カップ麺

「中華蕎麦とみ田」監修カップ麺 “純粋豚骨らぁめん” 本店でしか味わえない超濃密な一杯を再現

中華蕎麦とみ田 純粋豚骨らぁめん

中華蕎麦とみ田 純粋豚骨らぁめん」を食べてみました。(2022年6月20日発売・明星食品/セブンプレミアム ゴールド)

この商品は、千葉県松戸市の銘店“中華蕎麦とみ田”の松戸本店でしか食べられない人気メニュー“らぁめん(濃厚純粋豚骨)”を同店監修によってワンランク上の“セブンプレミアム ゴールド”を冠したカップ麺に再現したもので、豚骨の旨味を超濃密に詰め込んだことで“とろみ”が付いたコク深くまろやかな豚骨スープに仕立て上げ、臭みのない豚の旨味を活かすために“かえし(醤油ダレ)”は敢えてシンプルなものを調合し、そこに小麦が香るノンフライ麺が絶妙にマッチした一杯が登場です!

それも…大量のポークエキスに豚頭エキス、ラードを加えたことによって豚の旨味と甘みを凝縮させた超濃密豚骨スープを再現、さらに食べ進めていく途中に味変用に別添された“山椒フレーバーオイル”を加えることでひと味違った爽やかな味わいが楽しめる食べ応え・満足度ともに抜群の逸品と言える超濃厚な一杯、“中華蕎麦とみ田 純粋豚骨らぁめん”となっております。(値段:税込300円)

ご覧の通り、パッケージには“純粋豚骨らぁめん”、“華やぐ香りで二度美味しい山椒香る特製オイル付き(山椒フレーバー使用)”と記載されているように、松戸本店でしか味わえない人気メニュー“らぁめん(濃厚純粋豚骨)”の味わいを再現、実店舗では“TOKYO X”といった豚の旨味や甘みを存分に活かしたことで天一なみの粘度を誇り、超濃密でまろやかなテイストながらも脂っこさや“くどさ”といった感じは一切なく、キリッとした“かえし(醤油ダレ)”が全体をうまく調和し、ストレートに素材の旨味が楽しめるようで、どれほど濃密な豚骨スープに仕上がっているのか気になるところ。。

一方こちらには…セブン&アイの最上級ブランド“セブンプレミアム ゴールド”のロゴはもちろん、その背景には乳化感のある白濁とした豚骨スープに各種具材が盛り付けられ、さらにまろやかなテイストにキレの良さを引き立てる“かえし(醤油ダレ)”が絶妙にマッチした“とろみ”の付いた濃密な仕上がりイメージが掲載されていて、これを見る限り具材には…チャーシュー・メンマ・“ねぎ”が使用されているようです!(店主“富田”氏によるとカップ麺はカップ麺なりの美味しさがあり、“とみ田”らしさを感じさせるテイストに拘っているとのこと。)

また、こちらには“本店限定”、“唯一無二の超濃密スープ”と記載されているように、この“らぁめん(濃厚純粋豚骨)”は松戸本店でしか食べることができない逸品で、店主“富田”氏が自ら作り上げるといった特徴も当然あるわけですが…これまで魚介豚骨のイメージが強かった“中華蕎麦とみ田”ではこういった超濃厚な豚骨スープも人気のようで、豚の旨味をしっかりと活かしたコク深くまろやかな味わいがカップ麺で気軽に楽しめることに間違いなさそうです!

他にも特徴として…麺は丸刃の中太といった小麦の風味が香るノンフライ仕様で、もっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備えた本格感のある食感に仕上がり、臭みのない超濃密な豚骨スープとの絡みも非常に良く、コク深くまろやかでキリッとした“かえし”が絶妙にマッチした味わいと味変用の“山椒フレーバーオイル”を加えることによって山椒ならではの爽やかな香りだけでなく、オイルというだけあって豚骨スープとの馴染みも非常に良く旨味際立つ美味しさが最後までたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

非常に丁寧に利かせた豚骨の旨味が凝縮されたことによってコク深くまろやかさに際立ち、超濃密とも言えるトロッとしたスープには臭みのない豚骨そのものの美味しさを存分に活かし、さらにその豚骨の旨味を引き立てるかのように“かえし(醤油ダレ)”は敢えてシンプルに調合され、後入れ仕様の“特製豚骨オイル”と“豚骨だれ”による臨場感溢れるテイストということで名店“中華蕎麦とみ田”らしい品のある手の込んだ味わいに仕上がり、そこに弾力のある中太麺とともに山椒フレーバーオイルで味変なんかも楽しめるカップ麺の域を超えた満足度の高い一杯となっていました!
これは特に、千葉県松戸市の名店“中華蕎麦とみ田”ファンはもちろん、臭みやクセのないまろやかで超濃密な豚骨スープを本格感のある麺とともにたっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は“つけ麺”の超人気有名店“中華蕎麦とみ田”監修によって松戸本店でしか味わえない“らぁめん(濃厚純粋豚骨)”の味わいをカップ麺に再現し、実店舗では割スープがもらえるほどの濃厚なスープが楽しめる食べ応え抜群な一杯、「中華蕎麦とみ田 純粋豚骨らぁめん」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

