カップ麺

日清カレーメシ シーフード!香り豊かな魚介の旨味を凝縮したコク深くスパイシーな一杯

日清カレーメシ シーフード

カレーメシ シーフード」を食べてみました。(2022年2月28日発売・日清食品)

この商品は、お湯を注いで5分待ってグルグルとかき混ぜるだけの“手軽さ”と“おいしさ”で大変好評のカップライス“カレーメシ”シリーズの新商品ということで、今回は2016年8月29日に発売された“日清カレーメシ シーフード”が非常に人気だったようで販売終了後も再発売の要望が多く寄せられたことを受けて3年ぶりの復活となって帰ってきたカレーとの相性抜群な魚介の風味がたまらないコクのある一杯が登場です!

それも…ローレルやタイムなどの本格スパイスを使用し、シーフードならではの旨味・風味をコクのあるカレールゥに凝縮させたことで後味の良い海鮮の旨味が濃厚なカレーと相性良く馴染んだ誰もが好む味わいに仕上げ、さらに具材にもイカ・“カニかまぼこ”を使用したことによって食欲そそる風味が際立ち、スパイシーな香りとともにクセになるシーフードカレーをうまく表現した一杯、“カレーメシ シーフード”となっております。(税抜き230円)

ご覧の通り、パッケージにはシーフードらしく青を基調にお馴染み“カレーメシ”といったシリーズ名が中央に大きく記載され、その横には“シーフード”の文字が表記されており、海鮮系の旨味を利かせた風味豊かなテイストであることが伝わってきますね!特に今回のテイストは単純にシーフード味というだけでなく本格スパイスも加えたことで本格派も納得の雰囲気ある苦味・香りに期待できるのではないでしょうか?
※このシルエットからしてイカの旨味が特に強調されているように感じられます。

日清カレーメシ シーフード パッケージ

また、こちら容器側面には、“魚介の豊かな風味とコクがイカす!”と記載されているように、今回は“カレーメシ”らしくドロッとしたカレールゥに仕上がり、そこに海鮮系の旨味や本格スパイスをふんだんに加えたことで染み渡るかのような美味しさとピリッとした香辛料がバランス良く馴染み、まさに最後まで飽きの来ない風味豊かな味わいがふっくらとしたライスとともに楽しめそうです!

一方こちらには、ポークをベースにカレーならではのスパイシーな味わいはもちろん、海鮮系の旨味や風味をバランス良く合わせたことでやみつき感のあるカレールゥにライスや各種具材が盛り付けられた仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…人参・イカ・魚肉練り製品(カニ風味かまぼこ)が使用されているようです!

そして、気になるカレーの辛さについてですが…こちら容器側面に“辛さレベル”が記載されていて、こちらによると“中辛”とのことでポークをベースにしたコク深いカレールゥに本格スパイスを使用したちょうど良いメリハリ・アクセントが加わり、そもそもベースとしての旨味に関しては全く申し分なく、そこに海鮮系の旨味や風味を合わせたことで味わい深くも香り豊かな美味しさを表現、まさに王道とも言えるシーフードカレーが思う存分楽しめる一杯のようです!

他にも特徴として…ライスには表面ふっくら・芯を感じさせる食感の良い“ご飯”が採用されていて、食べ進めていっても変にベチャっとした状態になることもなく、それによってポークをベースに様々なスパイスや海鮮系の旨味・風味を利かせた後味の良いコク深いカレールゥとともに食欲をしっかりと満たし、香り豊かなシーフードカレーが最後までたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

