焼そばU.F.O.

日清焼そばU.F.O. だし醤油きつね焼そば【発売45周年記念】出汁の旨味を利かせた風味豊かな一杯

日清焼そばU.F.O. だし醤油きつね焼そば

日清焼そばU.F.O. だし醤油きつね焼そば」を食べてみました。(2021年5月10日発売・日清食品)

この商品は、1976年に発売された超人気シリーズ“日清焼そばU.F.O.”と“日清のどん兵衛”の発売45周年を記念したコラボ商品ということで、今回はそれぞれの美味しさを入れ替えて作ってみたら美味しかった!という…“日清のどん兵衛”ならではの鰹出汁の利いた“醤油つゆ”で仕上げた味わい深い“醤油きつね焼そば”が登場です!

それも…鰹出汁の風味を利かせた“出汁醤油つゆ”をイメージしたソースが歯切れの良いストレート麺によく絡み、さらに鰹出汁と七味の風味を利かせた”どん兵衛マヨ“を加えることによってコク深く風味豊かな味わいが楽しめる意外性の高い新感覚の一杯、“日清焼そばU.F.O. だし醤油きつね焼そば”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通り、パッケージには“U.F.O.を「どん兵衛」のだしで作ったらうまかった件。”と記載されているように、ちょっと混乱しそうになるんですが…要は出汁の旨味に定評のある“日清のどん兵衛”ならではの染み渡る美味しさを“醤油つゆ”に見立てた“だし醤油きつね焼そば”ということで、今回は“日清焼そばU.F.O.”の濃いめな焼そばソースではなく染み渡る出汁の旨味を利かせた和風な“焼そば”といったところでしょうか?

また、こちらには“45周年限定商品 ANNIVERSARY”と記載されているように、日清食品が提供する人気ブランド同士のコラボ商品ということで“日清焼そばU.F.O.”は1976年5月に登場、そして“日清のどん兵衛”は1976年8月に登場し、今年2021年でともに45周年を迎えるという…今でも様々なフレーバーが登場するロングセラーシリーズであり、特に今年は面白いフレーバーが次々と登場するような気もしますね!今後の商品展開も非常に楽しみなところ!

一方こちらには…鰹出汁を利かせた風味豊かな“醤油つゆ”がシリーズらしいコシの強い中太ストレート麺に相性良く馴染み、さらに出汁の風味やピリッとした七味を利かせた“どん兵衛マヨ”がコク深さや味にメリハリを加えたことによって、いつもとはひと味違った美味しさが楽しめる和風テイストの仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…味付油揚げ・“かまぼこ”が使用されているようです!

他にも特徴として…麺はシリーズお馴染みのコシのある食べ応え抜群な中太ストレート麺が採用されており、鰹出汁の利いた“醤油つゆ”がしっかりと絡むことで香ばしく旨味溢れる味わいが口いっぱいに広がっていき、さらに出汁や七味の風味を利かせた“どん兵衛マヨ”がコク深くまろやかな味わいに引き立て、まさにキレ・コクがバランス良く融合されたお馴染み“濃い濃い濃厚ソース”とはひと味違ったギャップに驚きつつも…最後まで飽きることなく思う存分たっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

シリーズらしい中太ストレート麺にしっかりとコーティングされた出汁の旨味を利かせた“麺つゆ”には…塩気や鰹出汁の旨味・風味が思っていたよりもしっかりと馴染み、さらに別添された“日清のどん兵衛マヨ”を加えることによってコク深く風味豊かな香りが“日清のどん兵衛”風の味わいを表現し、“きつね焼そば”には欠かせない“味付け油揚げ”からも良い旨味・甘味が滲み出し、単純に出汁とソースを入れ替えただけなんですが、非常に真新しさを感じさせる新感覚とも言える仕上がりで最後まで全く飽きの来ない濃いめの和風出汁が利いた一杯となっていました!
これは特に、鰹出汁といった和風系の旨味を活かした風味豊かな焼そばをじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“濃い濃い濃厚ソース”ではなく、“どん兵衛”風出汁醤油味を利かせた“醤油つゆ”に仕上げ、鰹出汁ならではの風味豊かな香りが別添された“日清のどん兵衛マヨ”とバランス良くマッチしたコク深い味わいがシリーズお馴染みの中太ストレート麺に絡み、コラボ記念商品らしく入れ替えて作ってみたら想像以上に美味しかった一杯、「日清焼そばU.F.O. だし醤油きつね焼そば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日清焼そばU.F.O. だし醤油きつね焼そば

