カップ麺

うま辛海鮮チゲ味うどん!味噌ベースに海鮮やキムチの旨味を利かせたコク深く風味豊かな一杯

うま辛海鮮チゲ味うどん

うま辛海鮮チゲ味うどん」を食べてみました。(2021年11月15日発売・東洋水産)

この商品は、東洋水産のいつもの和風テイストとはひと味違った新フレーバーということで、今回は寒くなるこれからの季節にぴったりな鍋スープをヒントにキムチの旨味を利かせた旨辛なチゲ味を縦型のカップ麺に再現、味噌ベースに魚介やキムチの旨味をバランス良く合わせたやみつき感のあるスープが弾力のあるもっちりとした太い“うどん”に絡み、しっかりと食欲を満たしてくれる食べ応え抜群な一杯が登場です!

それも…キムチならではの味わいと相性抜群な魚介出汁の旨味やピリッとした辛みがスープに溶け出し、コクのある味噌と馴染むことによってクセになる旨辛スープに仕立て上げ、喉越しの良さはもちろん、ピリッとした辛みやキムチ特有の風味が心地良く、そこにもっちりとした弾力と強いコシを兼ね備えた太い“うどん”を合わせたボリューム感のある縦型ビッグサイズの一杯、“うま辛海鮮チゲ味うどん”となっております。(税抜き220円)

ご覧の通りパッケージには…商品名である“うま辛海鮮チゲ味うどん”の中でも特に「海鮮チゲ味」の文字を強調し、キムチを思わせるオレンジ色にも近い鮮やかな赤を基調にしたことでキムチの旨味・風味をしっかりと利かせた染み渡る旨味と味噌のコクを合わせたスープをイメージさせるかのようなデザインがあしらわれ、ピリッとした辛みがクセになるやみつき感のある旨辛スープであることがよーく伝わってきますね!これはまさにこれからの寒くなる時期に食べたい体温まるフレーバーと言えるのではないでしょうか?

うま辛海鮮チゲ味うどん パッケージ

一方こちらには…味噌をベースにキムチや海鮮の旨味を利かせた旨辛なテイストにピリッとした唐辛子の辛みが加わり、じんわりと染み渡るかのような食欲そそる風味がたまらない味わい深いスープが厚みもあり幅広な“うどん”にしっかりと絡む仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…キャベツ・かに風かまぼこ・いか・ねぎ・ニラが使用されているようです!…というか豊富に使用された各種具材からも良い旨味が引き立ちっているようで見るからに食欲をそそりますね。。

これは容器底に溜まった粉末スープも含めてしっかりと混ぜ合わせながら食べ進めていくことによって徐々に旨味も増し、それと同時に満足度も増していく…そんな旨辛チゲスープといったコク深くメリハリのある味わいによって食欲がしっかりと満たされ、辛さもキムチ程度ですから、まさに幅広い層に好まれる一杯とも言えるでしょう!

また、こちら容器側面には…“魚介やキムチのうまみを利かせたうま辛いチゲ味うどん!”と記載されているように、今回の一杯にはコク深い味噌をベースに魚介出汁やキムチの旨味をしっかりと利かせたことでやみつき感のあるチゲ風の味わいを表現し、ピリッとした辛みがちょうど良いアクセントとなって最後まで飽きることなく楽しめるスープに仕上げ、そこに厚みもあり幅広なほどよい弾力と強いコシを兼ね備えた太い“うどん”が絶妙にマッチし、寒くなるこれからの時期にぴったりな心も体も温まる味わいに期待できそうです!

他にも特徴として…麺は上記の通り厚みもあり幅広な太い“うどん”が採用されており、もっちりとした弾力や強いコシを併せ持つ食べ応え抜群な仕上がりとなり、そこに旨味溢れるチゲ味のスープがしっかりと絡むことで染み渡る旨味やキムチならではのピリッとした辛みのアクセント、そして風味豊かな魚介系の香りが最後まで飽きることなくたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

商品名の文字通り海鮮やキムチの旨味をたっぷりと利かせたことでやみつき感のあるチゲ味のスープがコク深く表現され、サラッとしていながらも味噌をベースにしていることによって厚みがあり、唐辛子のピリッとしたアクセントがちょうど良いメリハリを付け、さらにふんわりと香る海鮮系の風味が相性良くマッチし、そこに弾力・コシを併せ持った食べ応えのある太い“うどん”がしっかりと食欲を満たしてくれるボリューム感のある一杯となっていました!
これは特に、海鮮やキムチの旨味を利かせたチゲ風テイストが好みの方はもちろん、コク深い味噌をベースに相性抜群な魚介系の旨味やキムチならではの旨味・辛やしっかりと利かせたキリッとした後味の良い味わいをもっちりとした“うどん”とともにボリューム感たっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は東洋水産から縦型ビッグサイズとして登場となったコクのある味噌をベースに海鮮やキムチの旨味をバランス良く合わせ、ピリッとした唐辛子の辛みが心地良いアクセントとなり、さらに食欲そそる海鮮チゲならではの風味が相性良く馴染み、もっちりとした弾力と強いコシを兼ね備えた“うどん”がガツンと食欲を満たす…そんな寒くなるこれからの時期にぜひ味わいたい食べ応えのある一杯、「うま辛海鮮チゲ味うどん」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

