日清食品

「東京純豆腐」監修カップ麺 “純豆腐チゲラーメン” 豚と魚醤を利かせた体の中から温まる旨辛な一杯

東京純豆腐(トウキョウスンドゥブ)監修 純豆腐チゲラーメン
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

東京純豆腐(トウキョウスンドゥブ)監修 純豆腐チゲラーメン」を食べてみました。(2022年11月28日発売・日清食品

この商品は、韓国の鍋料理“純豆腐(スンドゥブ)”専門店である“東京純豆腐”の創業当初から人気だという“豚キムチスンドゥブ”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現したもので、豚と魚醤の旨味をベースにローストした唐辛子のコクと辛みを利かせた濃厚で旨辛なチゲスープに仕立て上げ、スンドゥブには欠かせない豆腐はもちろん、食感の良い白菜キムチなんかも加わり、そこにもっちりとした丸刃の中太フライ麺がしっかりと食欲を満たしてくれる体温まる一杯が登場です!

それも…東京を中心に全国だけでなく海外にも展開する“純豆腐(スンドゥブ)”専門料理として大変人気の“東京純豆腐”の人気メニュー“豚キムチスンドゥブ”らしい海鮮の旨味や豚の旨味をバランス良く合わせ、やみつき感のある濃厚で旨辛なチゲスープに仕上げ、豊富に使用された各種具材からも良い旨味が滲み出し、これからの季節にぴったりな体の芯から温まるテイストがもっちりとした丸刃の中太麺に絡む本格感のある一杯、“東京純豆腐監修 純豆腐チゲラーメン”となっております。(値段:税別252円)

ご覧の通り、容器側面にはシックな黒いテーブルにチゲ鍋を使用した本格感のある仕上がりイメージなんかも掲載されていて、純豆腐と言えば…そもそも“チゲ”のメインとなる豆腐で“スンドゥブチゲ”は海鮮系の旨味などが楽しめる韓国料理の定番メニューとなっており、“純豆腐(スンドゥブ)”専門店とは言っても様々な料理を提供する人気店が監修するチゲラーメンがどれほどの仕上がりとなっているのか?非常に気になるところ。。

東京純豆腐(トウキョウスンドゥブ)監修 純豆腐チゲラーメン パッケージ

一方こちらには…“豚と魚醤の旨み、唐辛子のコクが織りなす濃厚スープ”と記載され、その背景には“東京純豆腐”の人気メニュー“豚キムチスンドゥブ”を再現した旨辛で濃厚なチゲスープに各種具材が盛り付けられた仕上がりイメージが掲載されており、これを見る限り具材には…豆腐・味付豚ミンチ・白菜キムチ・“ねぎ”が使用されているようです!というかこの熱々な鍋で煮込んだかのようなチゲスープは見るからに食欲そそられます。。

また、こちらには辛さレベルが記載されていて、意外にも5段階中「2」とのことで、真っ赤な見た目ほどの刺激的な辛さというわけではなく、海鮮の旨味がバランス良く融合したチゲならでは辛くて美味いやみつき感のある美味しさを再現、さらに豚の旨味がコクを引き立てる…そんな旨味溢れる味わいがタテ型ビッグサイズらしくボリューム感たっぷりと楽しめそうです!…というかチゲスープという時点で間違いないテイストに期待できますから、もっちりとした中太フライ麺によって食欲もしっかりと満たしてくれることでしょう!

このように今回は…国内外に店舗展開を行う“純豆腐(スンドゥブ)”専門店の“東京純豆腐”監修による店の人気メニューをカップ麺に再現した一杯ということで、豚や魚醤の旨味が凝縮された旨辛なチゲスープにロースト感のある唐辛子の辛さがしっかりと利いたやみつき感のある一杯で、しかも具材にも豊富に豆腐や白菜キムチなどを加えたことによって旨味をしっかりと引き立てているため、当然物足りなさといった感じは一切なく、文字通り濃厚なスープがたっぷりと堪能できる一品となっています!

