どん兵衛

日清の汁なしどん兵衛 濃い濃い濃厚ソース焼うどん【発売45周年記念】ソースを合わせた濃厚な一杯

日清の汁なしどん兵衛 濃い濃い濃厚ソース焼うどん

日清の汁なしどん兵衛 濃い濃い濃厚ソース焼うどん」を食べてみました。(2021年5月10日発売・日清食品)

この商品は、1976年に発売された超人気シリーズ“日清焼そばU.F.O.”と“日清のどん兵衛”の発売45周年を記念したコラボ商品ということで、今回はそれぞれの美味しさを入れ替えて作ってみたら美味しかった!という…“日清焼そばU.F.O.”ならではの“濃い濃い濃厚ソース”で仕上げた味わい深い“ソース焼うどん”が登場です!

それも…シリーズらしい非常に濃いめの味わいが表現された“濃い濃い濃厚ソース”が厚みもあり幅広なもっちりとした弾力の太い“うどん”によく絡み、七味や青のり、紅生姜を含む“U.F.O.ふりかけ”を加えることによって“焼そばU.F.O.”らしい濃厚な味わいを汁なしの“焼うどん”として楽しめる意外性の高い新感覚の一杯、“日清の汁なしどん兵衛 濃い濃い濃厚ソース焼うどん”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通り、パッケージには“どん兵衛を「焼そばU.F.O.」のソースで作ったらうまかった件。”と記載されているように、ちょっと混乱しそうになるんですが…要は濃厚なソースの旨味に定評のある“日清焼そばU.F.O.”ならではの美味しさを“うどん”と合わせた“ソース焼うどん”ということで、今回は“日清のどん兵衛”の染み渡る出汁の旨味が利いた“和風つゆ”ではなく濃厚なソースが印象的な“焼うどん”です!!

また、こちらには“45周年限定商品 ANNIVERSARY”と記載されているように、日清食品が提供する人気ブランド同士のコラボ商品ということで“日清焼そばU.F.O.”は1976年5月に登場、そして“日清のどん兵衛”は1976年8月に登場し、今年2021年でともに45周年を迎えるという…今でも様々なフレーバーが登場するロングセラーシリーズであり、特に今年は面白いフレーバーが次々と登場するような気もしますね!今後の商品展開も非常に楽しみなところ!

一方こちらには…濃厚なソースがシリーズらしい厚みもあり幅広な“うどん”に相性良く馴染み、さらにピリッとした七味や風味豊かな青のり、紅生姜を含む“U.F.O.ふりかけ”がちょうど良いアクセントや味にメリハリを加えたことによって、いつもとはひと味違った美味しさが楽しめる濃いめの仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…キャベツ・味付豚肉が使用されているようです!
※“ふりかけ”には…青のり・七味唐辛子・紅生姜が入っています。

他にも特徴として…麺は“日清のどん兵衛”シリーズお馴染みの厚みもあり幅広なもっちりとした弾力が心地良い太めの“うどん”が採用されており、“焼そばU.F.O.”ならではの“濃い濃い濃厚ソース”がしっかりと絡むことで香ばしく旨味溢れる味わいが口いっぱいに広がっていき、さらに別添されている“U.F.O.ふりかけ”に含まれる七味や青のり、紅生姜がちょうど良いメリハリのある味わいに引き立て、まさにキレ・コクがバランス良く融合された濃厚な“濃い濃い濃厚ソース”でいただく“焼うどん”が最後まで飽きることなく思う存分たっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

シリーズらしいもっちりとした幅広な“うどん”に“濃い濃い濃厚ソース”がしっかりとコーティングされ、さらに別添された“U.F.O.ふりかけ”に含まれる七味唐辛子や青のり、紅生姜を加えることによって濃厚ながらも後味の良さが際立ち、ソースでいただく“焼うどん”といった真新しさは感じられたものの…単純に“焼そばU.F.O.”の濃いめのソースを“うどん”で味わっているだけ、といったもう一工夫が欲しかったところでしたが、さすがにこういった組み合わせのフレーバーはありませんでしたから、新感覚とも言える仕上がりで最後まで全く飽きの来ない濃いめのソースが味わえる一杯となっていました!
これは特に、お馴染みの太い“うどん”が“U.F.O.”らしさを感じさせる“濃い濃い濃厚ソース”に絡む汁なしタイプの“焼うどん”としてたっぷりと味わいたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み鰹出汁を利かせたテイストではなく、“焼そばU.F.O.”の“濃い濃い濃厚ソース”がシリーズらしいもっちりとした太い“うどん”に絡み、“青のり”の風味やピリッとした七味のアクセントが加わったことで最後まで飽きの来ない濃厚な“焼うどん”に仕上がり、コラボ記念商品らしくそれぞれの特徴を入れ替えて作ってみたら想像以上に美味しかった一杯、「日清の汁なしどん兵衛 濃い濃い濃厚ソース焼うどん」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日清の汁なしどん兵衛 濃い濃い濃厚ソース焼うどん

