カップ麺

赤からカップ麺!赤からラーメン食べてみました!「赤から鍋」の味わいを再現したやみつきの旨さ!

赤からカップ麺!赤からラーメン食べてみました!「赤から鍋」の味わいを再現したやみつきの旨さ!

寿がきや食品から発売されている「赤から監修カップ赤からラーメン」を食べてみました。

この商品は「赤から鍋」で有名な“赤から”の監修の元、商品化されたもので、2010年より発売されていて以来、度々コンビニでも見かけることもあるかと思います。

気になる辛さは実店舗では10段階まである中、3番ということでそこまで辛い仕様ではありませんが、しっかりと辛み自体は感じる美味しい味わいが特徴的な一杯となっております。

実際に食べてみましたが、名古屋味噌と唐辛子を合わせたというスープには揚げ玉の香ばしくも甘めな印象の口当たりに唐辛子の辛さが利いた美味しさの中にも辛さを感じる味わいが印象的でした!

では、今回はこの「赤から監修カップ赤からラーメン」についてレビューしてみたいと思います。

【追記】2018年9月25日に発売された、この“赤からラーメン”を麻婆風にアレンジした“赤から麻婆風ラーメン”については、ぜひこちらの記事もご覧ください。

赤から麻婆風ラーメン 食べてみました!花椒を利かせた麻婆風が美味いやみつきな一杯!
赤から麻婆風ラーメン 食べてみました!花椒を利かせた麻婆風が美味いやみつきな一杯!2018年9月25日に寿がきや食品から発売された「赤から麻婆風ラーメン」を食べてみました。 この商品は、人気居酒屋チェーン「赤から...

赤から監修カップ赤からラーメンについて

今回ご紹介するカップ麺は、ご存知の方も多いと思われます“赤から”監修の商品で、ご覧の通りパッケージには“辛さを極めたやみつきの旨さ”と記載されています!

f:id:yuki53:20180106211350j:plain

また、名古屋に本店を置く“赤から”ということでパッケージにも“名古屋名物”と記載されていますね!

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り442kcalとなっております。(塩分は6.9g)

カロリーは平均的と言えるかと思いますが、塩分はかなり高めな仕様となっているようです。。これは名古屋味噌が影響しているのでしょうか?この辺りも味の仕上がりが気になりますね!

f:id:yuki53:20180106211349j:plain

では原材料も見てみます。
スープにはしょうゆやみそをはじめ、コチュジャンやチキンエキスといった比較的あっさりとした旨味をベースとしたスープが想像できる材料が並びます。

ちなみに商品ページによると牛脂も含んでいるようですが、原材料にはこれといって牛脂と思われる材料は確認できませんでした。また、にんにくなんかも使用しているようですね!

f:id:yuki53:20180106211348j:plain

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやく入りスープの素、液体スープといった2つの調味料などが入っています。

f:id:yuki53:20180106211351j:plain

麺は細めにも見える仕様で、辛いスープにもよく絡みそうなちぢれた麺のようです。

f:id:yuki53:20180106211352j:plain

調理してみた

ではまず、かやく入りスープの素を入れてみます。
ご覧の通り、かやくには揚げ玉、味付肉そぼろ、唐辛子、にらなどが入っています。
また、原材料によると胡麻なんかも入っているようですね。

f:id:yuki53:20180106211353j:plain

この香辛料たっぷりの粉末の中、香ばしさを想像させる揚げ玉やにらが見た目だけで食欲をそそります。。

f:id:yuki53:20180106211354j:plain

熱湯を注ぎ3分待ちます。
そして出来上がりに先ほどの液体スープを入れたところがこちら!

想像していたスープよりも脂分は少ないようにも見え、かなりあっさりとした印象の出来上がりです。

f:id:yuki53:20180106211355j:plain

では、よーくかき混ぜてみましょう。
スープはさらっとしたもので、コチュジャンなどを利かせた唐辛子などの辛みがほんのりと確認できる程度で、そこまで香り自体は強くはない印象です。

f:id:yuki53:20180106211356j:plain

ご覧の通りスープの表面にはほぼ脂はなく、あっさりとしたスープの味わいが想像できますね!

f:id:yuki53:20180106211357j:plain

食べてみた感想

一口食べてみると…最初の口当たりは唐辛子などの辛みを感じますが、名古屋味噌の味わいでしょうか?後からすぐに甘みが感じられます!

恐らくこれが名古屋味噌と赤唐辛子をブレンドしたという“秘伝のスープ”の味わいだと思われますが、やはり3番だと激辛好きにとってはかなりの物足りなさを感じます。。

ただ、こういった辛みと味噌の旨味が合わさったスープの美味しさという点では非常に食べやすく、美味しくいただける辛さと旨味を兼ね備えた仕上がりではありますね。

麺について

麺はご覧の通り、やや細めの仕様でつるっとしていてすすり心地のよい麺です。

これを赤から秘伝のスープに絡めて食べると、コチュジャンや唐辛子などの辛みに名古屋味噌の甘みを利かせたスープを楽しむことができます。

f:id:yuki53:20180106211401j:plain

トッピングについて

トッピングにはまずこちらの揚げ玉が入っているんですが、こちらは胡麻とともにスープ全体に香ばしさをプラスしていて、味わい深さを引き立てているようです。

f:id:yuki53:20180106211359j:plain

また、こちらの肉そぼろは、噛むとしっかりと肉の旨味を感じる仕上がりとなっていて、小さいながらも味濃く感じられる具材となっています。

f:id:yuki53:20180106211358j:plain

さらにこちらのにらは、食感・風味ともに良く、今回のような辛い系のスープにはぴったりと思われる具材のひとつではないでしょうか?

f:id:yuki53:20180106211400j:plain

スープについて

スープはご覧のように、さらっとした仕上がりとなっています。

そのスープには、名古屋味噌と思われる旨味と甘みが印象的で、上記でご紹介したような揚げ玉をはじめとする具材が風味や旨味をプラスしています。
この甘めの味わいがもしかしたら賛否分かれるかもしれませんね。。

さらに赤唐辛子のしっかりとした辛さもまた、食べ進めていくとほんのり汗かくような食欲そそるスープの美味しさを引き立てていました。

f:id:yuki53:20180106211402j:plain

まとめ

今回は「赤から監修カップ赤からラーメン」を食べてみましたが、辛さ3番というだけあって辛さ自体はそこまで辛い商品ではありませんでしたが、“赤から”の特徴的なスープが美味しく仕上がった一杯でした。

思っているほど辛い仕上がりではありませんでしたので、辛さに自信がない方でも美味しくいただけるかと思われますよ!

気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です