他にも特徴として…麺は上記の通りもっちりとした丸刃の中太麺で、フライ麺ながらもつるっと滑らかな密度感のある食感に仕上がり、それによって豚と魚醤の旨味をベースにローストした唐辛子のコクと辛みを利かせた旨辛な濃厚スープとともにガツンと食欲も満たされる…そんなこれからの季節にぴったりなクセになる味わいが最後までたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

臭みのない豚の旨味を利かせた味わい深いチゲスープには、味噌も加わったことで旨味やコクが際立ち、さらにスンドゥブには欠かせない豆腐の食感や大きくカットされた白菜キムチのシャキシャキ感が心地良く、他にも味付豚ミンチから良い旨味が滲み出し、ローストした唐辛子を使用したりと…まさに濃厚感とキリッとしたシャープな飲み口が絶妙にマッチしたことでチゲスープならではの美味しさがガツンと楽しめる旨辛なテイストを再現、そこにもっちりとした丸刃の中太麺が絶妙にマッチしたことによって食欲をしっかりと満たしてくれる満足度の高い一杯となっていました!
これは特に、東京を中心に国内外へ店舗展開する人気店“東京純豆腐”ファンはもちろん、豚や魚醤をベースにローストした唐辛子や味噌など様々な旨味をバランス良く合わせた旨辛なで濃厚なスープを再現、そこに食感の良い豆腐や白菜キムチ、もっちりとした食べ応えのある中太麺をボリューム感たっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は“純豆腐(スンドゥブ)”専門店として国内外に店舗展開する人気店“東京純豆腐”の人気メニュー“豚キムチスンドゥブ”の味わいを同店監修によってタテ型ビッグサイズのカップ麺に再現、豚や魚醤をベースに味噌やローストした唐辛子などの旨味がコクを引き立てた濃厚で旨辛なスープに仕立て上げ、食べ応えのある丸刃の中太フライ麺が絶妙にマッチした体温まる一杯、「東京純豆腐監修 純豆腐チゲラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

東京純豆腐監修 純豆腐チゲラーメン

今回ご紹介するカップ麺は、韓国の人気料理“スンドゥブ”専門店として店舗展開する“東京純豆腐”の人気メニュー“豚キムチスンドゥブ”の味わいをカップ麺に再現したもので、臭みのない豚や魚醤をベースにローストした唐辛子や味噌を合わせたことで濃厚かつ旨辛なチゲスープを再現、具材に使用された豆腐や白菜キムチの食感が心地良く、そこにもっちりとした弾力やほどよいコシを兼ね備えた中太フライ麺が絶妙にマッチしたことでガツンと食欲を満たしてくれるボリューム感抜群な一杯、“東京純豆腐監修 純豆腐チゲラーメン”となっています。
※売っている場所:今回はローソンで購入

このように今回のフレーバーは豚や魚醤の旨味をしっかりと利かせたことで本格感のあるスンドゥブチゲの味わいをカップ麺に再現し、濃厚でありながらも後味すっきりとした清々しい唐辛子ならではの辛さが心地良く、ガツンとした食べ応えはもちろん…どれほど旨味を凝縮させたインパクトのある味わいに仕上がっているのか気になるところではないでしょうか?

ちなみにこちら容器側面には…“東京純豆腐監修”、“純豆腐チゲラーメン”といった雰囲気ある店舗ロゴや商品名が記載されており、国内にも数多く店舗展開しているため、実店舗に行ったことがあるという方も多いのかもしれませんね!

しかもスンドゥブとは言っても基本はチゲスープですから、豚や魚醤をベースにローストした唐辛子やキムチパウダーなんかも使用したことでやみつき感のある美味しさを再現、食感滑らかな豆腐やシャキシャキとした白菜キムチといった具材にも拘り、気軽に韓国料理の人気メニューが楽しめそうです!

ちなみにここ“東京純豆腐”の創業は2006年4月、海外で出会った“スンドゥブ”の美味しさに魅了され、日本でもできないか?ということで試行錯誤の上“東京純豆腐 青山店”をオープンしたのがはじまり。そして現在では“平山 浩二”氏が代表を務める“ビーンズワンカンパニー株式会社(2017年4月設立)”が取り仕切り、国内外に店舗展開する“純豆腐(スンドゥブ)”専門店として人気を博しています!

