焼そばU.F.O.

日清焼そばU.F.O. 肉あんかけ焼そば!肉の旨味に黒胡椒を合わせたパンチのある一杯

日清焼そばU.F.O. 肉あんかけ焼そば

日清焼そばU.F.O. 肉あんかけ焼そば」を食べてみました。(2020年9月7日発売・日清食品)

この商品は、お馴染み“日清焼そばU.F.O.”シリーズの新商品ということで、今回は2017年から秋冬向けに発売している“湯切りなし焼そば”シリーズのとろっとした“あん”がたっぷり楽しめる旨味たっぷり“あんだく”な一杯が登場です!

それも…専門店まであるという“肉あんかけ”を“日清焼そばU.F.O.”流にアレンジ、醤油をベースにキレの良さ・パンチのある口当りを際立たせる黒胡椒をしっかりと利かせたがっつり系の“肉あんかけ”がシリーズらしい歯切れの良いコシのある中太ウェーブ麺によく絡む満足度の高い一杯、“日清焼そばU.F.O. 肉あんかけ焼そば”となっております。(税抜き193円)

この力強い文字、そして「肉」が特に大きく記載されている辺りからも…しっかりと肉の旨味を利かせ、こってり感を黒胡椒でうまく調和させた食べ応えのある仕上がりがよーく伝わってきます!

また、醤油味の“あんかけ”に黒胡椒のパンチの利いた仕上がりだけでなく、“肉あんかけ焼そば”というだけあって、具材には“味付肉そぼろ”や味付豚ミンチが豊富に使用されており、肉の旨味が凝縮されたことによって濃厚感を演出、それによって旨味溢れるトロッとした“あんかけ”がコシの強い中太麺とともにたっぷりと楽しむことができ、これまでもこの“日清焼そばU.F.O.”の“あんかけ”シリーズは“とろみ”が非常にクオリティ高く、しかも美味しく仕上がっていますからね!今回もかなり期待できるのではないでしょうか?

ご覧の通り、今回は“湯切りなし焼そば”シリーズということもあって、パッケージには湯切り口が搭載されていないこと・“湯切りなし”といったことがしっかりと記載されています!

一方こちらには、“とろっとあんたっぷり あんだく!”と記載され、その背景には文字通り“あんかけ”特有の“とろみ”を付け、さらに肉の旨味が凝縮された仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…味付肉そぼろ・味付豚ミンチ・キャベツが使用されているようです!

そして上記の通り特徴としては醤油をベースに黒胡椒を利かせたパンチのあるテイストではあるんですが…原材料にも記載されているように豚脂やポーク調味料なんかも使用されており、すでに肉の旨味がしっかりとコク深く濃厚とも言える味わいを表現し、さらにこの豊富に使用された肉類の具材が旨味を引き立てているようですね!これはかなりメリハリのあるテイストをイメージさせます!

他にも特徴として…麺はシリーズお馴染みのコシのある食べ応え抜群な中太ウェーブ麺が採用されており、トロットロな“肉あんかけ”がしっかりと絡むことで濃厚な味わいが口いっぱいに広がっていき、さらに黒胡椒がガツンとしたパンチのある口当りを感じさせ、まさにキレ・コクがバランス良く表現された“あんかけ”ならではの濃厚な一杯が最後まで飽きることなく思う存分たっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

旨味が凝縮されたコク深くトロッとした仕上がりの“あんかけ”には、肉の旨味がちょうど良い濃厚感で決して脂っこさや“くどさ”を感じさせることもなく、なんと言っても黒胡椒ならではのピリッとした辛みがキレ・後味の良さを際立たせ、この香辛料が全体のバランスをうまく調和しているようで、シリーズならではの歯切れの良い中太ウェーブ麺とも相性良く馴染んだ満足度の高い一杯となっていました!
これは特に、これまで発売されてきた“湯切りなし焼そば”シリーズが好みの方はもちろん、肉の旨味をしっかりと利かせた“あんかけ”を食べ応えのある麺とともにたっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は“肉あんかけ”を“日清焼そばU.F.O.”流にアレンジした醤油ベースに黒胡椒をたっぷりと利かせた味わい深い“あん”がシリーズお馴染みの中太ウェーブ麺に絡むクオリティの高い一杯、「日清焼そばU.F.O. 肉あんかけ焼そば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日清焼そばU.F.O. 肉あんかけ焼そば

