カップ麺

ウマーメシ メキシカンチリ飯!トマトの酸味とチリの辛みが絶妙にマッチしたスパイシーな一杯

ウマーメシ メキシカンチリ飯

日清ウマーメシ メキシカンチリ飯」を食べてみました。(2021年2月8日発売・日清食品)

この商品は、“味が濃くてウマいものを食べたい”といった欲求に応えるブランド“ウマーメシ”シリーズの第5弾となるカップ飯で、今回は牛脂をベースにトマトの酸味とチリの辛みを利かせたメキシカンな味わいを表現、まさに濃厚×スパイシーなクセになる美味しさがふっくらとしたご飯と楽しめるボリューム感抜群な一杯が登場です!

それも…牛脂の旨味をベースにチリの辛みを利かせた“特製ウマーの素”を加えることによってやみつき感・コクのある濃厚なスープに仕上がり、なんと言ってもトマトとチリが相性良く馴染んだことで雰囲気あるスパイシーかつメキシカンなテイストが楽しむことができ、そこにふっくらとした食感のライスを合わせたことでしっかりと食欲を満たしてくれるボリューム感のある一杯、“日清ウマーメシ メキシカンチリ飯”となっております。(税抜き230円)

ご覧の通りパッケージには黄色を基調にメキシコをイメージさせるサボテンを背景にシリーズ名の“ウマーメシ”といった文言が記載され、さらにカラフルな帽子のソンブレロなどが掲載されたことでまさに陽気な雰囲気とともにチリの辛みとトマトの酸味を合わせた中毒性の高い美味しさがよーく伝わってきますね!

ウマーメシ メキシカンチリ飯 パッケージ

一方こちらには牛脂をベースにトマトの酸味やチリの辛みをしっかりと利かせたことで、食欲そそる赤みを帯びたスープがふっくらとしたライスに絡む寒いこの時期にもぴったりな汗を誘う仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…味付肉そぼろ・赤唐辛子が使用されているようです!…というか、見るからにシリーズらしい食欲をがっつりと満たす旨辛な感じがします!!

ただ後ほど詳しくご説明しますが、ここには…オニオンやガーリックといった食欲そそる材料なんかも使用されており、コク深くピリッとした辛みの中にもしっかりとした旨味が楽しめる一杯に仕上がっているものと思われます!

そしてその気になる特徴としては…上記のように牛脂をベースにトマトとチリのスパイシーなテイストなんですが…特に牛の臭みや独特な脂っこさといった印象はなく、後味すっきりとしたコク深く濃厚な旨味が申し分なく、さらにお好みで別途チーズを用意して加えることによって、より一層まろやかでコク深い味わいが楽しめるとあって、味変なんかも楽しめる点もまた醍醐味のひとつと言えるでしょう!

また、こちらには“チリの辛味とトマトの酸味がるるるリコぉ(Rico:スペイン語で“美味しい”という意味)”と記載されているように、まさに酸味と辛みがバランス良く凝縮されたスパイス感溢れるスープが食欲そそり、カップライスということもあってこれ一杯でお腹が満たされる満足度の高い仕上がりかと思われます!
※“ウマーメシ”シリーズはこういったガツンとしたテイストがこれまでも登場しています。

さらに、こちら容器側面には…“トマトの酸味とあと引くチリの辛さがクセになる刺激たっぷりのメキシカンなチリ飯です。”と記載されているように、牛脂をベースにトマトやチリの特徴をうまく活かした辛み・酸味が凝縮されたやみつき感のあるメキシカンならではの味わいがカップ飯として楽しめるとのことで、麺とは異なる満腹感にも期待したいところ!

さらに今回の辛さについては…こちらに辛さレベルが記載されており、これによると5段階中「3」とのことで、ほどよい辛さが後引く旨味を際立たせるチリパウダーによる風味豊かな辛さがしっかりと利いているようですね!これはなかなか楽しみなフレーバー!

