でかまる

でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン!後味の良い塩スープにバターが香るコク深い一杯

でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン

でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン」を食べてみました。(2020年11月16日リニューアル発売・東洋水産)

この商品は、“うまい大盛”をコンセプトにしたボリューム感抜群なカップ麺でお馴染み“でかまる”シリーズの新商品ということで、今回は今年で発売30周年を迎える“でかまる”を記念して、毎年この時期発売されている好評の一杯に使用されている具材のひとつ“皮付きじゃがいも”を30%増量し、ボリューム感をアップした食べ応えのある一杯が登場です!

それも…ポークとチキンの旨味をベースに後入れタイプの“バター風キューブ”によってこの時期にもぴったりなコク深い塩バター風味のスープに仕上げ、さらに野菜と魚介の旨味を加えたことにで最後まで飽きることのないすっきりとした後味の良さを表現した一杯、“でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン”となっております。(税抜き220円)

ご覧の通り、パッケージには“30%増量!※2018年発売品比”、“皮付きじゃがいも”と記載されているように、今回の商品は以前から毎年この時期に発売されているお馴染みのカップ麺であり、この“皮付きじゃがいも”にぴったりなバターコーンの味わいを最後まで飽きることなく楽しめる塩味のスープによって“くどさ”などを全く感じさせることなくストレートに素材の旨味が楽しめるボリューム感抜群な一杯のようですね!

その特徴としては、上記のようにポークとチキンの旨味をベースに野菜や魚介など様々な旨味を合わせ、そこにコク深さを際立たせる風味豊かな“後入れバター風キューブ”を加え、それだけでも十分体温まる深みのある味わいが表現されているにもかかわらず、さらに具材としてたっぷりと使用されたコーンと“皮付きじゃがいも”からも塩ラーメンと相性の良い旨味が滲み出す満足度の高い“でかまる”シリーズらしいフレーバーです!

そして、なんと言っても“でかまる”30周年を記念して具材に使用されているバターとの相性抜群な“皮付きじゃがいも”が30%も増量されているとのことですので、ホクホクなじゃがいもの味わいが皮付きならではの食感でたっぷりと楽しめ、さらに香り立つバターコーンの風味が臨場感高く楽しめる仕上がりとのこと!

一方こちらには、ポークやチキンを利かせた後味すっきりとした塩ベースのスープにバターコーンがコクと風味を引き立てる仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…ポテト・コーン・ねぎ・ごまが使用されているようです!

また、商品名としては“じゃがバター風味コーン塩ラーメン”ということで、バターコーン…と聞くともの凄く“くどさ”を感じさせるイメージなんですが、今回の一杯は魚介や野菜の旨味も合わせ、あくまでバターは風味付けのように香り立つ塩ベースのスープですので、こってり感よりも意外にもキレの良い口当たりやすっきりとした後味が印象的な仕上がりに期待できそうです!

他にも特徴として…麺には丸刃・太麺仕様の食感滑らかで“でかまる”シリーズらしい90gの大盛り仕様といった食べ応え抜群な油揚げ麺が採用されていて、それによってバター風味香るコク深くまろやかな塩スープがしっかりと絡み、一口ずつに様々な旨味が絡み合うキレの良い口当たりと深みのあるコク深いスープが染み渡る満足度高い味わいがじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

商品名からは想像も付かないほど後味すっきりとした塩ベースのスープには、ポークやチキンなどの旨味がしっかりとスープの味わいを引き立たせ、さらにバター特有の風味がふんわりと香り立ち、なんと言ってもバターとの相性抜群な“皮付きじゃがいも”が弾力ある麺とともにしっかりとした食べ応えを感じさせるシリーズらしいガッツリ系の一杯となっていました!
これは特に、優しいバター風味が香る後味すっきりとした塩スープに物足りなさを感じさせない旨味がしっかりと利き、最後まで飽きの来ない風味豊かな一杯を気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“でかまる”30周年を記念して具材に使用されている“皮付きじゃがいも”を30%増量し、バターの風味が香る後味すっきりとした塩ベースの一杯、「でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

【追記】この商品は、ガーリックの風味をプラスして「でかまる ガーリック系じゃがバター味コーン塩ラーメン」として2020年11月16日にリニューアル発売されています!

でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“でかまる”シリーズの新商品ということで、シリーズ30周年を記念して使用している“皮付きじゃがいも”を昨年発売されていたものよりも30%増量してシリーズらしい“うまい大盛り”に際立った風味豊かな一杯、“でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン”となっています。

でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン パッケージ

ご覧の通り、“でかまる”シリーズお馴染みの“バケツ型”のパッケージ側面には、“うまい大盛の秘訣”として…

  1. 見た目も楽しめる、後入れバター風キューブ入り
  2. 皮付きじゃがいもを加えた、コクのある塩バター風味のスープ
  3. スープによくからみ、食べ応えのある中太麺

といった特徴が記載されていて、これによるとバターとの相性抜群な“皮付きじゃがいも”、そして後味すっきりとしたコクのある塩ベースのスープを兼ね備えた一杯で、そこに中太麺が加わったことで旨味・風味が同時に楽しめるしっかりとした食べ応えを表現した仕上がりのようです!