うま辛海鮮チゲ味うどん

今回ご紹介するカップ麺は、東洋水産としては珍しい和風テイストとはひと味違った“チゲ味”を再現したもので、コク深い味噌をベースに海鮮やキムチの旨味・辛さをバランス良く合わせ、さらに風味豊かな海鮮系の香りが香り立ち、ピリッとした辛みがちょうど良いアクセントとなったことで太い“うどん”との相性も非常に良く、具材には海鮮チゲ味スープにぴったりな“かに風かまぼこ”や“いか”などが豊富に使用されたボリューム感のある一杯、“うま辛海鮮チゲ味うどん”となっています。

ちなみにこういった寒くなる季節にぴったりなチゲ味のフレーバーは、同じく東洋水産の“本気盛(マジモリ)”シリーズだといくつか登場しているんですが…今回の“和風丼カップ麺シリーズ”を思わせるカップ麺が発売されるのは意外と珍しく、冬期限定で発売されるキムチ・チゲなどのテイストは他メーカーからも毎年いくつか発売されていますから…今年から定番化させていくのかもしれませんね!

そしてご覧の通りフタの方には…仕上がりイメージは掲載されていませんが、容器側面と同じく商品名が大半を占めるほどインパクトのあるデザインがあしらわれています!

他にも東洋水産では“和風丼シリーズ”といった数多くのフレーバーを発売してきているんですが、2021年11月現在では以下のようなラインアップとなっているようです!
※“和風丼シリーズ”は縦型ビッグサイズもありますが、主に“どんぶり型”で統一されています。

さらにこれ以外にも季節限定の定番メニューも数多くありますから、“和風丼シリーズ”もけっこうフレーバーが豊富で様々なテイストが楽しめるシリーズと言えるでしょう!(今回の“うま辛海鮮チゲ味うどん”はキムチの旨味ということもあって和風とはまたひと味違ったテイストなので公式ページにもカテゴライズされていません。

それでは、今回の“うま辛海鮮チゲ味うどん”がどれほどコク深く旨味溢れるチゲ味のスープに仕上がっているのか?キムチによるピリッとした辛みやアクセントとなる塩気、食欲そそる海鮮系の風味との兼ね合いはもちろん、何と言ってももっちりとした弾力と強いコシを兼ね備えた太い“うどん”との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り396kcal(めん・かやく334kcal / スープ62kcal)となっております。(塩分は5.8g)

カロリーは、縦型ビッグサイズ・海鮮系の旨味を利かせたコク深いチゲ味スープではありますが、やはり動物系の旨味に突出していないせいか意外と低めな数値のようで、塩分も同じく今回のサイズを考慮すると平均的といった数値となっています。
ちなみに1食当たり91g、麺の量は70gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと62kcalとやはりコク深いスープの割にそこまで高い数値ではないようですので、海鮮系の旨味を存分に活かした後味の良いチゲ味のスープにキムチの旨味・辛みを加えたことによってメリハリのあるテイストを表現、まさに旨辛な味わいがたっぷりと楽しめる仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“みそ”やキムチエキスをはじめ…

  • ポークエキス
  • 食塩
  • 香辛料
  • 魚介エキス
  • チキンエキス
  • 豚脂
  • 香味油脂
  • 魚醤(魚介類)

といった、味噌をベースに海鮮系やキムチの旨味をバランス良く合わせ、さらにポークの旨味がコクを引き立てたことでサラッとした中にも物足りなさを感じさせない美味しさが加わり、キムチ特融のピリッとした辛みや旨味によってメリハリが付き、味わい深いチゲ味のスープを引き立てる海鮮系の風味が香り立つやみつき感のあるテイストが印象的で、まさにこれからの季節にぴったりな飽きの来ない味わいを想像させる材料が並びます。

また、販売者は東洋水産となっていますが、製造はグループ会社である株式会社酒悦が担っているようですね!