他にも特徴として…ライスには日清食品のカップ飯シリーズではお馴染みの、お湯かけ5分の簡単調理でも湯戻りの良い“ご飯”が採用されており、それによって牛脂をベースにトマトの酸味とチリの辛みを利かせたスパイシーな旨辛スープとともに芯がありつつ表面ふっくらとした食感のライスが最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

牛と聞くと…若干脂っこくクセのあるイメージなんかもあるかもしれませんが、今回の“メキシカンチリメシ”に関しては全くと言っていいほどクセ・脂っこさなどはなく、チリペッパーのキリッとしたシャープな口当たりと後味が非常に良く、さらにトマトの酸味がちょうど良く利いたことで…まさにメキシカンな雰囲気を表現、それによってシンプルながらもメリハリのある中毒性の高い旨味溢れるテイストに仕上がっていました!
これは特に、トマトの酸味とチリペッパーの辛みを合わせたメキシカンな味わい表現した旨辛スープに食感の良いライスを合わせた後引く旨味・辛みがクセになるスパイシーな一杯をがっつりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はピリッとした辛みとトマトの酸味が相性良く馴染み、牛脂の旨味がコク深さを引き立てるメキシカンチリの味わいを“日清ウマーメシ”流にアレンジした中毒性の高いボリューム感のある一杯、「日清ウマーメシ メキシカンチリ飯」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日清ウマーメシ メキシカンチリ飯

今回ご紹介するカップライスは、もはやお馴染み日清食品が商品展開する“ウマーメシ”第5弾として登場したもので、牛脂の旨味をベースに爽やかなトマトの酸味やピリッとしたチリパウダーの辛みが加わったことによってスパイシーなやみつき感のあるメキシカンチリといったテイストに仕上がり、そこにふっくらとした食感のライスを合わせた食べ応え抜群な一杯、“日清ウマーメシ メキシカンチリ飯”となっています。

ご覧の通りフタの上に別添されている調味料を剥がしてみると…こちらにも容器側面と同じく“ウマーメシ”シリーズのロゴや商品名、さらに特徴や仕上がりイメージなどが掲載されています!

特にこのカップライスは当然ですが…“ご飯”が使用されていますから、麺とは違って“これ1個でお腹満足!”というのも納得の一杯ですね!!

ちなみにこの“ウマーメシ”シリーズとしては、これまでも以下のように3商品が登場していて、今回の“ウマーメシ メキシカンチリ飯”は2020年8月以来久しぶりの登場ということで待望の第5弾となっています!

特にこの“ウマーメシ”シリーズはパンチのある濃いめの味わいが特徴ですから、どれも旨味が強くピリッとしたアクセントがクセになる一杯が多く、カップライスの中でも好みの方も多いのではないでしょうか?

また、こちら容器側面にも“チーズ入れても無駄にウマイぜ!”と記載されているように、別途チーズを追加トッピングするとより一層コク深くまろやかで濃厚な味わいが楽しめるとのことで、お好みによっては後ほどの味変用に予め用意しておくと良いでしょう!
※もちろんチーズは別添されていませんので、お好みによって別途用意しましょう。

それでは、今回の“日清ウマーメシ メキシカンチリ飯”がどれほど牛脂やトマトの酸味を利かせた仕上がりとなっているのか?ピリッとしたやみつき感のある辛みを加えるチリペッパーとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもふっくらとした食感が心地良いライスとの相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り415kcalとなっております。(塩分は4.5g)

カロリーは、濃厚なメキシカンチリの味わいをイメージした一杯で、カップライスということもあって、そこまで低い数値というわけではありませんが、一方で塩分はやや低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり103g、ライスの量は75gとのこと。

原材料について

では原材料も見てみます。

“味付けの素”と記載されているスープには、豚脂や食塩をはじめ…

  • 香辛料(オニオン、赤唐辛子、ガーリック、青唐辛子、ペパー、クミン、コリアンダー)
  • でん粉
  • 植物油脂
  • ビーフ調味料
  • トマトパウダー
  • 粉末しょうゆ
  • 牛脂
  • チーズパウダー
  • ポーク調味料

といった、牛脂の旨味をベースにトマトの酸味やチリの辛みだけでなく、食欲そそるガーリックなど実に様々な本格香辛料が使用されており、それによってシリーズらしいやみつき感のあるガツンとした味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4902105946787
原材料名

ライス(米(国産)、乳化油脂、食塩)、味付けの素(豚脂、食塩、香辛料(オニオン、赤唐辛子、ガーリック、青唐辛子、ペパー、クミン、コリアンダー)、でん粉、砂糖、小麦粉、植物油脂、ビーフ調味料、トマトパウダー、粉末しょうゆ、牛脂、麦芽糖、チーズパウダー、ポーク調味料)、味付肉そぼろ、赤唐辛子/調味料(アミノ酸等)、トレハロース、カラメル色素、乳化剤、酸味料、香料、リン酸塩(Na)、セルロース、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、炭酸Ca、カロチノイド色素、シリコーン、(一部に小麦・卵・乳成分・カシューナッツ・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉・りんご・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (103g) 当たり]
熱量415kcal
たんぱく質8.9g
脂質9.7g
炭水化物73.0g
食塩相当量4.5g