ちなみに、今回はポークをベースに赤味噌・白味噌をバランス良く配合したことでクセになる味わいでお馴染み“でかまる バリシャキ!もやし味噌ラーメン”が30周年記念パッケージとして改めて発売されています!

これによって現在の“でかまる”シリーズのラインアップは、今回の“でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン”と2商品のみとなっていて、以前ご紹介した“でかまる ねぎ塩豚(2019年7月8日発売)”や“でかまる いきなり!焼そば(2019年8月5日発売)”は外されているようですね!

それでは、今回の“でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン”がどれほどポークやチキン、魚介や野菜などの旨味が凝縮された仕上がりとなっているのか?後入れタイプのバターキューブによるコク深さや塩スープとの兼ね合い、30%増量となった“皮付きじゃがいも”の食感はもちろん、なんと言っても中太・丸刃仕様の食べ応え抜群な麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り529kcal(めん・かやく457kcal / スープ72kcal)となっております。(塩分は6.0g)

カロリーは、シリーズらしい割と高めな数値のようで、塩分も同じく若干高めな数値となっています!
ちなみに1食当たり116g、麺の量は90gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープは72kcalと塩スープの後味すっきりとした仕上がりの割に若干高めにも感じられる数値となっているため、バターを加えたことによるものなのか?それとも素材の旨味を活かした仕上がりなのか?どれほどコク深い仕上がりとなっているのか?この辺りに関しても気になるところではないでしょうか?

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、油脂加工品やポークエキスをはじめ…

  • 豚脂
  • 香辛料
  • 粉末野菜
  • チキンエキス
  • 魚介エキス

といった、ポークやチキンをベースに後味すっきりとした塩スープに魚介や野菜の旨味が味わいを絶妙に引き立て、そこにバター風キューブを加えることによってコク深さをプラスし、風味豊かなキレとコクが十二分に楽しめる味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…卵黄や香辛料、粉末野菜などほんのりと味付けが施されているようにも感じられる仕様となっているようです!

JANコード4901990364737
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩、植物性たん白、卵黄、香辛料、粉末野菜、砂糖)、添付調味料(油脂加工品、ポークエキス、食塩、ごま、豚脂、香辛料、粉末野菜、チキンエキス、砂糖、たん白加水分解物、ねぎ、魚介エキス)、かやく(ポテト、コーン)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、増粘多糖類、香料、かんすい、トレハロース、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、紅麹色素、カラメル色素、ビタミンB2、ビタミンB1、アナトー色素、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (116g) 当たり]
熱量529kcal
めん・かやく: 457kcal
スープ: 72kcal
たんぱく質9.9g
脂質25.1g
炭水化物65.8g
食塩相当量6.0g
めん・かやく: 1.8g
スープ: 4.2g
ビタミンB10.35mg
ビタミンB20.37mg
カルシウム232mg

引用元:でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン | 商品情報 – 東洋水産株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープ、かやく、バター風キューブといった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料など3パックとなっていて、特にカップ麺としては珍しい“バター風キューブ”が印象的で、粉末スープはそこまで量は多くないようです!

また、ご覧の通り今回30%増量となった“皮付きじゃがいも”がすでに入っていて、麺は中太・丸刃仕様のつるっと滑らかな食感が印象的な“でかまる”シリーズらしいしっかりとした食べ応えが楽しめそうです!

さらに、使用されている“皮付きじゃがいも”はしっかりとその様子が確認することができ、皮付きならではの食感やじゃがいも特有のホクホク感なんかにも期待したいところ。。

調理してみた

ではまず、粉末スープとかやくを入れてみます。
こちらの“かやく”には、コーンのみが入っています。

そして、まだこの時点では特徴ある風味などは確認できないようですね!

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:530ml)
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの“皮付きじゃがいも”が良い感じにふっくらとした仕上がりとなり、粉末スープが溶けたことで、すでにバターの良い香りが漂う風味豊かな一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染み、最後に先ほどの“バター風キューブ”を添えて完成となります!

見た感じからは…バターとコーンによるこってり感と言うんでしょうか?多少“くどさ”をイメージされる方もいらっしゃるかもしれませんが…実際には全くそんなこともなく、塩ベースのスープということもあって仕上がり自体は非常にさらっとした状態となり、むしろキレの良い塩味のフレーバーにバターが香り、ほどよいコクを加えた仕上がりといったスープとなっているようです!

また、この塩ベースのスープには…原材料にも記載されていた通りポークやチキン、魚介や野菜など様々な旨味をバランス良く利かせているとのことでしたので、キレの良い口当たりや後味のすっきり感が物足りなさを感じさせない味わいを表現しているものと思われます!

では、こちら熱々のスープにささっとくぐらせてみると…スープに風味とコクが引き立ち、“くどさ”のないバター特有の香りが一気に広がっていきます!