中華蕎麦とみ田 純粋豚骨らぁめん

今回ご紹介するカップ麺は、千葉県松戸市の名店“中華蕎麦とみ田”の店主“富田 治”氏監修によって松戸本店でしか味わえない人気メニュー“らぁめん(濃厚純粋豚骨)”の味わいを“どんぶり型”のカップ麺に再現、豚本来の旨味に拘り超濃密なスープに仕立て上げ、ちょうど良いアクセントを加えるかのようにほどよい“かえし(醤油ダレ)”を合わせ、別添されている“山椒フレーバーオイル”を味変で楽しめる唯一無二の一杯、“中華蕎麦とみ田 純粋豚骨らぁめん”となっています。
※売っている場所:今回はセブン-イレブンで購入

ご覧の通り、パッケージには名店“中華蕎麦とみ田”の看板をはじめ…“純粋豚骨らぁめん”、“本店限定”などの商品名や特徴などがコク深く濃厚な仕上がりイメージとともに掲載され、別添されている“山椒フレーバーオイル”を加えることによって2度楽しめる風味豊かな豚骨スープがもっちりとした中太麺に馴染んでいる辺りが食欲そそりますね。。

中華蕎麦とみ田 純粋豚骨らぁめん パッケージ

そして、フタの裏面には…今回の商品や“中華蕎麦とみ田”に関する簡単な説明書きが記載されており、これによると…“お湯を入れて4分後、特製ポークオイル・豚骨だれを入れ、よくかき混ぜ、まずはそのままで豚のうま味を味わってください。”、“半分程召し上がったら、山椒香る特製オイルを加え、華やぐ香りをお楽しみください。”とのことで、Wパック仕様の濃厚な豚骨スープだけでなく、爽やかな山椒の風味が香るオイルでひと味違った美味しさが2度楽しめるとあって名店ならではの拘りを感じさせますね!

他にも“2006年創業、雑誌やメディア等で受賞歴多数の超人気店。松戸本店でしか体験することのできない店主こだわりの味をお楽しみください。”と記載されているように、ここ“中華蕎麦とみ田”は“大つけ麺博”に2012年・2013年・2018年に優勝、ラーメン業界最高権威の講談社TRY大賞を4連覇・殿堂入りするほどの人気・実力を兼ね備えた名店中の名店となっています!

ちなみにここ名店“とみ田”監修のカップ麺と言えば、以下のように意外とフレーバーとしての種類は少ないんですが…どれも度々リニューアルを繰り返し、その美味しさを常に改良を重ねていることから、全国的にもご存知の方も多いのではないでしょうか?

一方で下記のようなチルドタイプなんかも数多く発売されており、こちらもまた大変話題となっていますから印象強いかもしれませんね!しかもこれはこれでカップ麺とはひと味違った本格的な味わいが楽しめますので“中華蕎麦とみ田”という店舗名自体もはや全国的に広がっていることに間違いありません!

また、そもそも“中華蕎麦とみ田”とは…元祖“つけ麺”で超有名な名店“東池袋大勝軒”にてラーメンの神様と呼ばれる“山岸 一雄(やまぎし かずお)”氏の弟子にあたる“田代 浩二”氏の下で6年もの修行経験を積んだ“富田 治(とみた おさむ)”氏が2006年6月に独立した人気・実力ともに兼ね備えたラーメン店で、上記の通り“大つけ麺博”で3度も優勝を獲得するなど数多くの賞を総なめにするほどの輝かしい実績を持ち、今では整理券(食券)を購入するために連日朝早くから並び、予約をするも…数時間待ちも必至の超人気有名店です!