引用元:日清ウマーメシ メキシカンチリ飯 | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“特製ウマーの素”と記載された調味料が別添されています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、こちらには原材料にも記載されていた通りチリペッパーだけでなくオニオンやガーリック、クミンやコリアンダーといった雰囲気ある本格香辛料が豊富に含まれており、触ってみた感じからして…割とサラッとした状態でしたので調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます。

また、かやくには…

  • 味付肉そぼろ
  • 赤唐辛子

が入っています。

さらに、ライスはご覧の通り湯戻りの良いふっくらとした食感に仕上がるという日清食品お馴染みの“ご飯”が今回も同じく採用されており、これによって表面のもっちりとした感じや芯のあるリアルな噛み応えが感じられ、食べ進めていってもスープを吸うことなく意外とべちゃっとした感じにならないんですよね!

調理してみた

ではまず、お湯を注ぐだけですが調理してみたいと思います!
ご覧の通り、調理時のコツとも言えるポイントが丁寧に記載されていますね!これによると…

  1. 別添されている“特製ウマーの素”を取り、フタを矢印まではがす。
  2. 熱湯を内側の線までゆっくりと、まんべんなく注ぐ。
  3. フタをして5分待つ。
  4. フタをはがし、“特製ウマーの素”を入れ、よくかきまぜてできあがり。

と、特に注意点などもありませんが、ポイントとしてはライスにお湯が染み込みにくいということもあって、熱湯をゆっくりと注ぐという点と、出来上がりには容器底からしっかりと混ぜるという点でしょう!(ここ重要です。)

ということで熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:250ml)
そして出来上がりがこちら!

ほどよくお湯を吸い、先ほどまでのライスにふっくらとした食感が加わり、ライスとスープがそれぞれ楽しめる刺激的なスパイス感溢れる仕上がりとなっていて、牛脂の利いた濃厚なメキシカンチリならではのトマトの酸味や豊富に使用された本格香辛料が食欲そそる満足度の高い一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“特製ウマーの素”を加えていきます!
すると…牛脂やチリの風味を利かせただけでなく、オニオンやガーリックなどの香味野菜、さらにクミンやコリアンダーといった雰囲気ある風味が食欲そそる赤みを帯びた油分となっていて、非常にサラッとした状態でしたので、しっかりと絞って入れていきましょう!

そして、少量ながらも見た目からして食欲を刺激するのはもちろん、実に様々な香辛料が含まれているようでしたので、まず風味が想像以上に良いですね!まさにメキシカンチリといったイメージにぴったりな本格感のある香りが一気に広がっていきます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
グルグルと粉末スープなどが容器底に溜まっているので、しっかりと混ぜていきます!

こうしてスープが全体に馴染むと…濃厚とは言えかなりサラッとした状態となっていて、チリペッパーや赤唐辛子による辛みが後押ししたことによるキレの良い口当りはもちろん、牛脂の旨味を活かしたメキシカンチリといったコク深く濃厚な味わいを“ウマーメシ”シリーズとしてアレンジしたことによって、スープはスープ、当然ライスもスープを絡めていただき、さらに具材も絡めてチーズも加えて…と、1度に2度3度も違った美味しさが楽しめる満足度の高い一杯に仕上がっているようです!

また、スープに関しては牛脂を利かせてはいるものの…変にクセのある風味ではなく、クミンやコリアンダーなど本格香辛料によってカレーのような雰囲気のスープに仕上がり、そこにトマトの酸味やチリの辛みがバランス良く融合したことによって後引く旨味・辛みが引き立ち、ついつい止まらなくなるテイストとも言える美味しさがよーく伝わってきます!

食べてみた感想

一口食べてみると…やはりクミンやコリアンダーが利いたことで、どことなくカレーのようなテイストにも感じられるわけですが、牛脂によるコク深い旨味が下支えし、そこにトマトの酸味やチリの辛みが相性良く溶け込み、さらにオニオンやガーリックが食欲そそることでまさに“メキシカンチリ”といったイメージ通りの味わいに仕上がっていて、刺激たっぷりのメキシカンな味わいが印象的といったところ!!

そして、トマトの酸味もそこまで主張しているわけではありませんので、ほんのりとした酸味が爽やかに香り、メキシコ料理ならではの雰囲気ある美味しさがしっかりと感じられ、強烈にクセのあるスープというわけでもありませんので、思ったよりも幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

また、気になる辛みの方は5段階中「3」と記載されていましたが、あくまでピリッとした辛み・アクセントを加える程度となっていましたので、お好みによっては唐辛子などの香辛料をさらに加えてみても良いかもしれませんね!