食べてみた感想

一口食べてみると…塩ベースのスープとのことでしたが、想像以上にキレの良さとすっきりとした後味の良さが際立ち、特にバターは旨味としてではなく風味として香るため、味わいそのものがミルキーでドロッとした仕上がりというわけではなく、非常にさらっとした軽やかなスープに仕上がっています!

そのため、バターコーンといった濃厚な味わいではなく、あくまで風味として甘みのあるバター風味が香り立ち、ベースとなる塩スープにはポークやチキン、さらに魚介や野菜の旨味を利かせたことで、軽やかな割に旨味もしっかりと楽しめ、そこに“皮付きじゃがいも”との相性抜群なバターが香る絶妙なバランスとして“じゃがバター風味コーン塩ラーメン”を表現しているようですね!ここまで後味すっきりとしているとは…意外でした!

麺について

麺は、ご覧の通り中太・丸刃仕様による食感滑らかでほどよくウェーブがかったことで、スープとの絡みも良く、中太ならではの弾力とコシが表現された食べ応え抜群な仕上がりとなっています!

そんな麺には…塩スープにポークやチキン、魚介や野菜など実にたっぷりと旨味を利かせたことで、あっさりとしている割に全く物足りなさを感じさせないバター風味香るコク深いスープがよく絡み、一口ずつにキレの良い旨味を利かせた後味の良い味わいが口いっぱいに広がっていき、バター特有の甘みが塩スープを引き立てる風味豊かな香りが後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、なんと言ってもこちら今回“でかまる”30周年を記念して30%増量した“皮付きじゃがいも”がたっぷりと使用されていて、皮付きならではの食感や旨味、そしてじゃがいも特有のホクホク感が相性抜群なバター風味と楽しめる具材となっていて、食べはじめは若干湯戻りも完全ではないようでしたので、まずはスープ底に沈めておき、ちょうど良いホクホク感に仕上がったところを麺と一緒に絡めて楽しんでみると良いでしょう!

また、こちらのコーンは…すでにおわかりの通りバターとの相性が非常に良く、素材の旨味をうまく活かした風味や塩スープにぴったりなほどよいコクを引き立て、今回の一杯には欠かせない具材のひとつとして彩り良く添えられています!

スープについて

スープは、まずポークやチキンを利かせた塩スープとのことで、脂っこさや旨味としての主張は決して強くはなく、あくまで後味すっきりとした塩スープを引き立て、さらに魚介や野菜の旨味も合わせたことによってさらっとしたスープにもかかわらず物足りなさは全くなく、そこにバター特有のコクを感じさせる風味がふんわりと香り、相性の良い厚みのある味わいを表現しています!

そのため、飲み口は非常にシャープな仕上がりで、後味もすっきりとした印象のスープとなっているんですが、しっかりと旨味を利かせ、さらにバターとコーンの甘み・旨味が香り立つことでバランスの良い飽きの来ない一杯となり、“皮付きじゃがいも”の素材本来の味わいを引き立てる絶妙な組み合わせとなっているようです!

ただ、原材料の先頭に“油脂加工品”といった材料が確認できたため、ご覧の通り若干まろやかさが塩スープに加わった白濁とした仕上がりですが、バターの風味を引き立てる程度となっています!

また、食べ進めていくに連れて“皮付きじゃがいも”の旨味もスープに滲み出し、さらにさりげなく使用されている“ごま”ならではの香ばしさなんかもバターの風味を美味しく引き立て、旨味を凝縮させたあっさりとした塩スープと甘み・コクを感じさせるバターの風味が相性良く馴染んだことによって不思議と最後まで飽きることもなく食べ応え抜群な麺を旨味・風味とともにじっくりと楽しめるでしょう!

このように、今回の“でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン”は、ポークやチキンなどの旨味をしっかりと利かせたことによって物足りなさを感じさせない後味すっきりとした塩スープに仕上がり、そこにコーンや“皮付きじゃがいも”との相性抜群なバターの風味が香り立つことで、“くどさ”のない美味しさが塩スープならではの仕上がりによって表現されていたため、お好みによっては胡椒などの香辛料をちょい足ししてみたり、そもそもの“バター風キューブ”を少しずつ味を確かめながら加えていっても良いかもしれません!

まとめ

今回「でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン」を食べてみて、商品名だけを聞くと割と“くどさ”を感じさせる仕上がりのようにも思われるかもしれませんが、スープ自体は塩ベース、そしてしっかりとポークやチキンなどの旨味を利かせ、あくまでバターは風味付けとしてスープにマッチし、むしろキレの良い口当たりとすっきりとした後味の良さは、最後まで飽きの来ない風味豊かな仕上がりとなり、今回30%増量となった“皮付きじゃがいも”の味わいなんかも楽しめる絶妙な一杯となっていました!

個人的にはもっと濃厚でも良かったような気もしたくらい後味すっきりとした味わいがクセになるフレーバーとなっていたため、想像以上に幅広い層に好まれる味わいと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!