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“日清焼そばU.F.O.”の新商品ということで、同シリーズと同じ年に誕生した日清食品の人気シリーズ“日清のどん兵衛”との45周年を記念するコラボ商品によって互いの美味しさを入れ替えて作ってみたら思っていた以上に美味しかったという…出汁の旨味をしっかりと利かせた“醤油つゆ”をイメージしたソースに出汁の風味や七味を利かせた“日清のどん兵衛マヨ”によるコクやピリッとした辛みが加わったことで、いつもとはひと味違った和風テイストの“きつね焼そば”を表現した風味豊かな一杯、“日清焼そばU.F.O. だし醤油きつね焼そば”となっています。

ご覧の通りパッケージにはお馴染み“日清焼そばU.F.O.”ならではの色使いに“日清のどん兵衛”らしい緑色などが加えられ、これまでも“日清焼そばU.F.O.大盛 濃い濃いだしソース焼そば(2021年3月1日リニューアル発売)”といった出汁の旨味や様々な美味しさを再現・取り入れたフレーバーなんかも発売されていましたが、さすがに今回のようにソースではなく“日清のどん兵衛”風の出汁を利かせたテイストは初めてですので、初見は若干の違和感を感じさせますね…笑

日清焼そばU.F.O. だし醤油きつね焼そば パッケージ

ちなみにこの“日清焼そばU.F.O.”は、1976年から発売されている“カップ焼そば”カテゴリーでNo.1の売上を誇るロングセラーブランドです!
※インテージSRIカップインスタント麺市場 焼そばカテゴリー 2020年1月〜12月、累計販売金額(全国、全業態)

また、この“日清焼そばU.F.O.”の円盤型のシリーズで言うと…最近では以下のような商品が発売されており、2021年2月から割と久しぶりの新フレーバーということになります。

特にこのシリーズのソースは総じて仕上がりが素晴らしく、本格感のある濃厚ながらも最後まで飽きさせないメリハリがあり、麺なんかもいつもの歯切れの良い中太ストレート麺が採用されていますから…食感なんかもクセになるんですよね!この辺りに関してはこれまで発売されてきた各種フレーバーが非常にクオリティ高く、個人的にもかなり好みのシリーズですので、今回もまた“日清のどん兵衛”とのコラボということでそれぞれの美味しさを入れ替えた見た目と味のギャップに驚かされる旨味溢れる一杯に間違いないでしょう!

ちなみに今回、それぞれの美味しさを入れ替えて作ってみたということで、“日清焼そばU.F.O.”ならではの“濃い濃い濃厚ソース”を活かして“焼うどん”を表現した一杯、“日清の汁なしどん兵衛 濃い濃い濃厚ソース焼うどん”も同時発売されています!

それでは、今回の“日清焼そばU.F.O. だし醤油きつね焼そば”がどれほど鰹出汁を利かせた風味豊かな“醤油つゆ”に仕上がっているのか?別添されている“どん兵衛マヨ”を加えることによるコク深さやピリッとしたアクセントとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても歯切れの良い強いコシが表現された中太ストレート麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り514kcalとなっております。(塩分は5.4g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)という割にそこまで高い数値というわけではなく、塩分も同じく平均的といったところでしょうか?
ちなみに1食当たり112g、麺の量は90gとのこと!

また、今回の“日清焼そばU.F.O. だし醤油きつね焼そば”はじんわりと染み渡るかのような鰹節の旨味や風味が再現されていますから、このやや低めなカロリーを見てもわかるように…素材の旨味や香辛料などをうまく活かした満足度の高い仕上がりをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、半固体状ドレッシングや“しょうゆ”をはじめ…

  • 植物油脂
  • かつおぶし調味料
  • 食塩
  • かつおぶしエキス
  • 粉末しょうゆ

といった、今回コラボとなった“日清のどん兵衛”風の出汁を利かせた“醤油つゆ”に仕上げ、そこに別添されている出汁の風味や七味を利かせた“どん兵衛マヨ”を加えることによってコク深くピリッとしたアクセントが加わり、単純に和風出汁を利かせた“きつね焼そば”というわけではなく、一工夫加えた厚みのある美味しさが“日清焼そばU.F.O.”らしさでもあり、物足りなさを感じさせない後味の良い味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…食塩や“しょうゆ”、香辛料といった材料が使用されているようで、お馴染み“濃い濃い濃厚ソース”と同じくほどよく味付けが施されていることが確認できます!

