カップヌードル

カップヌードル 濃厚クリーミークラムチャウダー!“あさり”の旨味を利かせたコク深く体温まる一杯

カップヌードル 濃厚クリーミークラムチャウダー

カップヌードル 濃厚クリーミークラムチャウダー」を食べてみました。(2022年9月5日発売・日清食品

この商品は、アメリカ・ボストンの名物料理でお馴染み“クラムチャウダー”の味わいを“カップヌードル”流にアレンジしたもので、じんわりと染み渡る“あさり”など魚介の旨味を利かせた濃厚でクリーミーなスープに仕立て上げ、コク深くまろやかでありながらもキリッとした口当たりが絶妙にマッチし、ほっこりと体温まる秋冬向けにぴったりな味わいが心地良く、最後まで飽きることなく素材の旨味が楽しめる奥深い一杯が登場です!

それも…上記の通り脂っこさや“くどさ”といったクセのないクリーミーでまろやかな“クラムチャウダー”を彷彿させるスープには、“clam(二枚貝)”の旨味を丁寧に利かせたことでキリッとした口当たり・メリハリがコク深さとうまく調和し、フライドポテトやベーコンからも旨味が滲み出したことで満足度も増していき、じっくりと煮込んだかのような“とろみ”をほんのり付けたことでつるっと滑らかな麺にもよく絡むレギュラーサイズの一杯、“カップヌードル 濃厚クリーミークラムチャウダー”となっております。(値段:税別214円)

ご覧の通りパッケージには2020年9月より“カップヌードル エスニック”シリーズから順次リニューアルされた“世界のおいしいを、お届け!”がコンセプトの“世界のカップヌードル”といったシリーズ名が記載され、その下には“ボストンの名物料理”、“濃厚クリーミークラムチャウダー”とのことで貝などの魚介出汁をベースにコク深くクリーミーで濃厚なテイストに仕立て上げ、そこにシリーズらしいつるっと滑らかな食感の幅広な麺が絶妙にマッチした味わいが最後までたっぷりと楽しめるテイストのようですね!

カップヌードル 濃厚クリーミークラムチャウダー パッケージ

一方こちらには“贅沢な魚介の旨み!”と記載されているように、今回の新フレーバー“濃厚クリーミークラムチャウダー”は…まさにまろやかなクリームスープにじんわりと染み渡る貝などの魚介出汁がポイントのようで、実は“カップヌードル”シリーズでもいくつかの“チャウダー(じっくり煮込んだスープ)”系のフレーバーが登場しており、純粋に“クラムチャウダー”をアレンジしたテイストは個人的に知る限りこれまでありませんでしたが…まろやかなクリームスープに貝出汁を合わせた組み合わせに関しては恐らく間違いない味わいで、特にまろやかなコクにはかなり期待できそうです!

また、こちら容器側面には…コク深くクリーミーなスープに二枚貝(今回は“あさり”)の出汁をしっかりと利かせ、アクセントやメリハリを付けるペッパー系の香辛料を加えたことで最後まで飽きの来ない“クラムチャウダー”を“カップヌードル”流にアレンジし、さらに彩り豊かな具材が豊富に使用された仕上がりイメージが掲載されており、これを見る限り具材には…フライドポテト・ベーコン・人参・“いんげん”が使用されているようで、まさに野菜や“あさり”をじっくりと煮込んだコク深いスープが臨場感高くアレンジされているようにも感じられます!

このように今回の“カップヌードル 濃厚クリーミークラムチャウダー”は、コク深くまろやかなクリームスープに“あさり”の旨味を凝縮させたことでボストンの名物料理“クラムチャウダー”の味わいをシリーズらしくアレンジし、白濁としたスープにペッパーをバランス良く合わせたことでシンプルでありながらも奥行きのあるテイストが心地良く、そこに相性抜群なフライドポテトやベーコンなどの具材を豊富に使用した後味の良さが際立ち、そもそもじんわりと染み渡る貝出汁がしっかりと利いているため、幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

他にも特徴として…“カップヌードル”シリーズでは各種フレーバーによって麺の仕様を若干変更しており、今回はつるっとした食感はそのままに、若干厚めで幅も若干広い仕様となっていて、しなやかでほどよいコシを併せ持ったことによってコク深くまろやかなクラムチャウダー風に仕上げたコク深いスープをしっかりと持ち上げ、最後まで思う存分味わい深い貝出汁の旨味がたっぷりと堪能できるというわけです!