JANコード4901990370141
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、乾燥酵母、植物性たん白、卵白)、添付調味料(みそ、キムチエキス、すりごま、ポークエキス、食塩、砂糖、香辛料、魚介エキス、チキンエキス、豚脂、香味油脂、魚醤(魚介類)、発酵調味料、たん白加水分解物)、かやく(キャベツ、かに風かまぼこ、いか、ねぎ、にら)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、トレハロース、増粘多糖類、リン酸塩(Na)、炭酸カルシウム、レシチン、パプリカ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、カラメル色素、ベニコウジ色素、香辛料抽出物、ビタミンB2、香料、ビタミンB1、(一部にかに・小麦・卵・乳成分・いか・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン・魚醤(魚介類)を含む)

栄養成分表示 [1食 (91g) 当たり]
熱量396kcal
めん・かやく: 334kcal
スープ: 62kcal
たん白質10.5g
脂質17.3g
炭水化物49.6g
食塩相当量5.8g
めん・かやく: 1.8g
スープ: 4.0g
ビタミンB10.35mg
ビタミンB20.36mg
カルシウム164mg

引用元:うま辛海鮮チゲ味うどん | 商品情報 – 東洋水産株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、今回は別添されている調味料などは一切ありません。

また、具材には…

  • キャベツ
  • かに風かまぼこ
  • いか
  • ねぎ
  • ニラ

が入っています。

ご覧の通り今回の“うま辛海鮮チゲ味うどん”には相性抜群・旨味をさらに際立たせるかのような具材が豊富に使用されており、こちらからも良い旨味が滲み出していくことによって食べ進めていくに連れて旨味も増していき、それと同時に満足度も満たされそうです!…というかこの時点ですでに食欲そそる海鮮系の風味が確認できます。。

さらに麺は、ご覧の通り厚みもあり幅広な“うどん”となっていて、こちらも粉末スープによって若干確認しにくい状態なんですが…もっちりとした弾力や強いコシを兼ね備え、コク深い海鮮系・キムチの旨味を利かせたチゲ味のスープとの相性や絡みも非常に良く、麺量70gによってしっかりと食欲を満たしてくれそうです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:460ml)
そして出来上がりがこちら!

想像以上にしっかりとお湯を吸ったことで先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に太い“うどん”にはほどよい弾力や強いコシが加わり、それによってじんわりと染み渡る海鮮系の旨味にピリッとしたキムチの辛みを加えたチゲ味のスープとも相性よく馴染み、メリハリの利いた味わいが縦型ビッグサイズらしくボリューム感たっぷりと楽しめる味わい深い一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そして粉末スープなどが全体に馴染むと…サラッとしていながらもポークの旨味や味噌をベースにしたことでほどよいコク・まろやかさが加わり、海鮮系・キムチの旨味を利かせたやみつき感のあるテイストにピリッとした辛みがちょうど良いアクセントとなって後引く旨味を際立たせたチゲ味のスープに仕上がり、ほどよい弾力や強いコシを兼ね備えた太い“うどん”とともにたっぷりと染み渡る美味しさが楽しむことができ、縦型ビッグサイズということもあって食欲もガツンと満たしてくれそうです!

また、具材に使用されている“かに風かまぼこ”や“いか”なんかも今回のような海鮮チゲ味のスープにぴったりな具材として相性良く馴染み、ポークや味噌を合わせたことでコク深くもキレの良い味わいに仕上げ、全体をしっかりと馴染ませながら食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな体温まる美味しさが存分に楽しめるものと思われます!…というか、このキムチならではの赤みを帯びた色合いがまた食欲を掻き立てますね。。

食べてみた感想

一口食べてみると…“うま辛海鮮チゲ味うどん”の文字通り海鮮やキムチの旨味をしっかりと利かせたことによってチゲ風の味わいを臨場感高く表現し、味噌をベースにしたことでサラッとした中にもコクのあるスープに仕上がり、キムチの旨味・塩気、そしてピリッとしたアクセントが加わったことで全体のバランスは非常に良く、じんわりと染み渡るかのような味わいがキリッとしたシャープな飲み口と絶妙にマッチしたことでメリハリのあるスープが心地良く、最後まで飽きの来ない後引く旨味・辛みが好印象といったところ!

そして、気になる辛さはというと…キムチに使用した唐辛子の辛みとなっているため、当然強い辛さというわけではなく、ちょうど良いアクセント・メリハリを加えるチゲ味のスープと相性抜群な組み合わせによって徐々に汗を誘うピリッとした辛さが心地良く、まさにクセになるような旨味溢れる味わいは寒くなるこれからの季節にぴったりなテイストと言えるでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通り厚みもあり幅広なフライ仕様の太い“うどん”が採用されており、もっちりとした弾力と良い意味でワシワシとした強いコシを兼ね備えた食べ応え抜群な仕上がりとなっています!