ライスについて

ライスは、ご覧の通り表面はふっくらとした食感ですが、中心にはしっかりとした芯を感じさせる絶妙な仕上がり具合となっていて、もっちり感が非常にリアルな“ご飯”を思わせ、刺激たっぷりなメキシカンなスープにもぴったりな食べ応えを感じさせます!

そんなライスには…牛脂をベースにトマトの酸味やチリペッパーの辛みをバランス良く合わせたことで本格感のある味わいに仕上がり、さらに別添されている“特製ウマーの素”を加えることによってクミンやコリアンダー、赤唐辛子や青唐辛子による風味豊かなで後引く辛さがクセになるスパイシーなスープがよく絡み、一口ずつに刺激的なメキシカンならでは味わいが口いっぱいに広がっていき、豊富に使用されたスパイス感溢れる香辛料の風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“味付け肉そぼろ”が入っていて、“そぼろ”という割にサイズは大きく、じっくりと味わってみると…肉の旨味がじゅわっと滲み出てくる美味しい具材となっていましたので、先にライスを味わうかのように食べ進めていき、“肉そぼろ”をしっかりとスープと馴染ませると、より一層肉の旨味が引き立って楽しめるのではないでしょうか?

また、こちらの赤唐辛子は、粗挽きされた大きめなサイズとなっており、じっくりと味わってみると…しっかりとした辛みを感じる具材としてチリペッパーなどの辛さにちょうど良いアクセントが際立ち、牛脂をベースとした刺激的なメキシカンな旨味も引き立ちますね!(辛さレベル3ですが、そこまで強い辛さではありませんので、後味すっきりと清々しく感じられる程度のものと思われます。)

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り、牛脂をベースにトマトの酸味とチリの辛みをバランス良く合わせたことで刺激的なメキシカンの味わいに仕上げ、そこに別添されている“特製ウマーの素”を加えることによって旨味・辛みがより一層際立ち、本格香辛料によって雰囲気ある香りがプラスされ、思っていた以上に旨味溢れるテイストとなっています!

ただ…クミンやコリアンダーといったカレーらしさを感じさせる香辛料が豊富に使用されているため、若干カレー要素も強く…スパイシー感が際立っているため、個人的にはもう少しトマトの酸味を強く主張していても良かったようにも感じられますね。。

そうすることによって、チリペッパー特有の辛さも合わせて…より一層メキシカンな味わいに際立っていたように思われます!とは言え…全体としては旨味・風味ともに申し分のない後味すっきりとした仕上がりとなっていて、食べ進めていくに連れてスープがドロッとすることなく最後までサラッとした感じが個人的には好印象といったところ!

また、今回はやりませんでしたが…ここに味変としてチーズを加えてまろやかさを際立たせても美味しいとのことでしたので、お好みによってはぜひ試してみて下さい!(恐らく女性層が好みそうなフレーバーに早変わりするような気がします。)

他にも辛さレベルは5段階中「3」にも関わらずそこまでの辛さには感じられませんでしたので、唐辛子などの香辛料を別途追加してみても良いでしょう!

このように、今回の“日清ウマーメシ メキシカンチリ飯”は、牛脂の旨味をベースにトマトの酸味やチリペッパーの辛みを合わせたことで刺激的なメキシカンなテイストをカップライスのスープとして表現、そこに別添されている“特製ウマーの素”を加えることによってクミンやコリアンダーなどの本格香辛料がスパイシーな風味を演出し、まさに酸味と辛さがコク深いスープに溶け込んだ旨味溢れる味わいに引き立てられ、そこにふっくらとした食感のライスがしっかりと食欲を満たしてくれる…満足度の高い一杯となっていたため、お好みによってはここにチーズを加えてまろやかさを際立たせてみたり、香辛料をさらに加えて刺激的な辛さで楽しんでみても良いでしょう!

まとめ

今回「日清ウマーメシ メキシカンチリ飯」を食べてみて、臭みのない牛脂の旨味をベースに刺激的なメキシカンの味わいを表現するには欠かせないトマトの酸味やチリペッパーの辛みがバランス良く調和され、サラッとしているにも関わらずコク深くスパイシーなテイストに仕上がり、まさにメリハリの付いた風味豊かな味わいがふっくらとしたライスとともにたっぷりと楽しむことができ、なんと言っても麺とは違ったボリューム感がありますから、これだけでしっかりと食欲を満たしてくれる満足度の高い一杯となっていました!

また、この“ウマーメシ”も今回で第5弾ということで、じわじわと商品展開してきましたから…まだまだこれからの新たなフレーバーにも期待したいところではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!