実際に食べてみて…

上記の通りクリーム系のまろやかなスープには…じんわりと染み渡る貝出汁がさり気なく感じられ、そこにキリッとした口当たりが絶妙にマッチしたことでクリーミーでありながらもちょうど良いメリハリが付き、白濁とした見た目とは裏腹に後味の良さが好印象といったところで、まさに“あさり”の出汁を引き立てる“クラムチャウダー”ならではの味わいが臨場感高く再現され、濃厚ながらも脂っこさといった感じも一切なく、奥行きのある風味豊かなスープが最後まで飽きることなく楽しめるこれからの季節にぴったりな一杯となっていました!
これは特に、“クラムチャウダー”のような魚介類や野菜をじっくりと煮込んだクリーム系のテイストが好みの方はもちろん、“あさり”の旨味を凝縮させたクリームスープにペッパーで味を調え、アメリカ・ボストンの馴染み深いスープ料理を“カップヌードル”流にアレンジした味わいとしてじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はボストンの名物料理のひとつ“クラムチャウダー”の味わいを“カップヌードル”流にアレンジ、脂っこさや“くどさ”が一切ない“あさり”の貝出汁を丁寧に利かせたコク深いクリームスープにペッパーを利かせたことによってメリハリのあるテイストがレギュラーサイズで楽しめる濃厚な一杯、「カップヌードル 濃厚クリーミークラムチャウダー」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

カップヌードル 濃厚クリーミークラムチャウダー

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“カップヌードル”シリーズの新商品ということで、アメリカの古都・ボストンの名物料理“クラムチャウダー”を“カップヌードル”流にアレンジ、“あさり”の出汁をしっかりと利かせたコク深くまろやかなクリームスープに仕立て上げ、貝出汁×クリーミーなスープといった相性抜群な組み合わせによる濃厚な味わいを表現、さらにフライドポテトやベーコンなどまろやかなテイストにぴったりな具材が豊富に使用され、“とろみ”の付いたスープが麺にしっかりと絡むことで食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんなほっこりと温まる秋冬向けのスープがたっぷりと楽しめるやみつき感抜群な一杯、“カップヌードル 濃厚クリーミークラムチャウダー”となっています。
※売っている場所:今回はローソンで購入

そしてご存知の通りこの“カップヌードル”シリーズは1971年9月18日に誕生した世界初のカップ麺で今もなお多くの方から支持されているのはもちろん、2021年に発売50周年を迎えたロングセラーブランドでもあり、これからも話題性の高いフレーバーの登場に期待したいところ!(“ビッグ”シリーズは1991年に発売されています。)

一方こちら容器側面には…“世界各国で親しまれている料理をカップヌードルで再現。”とのことで今回のフレーバーに関する簡単な説明書きが記載されており、これによると…“東海岸ボストンで愛され続ける名物スープ!凝縮されたあさりの旨みとミルクがコク深い、ほっとするおいしさのクラムチャウダー。”とのことで、今回の“濃厚クリーミークラムチャウダー”に関しては“あさり”の出汁とミルクによって安定感のあるスープに仕立て上げ、最後まで飽きることなくじっくりと素材の旨味が楽しめそうです!

それでは、今回の“カップヌードル 濃厚クリーミークラムチャウダー”がどれほど“あさり”の旨味をしっかりと利かせたコク深くまろやかな味わいに仕上がっているのか?旨味を引き立てる相性抜群なペッパーによるメリハリとの兼ね合いはもちろん、何と言ってもつるっと滑らかな食感が印象的な“カップヌードル”シリーズならではの幅広なフライ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り395kcal(めん・かやく335kcal / スープ60kcal)となっております。(塩分は4.7g)

カロリーは、“クラムチャウダー”をアレンジしたコク深くまろやかなクリームスープの割にやや低めな数値のようで、塩分も同じくこのボリュームを考慮すると平均的といった数値となっています。
ちなみに1食当たり81g、麺の量は60gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと60kcalと低すぎず高すぎずといった数値で、クリーミーなテイストではありますが、脂っこさや“くどさ”を感じさせるスープではなく、“あさり”の旨味など素材の旨味を存分に活かした“クラムチャウダー”風の味わいに仕立て上げ、最後まで飽きの来ないコクにペッパーでバランスを合わせたことで後味も非常に良く体温まる奥深い仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、植物油脂やクリーミングパウダーをはじめ…