それでは、今回の“中華蕎麦とみ田 純粋豚骨らぁめん”がどれほどコク深くまろやかな豚骨スープが超濃密な仕上がりとなっているのか?キリッとした“かえし(醤油ダレ)”や味変用に別添された“山椒フレーバーオイル”を加えた爽やかな香りとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってももっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備えた中太仕様のノンフライ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り507kcalとなっております。(塩分は8.6g)

カロリーは、超濃密な豚骨スープではありますが、ノンフライ麺ということもあって思ったより高い数値というわけではありませんが、一方で塩分はかなり高い数値となっています。
ちなみに1食当たり138g、麺の量は70gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと194kcalとやはり濃厚な豚骨スープというだけあって非常に高い数値を占めており、丁寧に炊き出した豚骨の旨味を凝縮させたことによって素材の旨味に拘った名店らしい上品な仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、ポークエキスや豚脂をはじめ…

  • 香味調味料
  • しょうゆ
  • 植物油脂
  • 食塩
  • 香味油
  • 香辛料

といった、豚骨の旨味に拘り抜いたことで乳化感のある白濁としたクリーミーなスープに仕上がり、さらに超濃密というほどコクもあり“とろみ”を付けたことで松戸本店でしか味わえない“らぁめん(濃厚純粋豚骨)”を再現、そこにキリッとした“かえし(醤油ダレ)”が全体をうまく調和した品のある味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4902881484985
原材料名

スープ(ポークエキス、豚脂、香味調味料、しょうゆ、植物油脂、食塩、香味油、糖類、香辛料、たん白加水分解物)、めん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩、乳たん白)、かやく(チャーシュー、メンマ、ねぎ)/加工デンプン、増粘多糖類、酒精、調味料(アミノ酸等)、ソルビット、炭酸カルシウム、カラメル色素、乳化剤、卵殻カルシウム、酸味料、香料、カロチノイド色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に卵・乳成分・小麦・大豆・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (138g) 当たり]
熱量507kcal
たんぱく質12.4g
脂質22.6g
炭水化物65.7g
糖質:61.5g
食物繊維:4.2g
食塩相当量8.6g
めん・かやく:2.7g
スープ:5.9g
ビタミンB10.30mg
ビタミンB20.37mg
カルシウム914mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り豚骨だれ、特製ポークオイル、かやく、山椒フレーバーオイルといった4つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの4パックとなっていて、特にスープを再現する“豚骨だれ”と特製ポークオイルはそこまでドロッとした状態ではありませんでしたが、豚骨の旨味がたっぷりと凝縮されていると思われますので、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

ちなみに調理方法としては…まず特製ポークオイルを加えて“とろみ”が付くまで混ぜ、その後“豚骨だれ”を加えて全体を馴染ませて完成となります!(“山椒フレーバーオイル”は後の味変用にとっておいてください。)

また、麺はご覧の通り丸刃の中太麺が採用されており、小麦が香るノンフライ麺ということで湯戻りする前からすでにもっちりとした弾力やほどよいコシを表現していることが伝わり、濃厚感に際立った“とろみ”のある濃密な豚骨スープとしっかりと絡むことで旨味溢れる豚本来の味わいがたっぷりと楽しめそうです!

調理してみた

ではまず先ほどの“かやく”を加えてみます!

そしてこの“かやく”には…

  • チャーシュー
  • メンマ
  • ねぎ

が入っています。

非常にシンプルな具材が各種使用されているようで、チャーシューは薄くカットされているものの…今のところ脂身を含むジューシーな感じがしますね!

続いて熱湯を注ぎ4分待ちます。(必要なお湯の目安量:430ml)
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの中太麺にほどよい弾力とコシが加わったことでノンフライ麺らしい本格感のある食感に仕上がり、まだ“豚骨だれ”と特製ポークオイルを加える前の状態ではありますが…名店が作り出す濃厚・こってり、しかし“くどさ”のないバランスが心地良い超濃密な豚骨スープを再現、まさに素材の旨味を存分に活かした上質な一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの特製ポークオイルを加えていきます!
すると…まずはポークエキスや豚頭エキス、ラードなどを凝縮させたオイルがたっぷりと出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

ご覧の通りこの特製ポークオイルは表面に浮かんだ状態となっており、凝縮された豚の旨味がしっかりと溶け込んでいるようです!(まずはこの状態でしっかりと混ぜていきます。)

そして上記の特製ポークオイルが全体に馴染んだら続いて“豚骨だれ”を加えていきます!こちらには豚骨の旨味を活かすためになるべくシンプルにしたという“かえし(醤油ダレ)”を含むドロッとしたタレがたっぷりと出てきますので、こちらも同じくしっかりと絞り込んで入れていきましょう!