“カレーメシ”らしく出来上がりにグルグルとよーくかき混ぜることによってコク深い“とろみ”が付き、ポークをベースにしたことで濃厚とも言えるカレールゥに仕上がり、ローレルやタイムなど海鮮料理と相性の良いスパイスをバランス良く利かせ、さらに具材にもイカや魚肉練り製品を使用したことで魚介の旨味が際立ち、ベースとなるカレーの美味しさ、そして後味すっきりとしたスパイス感やシーフードならではの旨味や風味がバランス良く融合され、まさに本格感のある味わいが気軽に楽しめる香り豊かな一杯となっていました!
これは特に、ポークをベースにしたコク深いカレールゥに海鮮系と相性の良い本格スパイスを使用した香り豊かなシーフードカレーをふっくらとしたライスとともにじっくりと味わいたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は簡単調理で本格カレーが楽しめるお馴染み“カレーメシ”の大変好評だったフレーバーが3年ぶりに復活した新商品で、ポークをベースに海鮮料理と相性の良い本格スパイスを配合し、魚介の旨味や風味をバランス良く利かせたことによって幅広い層に好まれるシーフードカレーに仕上げ、スパイス感溢れる香り豊かなテイストがたっぷりと楽しめる一杯、「カレーメシ シーフード」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

カレーメシ シーフード

今回ご紹介するカップライスは、お馴染み“カレーメシ”の新商品ということで、以前発売されていた際に大変好評で、販売終了後も再販の要望を多く寄せられたことで3年ぶりの復活を果たしたフレーバーであり、ポークをベースに海鮮料理と相性抜群な本格スパイスや魚介の旨味を凝縮したことによって香り豊かなコク深いカレールゥに仕上がり、まさに幅広い層に好まれるシーフードカレーがふっくらとした食感のライスとともに楽しめる一杯、“カレーメシ シーフード”となっています。

ご覧の通りフタの方には…“お召し上がりの直前に、グルグルとかき混ぜてください。”と記載されているように、この“カレーメシ”シリーズは混ぜれば混ぜるほどカレー特有の“とろみ”が付くように、今回のフレーバーも同じく海鮮の旨味・本格スパイスが全体に広がり、割とドロッとした本格カレールゥが楽しめる一杯ですので、いただく前にしっかりと混ぜてください。

ちなみに、この“カレーメシ”シリーズはこれまでも以下のようなフレーバーが発売されており、定期的に新商品が登場しているものの…今回は比較的久しぶりの登場となっています!しかし改めて見てみるとカレーはカレーでも実に様々なテイストが存在しますね!これはまだまだ今後の商品展開にも期待できるのではないでしょうか?

それでは、今回の“カレーメシ シーフード”がどれほどポークの旨味をベースに魚介系の旨味を利かせたシーフードカレーならではの味わい深いカレールゥに仕上がっているのか?ローレルやタイムといった海鮮料理と相性の良い本格スパイスを配合したスパイシーな香りとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもふっくらとした表面としっかりとした芯を感じさせるライスとの相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り442kcalとなっております。(塩分は2.9g)

カロリーは、カップライスということで思ったよりも低い数値というわけではなく、しっかりとした食べ応えなんかも感じさせますが、一方で塩分はかなり低めの数値となっています。
ちなみに1食当たり104g、ライスの量は公式ページを参考にすると69gとのこと。

このように食べ応えのある一杯で魚介の旨味を利かせた本格的な味わい、そして塩分控えめという点がまた良いですね!この“カレーメシ”は当然麺とはまた違った満腹感がありますから、これひとつで十分満足することもでき、ある意味大変リーズナブルな一杯とも言えるでしょう!

原材料について

では原材料も見てみます。

カレールゥには、豚脂や小麦粉をはじめ…

  • オニオンパウダー
  • 魚介調味料
  • カレー粉
  • 食塩
  • 乳等を主要原料とする食品
  • 魚醤
  • トマトパウダー
  • 香辛料
  • 牛脂

といった、ポークをベースに海鮮料理と相性抜群なローレルやタイムなど本格スパイスや魚介の旨味をバランス良く合わせ、香り豊かなシーフードカレーを表現、そこに食感の良いライスが相性良くマッチしたことで食欲をしっかりと満たし、まさに幅広い層に好まれる味わいを想像させる材料が並びます。