  • でん粉
  • 脱脂粉乳
  • 乳等を主要原料とする食品
  • ブイヨン
  • たまねぎ
  • 香辛料
  • あさり調味料
  • 食塩

といった、コク深くシンプルなテイストかと思いきや…“あさり”の旨味や野菜の旨味をじっくりと煮込んだかのようなクリーミーな“クラムチャウダー”ならではの味わいを“カップヌードル”流にアレンジ、コク深くも繊細な美味しさがうまく再現され、ペッパーがちょうど良いメリハリをプラスし、そこに相性抜群な各種具材が豊富に使用されたことで最後まで飽きの来ないやみつき感のある味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4902105272909
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、糖類、しょうゆ、チキンエキス、ポークエキス、香味調味料、ポーク調味料)、スープ(植物油脂、クリーミングパウダー、小麦粉、でん粉、糖類、脱脂粉乳、乳等を主要原料とする食品、ブイヨン、たまねぎ、香辛料、あさり調味料、食塩、パセリ)、かやく(フライドポテト、ベーコン、にんじん、いんげん)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、香料、炭酸Ca、増粘多糖類、かんすい、カロテン色素、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、クチナシ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、発色剤(亜硝酸Na)、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (81g) 当たり]
熱量395kcal
めん・かやく: 335kcal
スープ: 60kcal
たんぱく質7.7g
脂質19.3g
炭水化物47.5g
食塩相当量4.7g
めん・かやく: 2.3g
スープ: 2.4g
ビタミンB10.16mg
ビタミンB20.20mg
カルシウム89mg

引用元:カップヌードル 濃厚クリーミークラムチャウダー | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、特に別添されている調味料などは一切ありません。

また、かやくには…

  • フライドポテト
  • ベーコン
  • 人参
  • いんげん

が入っています。

このように今回の“濃厚クリーミークラムチャウダー”には、クラムチャウダーの美味しさを“カップヌードル”流にうまくアレンジ・再現するために相応しい豊富な具材を使用したことでコク深くまろやかな味わいに仕立て上げているようで、中でもフライドポテトやベーコンからも良い旨味が滲み出しているようにも感じられ、それによってやみつき感のある美味しさが満足度高く楽しめそうです!

さらに、麺はご覧の通りシリーズらしくつるっと滑らかな食感が印象的なフライ麺となっており、今回は若干厚みもあり・幅も広い仕様で、トロッとしたコク深い“クラムチャウダー”をアレンジしたスープもしっかりと持ち上げてくれるすすり心地の良い仕上がりに期待できそうです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:310ml)
そして出来上がりがこちら!

すると…しっかりと湯を吸ったことで先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、なんと言ってもフライドポテトやベーコンなどが豊富に使用されていて、粉末スープもまだ表面で溶け出している途中のようで、すでに食欲そそる貝出汁の風味やまろやかな香りが広がっていきます!

これはまさにじっくりと煮込んだ“クラムチャウダー”の文字通りトロッとした濃厚感のあるテイストとペッパーを加えたことによる臨場感溢れる仕上がりで、特に脂っこさや臭みといった要素はありませんから…想像以上に幅広い層に好まれるコク深い一杯といったところ!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…ほどよくトロッとした仕上がりではあるんですが、決して飽きるようなこってり感ではなく、白濁とした色味が印象的で貝出汁を丁寧に溶け込ませたことによって厚みのあるまろやかなテイストを表現、そこにペッパーをアクセントに加えたことでコク深くも後味すっきりとしたメリハリが付き、彩り豊かな具材をたっぷりと合わせたことによって旨味溢れる贅沢仕様の一杯となっているようです!

また、具材の中でも特にフライドポテトやベーコンがたっぷりと使用されているようで、食べ進めていくに連れて素材の旨味が際立っていく…そんな満足度の高い味わいが思う存分楽しめそうです!…というか今回のフレーバーは特に風味が非常に良く、まろやかなクリームスープの風味や貝出汁の香りだけでなくフライ麺ならではのちょうど良い香ばしさなどがバランス良く調和し、栄養成分表示にも記載されていた通りカロリーもそこまで高くはありませんから、後味すっきりとした味わいが“カップヌードル”流にアレンジ・再現されているように感じられます!