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“日清焼そばU.F.O.”の中でも湯切りなしで楽しむ“あんかけ”シリーズの新商品ということで、肉の旨味を利かせた醤油味の“あんかけ”にたっぷりと黒胡椒を加えたことによってキレ・後味の良いテイストに仕上げ、歯切れの良い中太麺にほどよいウェーブを付けたことによって“あんかけ”が絡みやすく、濃厚とも言える旨味がたっぷりと楽しめるカップ麺ながらも非常にクオリティの高い一杯、“日清焼そばU.F.O. 肉あんかけ焼そば”となっています。

ちなみにこの“日清焼そばU.F.O.”は、1976年から発売されている“カップ焼そば”カテゴリーでNo.1の売上を誇るロングセラーブランドです!
※インテージSRIカップインスタント麺市場 焼そばカテゴリー 2019年1月〜12月、累計販売金額(全国、全業態)

また、にこの“日清焼そばU.F.O.”の“湯切りなし”シリーズには以下のような商品が発売されており2019年は“五目あんかけ風焼そば”のリニューアルだけでしたので、今回の“肉あんかけ焼そば”はかなり久しぶりの新フレーバーということになります。

特にこのシリーズの“あん”の仕上がりは素晴らしく、熱湯5分後に湯切りすることなく約1分ほどよーく混ぜていくと…不思議とトロットロな“あんかけ”になるんですよね!この辺りに関してはこれまで発売されてきた“湯切りなし焼そば”シリーズが非常にクオリティ高く、個人的にもかなり好みのシリーズですので、今回も肉の旨味がたっぷりと楽しめる一杯に間違いないでしょう!

それでは、今回の“日清焼そばU.F.O. 肉あんかけ焼そば”がどれほど肉の旨味を利かせたコク深くキレの良い仕上がりとなっているのか?パンチのある黒胡椒による後味の良さとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても歯切れの良い強いコシと“肉あんかけ”がしっかりと絡むウェーブを付けた中太麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り545kcalとなっております。(塩分は5.8g)

カロリーは、肉の旨味を利かせたコク深く濃厚な“肉あんかけ”の味わいを表現したということもあって割と高めな数値のようですが、一方で塩分は平均的といったところでしょうか?
ちなみに1食当たり113g、麺の量は85gとのこと。

また、今回の“肉あんかけ焼そば”は湯切りなしとは言っても肉の旨味を利かせた“あんかけ”がたっぷりと使用されていますからね!このカロリーを見てもわかるように…かなり満足度の高い一杯をイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、豚脂や食塩をはじめ…

  • 植物油脂
  • 香辛料
  • ポーク調味料
  • 粉末しょうゆ

といった、肉の旨味を利かせた醤油ベースの“あんかけ”に黒胡椒をたっぷりと合わせたことによって濃厚でありながらも後味すっきりとしたコク深く満足度の高い味わいを想像させる材料がシンプルに並びます。

JANコード4902105264089
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ、植物性たん白、香辛料、大豆食物繊維)、スープ(豚脂、糖類、食塩、植物油脂、香辛料、ポーク調味料、粉末しょうゆ、酵母エキス)、かやく(味付肉そぼろ、味付豚ミンチ、キャベツ)/増粘剤(加工でん粉、キサンタンガム)、調味料(アミノ酸等)、加工でん粉、カラメル色素、かんすい、炭酸Ca、香料、セルロース、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、乳化剤、炭酸Mg、ビタミンB2、ビタミンB1、くん液、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (113g) 当たり]
熱量545kcal
たんぱく質10.5g
脂質27.0g
炭水化物65.1g
食塩相当量5.8g
ビタミンB10.38mg
ビタミンB20.48mg
カルシウム133mg

引用元:日清焼そばU.F.O. 肉あんかけ焼そば | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“粉末スープ”、“とろみの素”といった2つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特にトロッとした“あんかけ”を作るための“とろみの素”に関しては、さらっとした状態ではありましたが、こちらにも記載されている通り調理中はしっかりとフタの上で温めておきましょう!

