和ラー

和ラー 愛媛 鯛ちり風!真鯛エキスに国産真鯛を使用した贅沢仕様の風味豊かな一杯

和ラー 愛媛 鯛ちり風

和ラー 愛媛 鯛ちり風」を食べてみました。(2020年10月5日発売・サンヨー食品)

この商品は、各地域のご当地料理・郷土料理をラーメンにアレンジし“郷土料理ラーメン”として全国に発信するお馴染み“和ラー”シリーズの新商品ということで、今回は愛媛県で愛される“鯛ちり”の味わいをカップ麺にアレンジ・再現した品のある一杯が登場です!

それも…国産真鯛やホタテの旨味をベースに鰹の風味を利かせた醤油味のキレ・後味いの良いスープに仕上げ、そこにサンヨー食品の独自製法による強いコシとずしっとした密度感のある麺を合わせたことで、つるっと滑らかな食感が絶妙にマッチした一杯、“和ラー 愛媛 鯛ちり風”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通り、パッケージには“愛媛 鯛ちり風”といった商品名とともに、“そこにしかないおいしさ”、“新!郷土料理ラーメン”でお馴染み“和ラー”シリーズならではのロゴが表示され、愛媛の名物“鯛”を表現しているのでしょうか?今回はイメージカラー赤を基調にまとめられています!

また、“国産真鯛使用”と記載されているように、今回使用されている鯛の旨味には国産の“鯛”の旨味が配合されているとのことで素材にも拘っているわけですね!!

和ラー 愛媛 鯛ちり風 パッケージ

一方、こちらには国産真鯛や帆立の旨味をたっぷりと利かせた鰹の風味が香り立つ“鯛ちり”の味わいをカップ麺にアレンジ・再現したじんわりと染み渡る仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…かき卵・鯛つみれ・花形かまぼこ・“ねぎ”が使用されているようです!

さらに、“スープに使用している真鯛エキスに国産真鯛を使用しています”とのことで、上記でもお伝えした通りスープに含まれる旨味エキスとして国産真鯛が旨味を引き立てているようですね!

そしてこの“和ラー”シリーズ自体、素材・出汁の旨味を存分に活かしたテイストが多く登場しているということもあって個人的にも好きなシリーズで、ご覧の通り“おすすめの食べ方”として残ったスープに“おにぎり”を入れても当然美味しい一杯でもあります!そんな“和ラー”が愛媛の郷土料理のひとつ“鯛ちり”をカップ麺に再現したということで…仕上がりの方も期待したいところ。。

他にも特徴として…麺にはサンヨー食品独自技術によって、ずしっと密度感・重量感のあるコシの強い中太仕様の麺が採用されていて、それによって国産真鯛やホタテの旨味を利かせた風味豊かな醤油ベースのコク深く染み渡るかのような味わいに際立った満足度の高い一杯が最後まで飽きることなく思う存分たっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

今回の“愛媛 鯛ちり風”は、醤油ベースとなっているんですが、非常に透明感のある淡麗系の仕上がりとなっていて、キリッとしたシャープな口当たりのすぐ後からは鯛やホタテの旨味が品良く溶け込み、じんわりと染み渡るかのような素材本来の旨味を活かした美味しさが印象的で、醤油感が若干弱いようにも感じられるものの…その分ストレートに旨味が伝わってくる風味豊かな仕上がりとなり、豊富に使用した具材や食べ応えのある麺とマッチしたことで物足りなさを一切感じさせない一杯となっていました!
これは特に、愛媛で愛されているというご当地料理のひとつ“鯛ちり”の味わいをカップ麺として気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は愛媛県発祥“鯛ちり”ならではの味わいをサラッとした醤油ベースのスープにホタテの旨味や風味豊かな鰹の香りを利かせたことで臨場感溢れるラーメンにアレンジした一杯、「和ラー 愛媛 鯛ちり風」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

和ラー 愛媛 鯛ちり風

今回ご紹介するカップ麺は、ご当地料理・郷土料理をラーメンにアレンジする素材の旨味を活かした味わいでお馴染み“和ラー”シリーズの新商品ということで、愛媛県で慣れ親しまれている“鯛ちり”ならではの贅沢な味わいをカップ麺にアレンジ・再現した一杯、“和ラー 愛媛 鯛ちり風”となっています。