そんな“うどん”には、味噌をベースに海鮮やキムチの旨味をバランス良く合わせ、さらにキムチならではのピリッとした辛さを利かせたコク深いチゲ味のスープがよく絡み、一口ずつにじんわりと染み渡るかのような海鮮系の旨味やキムチならではの味わいなどが口いっぱいに広がっていき、食欲そそる海鮮系の風味が後味良く抜けていきます!…というか、このチゲ味のスープを表現する海鮮系の旨味とキムチの組み合わせは間違いないですね!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“かに風かまぼこ”が入っていて、使用されている数・サイズともに申し分なく、じっくりと味わってみると…そこまで濃い目の味付けではありませんが、海鮮系の旨味がじゅわっと滲み出る美味しい具材となっていたため、今回の海鮮系やキムチの旨味をたっぷりと利かせたチゲ味のスープとしっかりと混ぜながら食べ進め、後ほど弾力のある“うどん”と一緒に絡めていただくと、より一層旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらの“いか”は、やや小さめにカットされているものの、噛むほどに旨味が滲み出す非常に美味しく噛み応えのある具材となっていたため、こちらも上記の“かに風かまぼこ”と同じくしっかりとスープと馴染ませてから後半にじっくりと味わってみると良いでしょう!

さらにこちらのキャベツは、大きめにカットされたことによってシャキシャキとした食感が心地良く、今回の一杯に対してちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

そして、こちらのニラは、キムチの旨味と相性抜群な香味野菜のひとつとして合わないはずがなく、食感こそありませんんが…食べ進めていくに連れて良い旨味が際立つ具材としてさり気なく添えられています!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されていて、やや小さめにカットされてはいましたが、ほどよい食感を残した仕上がりとなっていて、さらにちょうど良い薬味にもなったことで今回の海鮮・キムチの旨味を利かせたチゲ味のスープを美味しく引き立て、後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっているようです!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り味噌をベースにしたことでコクがあり、海鮮系やキムチの旨味をバランス良く合わせたことによってじんわりと染み渡るかのようなチゲ味のスープに仕上がり、キムチのピリッとした辛さや香味野菜の旨味がちょうど良いアクセントとなったことでちょうど良いメリハリや旨味を引き立て、さらに食欲そそる海鮮系の風味が旨辛なテイストと絶妙にマッチし、やみつき感のある美味しさが表現され、最後まで飽きの来ない味わい深いチゲ風ならではのスープとなっています!

そして、上記の通りサラッとしている割に味噌をベースにしたことで物足りなさを一切感じさせないコク深く厚みのある旨味が印象的で、もちろん脂っこさといった感じも一切ありませんから、海鮮系やキムチならではの旨味・辛さがコク深い旨辛スープとうまく調和されたことでクセになる“うま辛海鮮チゲ味うどん”に仕上がり、食べ進めていくに連れて体もポカポカと温まってきます。。やはり海鮮とキムチを合わせたメリハリのあるフレーバーは美味しいですね!ちょっとこれは予想以上の仕上がりでした!

また、具材に使用された“かに風かまぼこ”や“いか”からも良い旨味が滲み出し、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな染み渡るテイストが思う存分楽しめるのはもちろん、これだけ全体のバランスが良く喉越しの良い仕上がりだと、かなり幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

他にも容器底には原材料にも記載されていた通り“すりごま”が溜まっていたため、しっかりと混ぜながら食べ進めていくと、より一層風味豊かなスープも引き立って楽しめるかと思われます!

このように、今回の“うま辛海鮮チゲ味うどん”は、海鮮やキムチの旨味をバランス良く合わせた味噌ベースのコク深い旨辛スープに仕上げ、ピリッとした辛さやキムチに含まれる“にんにく”のような香味野菜が相性良く馴染み、コク深くもキリッとしたシャープな口当たりが絶妙にマッチし、そういったちょうど良いアクセントが加わったことで最後まで飽きの来ない旨味溢れる味わいを表現、そこにほどよい弾力や強いコシを兼ね備えた太い“うどん”が食欲をしっかりと満たしてくれる食べ応え抜群な一杯となっていたため、お好みによっては唐辛子をちょい足しして刺激的な辛さを引き立ててみても良いでしょう!(味が濃いめなので残ったスープでチゲ風雑炊なんかも良いですね。)

まとめ

今回「うま辛海鮮チゲ味うどん」を食べてみて、味噌ベースに海鮮系やキムチの旨味をバランス良く合わせたことで間違いない美味しさが表現され、まさに安定感のある旨辛なチゲ味のスープに食欲そそる風味が香ることで染み渡るかのような美味しさをより一層引き立て、具材にも使用された“かに風味かまぼこ”や食感の良い“いか”からも良い旨味が滲み出し、なんと言っても食べ応え抜群な太い“うどん”が絶妙にマッチし、ボリューム感のある満足度の高い一杯となっていました!

やはりこういった旨辛系・チゲ味のスープに利かせた海鮮系・キムチならではの旨味や辛さを合わせたメリハリのあるテイストは間違いありませんね!これは来年もこの時期定番のフレーバーとして改めて登場するのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!