また、麺はご覧の通り“日清焼そばU.F.O.”シリーズでは中太ストレート麺が通例となっているんですが、稀にフレーバーによっては今回のようにウェーブを付けたものが採用されており、それによってトロッとした“肉あんかけ”がしっかりと麺に絡むことで、旨味溢れる濃厚な味わいがたっぷりと楽しめる一杯に期待できそうです!

さらに、その中太麺の裏には具材として…

  • 味付肉そぼろ
  • 味付豚ミンチ
  • キャベツ

がすでに入っています。

この肉類の具材が2種類使用されている辺りはかなり好印象といったところで、豚脂など肉の旨味を利かせた“あんかけ”をさらに美味しく引き立てているようにも感じられます!

調理してみた

ちなみにこちらには“おいしく作るためのお願い”といった調理方法が記載されており、特にスープを入れた後はしっかりと混ぜるのはもちろん、“とろみ”がつくまで1分程度混ぜるとのことでしたので、なかなかすぐには旨味溢れる“肉あんかけ”は完成しませんが…“とろみ”が付くまでよーく混ぜていきましょう!

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:310ml)
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの中太ウェーブ麺にもっちりとした弾力やほどよいコシが加わり、思ったよりもしっかりとした食べ応えなんかも楽しめそうな“あんだく”な一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“とろみの素”を加えていきます!
すると…恐らく原材料にも記載されていた通り“でん粉”などの材料が含まれていると思われ、意外と量も多いので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

続いて粉末スープも加えていきます!
こちらには黒胡椒と思われる香辛料などがたっぷりと含まれているようで、一気に胡椒ならではの風味が広がっていき、食欲を掻き立てていきます!!

そして、ご覧の通り使用されている調味料などは割と多く、これを見る限り“とろみの素”の方にも豚脂やポーク調味料など肉の旨味なんかも含まれているようにも感じられますね!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
パッケージにも記載されていた通り最初は非常にシャバシャバとした状態で、これで本当に“あんかけ”になるのかどうか不安になるほどなんですが…しっかりと混ぜていくに連れて見た目からも食欲そそるトロットロな“肉あんかけ”となります!

こうして完成となるわけですが、この麺の底にはたっぷりと旨味が凝縮された“肉あんかけ”が仕上がっていて、麺の仕様も中太ウェーブ麺ですから、この“あんかけ”がしっかりと絡むことによって一口ずつに感じられる旨味は一際満足度も高く、カップ麺ながらも非常にクオリティの高い味わいがたっぷりと楽しめそうです!

また、この“味付肉そぼろ”、味付豚ミンチといった2種類の肉の具材が使用されたことによってトロットロな“肉あんかけ”の旨味なんかも食べ進めていくに連れて際立っていき、黒胡椒もたっぷりと利いていますから、最後まで飽きの来ないバランスの良い味わいに仕上がっているように感じられます!

食べてみた感想

一口食べてみると…当初“肉あんかけ”と聞いてもピンと来なかったんですが、“くどさ”のない肉の旨味がしっかりと利き、“とろみ”を付けた“あんかけ”によって厚みのある旨味にも感じられ、それによって濃厚な味わいにも感じられるんですが、黒胡椒がちょうど良いメリハリとなったことで全く飽きが来るようなテイストではなく、むしろがっつりと肉の旨味が楽しめるクオリティの高い一杯となっています!

…というかやはり“日清焼そばU.F.O.”の“湯切りなし焼そば”シリーズはどれも間違いありませんね!この“とろみ”の付け方はもちろん、旨味が凝縮された上に適度な香辛料、これらのバランスが非常に秀逸で濃厚ではありますが、こってりとした印象もありませんから、かなり幅広い層に好まれるテイストと言えるのではないでしょうか?

ただ強いて言うなら…個人的にはもう少しキレの良い塩気が欲しかったようにも感じられたため、お好みによっては塩胡椒をちょい足しして味を調整してみても良いかもしれません!