それでは、今回の“東京純豆腐監修 純豆腐チゲラーメン”がどれほど豚や魚醤をベースにローストした唐辛子のコクと辛みを利かせた旨辛な仕上がりとなっているのか?豊富に使用された食感柔らかな豆腐やシャキシャキとした白菜キムチとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってももっちりとした丸刃の中太仕様による食感滑らかなフライ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り456kcal(めん・かやく384kcal / スープ72kcal)となっております。(塩分は7.8g)

カロリーは、タテ型ビッグサイズ・豚の旨味を利かせた濃厚な旨辛スープの割に思ったより低めな数値のようですが、一方で塩分はこのボリュームを考慮してもかなり高い数値となっています。
ちなみに1食当たり103g、麺の量は80gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと72kcalと濃厚な旨辛スープの割にそこまで高い数値ではないことから、豚や魚醤をベースにローストした唐辛子のコクや辛さをバランス良く合わせたことで素材本来の美味しさを存分に引き立てた後味すっきり・コク深い仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、豚脂や香辛料をはじめ…

  • でん粉
  • 食塩
  • ポーク調味料
  • 魚醤
  • 粉末みそ
  • 大豆粉末
  • キムチパウダー

といった、豚や魚醤をベースにローストした唐辛子のコクや辛みをバランス良く利かせ、キムチパウダーや味噌によってやみつき感のある美味しさをプラス、そこに食感滑らかな豆腐やシャキシャキ食感の白菜キムチが相性良く馴染み、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんなやみつき感のあるチゲスープがたっぷりと楽しめる最後まで飽きの来ない味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4902105273906
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白、香辛料)、スープ(豚脂、香辛料、糖類、でん粉、小麦粉、食塩、ポーク調味料、魚醤、粉末みそ、大豆粉末、キムチパウダー、酵母エキス)、かやく(豆腐、味付豚ミンチ、はくさいキムチ、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、かんすい、炭酸Ca、カラメル色素、香料、酸味料、カロチノイド色素、増粘多糖類、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、ベニコウジ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、くん液、(一部にえび・小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (103g) 当たり]
熱量456kcal
めん・かやく 384kcal
スープ 72kcal
たん白質10.5g
脂質17.4g
炭水化物64.4g
食塩相当量7.8g
めん・かやく 3.1g
スープ 4.7g
ビタミンB10.21mg
ビタミンB20.33mg
カルシウム156mg

引用元:東京純豆腐監修 純豆腐チゲラーメン | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、特に別添されている調味料などはありません。

そして、かやくには…

  • 豆腐
  • 味付豚ミンチ
  • 白菜キムチ
  • ねぎ

が入っています。

特に豆腐は見るからに大きく、さらに白菜キムチとともに使用されている数も申し分なく、湯戻りすることで白菜キムチからも良い旨味が滲み出すものと思われますから、スープとよく馴染ませながら食べ進めていくと良いかもしれませんね!

また、粉末スープも量が非常に多く、すでにチゲスープならではのキムチや香味野菜のような香りが食欲そそり…塩気の強い濃いめ・ガッツリ系の旨辛なチゲスープをイメージさせます!…というか旨辛で濃厚と来れば恐らく間違いありませんから、ついついスープが止まらなくなるようなクセになる美味しさが楽しめることでしょう!

さらに、麺はご覧の通り丸刃の中太仕様となっていて、もっちりとした弾力やほどよいコシを兼ね備え、麺量80gによるしっかりとした食べ応えなんかも楽しめるボリューム感抜群な一杯のようで、今回は豊富な具材が各種使用したことでスープの旨味も一層引き立ち…この辺りに関しては全体の仕上がりにも期待したいところ!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:430ml)
そして出来上がりがこちら!

ほどよくお湯を吸ったことで先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺の仕上がりが確認できないほど具材が豊富に使用されているわけですが…実際麺には丸刃仕様ならではのほどよい弾力や歯切れの良いコシが加わり、豚や魚醤をベースにローストした唐辛子のコクや辛みが相性良く馴染み、スンドゥブならではの濃厚で旨辛なテイストをうまく再現し、ガツンと食欲を満たしてくれる本格的な一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…割とサラッとした仕上がりではありますが、豚や魚醤をベースにローストした唐辛子のコクや辛みをバランス良く合わせ、原材料にも記載されていた通り味噌やキムチパウダーが使用されたことによって旨味も際立ち、厚みのあるスープと言うんでしょうか?サラッとしていながらも物足りなさを一切感じさせない深みのあるテイストで、豊富に使用された味付豚ミンチや白菜キムチからも良い旨味が滲み出し、メリハリの付いた後味の良い一杯となっています!

他にもキムチならではの風味が食欲を掻き立て、そもそもキムチには香味野菜なんかも含まれていますから、しっかりと混ぜ合わせることによって旨味も増していき、食べ進めていくに連れて汗を誘う辛さが清々しく満足度も増していく…そんなボリューム感抜群なスンドゥブならではの旨辛な一杯に仕上がり、“純豆腐(スンドゥブ)”専門店の人気メニューが気軽に楽しめることに間違いありません!ただ、辛さレベルが5段階中「2」ということで、別途唐辛子などの香辛料を用意しておいても良いかもしれません!

