【2018】蒙古タンメン中本 北極ラーメン食べてみました!
ラーメン

宅麺で「中華蕎麦 とみ田 つけそば」を注文してみました!パンチの強い超濃厚な魚介豚骨スープが美味すぎる!

宅麺で「中華蕎麦 とみ田 つけそば」を注文してみました!パンチの強い超濃厚な魚介豚骨スープが美味すぎる!

宅麺で取り扱いされている「中華蕎麦 とみ田 つけそば」を食べてみました。

この商品は、つけ麺で超人気の千葉・松戸の有名店「中華蕎麦 とみ田」の看板メニューということで、今回は全国の人気の一杯を手軽に自宅で楽しめるラーメン通販サイト「宅麺.com 」で取り扱いされている“中華蕎麦 とみ田 つけそば”となっております!

この“とみ田”の“つけそば”は、美味いとかなり評判の良い一杯で、個人的にも下記の一杯が超濃厚な魚介豚骨スープが非常に美味しかったので、“つけそば”の方も気になっていたんですよね!

blog.webproduct-lab.com

そんな気になる全国の一杯が自宅で楽しめる「宅麺」を利用して、今回注文してみたわけですが、やはり便利の一言ですね!

わざわざそこまで行かないと食べることのできない人気の一杯が行列に並ぶことなくじっくりと自宅で味わうことができるので、ラーメン好きにはたまりません!

ちなみに宅麺についての詳しいレビューは、ぜひこちらの記事もご覧ください!

blog.webproduct-lab.com

ということで実際に食べてみましたが、魚介豚骨スープが美味いと評判なだけあって、超濃厚に仕上がったつけだれは、口の中でざらつきを感じるほどの魚介の旨みが豚骨によって非常に味わい深く表現され、満足度の高い一杯となっていました!

では、今回はこの「中華蕎麦 とみ田 つけそば」についてレビューしてみたいと思います。

中華蕎麦 とみ田 つけそばについて

今回ご紹介する“つけ麺”は、自宅で人気の一杯が楽しめる通販サイト“宅麺”で取り扱いされている超濃厚な“つけ麺”で人気の“中華蕎麦 とみ田 つけそば”となっています。

この“とみ田”の特徴としては、何と言っても“超”が付くほどの濃厚な魚介豚骨スープです!

この美味いスープを求めて連日行列の絶えない人気店とのことなので…それは気になりますよね?

宅麺の中でも“つけ麺(濃厚)”でランキング上位に常に表示されていますから、その味は確かなものと思われます!(→ランキング|宅麺.com

それが並ばずとも自宅で楽しめるんですから…たまりませんね!!
今回もまた期待しちゃいましょう!

開封してみた

例によって宅麺では、麺とスープがご覧の通り簡単な調理法が記載された紙とともに同封され、完全冷凍状態となって届きます。

おすすめトッピングや、盛りつけ例なんかも載っているので、わかりやすく安心ですね!

また、野菜などの冷凍では再現しきれない具材に関しては、こちらで別途用意する必要がありますので、調理する前に確認しておきましょう。(この紙に書いてあります。)

f:id:yuki53:20180610184155j:plain

そして、今回の商品については、

  • 具入りスープ(チャーシュー、メンマ)

が入っています。

一見シンプルですが、この冷凍されたスープの中にはお店で実際に提供しているチャーシューやメンマが入っているわけですね!(スープには“柚子入り”との表記が確認できます。)

そして、麺は非常に強いコシを想像させる超太麺となっているようです!

f:id:yuki53:20180610184143j:plain

また、こちらの同封されていた紙には、盛り付け例や必要な道具・おすすめトッピングなどが記載されていて、裏面には丁寧に作り方やコツなんかも載っているので安心ですね!

そして、店主おすすめの食べ方として、残ったスープを使用して作る“特製おじや”なんかも美味しいとのこと。

ちなみに、おすすめトッピングとしては、刻みネギ、味玉子、のりと記載されていました。

f:id:yuki53:20180610184141j:plain
f:id:yuki53:20180610184142j:plain

もちろん、作り方も簡単です!基本はふたつの鍋にお湯を沸騰させ、麺とスープをそれぞれ温めるだけです!(今回は刻みネギのみ用意しました。)

特に難しいことは書いてありませんが、美味しくいただくためにもこの辺はしっかりと目を通しましょう。

調理してみた

そして、出来上がったのがこちら!

魚介豚骨スープはまさに“超”が付くほどのどろっとした仕上がりとなっていて、食べる前からその濃厚さが伝わってきますね!

f:id:yuki53:20180610184145j:plain

そして、この濃厚な魚介豚骨スープの底には、しっかりとした食べ応えのあるチャーシューが2枚沈んでいます!

