二郎系らしいワシワシとした強い噛み応えがしっかりと楽しめる食べ応え抜群な一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの粉末スープを加えていきます!
すると…スープにも“にんにく”の旨味を利かせているとのことでしたが、そこまで強烈な風味というわけではなさそうです!この辺りに関してはしっかりと旨味として溶け込んでいるのかもしれませんね!

続いて液体スープも加えていきます!
こちらはまずはじめにポークの旨味でしょうか?無色透明なさらっとした油分が出てきます!

そしてその後、濃厚感を思わせる濃いめの醤油が出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

…というかやはり漆黒の醤油スープと呼ばれるほど濃いめ・濃厚な仕上がりということもあって使用されている調味料なども非常に多いですね…笑
すでに少しずつ溶け始めてはいますが、まだまだ粉末スープは山盛りとなっています!!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
上記のように使用されている粉末スープはかなりの量ではありますが、割と粒子も細かく、スープにもよく馴染むため、比較的すんなりと濃厚な醤油スープに仕上がり、最後に“あとのせかやく”を加えて完成となります!

ちなみにこちらの“あとのせかやく”には…

  • フライドガーリック
  • 赤唐辛子
  • ニラ

が入っています!

特にフライドガーリックに関しては使用されている数・サイズともに全く申し分なく、しっかりとスープに溶かして旨味として滲み出すことによってスタミナ感も増していくものと思われるため、食べはじめはスープ底に沈めておくと良いでしょう!

改めて見てみても凄いインパクトですね。。
見るからに濃厚な黒い醤油スープからは、食欲そそる“にんにく”の風味がしっかりと香り立ち、豚の旨味をしっかりと利かせた甘辛く後味すっきりとした香辛料がバランスの良いメリハリを加え、さらに相性抜群なニラなんかも使用されていますから、食べ進めていくに連れて旨味も増していく…そんなパンチのあるスタミナ感のあるテイストががっつりと楽しめそうです!

食べてみた感想

一口食べてみると…これは強烈に美味い。。豚の旨味は脂っこさなどが一切なく、キレ・コクのある濃厚な醤油スープをうまく引き立て、さらに麺・スープ・かやく全てに“にんにく”が使用されているんですが、思ったほど“にんにく”臭さは強くはなく、単純に“にんにく”をたっぷりと加えた一杯というわけではないようで、全体のバランスをうまく調和させたスタミナ感のある仕上がりとなっています!

また、甘辛い醤油スープなんですが、決して甘ったるいわけではなく、こちらもまたペッパーや醤油ならではのキレの良さが際立ったことで、濃厚でありながらも後味すっきりとしたテイストに仕上げ、具材にフライドガーリックなんかも使用されていますから…混ぜれば混ぜるほど“にんにく”の旨味が引き立ち、箸・スープともに止まらなくなってしまいますね。。

麺について

麺は、ご覧の通り厚みもあり幅広な太麺となっていて、もっちりとした弾力や強いコシを兼ね備えたワシワシとした食感が力強い食べ応えを表現し、“にんにく”をしっかりと練り込んだ“にんにく練り込み麺”によって噛むほどに旨味が広がる非常に美味しい仕上がりとなっています!

そんな太麺には、豚の旨味をベースに“にんにく”などの香味野菜をしっかりと利かせた甘辛く濃厚な醤油スープがよく絡み、一口ずつに“にんにく”をたっぷりと利かせたがっつり系でパンチのある味わいが口いっぱいに広がっていき、スタミナ感のある風味が後味良く抜けていきます!これは良いですね!脂っこいわけでもなく“にんにく”臭さも思ったほどでもありませんので、全体のバランスがしっかりと考慮された手の込んだ仕上がりと言えるのではないでしょうか?