食べてみた感想

一口食べてみると…じっくりと煮込んだクリーミーでコク深いスープの中にじんわりと染み渡る“あさり”といった貝出汁ならではの旨味が広がっていき、当初まろやかさだけが際立ったテイストかと思いきや…意外と塩気や香辛料によるキリッとした口当たりが絶妙にマッチしたことでちょうど良いメリハリが心地良く、動物系の臭みや脂っこさが一切なく、じっくりと煮込んだまろやかでほんのり“とろみ”が付いたことによって喉越しも非常に良く、ボストンの名物料理“クラムチャウダー”をうまくアレンジ・再現し、麺だけでなくご飯との相性も良さそうです!(ご飯一杯は多いかもしれませんが、リゾットとしてシメを堪能するためにも少量でも用意しておくと良いかもしれません。)

そして、ベースとなるクリーミーなスープが貝出汁の旨味をコク深く下支えし、その上にほどよい塩気やペッパーなどがバランス良く融合したことで思ったよりスープ自体はコク深いだけでなく繊細なテイストが印象的で、まさにじっくりと煮込んだかのような旨味の強い味わいが気軽に楽しめるフレーバーとなっており、キレの良い塩気もあってついついスープが止まらなくなりますね。。これは男女問わずかなり幅広い層に好まれるのではないでしょうか?

しかもトロッとしたスープですので麺との絡みも非常に良く、麺が“クラムチャウダー”らしいコク深くまろやかなスープをしっかりと持ち上げ、一口ずつに感じられる満足度は一際大きく、さらにキリッとした口当たりやペッパーによる香辛料が絶妙にマッチしたことで最後まで飽きることもなく、個人的にビッグサイズで販売しても良かったのでは?と思うほどの美味しさとなっています!ただ、“カップヌードル”シリーズは昨年で言うと“カップヌードル ポルチーニ香るきのこポタージュ(2021年9月6日発売)”が登場していたため、体温まるテイストとして毎年恒例になるかもしれません!

…というか今回の“濃厚クリーミークラムチャウダー”は、じっくりと煮込んだクリーム系のスープに貝出汁の旨味を利かせたコク深さとメリハリのある塩気・香辛料がバランス良く融合したことで全体としてのバランスは非常に良く、レギュラーサイズとしてまた登場してほしいですね!(味も濃いめで“あさり”の旨味もしっかりと利いているため、パッケージに記載されていた通り贅沢な魚介の旨味がたっぷりと楽しめることでしょう。)

麺について

麺は、ご覧の通り“カップヌードル”シリーズらしいつるっと滑らかな食感が印象的で、他のフレーバーと比較すると…若干厚めで幅も広くすすり心地抜群な仕様となっており、さらにフライ麺ならではの香ばしさが風味の良さを引き立てる食感滑らかな仕上がりとなっています!

そんな麺には…ボストンの名物料理“クラムチャウダー”を“カップヌードル”流にアレンジ・再現し、魚介系や野菜などを加えてじっくりと煮込んだかのようなコク深くまろやかなクリームスープががよく絡み、一口ずつにじんわりと染み渡るかのような“あさり”の旨味やメリハリのあるキリッとした口当たり、さらにベーコンの香ばしい旨味などが口いっぱいに広がっていき、ふんわり香る魚介系などの風味が後味良く抜けていきます!…というか今回のスープはコク深くもキリッとしたメリハリがあるため、飽きる要素が一切なく、麺の仕様のせいかスープがしっかりと絡むことで一口ずつに感じられる満足度も一際大きく、ついリピートしたくなりますね。。そして全体のバランスが絶妙です!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのベーコンが使用されていて、若干小ぶりではありますが…使用されている数に関しては申し分なく、じっくりと味わってみると…ベーコンならではのジューシーで香ばしい旨味がじゅわっと滲み出す美味しい仕上がり具合でしたので、単品で味わうというよりも、全体をしっかりと混ぜながら食べ進め、後ほど麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味・風味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらのフライドポテトは見た通りふっくらと柔らかな仕上がりとなっていて、フライドという割に揚げた感じはなかったものの…今回のコク深くまろやかなクリームスープと相性良く馴染み、ホクホクとした食感とともにポテトならではの味わいがしっかりと感じられる絶妙な具材のひとつとして旨味を引き立てているようです!

さらに、こちらの“いんげん”は、やや小さめにカットされているものの…じっくりと味わってみると、素材本来の味わいなんかもしっかりと感じられ、今回の一杯に華やかな彩りとしてのアクセントをプラスしているように感じられます!