食べてみた感想

一口食べてみると…豚や魚醤の旨味をベースにローストした唐辛子のコクや辛みがバランス良く利いたことで想像以上に旨味は強く、濃厚ながらも後味すっきりとしたキレが全体をうまく調和し、具材に使用した白菜キムチやキムチパウダーに関しても変な酸味もなく食欲そそる旨味を引き立て、サラッとした仕上がりではありますが、決して物足りなさといった感じもなく、食感の良い豆腐はもちろん、ボリューム感のある丸刃の中太麺によって食欲をガツンと満たしてくれる満足度の高い一杯となっています!

そして、気になる辛さについては上記の通り真っ赤な見た目よりもピリッとしたアクセント程度となっており、スンドゥブならではの旨辛で濃厚なスープは幅広い層に好まれる仕上がりで、何より様々な旨味が凝縮されている点が好印象といったところ!そのため、激辛というほどではありませんが…素材の旨味を存分に活かしたことでやみつき感のあるチゲスープがたっぷりと楽しめることに間違いなく、当然ギトギト・こってりとした脂っこさもありませんから、後味すっきりとしたキレの良さが引き立つことで最後まで飽きの来ないメリハリのある旨辛なスープが楽しめることでしょう!

また、豚や魚醤をベースに各種旨味や唐辛子を使用したコクのあるスープに仕上げたことで、特にこってり系というよりもパンチの強いシャープな飲み口が印象的で、さり気なくキムチに含まれる香味野菜の旨味が溶け込んだことで体の中からポカポカと温まり、食べ進めていくに連れて汗を誘う旨辛なテイストがたまらない後味すっきりとしたチゲスープがカップ麺に再現されていたため、韓国料理で雰囲気あるテイストが好みの方だとかなりハマる一杯と言えるのではないでしょうか?

さらに、食べ進めていくに連れて各種具材からも良い旨味が滲み出し、他にも粉末スープがしっかりと全体に馴染むことでコク深さや旨味が際立っていき、ついついスープが止まらなくなりますね。。特に今回は麺量も申し分なく、スンドゥブには欠かせない大きめな豆腐や白菜キムチ、旨味を引き立てる味付豚ミンチなんかも豊富に使用されていますから、サラッとしたスープながらも喉越しの良い味わいが存分に楽しめることと思われます!

麺について

麺は、ご覧の通り丸刃の中太仕様となっていて、もっちりとした弾力やほどよいコシ、そしてしっかりとした食べ応えもあり、特に味付けが施されているわけではありませんが、スープとの相性抜群なボリューム感のある仕上がりとなっています!ただ、今回のフレーバーは調理時間5分ということで若干麺がもっちりし過ぎているようにも感じられましたので、その辺りに関しては調整してみても良いでしょう!(韓国ではこういった弾力のある麺が主流なのかもしれませんが…)

そんな中太麺には…豚や魚醤をベースにローストした唐辛子のコクや辛みをバランス良く利かせた濃厚で旨辛なチゲスープがよく絡み、一口ずつにじんわりと染み渡るかのような海鮮系やキムチの旨味、豚のコクなどが口いっぱいに広がっていき、具材に使用された白菜キムチならではの食欲そそる風味やフライ麺特有の香ばしさが後味良く抜けていきます!…これは想像以上にガツンとした味わいとそれに伴う旨味が再現されていて、濃いめ・パンチの強いフレーバーが好みの方にとってはたまりませんね!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚ミンチが入っていて、使用されている数に関して申し分なく、じっくりと味わってみると…食感柔らかな仕上がり具合で肉の旨味がじゅわっと滲み出す美味しい具材となっていたため、まずはしっかりとスープと馴染ませながら麺を中心に食べ進め、後ほどもっちりとした中太麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらの大きくカットされた白菜キムチは、見た通りシャキシャキとした食感が心地良く、こちらにもしっかりと味付けが施されているため、インパクトのあるチゲスープとしっかりと馴染ませながら食べ進め、後ほど中太麺と一緒に絡めていただくと、より一層キムチならではの旨味が引き立って楽しめるかと思われます!しかも特別変な酸味もありませんので今回の旨辛なスープを損なうこともありません!