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“日清のどん兵衛”シリーズの新商品ということで、同シリーズと同じ年に誕生した日清食品の人気シリーズ“日清焼そばU.F.O.”との45周年を記念するコラボ商品によって互いの美味しさを入れ替えて作ってみたら思っていた以上に美味しかったという…濃厚なソースが太い“うどん”にしっかりと絡み、別添されている“U.F.O.ふりかけ”に含まれる七味や青のり、紅生姜によるアクセントによって最後まで飽きの来ないテイストに仕立て上げ、まさにいつもとはひと味違った濃厚な“焼うどん”がたっぷりと楽しめる汁なしタイプの一杯、“日清の汁なしどん兵衛 濃い濃い濃厚ソース焼うどん”となっています。

ご覧の通りパッケージにはお馴染み“日清のどん兵衛”ならではの色使いに“日清焼そばU.F.O.”らしい赤い色合いなどが加えられ、これまでも様々な美味しさを再現・取り入れたフレーバーなんかも発売されていましたが、さすがに今回のように和風出汁ではなく“日清焼そばU.F.O.”の“濃い濃い濃厚ソース”を合わせたテイストは初めてですので、初見は若干の違和感を感じさせますね…笑

日清の汁なしどん兵衛 濃い濃い濃厚ソース焼うどん パッケージ

ちなみにこの“日清のどん兵衛”は、1976年から発売されている“和風カップ麺”カテゴリーでNo.1の売上を誇るロングセラーブランドです!
※インテージSRIカップインスタント麺市場 丼型うどん・そばカテゴリー 2020年1月〜12月、どん兵衛ブランド累計販売金額(全国、全業態)

また、この“日清のどん兵衛”の“汁なし”タイプで言うと…最近では以下のような商品が発売されており、2021年2月から割と久しぶりの新フレーバーということになります。

特にこのシリーズの仕上がりは総じて素晴らしく、本格感のある出汁の旨味など素材本来の美味しさを活かしたことで最後まで飽きさせない美味しさに定評があり、麺なんかも弾力のあるもっちりとした“うどん”や風味豊かな蕎麦が採用され…各種食感なんかもクセになるんですよね!この辺りに関してはこれまで発売されてきた各種フレーバーが非常にクオリティ高く、個人的にもかなり好みのシリーズですので、今回もまた“日清焼そばU.F.O.”とのコラボということでそれぞれの美味しさを入れ替えた見た目と味のギャップに驚かされる旨味溢れる一杯に間違いないでしょう!

…というか、そもそも“ソース焼うどん”ってあまり聞き慣れませんが、実際にレシピなどを探してみると意外と多く公開されているようで、シリーズとしては初とも言えるテイストながらも、そこまで奇抜なフレーバーというわけではないようですね!

そして今回は、それぞれの美味しさを入れ替えて作ってみたということで、“日清のどん兵衛”ならではの鰹出汁を利かせた“醤油つゆ”を活かして“きつね焼そば”を表現した一杯、“日清焼そばU.F.O. だし醤油きつね焼そば”も同時発売されています!

それでは、今回の“日清の汁なしどん兵衛 濃い濃い濃厚ソース焼うどん”がどれほど“焼そばU.F.O.”を感じさせる“濃い濃い濃厚ソース”を利かせた風味豊かな味わいに仕上がっているのか?別添されている“U.F.O.ふりかけ”を加えることによる風味やピリッとしたアクセントとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても厚みもあり幅広な太い“うどん”との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り430kcalとなっております。(塩分は3.7g)

カロリーは、汁なしカップ麺という割に低めな数値のようで、塩分も同じく低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり100g、麺の量は74gとのこと。

また、今回の“日清の汁なしどん兵衛 濃い濃い濃厚ソース焼うどん”は“焼そばU.F.O.”ならではの“濃い濃い濃厚ソース”が表現されていますから、やや低めなカロリーを見てもわかるように…こってりとした印象は一切なく、素材の旨味や香辛料などをうまく活かした満足度の高い仕上がりをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、ソース調味料や植物油脂をはじめ…

  • 食塩
  • 香辛料
  • 香味調味料
  • ポーク調味料
  • ポーク調味油
  • 香味油

といった、ポークをベースに“焼そばU.F.O.”らしい濃厚なソースが“焼うどん”と絶妙にマッチし、さらに七味や青のり、紅生姜といった風味やピリッとしたアクセントが利いた深みのある味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…植物油脂や食塩、昆布エキスといった材料が使用されているようで、太い“うどん”にもほんのり味付けが施されていることが確認できますね!