見ただけでも口の中でざらつきを感じるほどの魚介の旨みを想像させますね!

f:id:yuki53:20180610184146j:plain

食べてみた感想

一口食べてみると…あぁ!!美味いっ!

嫌み・臭みの全くない煮干しなどの魚介の旨みが美味しい口当たりとなって表現されていて、その旨みを豚骨によってとことん味わい深く引き立たせ、不思議とくどさのない何とも超濃厚…特濃とも言えるスープとなっています!

魚介の旨み、そして豚骨の味わい深さ、これが非常にバランスが良く仕上がり、ぶ厚いスープとなって客足の絶えない人気店となっているわけですね!これは納得の味わいと言えるのではないでしょうか?

麺について

麺は、桁違いな強いコシを感じる仕様となっていて、こちらも濃厚なスープに負けじと存在感の強い仕上がりとなっていますね!

しかもこの麺、水でヌメリをよく洗い流しているせいか余計にコシが強まり、超濃厚な魚介豚骨スープにもぴったりです!!

そして、この麺の量は250gと食べ応えのあるかなりのボリュームとなっています!

f:id:yuki53:20180610184150j:plain

そして、この麺はそのまま食べてみても美味しいので、スープを付ける量によってまた違った美味しさが楽しめますね!

f:id:yuki53:20180610184147j:plain

濃厚スープにたっぷりと絡めて食べてみてももちろん美味い!!

魚介の旨みを豚骨によってふんだんに引き立てたスープが何とも美味しく口に広がっていきます!

f:id:yuki53:20180610184151j:plain

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのほどよく脂身を含んだチャーシューが入っているんですが、こちらは非常に柔らかく、肉の旨みを存分に味わうことができます!

そして、超濃厚なスープの味もしっかりと吸っているため、肉の旨みとともにしっかりとした味濃い旨みを楽しむことができますね!しかもこれが2枚入っていますから…満足感は非常に高いです!

f:id:yuki53:20180610184149j:plain

また、こちらのメンマも非常にボリュームのあるサイズとなっていて、やや柔らかめな仕上がりではありますが、食べ応えのある美味しい具材となっています!

f:id:yuki53:20180610184148j:plain

スープについて

スープは、先ほどからもお伝えしているように、煮干しなどの魚介の旨みをふんだんに利かせたキレのある口当たりが印象的で、その旨みをじっくりと煮込んだ豚骨の旨みによって超濃厚に仕上がっています!

そのため、この濃厚に仕上がったスープに“ねぎ”をトッピングすることによって、より濃厚さが引き立っているようにも感じられるので、このトッピングはおすすめです!

そして、口の中でざらつきを感じるほどの魚介の旨みは、単純に魚臭いわけではなく、豚骨とのバランスが非常に良いため、全く飽きの来ないぶ厚い味わいが楽しめますね!

f:id:yuki53:20180610184153j:plain

この“つけそば”は、つけ麺ではありますが、そのままでも十分美味しいスープに仕上がっているため、スープだけを飲み進めてしまいます。。

また、冷凍されていたスープのパッケージにも記載されていたように、柚子の爽やかな風味がほんのりと香ります。

ただ、この柚子の風味は気付かないほどの隠し味程度のものですので、旨みが凝縮された魚介豚骨の美味しさを損なうことなく“とみ田”の深い味わいをじっくり堪能することができますね!

f:id:yuki53:20180610184152j:plain

旨み・風味良く、そして食べ応えまで良いとなると止まりませんね。。
こってりにも感じられる超濃厚スープを少しでも多く絡めて食べたくなります!

f:id:yuki53:20180610184154j:plain

さらに、今回は残ったスープを一端鍋に戻し、沸騰させた所にご飯と卵を入れて“おじや”も作ってみました!

f:id:yuki53:20180617101919j:plain

やはり魚介の旨味が利いた味わいはご飯にも合いますね!
“おじや”にすることで、魚介の旨味がより伝わりやすく感じられるため、より“とみ田”の濃厚な味わいを楽しむことができます。

f:id:yuki53:20180617101932j:plain

まとめ

今回は「中華蕎麦 とみ田 つけそば」を食べてみましたが、キレのある魚介の旨みを利かせたスープが豚骨によって味わい深く仕上がったことで、非常にパンチの強い濃厚な食べ応えを感じる仕上がりとなり、魚介の旨味を存分に堪能できる一杯となっていました!

やはり、こういった千葉の“つけ麺”で人気の「とみ田」の看板メニューを自宅で楽しめるのは宅麺ならではの楽しみ方ですね!

今回のように残ったスープで“特製おじや”を作ったりできるのも醍醐味のひとつではないでしょうか?

気になる方はぜひこちらから注文してみてくださいねー!それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です