そして、こちらの豆腐は湯戻りすることで若干小ぶりな仕上がりではありますが…表面の張りや柔らかな食感が臨場感高く再現されており、今回のスンドゥブには欠かせない具材として豊富に使用され、もっちりとした中太麺やシャキシャキ感のある白菜キムチとともに様々な食感が楽しめる相性抜群な具材となっているようです!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されていて、ほどよいサイズにカットされているため、シャキシャキとした食感とまではいきませんが…ちょうど良い薬味にもなったことで今回の“純豆腐チゲラーメン”の美味しさを引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材として彩り良く添えられています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り豚や魚醤をベースにローストした唐辛子のコクや辛みがバランス良く馴染み、さらに具材として使用された味付豚ミンチや白菜キムチからも良い旨味が滲み出し、サラッとした仕上がりでありながらもキムチパウダーや味噌のコクが加わったことで物足りなさといった感じは一切なく、まさに旨辛で濃厚なスンドゥブらしい味わいがしっかりと楽しめる最後まで飽きの来ないテイストとなっています!

また、上記の通り割とサラッとした旨辛スープではあるんですが、見た目以上に豚や魚醤の旨味がベースとなったことでWスープによる深みがあり、キムチの旨味や唐辛子によるピリッとしたアクセントが絶妙にマッチしたことによって喉越しの良さと後味すっきりとしたキレの良い口当たりが心地良く、まさに肉の旨味や本格調味料を存分に活かした一杯は、“チゲ鍋”や“キムチ鍋”が好みの方も納得の美味しさと言えるでしょう!

ちなみに今回の“純豆腐チゲラーメン”の辛さに関しては、先ほどもお伝えした通り辛さレベル5段階中「2」ということで後引く辛さではあるんですが、激辛というほどではなく、あくまで濃厚なチゲスープの旨味を引き立てるかのようなちょうど良いアクセント程度のピリッとした辛みとなっていて、そもそもローストしたコクもスープに馴染んでいますから、深みのあるテイストもプラスされ、まさにクセになる刺激的な香辛料として辛くて美味いやみつき感のあるチゲスープが再現されているようです!

良いですね!このサラッとした中にも申し分のない旨味が凝縮されている感じは、そもそも味も濃いめなので、残ったスープに卵黄や白飯を加えてみても合うはずなので、シメを味わうように試してみてください!

このように、今回の“東京純豆腐監修 純豆腐チゲラーメン”は、豚や魚醤をベースにローストした唐辛子のコクや辛みをバランス良く合わせ、具材に使用された味付豚ミンチや白菜キムチからも良い旨味が滲み出し、ピリッとした辛さがあるものの…辛さレベル「2」ということでちょっとしたアクセント程度となっており、食べ進めていくに連れてコク深さや旨味が増していき、満足度の高いスンドゥブならではの味わいが丸刃の中太麺とともにボリューム感たっぷりと楽しめる食べ応え抜群な一杯となっていたため、お好みによってはチゲスープと相性の良い唐辛子や“おろしにんにく”、“おろし生姜”などをちょい足しして旨味・辛みをさらに際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「東京純豆腐監修 純豆腐チゲラーメン」を食べてみて、韓国の鍋料理で人気の“純豆腐(スンドゥブ)”専門店として国内外に店舗展開する“東京純豆腐”の人気メニュー“豚キムチスンドゥブ”を同店監修によってカップ麺に再現した一杯には…豚や魚醤をベースにローストした唐辛子のコクや辛みがバランス良く馴染み、ピリッとした辛さはもちろん、サラッとしたスープでありながらも物足りなさを一切感じさせない深みがあり、キムチパウダーや味噌を使用したことでやみつき感のある美味しさが心地良く、具材に使用された味付豚ミンチや白菜キムチからも良い旨味が滲み出し、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんなスンドゥブならではの美味しさがボリューム感たっぷりと楽しめる濃厚で旨辛な一杯となっていました!

やはりチゲスープといったテイストは間違いないですね!“キムチ鍋”とも若干似通った部分もあるんですが、この“純豆腐チゲラーメン”に関しては豚や魚醤をメインにスープが構成され、各種香辛料や味噌も使用されたことによってコク深い旨味とちょうど良い辛さが際立っていましたから、“チゲ鍋”が好みの方も納得の一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

著者プロフィール
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな私「ゆうき」が運営しているブログです。新発売のカップ麺やおすすめラーメン店の実食レビュー記事をメインに更新しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です