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“ダイス肉”が入っていて、じっくりと味わってみると…ほどよい柔らかさに仕上がり、濃厚な醤油スープをしっかりと吸ったことで肉の旨味とともにじゅわっと滲み出てくる美味しい具材となっていたため、食べはじめはスープ底に沈めておき、後半に“にんにく練り込み麺”と絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるのものと思われます。

また、こちらのフライドガーリックは、使用されている数・サイズともに全く申し分なく、香ばしい“にんにく”の旨味がしっかりと表現されていたため、こちらもまた上記の“ダイス肉”と同じくスープ底に沈めておき、しっかりと“にんにく”の旨味を滲み出しておきましょう!(後ほどいただくと単品でも十分美味しい具材に仕上がっています。)

さらに、こちらのニラも、“あとのせかやく”に含まれているため、まずは湯戻りさせるのと同時に旨味を滲み出すためにもスープ底に沈めておくと良いでしょう!そして“にんにく練り込み麺”を中心に食べ進め、後ほど全体をしっかりと混ぜ合わせて各種具材と一緒に絡めていただくと香味野菜の旨味がより際立って楽しめるのではないでしょうか?

そして、こちらのキャベツなんかも使用されており、こちらはほどよいシャキシャキ感のある仕上がり具合となっていて、今回の一杯にちょうど良い食感としてのアクセントがプラスされているようです!

他にも、粗挽き唐辛子が豊富に使用されており、香辛料として使用されているペッパーとともに後味すっきりと感じさせるキレの良い味わいを引き立て、甘辛く濃厚な醤油スープをバランス良く仕上げる相性抜群な具材となっています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り、豚の旨味をしっかりと利かせた漆黒とも言える濃厚な醤油スープに仕上げ、そこに“にんにく”の旨味をたっぷりと加え、ペッパーや粗挽き唐辛子によって後味すっきりとしたバランスの良い味わいを表現しています!

また、見るからに伝わってくる通り…スープは割とサラッとしていて塩気はやや強く、しょっぱいくらいの口当たりとなっているんですが、豚ならではの旨味・甘味によって全体がうまく調和され、特に豚の脂っこさなどもありませんから、最後まで飽きることなくパンチのある味わいが楽しめることでしょう!

そしてなんと言っても食べ進めていくに連れて各種具材からも“にんにく”などの香味野菜特有の食欲そそる旨味が際立っていき、パンチのあるテイストがどんどん際立っていきます!…というかここに背脂がたっぷりと添えられていれば完璧でしたね!

そのため、がっつり系が好みの方なら総じて納得できる新ジャンルのハイブリッドラーメンとも言える一杯で、容器内側の下線を参考に塩分を調整できる仕様となってはいるんですが、ついついスープが止まらなくなってしまいます。。これは実店舗の方でも食べてみたいものです。。

このように、今回の“スタミナ満点らーめん すず鬼監修 スタ満ソバ”は、豚の旨味をしっかりと利かせた甘辛く濃厚な醤油スープだけでなく、麺や具材にもたっぷりと“にんにく”を使用したことで、非常にパンチの強い口当たりを表現し、ペッパーや粗挽き唐辛子によって後味すっきりと感じさせるバランスの良い仕上がりとなっていたため、お好みによっては白飯も合わせていただいてみても良いでしょう!

まとめ

今回「スタミナ満点らーめん すず鬼監修 スタ満ソバ」を食べてみて、麺・スープ・かやく全てに“にんにく”を使用したことで、素材本来の味わいを遺憾なく発揮し、想像通りパンチの強い口当たりが印象的で、見るからに濃厚な醤油スープには豚の旨味が凝縮されたことで甘辛いテイストに仕上がっていたものの、ペッパーや粗挽き唐辛子によってメリハリを付けた食べ応え抜群な一杯となっていました!

そしてなんと言っても“にんにく”を練り込んだ麺には、ワシワシといったもっちり感と噛み応え抜群な食感に仕上がり、噛むほどに旨味が増していく…そんな満足度の高い一杯でしたので、がっつり系が好みの方ならぜひ食べておきたい一品と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら
この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!