そしてこちらの同じくスープ表面に留まった状態で、超濃密な豚骨スープにちょうど良いアクセントが加わっているようにも感じられ、個人的にも豚骨系のテイストはほどよい濃厚感とキレの良さがあった方が好みですので、後はお好みによっては豚骨スープと相性の良い“おろしにんにく”辺りを加えてみても良いかもしれませんね!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…粘度が高いわけではなく、ほんのりとした“とろみ”が付き、見るからにコク深く濃厚な豚骨スープとなっていて、白濁とした乳化感もありつつ“かえし(醤油ダレ)”の色味がバランス良くマッチしているようです!

そして豚骨の旨味は非常に丁寧に凝縮されているようで…脂っこさなどのギトギト感は一切なく、超濃厚でクリーミーでありながらも後味の良さにも拘ったことで最後まで飽きることもなく、そもそも味が濃いめに仕上がっているようでしたので、残ったスープに追い飯してみても良いでしょう!

また、具材に使用されているチャーシューやメンマからも良い旨味が滲み出しているように感じられ、しっかりと全体を混ぜながら食べ進めていくと、より一層豚骨の旨味も際立っていき、それと同時に満足度も増していく…そんなカップ麺ながらも臨場感の高い味わいがたっぷりと楽しめる名店ならではの贅沢な一杯といったところ!

ちなみに豚骨臭は一切ありません!むしろ“かえし(醤油ダレ)”の芳醇な香りの方が強いくらいで、この辺りに関してもじっくり丁寧に炊き出した豚骨の旨味だけに拘ったスープであることが伝わってきますね!しかも“中華蕎麦とみ田”監修のカップ麺と言えば…これまでもいくつものフレーバーが登場してきたんですが、もしかすると豚骨は初じゃないですかね?魚介豚骨で定評のある名店ですから、松戸本店でしか味わえない超濃密なスープは期待値もかなり上がります!

食べてみた感想

一口食べてみると…超濃厚ですね!臭みのない上品な豚骨の旨味がこれでもかというほど凝縮されており、単純に“とろみ”を付けただけでなく素材本来の美味しさがしっかりと伝わってきます!そしてもちろん豚骨だけだとスープが成り立ちませんから、“かえし”として使用されている醤油ダレが全体をうまく調和し、キリッとした口当たりによって最後まで飽きることもなく、やはり名店“中華蕎麦とみ田”らしい手の込んだ仕上がりが印象的で、もっちりとした弾力のある中太麺とも絶妙にマッチしています!

そしてなんと言っても今回の“純粋豚骨らぁめん”には超濃密というだけあって“とろみ”が付いていますから…そもそも麺との絡みが非常に良く、一口ずつに感じられる旨味は一際大きく、お店さながらの美味しさが気軽に楽しめることに間違いありません!

ただ、強いて言えば…若干シンプルな仕上がりに感じられるかもしれませんね!もちろんそれは豚骨の旨味を前面に押し出したことによるものなんでしょうけど、非常に丁寧な豚骨スープなので逆にクセがなく、品のある印象が強いので、お好みによっては“おろしにんにく”辺りをちょい足ししてアレンジしてみても良いでしょう!

…ということで半分ほど食べ進めた辺りで味変用の“山椒フレーバーオイル”を加えてみます!こちらは無色透明な油分となっていて、そこまで量は多くないんですが、爽やかな山椒ならではの風味が一気に広がっていき、先ほどまでの豚骨スープとは打って変わってひと味違った味わいが楽しめそうです!(こちらは若干クセがありますので、気になる方は少しずつ加えてみてください。)

ご覧の通りこの“山椒フレーバーオイル”は油分としてもコクを引き立てているようで、爽やかな山椒の風味付けだけでなく全体の旨味も考慮されているようです!そしてこちらをしっかりと混ぜていただいてみると…山椒ならではの痺れとまではいきませんが、ちょっとしたアクセントが加わったことで先ほどまでとは全く違った美味しさがありますね!これはこれでありです!

麺について

麺は、ご覧の通り丸刃の中太麺が採用され、もっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備え、密度感の高いずしっとした麺によって思ったよりボリューム感があり、ノンフライ仕様として小麦が香る風味豊かな仕上がりとなっています!