JANコード4902105267653
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白、こんぶエキス、大豆食物繊維、糖類)、ソース(ソース調味料、糖類、植物油脂、還元水あめ、食塩、香辛料、香味調味料、ポーク調味料、ポーク調味油、たん白加水分解物、香味油)、かやく(キャベツ、味付豚肉)、ふりかけ(青のり、七味唐辛子、紅しょうが)/加工でん粉、カラメル色素、増粘剤(アラビアガム)、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、リン酸塩(Na)、香料、酸味料、グリセリン、ベニコウジ色素、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、乳化剤、炭酸Mg、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんご・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (102g) 当たり]
熱量430kcal
たんぱく質6.1g
脂質19.1g
炭水化物58.3g
食塩相当量3.7g
ビタミンB10.23mg
ビタミンB20.28mg
カルシウム167mg

引用元:日清の汁なしどん兵衛 濃い濃い濃厚ソース焼うどん | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り液体ソース、“U.F.O.ふりかけ”といった2つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特に液体ソースの方には“焼そばU.F.O.”を思わせるポークの旨味を利かせた“濃い濃い濃厚ソース”がたっぷりと含まれているようでしたので、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

また、麺はご覧の通り“日清のどん兵衛”シリーズならではのもっちりとした弾力とつるっと滑らかな食感が印象的な厚みもあり幅広・太めな“うどん”が今回も同じく採用されているようです!(今回は“焼うどん”ということもあって通常の太い“うどん”よりもさらに太く感じられますね。)

そしてその太い“うどん”の裏側には、具材として…キャベツ、味付豚肉がすでに入っています!

調理してみた

では熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:370ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの“うどん”や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に太い“うどん”に関してはもっちもちな弾力が加わり、“焼うどん”に相応しい食べ応え抜群な一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体ソースを加えていきます!
すると…“濃い濃い濃厚ソース”というだけあって非常に濃いめの色合いはもちろん、ほんのり“とろみ”が付いたことでポークの旨味を利かせたコク深く満足度の高いテイストであることが伝わって来ます!

そして、量も割と多めということですぐに容器底へと沈んでいき、それと同時に“濃い濃い濃厚ソース”ならではのふんわりと漂う香ばしいソースの風味が食欲を掻き立てていきます!これは完全に“焼そばU.F.O.”ですね…笑

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通り濃いめとは言っても粘度の高い状態というわけではありませんので、すんなりと太い“うどん”にも“濃い濃い濃厚ソース”が馴染んでいきます!

そしてソースが全体に馴染んだら、最後に“U.F.O.ふりかけ”を加えて完成となります!
こちらの“ふりかけ”には…七味や青のり、さらに紅生姜といった“焼そばU.F.O.”と“日清のどん兵衛”を掛け合わせたかのような材料が含まれており、これによって風味や後味の良さが際立ち、濃厚なソースを後味すっきりと際立たせ、最後まで飽きることなく楽しめるものと思われます!

こうして完成となるわけですが…どうしても汁なしということもあってボリューム感に欠ける仕上がりに見えるものの、食べ応え抜群な太い“うどん”が使用されていますから、その辺りに関しては全く申し分のない一杯と言えるのではないでしょうか?。というか“濃い濃い濃厚ソース”と2種類の具材、そして風味やピリッとしたアクセントが加えられたことで思っていたよりもメリハリのあるテイストに感じられますね!

また、このソースの風味によって“日清のどん兵衛”シリーズであることを一瞬忘れてしまいますね。。これは45周年を記念する限定商品としては非常に面白いフレーバーであり、この反響が良ければまた新たな商品展開なんかにも期待できそうですが、ソースを取り入れた和風テイストの味というはちょっと考えにくいので、そういった意味では今回で最後かもしれません。。

食べてみた感想

一口食べてみると…“どん兵衛”を“焼そばU.F.O.”のソースで作ってみたらどうなるんどう?と思っていましたが、単純にソース味の“汁なしどん兵衛”というだけでソース感がどうしても突出してしまいますね。。“U.F.O.ふりかけ”といった七味や青のり、紅生姜といったアクセントを利かせたことで“焼うどん”らしさを表現しているんでしょうけど、“濃い濃い濃厚ソース”の存在感が強すぎて…太い“うどん”で“焼そばU.F.O.”を食べているといった印象しか残りません。。

ただ、この発売45周年によって実現したこれまであり得なかったフレーバーは、ある意味面白いテイストではありますね!一瞬何を食べているのか混乱しますが…笑 これはこれでコラボ限定商品らしさがあって良いんじゃないでしょうか?(改めて“濃い濃い濃厚ソース”の濃さが伝わってきます。)

また、このソースの香ばしさが“焼うどん”らしさを引き立て、ポークを利かせた濃厚なテイストなんですが、七味や紅生姜といったピリッとしたアクセントが加わったことでちょうど良いメリハリが心地良く、最後まで全く飽きさせません!