JANコード4902105267684
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ、香辛料)、ソース(半固体状ドレッシング、しょうゆ、植物油脂、かつおぶし調味料、糖類、食塩、かつおぶしエキス、粉末しょうゆ)、かやく(味付油揚げ、かまぼこ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、炭酸Ca、かんすい、カラメル色素、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、増粘剤(加工でん粉)、ビタミンB2、パプリカ色素、ビタミンB1、クチナシ色素、香辛料抽出物、チャ抽出物、ベニコウジ色素、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・さば・大豆・りんご・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (102g) 当たり]
熱量514kcal
たんぱく質9.1g
脂質24.8g
炭水化物63.6g
食塩相当量5.4g
ビタミンB10.41mg
ビタミンB20.59mg
カルシウム148mg

引用元:日清焼そばU.F.O. だし醤油きつね焼そば | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り液体ソースと“どん兵衛マヨ”といった2つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特に液体ソースの方は思ったよりもトロッとした感じがあったため、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!
※“どん兵衛マヨ”に関しては温めてはいけません。

また、麺はご覧の通り“日清焼そばU.F.O.”シリーズらしく中太ストレート麺が採用されており、歯切れの良いプリッとした張りのある食感が特徴的で、そこに“日清のどん兵衛”風の出汁を利かせた“液体つゆ”を表現した風味豊かなソースがしっかりと絡むことによって旨味溢れる味わいがたっぷりと楽しめる一杯に期待できそうです!

さらに、その中太ストレート麺の裏には具材として…味付油揚げ・“かまぼこ”がすでに入っていて、具材は2種類のみとなっているんですが、別添されている“どん兵衛マヨ”によるコクやピリッとした七味のアクセントが加わり、さらに鰹出汁の染み渡るかのような風味なんかも利いているようですので物足りなさといった感じは一切なさそうです!

調理してみた

では熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:460ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

しっかりと湯戻りしたことによって、先ほどまでの中太ストレート麺にはもっちりとした弾力やほどよいコシが加わり、“どん兵衛”風の出汁が利いた“醤油つゆ”との相性も非常に良く、しっかりとした食べ応えなんかも楽しめそうな一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体ソースを加えていきます!
すると…若干トロッとしたほどよい油分を含む仕様のようで、量も若干多めとなっていたため、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

ご覧の通り重みのある液体スープは容器底へと沈んでいき、いつものソース感の強い濃厚な仕上がりとは異なり、出汁の風味が香り立つ辺りは違和感を覚えますね!このように今回は“日清のどん兵衛”と“日清焼そばU.F.O.”の美味しさをそのまま入れ替えた2商品ということで、イメージしていたようなテイストとはひと味違ったギャップも面白いところと言えるのではないでしょうか?

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通りほんのり“とろみ”はあるものの…粘度の強い仕様というわけではありませんので、中太ストレート麺にもすんなりと馴染んでいきます!

そして“醤油つゆ”が全体に馴染んだら最後に“どん兵衛マヨ”を加えて完成となります!今回はこちらにも出汁の風味が利いているとのことでしたので、コク深く厚みのある旨味がたっぷりと楽しめそうです!

こうして完成となるわけですが、“だし醤油きつね焼そば”に“どん兵衛マヨ”が良い仕事していますね!これがなければ恐らく普通に美味しい出汁の利いた“きつね焼そば”なんでしょうけど、この特製マヨが加わったことによってコクや味に深みが生まれ、出汁の風味はもちろん、“日清のどん兵衛”には欠かせない彩り七味を利かせたことでピリッとしたアクセントがプラス、それによってじんわりと染み渡る和風テイストの“焼そば”がたっぷりと堪能できるものと思われます!

そしてなんと言ってもこの時点で食欲そそる出汁の風味がふんわりと香り立ち、“日清焼そばU.F.O.”シリーズであることを一瞬忘れてしまいますね。。これは45周年を記念する限定商品としては非常に面白いフレーバーであり、この反響が良ければまた新たな商品展開なんかにも期待できそうです!(和風テイストの“U.F.O.”シリーズといった感じで)

食べてみた感想

一口食べてみると…液体ソースと“どん兵衛マヨ”によってしっかりと鰹出汁の旨味・風味が伝わってきますね!基本は非常にすっきりとしたテイストなんですが、ここにマヨが加わったことによってコク深さや味にまろやかさが引き立ち、具材に使用された“味付け油揚げ”もしっかりと味付けが施されたことによって“日清のどん兵衛”ならではの和風出汁がうまく“きつね焼そば”として表現されています!

ただ、“焼そばU.F.O.”のイメージで食べはじめますので最初はちょっと混乱しますが…確かに“入れ替えて作ったらうまかった件”というのも納得の素材の旨味を活かした仕上がりと言えるのではないでしょうか?これはもう一方の“日清の汁なしどん兵衛 濃い濃い濃厚ソース焼うどん”の仕上がりも気になるところ。。

麺について

麺は、ご覧の通りいつもの“日清焼そばU.F.O.”で使用されている丸刃仕様の中太ストレート麺で、ほどよい弾力と歯切れの良い強いコシを兼ね備えた食べ応え抜群な仕上がりとなっています!