また、以前発売されていた“カレーメシ シーフード”と比較してみても香味油の代わりに牛脂が使用されている程度なので味の方向性はほぼ変わらずといったところでしょう!(2016年8月29日に発売されて3年ぶりの復活ということは…恐らく2019年辺りまでは取り扱いされていたものと思われます。)

JANコード4902105947135
原材料名

ライス(米(国産)、乳化油脂、食塩)、カレールゥ(豚脂、小麦粉、砂糖、オニオンパウダー、魚介調味料、カレー粉、食塩、乳等を主要原料とする食品、魚醤、トマトパウダー、香辛料、牛脂)、にんじん、いか、魚肉練り製品/調味料(アミノ酸等)、トレハロース、増粘剤(加工でん粉)、カラメル色素、乳化剤、香料、リン酸塩(Na)、酸化防止剤(ビタミンE)、ベニコウジ色素、香辛料抽出物、カロチノイド色素、(一部にかに・小麦・乳成分・いか・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (104g) 当たり]
熱量442kcal
たんぱく質7.6g
脂質13.2g
炭水化物73.3g
食塩相当量2.9g

引用元:日清カレーメシ シーフード | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りすでに大きなカレーブロックなどが入っていて、具材には…

  • 人参
  • イカ
  • 魚肉練り製品(カニ風味かまぼこ)

が入っています。

ちなみに少し確認しにくいかもしれませんが、魚介ならではの風味豊かなイカや魚肉練り製品はやや小ぶりながらも使用されている数に関しては全く物足りなさを感じさせない仕様となっています!

さらに、シャカシャカとした音が心地良いライスは、ご覧の通り表面ふっくら・芯のある食感を思わせる仕様となっていて、これが本格的なカレールゥとも合うんですよね!今回も安定感のある美味しさとともに食感の良いライスが楽しめそうです!

調理してみた

では一応調理方法を見てみると…

  1. フタを矢印の箇所まで剥がす
  2. 熱湯をゆっくりとまんべんなく注ぐ
  3. フタをして5分待つ
  4. フタを剥がし、円を描くようにグルグルとかき混ぜる
  5. ルゥが溶けて、ほんのり“とろみ”がついたら完成

とのことで、注意点としては従来の“カレーメシ”同様カップライス特有のお湯を注ぐと気泡が出てくるため、ゆっくりと回しながら入れ、5分後はしっかりと混ぜるという点ですね!

この辺りは先ほどもお伝えした通り混ぜれば混ぜるほど旨味や本格感のあるスパイスが広がっていき、“とろみ”も付きますから、しっかりと容器底から混ぜ合わせると良いでしょう!

一方こちらには、“よく混ぜると無駄にウマイぜ!”と記載されているように、先ほどのカレーブロックがしっかりと溶け込むことによってカレーならではの“とろみ”が付いたことで魚介の旨味を利かせた濃厚でコク深い味わいがたっぷりと楽しむことができ、今回はなんと言っても3年ぶりに復活した大人気のフレーバーですから、恐らく間違いない旨味・風味が相性良くカレールゥに馴染んだ仕上がりに期待できそうです!

ということでさっそく熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:230ml)
そして出来上がりがこちら!
※この気泡は容器にも記載されていたように米から出るもので特に問題ありません。

ご覧の通り気泡で仕上がりがよく確認できない状態となっているんですが…実際にはしっかりとお湯を吸ったことでライスにふっくらとした食感が加わり、ポークをベースに海鮮料理と相性抜群な本格スパイスや魚介の旨味をバランス良く利かせた香り豊かなシーフードカレーが楽しめる後味すっきりとした最後まで飽きの来ない一杯…といった印象の出来上がりです。

また、この状態ではまだまだ先ほどのカレーブロックが溶け切っていない状態ですので、しっかりと混ぜて全体に馴染ませていきましょう!

