カップヌードル 三代目謎肉祭 食べてみました!
カップ麺

日清焼そばU.F.O.大盛 炙りチャーシュー油そば 食べてみました!豚の旨味を利かせた濃厚醤油ダレが美味い油そば!

日清焼そばU.F.O.大盛 炙りチャーシュー油そば 食べてみました!豚の旨味を利かせた濃厚醤油ダレが美味い油そば!

2018年7月9日に日清食品から発売の「日清焼そばU.F.O.大盛 炙りチャーシュー油そば」を食べてみました。

この商品は、お馴染み“U.F.O.”の新商品ということで、今回は焼そばではなく油そばに仕上がった一杯で、炙りチャーシューや濃厚な醤油ダレによる強い食べ応えを表現した“炙りチャーシュー油そば”となっております!

ご覧の通り、パッケージには“濃厚醤油ダレが絡む!”と記載されているように、今回の一杯はU.F.O.らしい濃い味わいに仕上がっているようで、豚の旨みをベースにした濃厚なタレとなっているようです!

それ以外にも、胡椒やごま油が加えられたことによって、タレはより味わい深く、さらにキレを際立たせたことによって、油そばに強い食べ応えとともに、最後まで飽きの来ないアクセントが加えられた濃厚醤油ダレとなっているようです!

実際に食べてみましたが、強い弾力とコシが表現された中太麺には、U.F.O.らしい濃い醤油ダレがよく絡み、油そばのこってりさと香辛料がバランス良く仕上がったことで、非常に力強い一杯となっていました!

では、今回はこの「日清焼そばU.F.O.大盛 炙りチャーシュー油そば」についてレビューしてみたいと思います。

日清焼そばU.F.O.大盛 炙りチャーシュー油そばについて

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“U.F.O.”の新商品ということで、今回は豚の旨みをベースにした濃い醤油ダレが特徴的な“炙りチャーシュー油そば”となっています。

そして、今回の一杯は濃厚な醤油ダレだけではなく、ご覧の通り“炙りチャーシュー”が入ったことで食べ応えもより強く、また炙ったことによる香ばしさが食欲そそる一杯となっています!これは仕上がりが気になりますね。。

ちなみに、U.F.O.の油そばと言えば、以前ご紹介したこちらの商品もありましたが、今回は“こってり”というよりも“濃い”といったタレが表現されているようなので、より本格的とも思える仕上がりを期待してしまいます!

あわせて読みたい
日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2キムチマヨ食べてみました!意外と辛い濃厚油そば!
日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2キムチマヨ食べてみました!意外と辛い濃厚油そば!2017年7月24日に日清食品から発売された「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2キムチマヨ」を食べてみました! 今回はU...

カロリー・原材料について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り778kcalとなっております。(塩分は7.0g)

今回のU.F.O.は、大盛り仕様の麺130gとなっていて、さらに濃厚醤油ダレに炙りチャーシューの組み合わせということもあって、カロリー・塩分ともにかなり高めとなっているようですね!

では原材料も見てみます。

タレには、植物油脂や豚脂をはじめ…

  • 香辛料
  • ポークエキス
  • 香味油
  • 香味調味料
  • メンマパウダー

といった、豚の旨みをベースに、油そばらしく味わい深く仕上がった食べ応えのあるタレを想像させる材料が並びます。

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り油そばのタレと記載された調味料がひとつ入っています。

そして、こちらが今回130gの大盛り仕様となった中太麺となっています!

ほんのりと色が付いているようにも見えますが、こちら新たに開発されたようで、油そばにもぴったりな弾力と強いコシを想像させる仕様のようですね!

その麺の裏には…

  • 味付豚肉
  • キャベツ

がすでに入っています。
具材はいたってシンプルなようです!

調理してみた

では、熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりにしっかりと湯切りをして、先ほどの油そばのタレを入れたところがこちら!

タレは調理中にフタの上で温めておいたため、さらっとした状態ではありますが、しっかりと豚の脂を含んだことで、濃厚な醤油ダレに仕上がっていることが伝わってきます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通り、しっかりと豚脂が味わい深さを表現したと思われる醤油ダレは、U.F.O.らしい濃い味に仕上がっているようです!

比較的、タレはサラッとしたものなので、太麺にもすぐに馴染んでいきますね!

油そばらしく麺にはつやのある豚の旨みがコーティングされ、強い食べ応えとともに、炙りチャーシューのほんのりと香ばしくも感じられる風味が食欲そそる仕上がりとなっています!

この仕上がりからは、単純にこってり濃厚な醤油ダレではなく、旨みと濃さといったバランスの良い油そばのタレを想像させますね!

食べてみた感想

一口食べてみると…醤油の濃い口当たりには、しっかりと豚脂によるこってりさがほどよく表現され、炙りチャーシューの香ばしさなどの風味もまた後味良いですね!

そして、もちろん濃厚ではあるんですが、タレに豚の旨みが利いているため、非常に満足感の高い食べ応えを感じさせます!

さらに、胡椒がプラスされたことによって、濃い油そばのタレが締まって感じられるため、意外とすっきりとした印象の味わいとも言えます!

麺について

麺は、弾力のあるコシが特徴的な中太麺となっていて、噛み心地・歯切れともに良い麺となっているようです!

そして、この中太麺には豚の旨みをベースにした濃い醤油ダレがしっかりと絡み、中太麺ならではのすすり心地の良さによって、炙りチャーシューやほんのりと感じるごま油の風味が引き立って感じられます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの炙りチャーシューが入っているんですが、こちらは“炙り”というだけあって、表面にはほんのりと焦げ目が確認できる手の込んだ仕上がりとなっています!

そして、噛み応えの良い具材として風味・旨みともに美味しく仕上がっていますね!
今回のような豚の旨みを利かせた濃い醤油ダレにもぴったりです!

また、その数も特に少ないわけではないので、この具材に関しても満足度が高いのではないでしょうか?

そして、こちらのキャベツは今回の一杯に対して唯一あっさりにも感じられる具材となっていて、ほどよい食感の良さがまた良いアクセントとなっているようです!

タレについて

タレは、先ほどもお伝えしたように豚の旨みがベースとなった濃い目の醤油ダレとなっていて、パンチもありながらも胡椒や、豚脂と醤油のバランスによって飽きの来ない力強いタレとなっています!

そんな旨み・風味が味濃く仕上がった醤油ダレが中太麺にしっかりと絡むことで、強いコシにぴったりな強い食べ応えを感じさせます!

さらに、ねぎの風味なんかも良いアクセントとなっているとのことで、濃い目のタレに香る食べ飽きない心地よい風味が特徴的です!

まとめ

今回は「日清焼そばU.F.O.大盛 炙りチャーシュー油そば」を食べてみましたが、まったりすることなく豚の旨みが力強く濃い醤油ダレに表現された味わいは、U.F.O.らしく、かつ油そばらしい濃い目のタレが美味しく表現され、さらにごま油や胡椒がプラスされたことによって、味わい深さとキレが際立つ美味い一杯となっていました!

そして、麺の量130gということもあって、特にがっつり食べたい時なんかにおすすめの一杯ではないでしょうか?

気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です