麺について

麺は、ご覧の通り“日清のどん兵衛”シリーズらしいもっちりとした弾力や厚みのある幅広な太い“うどん”が採用されていて、心なしか“焼うどん”ということもあって…ずしっとした密度感があり、思ったよりもしっかりとした食べ応えを感じさせる仕上がりとなっています!

そんな太い“うどん”には…“焼そばU.F.O.”でお馴染みポークを利かせた“濃い濃い濃厚ソース”がよく絡み、一口ずつにシリーズらしい濃厚感とソースならではのほんのり酸味を利かせたコク深い味わいなどが口いっぱいに広がっていき、ほんのり漂う香ばしさが後味良く抜けていきます!…というか、どうしてもこの“濃い濃い濃厚ソース”の存在感が強いんですが、“U.F.O.ふりかけ”が良い仕事してますね!ピリッとした辛みなどのアクセントがちょうど良いメリハリをプラスしているようです!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚肉が入っていて、やや小さめにカットされているものの…じっくりと味わってみると、ほどよく味付けが施された上に、今回の“濃い濃い濃厚ソース”も吸ったことで肉の旨味が際立って感じられる仕上がり具合となっていたため、しっかりと全体に馴染ませて太い“うどん”と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が引き立って楽しめるのではないでしょうか?

また、こちらのキャベツは、シャキシャキとまではいかないものの、ほどよい食感を残した仕上がりとなっていて、今回の一杯にちょうど良いアクセントをプラスしているようです!

他にもこちらの“U.F.O.ふりかけ”に含まれる七味や青のり、紅生姜などがそれぞれ良い風味やピリッとしたアクセントをプラスし、濃厚な“濃い濃い濃厚ソース”にちょうど良いメリハリを加えたことで最後まで飽きさせません!特に紅生姜のピリッとした感じや青のりならではの磯の風味なんかはしっかりと感じられるため、割と手の込んだ仕様であることが伝わってくるかと思われます!

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通りポークの旨味をベースに“U.F.O.”らしさを感じさせる“濃い濃い濃厚ソース”に仕上がり、濃厚ながらもソースならではのほんのり感じる酸味や風味豊かな香ばしさが臨場感を引き立て、脂っこさや“くどさ”といった感じは一切なく、味の濃いソースにほどよい旨味などが加わったことで見た目以上に後味の良い味わいがたっぷりと楽しめるかと思われます!

そこに別添された“U.F.O.ふりかけ”に含まれる七味や青のり、紅生姜といった様々なアクセントが加わったことで決して単調なテイストに感じさせない後味の良さが際立ち、最後までじっくりと濃厚な“ソース焼うどん”が堪能できるでしょう!

このように、今回の“日清の汁なしどん兵衛 濃い濃い濃厚ソース焼うどん”は、ポークをベースに“U.F.O.”らしい“濃い濃い濃厚ソース”に仕立て上げ、そこにもっちりとした太い“うどん”がしっかりと絡むことで濃厚ながらもソースならではの酸味や別添されている“U.F.O.ふりかけ”によるほどよいアクセントが全体のメリハリをプラスし、ほんのり香ばしい風味が臨場感高く感じられる本格的なソース味の“焼うどん”となっていたため、お好みによっては相性の良い紅生姜をさらに追加してみても良いでしょう!

まとめ

今回「日清の汁なしどん兵衛 濃い濃い濃厚ソース焼うどん」を食べてみて、発売45周年を記念した“日清のどん兵衛”と“日清焼そばU.F.O.”の記念コラボ商品によって美味しさをそのまま入れ替えてみた一杯には、ポークをベースに“U.F.O.”らしさを感じさせる“濃い濃い濃厚ソース”に仕上がり、そこに相性抜群な太く幅の広い“うどん”が馴染んだことで、もっちもちな弾力が心地良く、さらに別添されている“U.F.O.ふりかけ”がほどよいアクセントや風味の良さを際立たせた想像以上に濃厚な一杯となっていました!

ただ…今回はさすがに“日清焼そばU.F.O.”の味わいが強調され過ぎていて、食べ慣れている味わいを“うどん”で味わっているだけのような気もしなくもないですが…“U.F.O.ふりかけ”を別添することによって味にメリハリが加わり、ソース感の強い濃厚なテイストながらも特別クセの強い味わいというわけでもありませんでしたので、割と安定感のある美味しさとして幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!