そしてグルグルとよーく混ぜていくと…徐々にカレールゥも溶けて“とろみ”も付いてきますから、お好みの加減で調整していただきましょう!

この辺りに関しては、食べ進めていくに連れて“とろみ”も増していくものと思われますので…カレールゥが溶けきったら食べはじめても問題ないかと思われます!

そして、全体にカレールゥが馴染むと…風味としてはスパイシーな香辛料だけでなく食欲そそる魚介系ならではの香りが印象的で、ポークの旨味を利かせたことによってシーフードカレーにコクのある“とろみ”が付き、濃厚とも言える旨味が凝縮されているようにも感じられ、改めて魚介系×カレーといった相性の良さが伝わってきます!

というのも王道のカレールゥと聞くとやはりポークなど動物系の旨味をベースに本格スパイスを利かせたコク深いテイストをイメージさせるんですが、今回の“日清カレーメシ シーフード”に関しては文字通り魚介の旨味が加わっていますから、個人的にあまり食べ慣れていないせいか仕上がりが若干心配だったものの…海鮮料理と相性の良いスパイスを使用したことで想像以上に魚介系の旨味がスパイシーなカレールゥと絶妙にマッチし、再販の要望が多かっただけあって全体のバランスは非常に良いですね!

しかも具材に使用されているイカや“魚肉練り製品”からも良い旨味が滲み出し、食べ進めていくに連れて染み渡る美味しさも増していく…そんな満足度の高い“シーフードカレー”が表現され、さらにスパイシーな本格香辛料がちょうど良いアクセントとなり、後味すっきりとした味わいへと際立たせているものと思われます!

食べてみた感想

一口食べてみると…やはり魚介の旨味はしっかりと感じられるものの、海鮮料理と相性の良い本格スパイスを利かせただけあってコク深いカレールゥとも絶妙に馴染み、香り豊かな仕上がりは想像以上に美味しいですね!

もちろんカレーならではのスパイスも利いていてポークの旨味が物足りなさを感じさせることもなく、ドロッとたルゥによって旨味はかなり強く感じられます!これは誰もが好むテイストと言って良いのではないでしょうか?

また、気になるスパイスの利かせ具合については決して辛いわけではなく、魚介の旨味を利かせたカレールゥに後味すっきりとした雰囲気ある香りやアクセントをプラスしているようで、それによってやみつき感のあるシーフード系のテイストを表現、まさに最後まで飽きの来ないシーフードカレーならではの味わいがうまくカレーメシ流に再現され、染み渡るかのような旨味がクセになります!

ライスについて

ライスは、ご覧の通り表面ふっくら・芯のある食感に仕上がり、食べ進めていってもカレールゥを吸うことなく最後までベチャっとした感じにならない辺りが個人的には好印象で、カップライスとは思えないほどクオリティの高い食感として楽しむことができます!

そんなライスには、ポークをベースに海鮮料理と相性の良い本格スパイスや魚介の旨味をバランス良く利かせたコク深いカレールゥがよく絡み、一口ずつに王道を行く濃厚な味わいや香り豊かな魚介出汁特有の染み渡るかのような旨味などが口いっぱいに広がっていき、本格感のある香辛料を使用したことによるスパイシーな風味や魚介系の香りが後味良く抜けていきます!…というかこのスパイスや魚介の利かせ具合が非常にバランス良いですね!この旨味に旨味を重ねた重厚な味わいは幅広い層に好まれる一杯であることに間違いありません!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“魚肉練り製品(かに風味かまぼこ)”が入っていて、やや小ぶりではありますが、じっくりと味わってみると…噛み応えも非常に良く、しっかりと味付けが施された魚介の旨味がじゅわっと滲み出す美味しい仕上がりとなっていたため、カレールゥと馴染ませながら食べ進め、後ほど食感の良いライスと一緒に絡めていただくと…より一層魚介の旨味が増して楽しめるかと思われます!