ご覧の通り、パッケージ側面には“愛媛「鯛ちり風」”とのことで、今回の特徴なんかが記載されているんですが、これによると…“鯛のアラと昆布でとった出汁で身と野菜を煮込み、鯛の香りと旨みが特徴の鯛ちりをアレンジした醤油味スープです”とのことで、愛媛では“鯛めし”なんかも有名のようですが、今回は“鯛ちり”の味わいをカップ麺にアレンジした一杯ということですね!個人的にもこの“和ラー”はいつも素材の旨味を活かした美味しい仕上がりが意外と侮れなく、さっと食べられるボリューム感も合わせて非常に好みのシリーズなので今回もまた期待したいところ。。

このように、愛媛で親しまれている“鯛ちり”とは、鯛のアラと昆布といった非常にシンプルながらも素材本来の旨味を活かした鍋料理のようで、そこに身や野菜をたっぷりと加えて煮詰めていただくという…ちょっと想像しただけでもその贅沢な美味しさが伝わってきますね。。そんなじんわりと染み渡る“鯛ちり”をカップ麺にアレンジしたというわけです!

そして、これによって現在“和ラー”シリーズのラインアップとしては…以下の3商品ということになります!

他にも、“和ラー”シリーズとしてはこれまでも“和ラー 北海道 札幌スープカレー風(2019年10月7日発売)”や“和ラー 神戸 関西すき焼き風(2019年3月4日発売)”、“和ラー 北海道 かにすき風(2018年10月15日発売)”といった素材の旨味を活かした美味しいフレーバーなんかも発売されていたんですけどね…、現在は上記の3商品のみとなっているようです!(レギュラー化しても良いような気もするフレーバーがありますが…)

それでは、今回の“和ラー 愛媛 鯛ちり風”がどれほど鯛やホタテなどの旨味を凝縮させた仕上がりとなっているのか?食欲そそる風味豊かな鰹の香りとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても独自技術による中太・丸刃仕様によるつるっと滑らかなコシのある麺との相性などなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り300kcal(めん・かやく256kcal / スープ44kcal)となっております。(塩分は4.5g)

カロリーは、さらっとした仕上がりが特徴的な“鯛ちり”ということで、魚介出汁や若干ボリュームも小さめなことからかなり低めな数値となっていて、塩分も同じくやや低めとなっているようです!
ちなみに1食当たり70g、麺の量は58gとのこと。

また、カロリー・塩分はこのように若干低めとなっていますが、上記の通りこの“和ラー”シリーズ自体若干量的に少なめとなっていることがその理由のひとつで、鯛やホタテの旨味をしっかりと利かせた深みのあるテイストに仕上がっているものと思われるため、決して物足りなさを感じさせるような一杯ではなさそうです!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩や“しょうゆ”をはじめ…

  • 鯛粉末
  • でん粉
  • 真鯛エキス
  • 鮭エキス
  • ホタテエキス
  • 香辛料
  • かつお節エキス
  • 野菜エキス
  • 植物油脂

といった、国産真鯛を贅沢に使用し、さらにホタテの旨味をキレの良い醤油スープにバランス良く加え、じんわりと染み渡る風味豊かな味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…食塩やポークエキスといった材料が確認でき、ほどよく味付けが施されているようですね!

JANコード4901734040859
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩、粉末卵、ポークエキス)、スープ(食塩、砂糖、デキストリン、たん白加水分解物、しょうゆ、鯛粉末、でん粉、真鯛エキス、鮭エキス、ホタテエキス、香辛料、かつお節エキス、野菜エキス、植物油脂)、かやく(味付卵、魚肉練り製品、ねぎ、かまぼこ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、かんすい、クチナシ色素、レシチン、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、増粘剤(グァーガム)、微粒二酸化ケイ素、ベニコウジ色素、カロチン色素、苦味料、(一部にえび・かに・小麦・卵・乳成分・ごま・さけ・さば・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (70g) 当たり]
熱量300kcal
たんぱく質6.8g
脂質10.1g
炭水化物45.4g
食塩相当量4.5g
めん・かやく: 1.6g
スープ: 2.9g
カルシウム205mg