麺について

麺は、ご覧の通りいつもの“日清焼そばU.F.O.”で使用されている丸刃仕様の中太ストレート麺とは若干異なり、角刃にも見えるコシの強いウェーブ麺となっていて、ほどよい弾力と歯切れの良い強いコシを兼ね備えた食べ応え抜群な仕上がりとなっています!

そんな中太麺には…肉の旨味をたっぷりと利かせたトロットロの“肉あんかけ”がよく絡み、一口ずつに“あん”によって分厚い旨味となったクセのない肉の味わいが口いっぱいに広がっていき、黒胡椒ならではのキリッとした辛みや独特の風味が後味良く抜けていきます!ただ、“とろみ”を付けるために1分ほど混ぜるため、通常調理時間5分となっていますが、その辺も考慮すると4分弱程度でも十分かもしれません!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚ミンチが入っていて、もはや日清食品ではお馴染みとも言える具材で、じっくりと味わってみると…ほどよい柔らかさとともにじゅわっと肉の旨味が滲み出てくる美味しい具材となっていましたので、濃厚な“肉あんかけ”や麺と一緒に絡めていただくと…より一層旨味が増して楽しめるかと思われます!

また、今回の“肉あんかけ焼そば”には、こちらの“味付肉そぼろ”なんかも使用されており、こちらもまた肉の旨味がしっかりと感じられる仕上がり具合となっていたため、上記の“味付豚ミンチ”とともに食べはじめは麺の底に沈めておき、しっかりと旨味を引き立ててもらうと良いでしょう!

他にもキャベツなんかも使用されていて、今回の“肉あんかけ焼そば”のテイストに対して彩りも良く、ちょうど良い食感としてのアクセントがプラスされていているようです!

“肉あんかけ”について

“肉あんかけ”は、先ほどもお伝えした通り肉の旨味をしっかりと利かせたコク深い仕上がりとなっていて、ちょうど良い“とろみ”が厚みをプラス、特に変なクセや脂っこさなんかも全くなく、黒胡椒とのちょうど良いバランスによってキレ・コクがうまく調和された旨味溢れる味わいが表現されています!!

また、食べはじめによーく混ぜていくことによって“とろみ”がしっかりと付き、カップ麺とは思えないほどのクオリティに仕上がり、肉の旨味と後味の良さを際立たせる黒胡椒との組み合わせは…ついつい箸が進みますね。。

しかも食べ進めていっても麺が“あんかけ”を吸ってしまうこともなく、たっぷりとこの“肉あんかけ”を絡めていただくことによって一口ずつに感じられる満足度は高く、やはりポイントとしては、この旨味が凝縮された“肉あんかけ”をたっぷりと絡めるようにしていただくと良いでしょう!

このように、今回の“日清焼そばU.F.O. 肉あんかけ焼そば”は、肉の旨味を利かせた“とろみ”のある“あんかけ”に仕上がり、そこに肉類の具材を2種類も使用したことで食べ進めていくに連れて旨味も増していき、コク深くガツンとした味わいがたっぷりと楽しめる一杯となっていたため、お好みによっては塩胡椒といった香辛料をちょい足しして味の調整をしてみても良いでしょう!

まとめ

今回「日清焼そばU.F.O. 肉あんかけ焼そば」を食べてみて、肉の旨味がたっぷりと楽しめる“肉あんかけ”を黒胡椒と合わせたことによってキレ・コクのバランスが非常に良く、なんと言ってもクオリティの高い“とろみ”が旨味を際立たせ、歯切れの良い中太ウェーブ麺にしっかりと絡むことで、“あんかけ”ならではの厚みのある美味しさがたっぷりと楽しめる満足度の高い仕上がりとなっていました!

やはり“日清焼そばU.F.O.”の“湯切りなし焼そば”シリーズは間違いないですね!肉の旨味はともかく…“とろみ”の仕上がり具合が非常に素晴らしく、このトロッとした“あんかけ”がまた旨味を引き立て、黒胡椒もキリッとした後味をプラスしていましたから、かなり幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!