また、こちらのイカもやや小ぶりではありますが…噛むほどに旨味が滲み出すシーフード系の旨味を引き立てる具材として今回の“カレーメシ シーフード”と相性良く馴染み、香り豊かな魚介の旨味としてさり気なく添えられています!(ただ…若干少なめです。)

他にもこちらの人参が使用されていて、かなり小ぶりではありますが、思いのほか食感は良く、じっくりと味わってみると…素材本来の味わいなんかもしっかりと伝わるカレーテイストと相性の良い具材となっています!

カレールゥについて

カレールゥは、先ほどもお伝えした通りポークの旨味をベースに海鮮料理と相性抜群な本格スパイスや魚介の旨味をバランス良く合わせたコク深くも染み渡る味わいに仕上がり、この本格スパイスによってちょうど良いアクセントがプラスされ、旨味溢れるシーフードカレーのバランスが臨場感高く際立ち、やや“とろみ”がありつつも“くどさ”といった印象は全くなく、最後まで飽きることのない本格感のあるテイストとなっています!

そして、しっかりと混ぜながら食べ進めていることで徐々に“とろみ”が際立ってくため、最初はルゥが完全に溶けきった程度で食べ進めていくのがちょうど良く、後半にもなるとドロッとしたカレールゥに仕上がり、少しずつ全体を馴染ませながらいただいても十分スパイシーなシーフードカレーならではの味わいが楽しめるのではないでしょうか?

また、ドロッとしているとは言え…単純に濃厚感だけが際立っているわけではなく、ポークをベースに数種類ものスパイスや魚介の旨味をバランス良く利かせた後味の良いスパイシーな美味しさが楽しめることに間違いありません!

ちなみに気になる辛さの方はというと…容器側面に“中辛”と記載されていたように魚介系の旨味と相性抜群な本格スパイスが利いているにも関わらず辛さはなく、ちょうど良いアクセント程度のスパイス感のあるアクセントが加わっていましたので、必要であればカレールゥにぴったりな香辛料を予め用意しておいても良いかもしれませんね!(デフォルトでも十分キリッとした辛さ・スパイスが利いていたため美味しくいただけるかと思われます。)

このように、今回の“カレーメシ シーフード”は、ポークをベースにローレルやタイムなどの海鮮料理と相性抜群な本格スパイスや魚介の旨味をバランス良く合わせたことで香り豊かなシーフードカレーを臨場感高く表現し、そこにふっくらとした食感のライスと絶妙にマッチしたことで食欲をガツンと満たしてくれる想像以上に本格感のある一杯となっていたため、お好みによってはガラムマサラやチリペッパーなど各種香辛料で辛さを調整し、自分好みのやみつき感のあるシーフードカレーに調整して味わってみても良いでしょう!

まとめ

今回「カレーメシ シーフード」を食べてみて、以前2016年8月29日に発売されて以来好評だったというフレーバーが販売終了後も多くの再販要望の声によって3年ぶりの復活を果たした一杯には、ポークの旨味をベースに本格スパイスや魚介の旨味を利かせたことでコク深く香り豊かなシーフードカレーに仕上がり、王道とも言えるカレーメシの味わいに染み渡る魚介出汁が加わったことでやみつき感のある美味しさに際立ち、魚介系ならではの後味すっきりとしたルゥが食感の良いライスとともに満足度高く楽しめるスパイシーな一杯となっていました!

やはりカレールゥはもちろん、魚介系の旨味を利かせたカレーメシもまた美味しいですね!具材にもイカや“かに風味かまぼこ”が使用されたことで風味からも食欲をそそられ、しかもふっくらとしたライスを使用したことで麺とは違った満腹感がありますから、この一杯だけでも十分食欲が満たされるだけのボリューム感があり、カレールゥの美味しさも同時に楽しめるとあって復活を喜んでいる方も多いのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!