他にもこちらの人参が使用されていて、こちらもまたかなり小ぶりではありますが…じっくりと味わってみると、それなりに素材本来の味わいなんかも感じられ、思ったより食感が良く、今回のスープを損なうことなく彩り良く添えられているようです!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りアメリカの古都・ボストンの名物料理“クラムチャウダー”を“カップヌードル”流にアレンジしたことで、コク深くまろやかなクリーム系のスープに仕上がり、そこにじんわりと染み渡る“あさり”といった貝出汁の旨味が広がっていき、脂っこさや“くどさ”のない素材の美味しさが凝縮されたことでコク深くもキレの良さ・ペッパーが絶妙にマッチしたことでメリハリのある仕上がりが印象的となっており、濃厚感とキレの良さがバランス良く融合したことで思いのほか後味すっきりとしたテイストとなっており、じっくりと煮込んだかのような優しい美味しさによって最後まで飽きることもありません!

そして、ベースとなるクリーム系のスープに関しては当然変な“くどさ”などは一切なく、そこに出汁染みる“あさり”の旨味やペッパーを加えたことでコク深くまろやかな仕上がりではありますが、キリッとした口当たりが絶妙にマッチし、白濁とした見た目とは裏腹に後味の良さが好印象といったところで、ついついスープが止まらなくなってしまうような熱々の“クラムチャウダー”がじっくりと堪能できることでしょう!

また、具材に使用されているフライドポテトやベーコンからも良い旨味が滲み出していき、食べ進めていくに連れて旨味・風味が際立ち、ほどよい塩気や香辛料を加えたことで濃厚な見た目以上にメリハリがあり、飽きるようなこってり感などはありませんから、“クラムチャウダー”らしい貝出汁をうまく活かした深みのある美味しさとして楽しむことができ、期待値以上にクオリティ高く仕上がっているようですね!(さり気なくパセリの風味が雰囲気ある香りを演出しているようです。)

そのため、容器底に溜まっている粉末スープや香辛料を全体に馴染ませるようにしっかりと混ぜながら食べ進めていくと、より一層旨味が増して楽しめると思われ、じんわりと染み渡る“あさり”の旨味がコク深く引き立てられ、キリッとした口当たりに関してもちょうど良いアクセント程度でしたので、お好みによってはペッパー系の香辛料をさらにちょい足ししてみると、より一層クセになる味わいが楽しめるかもしれません!

このように、今回の“カップヌードル 濃厚クリーミークラムチャウダー”は、魚介類や野菜などをじっくりと煮込んだかのようなクリーム系の“クラムチャウダー”が気軽に楽しむことができ、コク深くまろやかなスープに“あさり”といった貝出汁やキリッとした口当たりをバランス良く合わせたことでメリハリの付いた優しい味わいに仕上がり、香辛料としてペッパーなども絶妙にマッチしたことでコク深くも後引く旨味が心地良く、濃厚とも言える深みのある味わいが堪能でき、ついついスープが止まらなくなってしまうほどクオリティの高い一杯となっていたため、お好みによっては残ったスープに追い飯でリゾット風にしてシメを味わってみても良いでしょう!

まとめ

今回「カップヌードル 濃厚クリーミークラムチャウダー」を食べてみて、アメリカ・ボストンの名物料理“クラムチャウダー”の味わいを“カップヌードル”流にアレンジした一杯は、コク深くまろやかなクリームスープに“あさり”ならではの貝出汁がじんわりと染み渡り、さらにほどよい塩気やペッパーによるキレの良さをプラスしたことによって意外にも後味すっきりとした仕上がりとなり、具材に使用されたフライドポテトやベーコンからも良い旨味が滲み出すことで食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな最後まで飽きることのないスープを表現、そこにシリーズ特有のつるっと滑らかな麺がしっかりと絡む満足度の高い一杯となっていました!

そもそも個人的にクラムチャウダー自体食べ慣れていないせいもあって、どういった仕上がりなのか気になっていたんですが…今回のフレーバーはかなり美味しいですね!全体のバランスも非常に良いんでしょうけど、特にコク深さとキレの良さ、そして貝出汁のバランスが秀逸で喉越しも非常に良く、まさにじっくりと煮込んだかのようなクリーミーで濃厚とも言える美味しさとなっていたため、かなり幅広い層に好まれるフレーバーと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!