引用元:サッポロ一番 和ラー 愛媛 鯛ちり風 | サンヨー食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープや各種香辛料などがすでに入っていて、具材には…

  • かき卵
  • 鯛つみれ
  • 花形かまぼこ
  • ねぎ

が入っています。

特に“鯛つみれ”は“鯛ちり”をイメージさせるには欠かせない具材として良い旨味を滲み出す仕上がりにも期待できそうで、他にも“かき卵”といった彩り豊かな華やかさを演出し、贅沢仕様の一杯を見た目からも引き立てているように見えますね!

また、麺はご覧の通り中太・丸刃仕様の特殊製麺技術によって作られた密度感・重量感のある滑らかでありながらもコシの強い麺が採用されているようです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:310ml)
そして出来上がりがこちら!

すると…しっかりとお湯を吸ったことで先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはもっちりとした弾力が加わったことでほどよいコシが楽しむことができ、さらに華やかな見た目や国産真鯛を使用した染み渡る美味しさが凝縮された贅沢な一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…醤油ベースのスープとなっているんですが、薄口醤油を使用しているかのような淡麗系の色合いに仕上がり、素材の旨味をストレートに楽しめるかのような後味すっきりとした印象で、なんと言っても豊富に使用された各種具材によって“鯛ちり”らしい贅沢感・彩りの良さが表現され、食欲そそる鰹の風味がふんわりと広がっていきます!

また、豊富に使用された具材の中でも特に“鯛つみれ”からも良い旨味が滲み出しているようにも感じられ、実際の“鯛ちり”は…鯛のアラや昆布から取った出汁に身や野菜を煮込むとのことで、今回の“愛媛 鯛ちり風”は、そういった染み渡る鯛出汁の旨味と身の味わいをうまく表現しているのかもしれませんね!とにかく素材本来の旨味を活かしたシリーズらしい仕上がりとなっているようです!

食べてみた感想

一口食べてみると…透明度の高い醤油スープは見た目だけかと思いきや、味わいの方も割とあっさりとした仕上がりで、まさに“鯛ちり”の美味しさ・旨味をストレートに伝えるかのような国産真鯛やホタテの旨味、さらに鰹の風味といった素材本来の味を活かした一杯に仕立て上げているようです!これはシンプルながらシリーズらしい出汁の旨味を活かしたスープでやっぱり美味しいですね!

そのため、あっさり系・淡麗系の醤油スープとは言っても、決して物足りない薄味というわけではなく、じんわりと染み渡る真鯛やホタテなどの贅沢な魚介出汁がしっかりと利いているため、個人的には敢えて醤油ベースにする必要があったのかどうか疑問なところではあります。。

ただ、“鯛ちり”自体がシンプルに昆布や水、日本酒などで具材をぐつぐつと煮て、仕上がりにポン酢醤油などでいただくので、ちょうどその中間辺りの美味しさ・味付けをスープとして表現しているのかもしれません。

麺について

麺は、ご覧の通り中太・丸刃仕様、さらに独自技術による密度感・重量感のあるずしっとした麺となっていて、思っていたよりも食べ応えもあり、すすり心地なんかも非常に良く、“鯛ちり”の味わいをカップ麺にアレンジしたサラッとした贅沢仕様の醤油スープともうまく馴染んでいるようです!

そんな中太麺には、国産真鯛やホタテの旨味をベースに野菜の旨味や鰹の風味を利かせた透明度の高い淡麗醤油スープがよく絡み、一口ずつにじんわりと染み渡る魚介出汁がほどよい塩加減によって美味しく引き立てられた旨味溢れる味わいが口いっぱいに広がっていき、食欲そそる鰹ならではの風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“鯛つみれ(魚肉練り製品)”が入っていて、食感はふんわりと非常に柔らかく、それと同時に味付けされた魚介系の旨味がじゅわっと滲み出てくる美味しい具材となっていて、使用されている数に関しても全く申し分ないため、食べはじめはスープ底に沈めて少しでも旨味を引き立ててもらい、後ほど麺と一緒に絡めていただくと、より一層魚介の旨味が引き立って楽しめるのではないでしょうか?