そんな麺には…大量のポークエキスや豚頭エキス、ラードを加えたことによって豚の旨味や甘みを凝縮させた超濃密豚骨スープがよく絡み、一口ずつにコク深くまろやかな豚骨本来の旨味や“かえし”として合わせた醤油ダレのキリッとした口当たりなどが口いっぱいに広がっていき、ほんのり香る醤油の芳醇とも言える風味が後味良く抜けていきます!…というか、このスープは豚骨の旨味に拘り抜いたことでコク深さやまろやかさに際立っているんですが、醤油ダレによるメリハリが心地良いですね!(“豚骨だれ”は重みもあって容器底に溜まっているかもしれませんので、しっかりと混ぜながら味わってみてください。)

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのチャーシューが入っていて、脂身を含んだジューシーな仕上がりではあるんですが…やはり薄くカットされたことで若干チープな印象は否めません。。ただ、じっくりと味わってみると、ほどよい味付けが施された肉の旨味がじゅわっと滲み出す仕上がり具合となっていましたので、単体で味わうのではなく、全体をしっかりと混ぜながら食べ進め、後ほど中太麺と一緒に絡めていただくと…より一層肉の旨味が引き立って楽しめるかと思われます!

また、こちらのメンマは大きめなサイズで使用されている数に関しても申し分なく、メンマならではの味付けはもちろん、コリコリとした食感が心地良く、素材本来の味わいなんかもしっかりと感じられ、今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されていて、やや小さめにカットされたことでシャキシャキとまではいかないものの…ちょうど良い薬味にもなったことで今回の超濃密な豚骨スープの美味しさを引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りポークエキスをたっぷりと利かせたことでコク深くまろやかな舌触りが印象的で臭みや豚骨独特のクセなどは一切なく、旨味だけが凝縮されたことによって“とろみ”が付くほど超濃密な豚骨スープに仕立て上げ、そこに“かえし(醤油ダレ)”がバランス良く調和したことで思ったよりメリハリがあり、名店“中華蕎麦とみ田”らしい手の込んだ拘りの味わいがたっぷりと楽しめる贅沢仕様の一杯となっています!

そのため旨味としては申し分なく濃厚な仕上がりではあるんですが、変に“くどさ”といった感じも一切なく、キリッとしたシャープな口当たりと絶妙にマッチし、全体としてはお店なさがらの美味しさがカップ麺として気軽に楽しめる…そんな臨場感の高い味わいがたっぷりと楽しめることと思われます!ただ、デフォルトだと若干単調にも感じられるかもしれませんので、半分ほど味わった時点で別添されている“山椒フレーバーオイル”で味変してみると良いでしょう!

また、この“山椒フレーバーオイル”に関しては…爽やかな風味だけでなく、ちょうど良い油分が加わったことでさらにコク深さが際立ち、味変することでひと味違った美味しさが楽しめるため、まずは豚骨本来の味わいをじっくりと堪能し、その後味変でアクセントを付けたフレーバーをじっくりと味わってみると一気に世界観が変わります!

それくらいこの山椒の風味は良い意味で若干クセがあり、豚骨スープとの相性の良さには驚かされますね!そしてそもそもこの豚骨も独特の臭みや脂っこさなどもありませんから、超濃厚な仕上がりでありながらも…品のあるまろやかさが印象的で、スープだけで塩分5.9gですが、ついついスープが止まらなくなってしまいますね。。

このように、今回の“中華蕎麦とみ田 純粋豚骨らぁめん”は、松戸本店でしか味わえない“らぁめん(濃厚純粋豚骨)”の味わいを店主“富田”氏監修によってカップ麺に再現し、ポークエキスや豚頭エキス、ラードを加えたことで豚の旨味が凝縮され、超濃密な豚骨スープながらも変なクセや臭みのない品のある味わいが印象的で、そこに“かえし(醤油ダレ)”が絶妙にマッチしたことによって全体のバランスは非常に良く、名店らしい繊細な美味しさがカップ麺として再現された満足度の高い一杯となっていたため、お好みによっては豚骨スープと相性の良い“おろしにんにく”辺りをちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「中華蕎麦とみ田 純粋豚骨らぁめん」を食べてみて、千葉県松戸市に本店を置く超有名人気店“中華蕎麦とみ田”の本店でしか味わえない人気メニュー“らぁめん(濃厚純粋豚骨)”の味わいをカップ麺に再現した一杯は、とにかく豚骨の旨味に拘り、大量のポークエキスやラードなどをバランス良く合わせたことで超濃密な豚骨スープに仕上がり、そこに醤油ダレがちょうど良いキレの良さ・後味の良さを引き立てたことで最後まで飽きることなく豚骨本来の美味しさが堪能でき、さらに別添されている“山椒フレーバーオイル”を加えることによってひと味違った味変なんかも楽しめる満足度の高い一杯となっていました!

やはり名店“中華蕎麦とみ田”が手掛ける商品はカップ麺と言えどもスープの質・クオリティが高いですね!いつもは魚介豚骨として広く知られていますが、この“濃厚純粋豚骨”も非常に臨場感が高かったため、今後の商品展開なんかも気になるところではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!