また、こちらの“かきたま(味付卵)”はこの見た目通り食感柔らかな仕上がりとなっていて、そこまで味付けは感じられないものの…上記の“鯛つみれ”とともに“鯛ちり”ならではの贅沢な華やかさを演出する彩りの良い具材としてちょうど良いアクセントとなっているようです!

さらに、こちらの“花形かまぼこ”も味付け自体は感じられないものの、彩りの良い華やかさを表現するにはぴったりな具材として品良く添えられています!

他にも、こちらの“ねぎ”は割と小さくカットされていたため…シャキシャキとした食感とまではいかないものの…ほどよい薬味にもなったことで、“鯛ちり”の味わいをカップ麺にアレンジしたじんわりと染み渡る醤油スープを美味しく引き立て、さらに後味すっきりと感じさせる相性抜群な具材となっているようです!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り真鯛やホタテなど魚介出汁の旨味をしっかりと利かせた醤油スープに仕上げ、一見塩味にも思えるほど透明度の高い淡麗醤油スープに仕上がり、シャープな飲み口はもちろん、後味には鰹の風味豊かな香りがふんわりと漂う上品な味わいとなっています!

そのため醤油感が若干弱く、物足りなさを感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、そもそも“鯛ちり”自体は昆布や水、料理酒といったシンプルな鍋で具材をじっくりと煮込み、それをポン酢醤油などでいただくご当地料理となっているので、敢えて塩気は控え目にしているものと思われ、今回の“和ラー 愛媛 鯛ちり風”に関しては贅沢に使用した真鯛の旨味をはじめとする様々な魚介系、さらに鰹の風味を楽しむ一杯として考慮すると満足度もまた違って楽しめるのではないでしょうか?

また、食べ進めていくに連れて具材に使用されていた“鯛つみれ”からも良い旨味が滲み出していき、それと同時に鯛出汁の利いた風味豊かなスープが美味しさが際立っていき、満足度もしっかりと満たされる…そんなシリーズらしい素材の旨味を存分に活かした仕上がりが好印象といったところ!

他にもパッケージにも記載されていたように、このサラッとした淡麗醤油スープにライスを浸しても合うことに間違いありません。。まさに“鯛ちり”のシメに白飯を加える雑炊のような味わいが楽しめるものと思われ、食欲もしっかりと満たされるため、お好みによっては試してみると良いでしょう!(今回はやりませんでしたが…)

このように、今回の“和ラー 愛媛 鯛ちり風”は、真鯛やホタテなど様々な魚介出汁の旨味をふんだんに利かせた透明度の高い淡麗系醤油スープに仕上げ、そこに具材として“かきたま”・鯛つみれ・花形かまぼこが品のある“鯛ちり”らしい華やかさを演出、さらに食欲そそる鰹の風味が香りたつシリーズらしい素材本来の美味しさを存分に楽しめる後味すっきりとした一杯となっていたため、お好みによっては柚子胡椒などの香辛料をちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「和ラー 愛媛 鯛ちり風」を食べてみて、愛媛県で愛される“鯛ちり”の味わいをカップ麺にアレンジ・再現した贅沢にも真鯛エキスに国産真鯛を使用したことで、あっさりとした中にも深みのあるスープには醤油とは思えないほど澄んだ淡麗系の美しく品のある色合いに仕上がり、鯛出汁だけでなくホタテの旨味や鰹の風味などが相性良くマッチした品のある淡麗系の醤油スープに思ったよりも食べ応えのある麺が絡む満足度の高い一杯となっていました!

やはり“和ラー”シリーズは、こういった素材本来の旨味を存分に活かした一杯が特徴的で、今回もまたスープ自体はさらっとした仕上がりにもかかわらず全く物足りなさを一切感じさせない出汁の旨味、そしてなんと言っても食欲そそる風味豊かな鰹の香りが品の良さを物語る仕上がりとなっていたため、白飯と一緒に味わってみると、より一層満足度高く楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!