そんな中太ストレート麺には…“日清のどん兵衛”ならではの出汁の旨味・風味をしっかりと利かせた染み渡る“醤油つゆ”がよく絡み、一口ずつに和風テイストの出汁の旨味や具材に使用された“味付け油揚げ”から滲み出す甘味のある油分などが口いっぱいに広がっていき、鰹出汁ならではの風味豊かな香りが後味良く抜けていきます!さらに今回の一杯には“どん兵衛マヨ”が別添されており、こちらに利かせた鰹出汁の風味やピリッとしたアクセントがちょうど良いメリハリとなって全体をうまくまとめているようにも感じられますね!

そして、こちらの“どん兵衛マヨ”を少し多めに付けて食べてみると…マヨらしいコク深くまろやかなテイストが出汁の旨味を引き立て、もちろん脂っこさや“くどさ”といった印象は全くなく、むしろ物足りなさを感じさせない厚みをプラスしたことで満足度も非常に高く楽しめることに間違いありません!

最終的にはこの“どん兵衛マヨ”は全体に馴染ませていただくわけですが、食べはじめはデフォルトの味わいやこういった濃厚な味などを楽しみ、徐々に全体に混ぜ合わせていくと良いでしょう!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“味付け油揚げ”が使用されており、割と小さめにカットされているんですが、今回使用されている液体ソースをしっかりと混ぜ合わせた際に“醤油つゆ”を吸ったことで、じっくりと味わってみると…そもそも味付けが施された“油揚げ”ならではの旨味がじゅわっと滲み出していき、想像以上に美味しい具材となっていたため、この具材ひとつで“きつね焼そば”というのも納得の美味しさが加わっているようです!

また、こちらの“かまぼこ”も入っていて、味付け自体は感じられないものの…今回の一杯に対して唯一彩り豊かなアクセントがプラスされているように感じられます!

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通り鰹出汁をしっかりと利かせた“日清のどん兵衛”ならではの出汁を感じさせる“醤油つゆ”に仕上がり、そこに別添されている“どん兵衛マヨ”がコク深さやまろやかさはもちろん、鰹出汁や七味の風味・アクセントが美味しさをより一層際立たせ、非常に深みのある美味しさがうまく表現されています!最初は違和感ありますが、食べ進めていくに連れてクセになりますね!普通に美味い!

そして、醤油感や“どん兵衛マヨ”に含まれる七味などが全体のバランスを調和させるかのようにメリハリのある旨味が表現されていて、決してマヨの脂っこさ・“くどさ”といった感じはありません!…というか鰹出汁ならではの旨味・風味が絶妙に利いていて“焼そばU.F.O.”のイメージから一旦ゲシュタルト崩壊する方もいらっしゃるかもしれませんが…笑 これはこれで有りでしょう!!

このように、今回の“日清焼そばU.F.O. だし醤油きつね焼そば”は、“日清のどん兵衛”ならではの出汁の旨味を利かせた染み渡る“醤油つゆ”に仕上げ、そこに別添されている“どん兵衛マヨ”に含まれる鰹出汁や七味の風味がマヨのコク深さとともに全体のバランスをメリハリのある味わいへと引き立て、“濃い濃いソース”でお馴染み“焼そばU.F.O.”のイメージを一変させるという…和風テイストといったギャップが面白い新感覚な仕上がりとなっていたため、お好みによっては出汁の利いた味わいにぴったりな七味をもう少し足して見ても良いでしょう!

まとめ

今回「日清焼そばU.F.O. だし醤油きつね焼そば」を食べてみて、発売45周年を記念した“日清のどん兵衛”と“日清焼そばU.F.O.”の記念コラボ商品によって美味しさをそのまま入れ替えてみた一杯には、出汁の旨味をしっかりと利かせ、さらに別添されている“どん兵衛マヨ”によって見た目以上にコク深く風味豊かな“きつね焼そば”に仕上がり、和風テイストの“焼そばU.F.O.”といったこれまでにない美味しさが真新しく感じられる想像以上に相性抜群な一杯となっていました!

やはり“日清焼そばU.F.O.”シリーズは安定感ありますね!鰹出汁を利かせた“きつね焼そば”すら美味しく仕上げ、一見お馴染みのテイストをそのまま入れ替えただけと思うかもしれませんが…“どん兵衛マヨ”を別添することによって味に深みやまろやかさを引き立てるといった工夫なんかも好印象で、特別クセの強い味わいというわけでもありませんでしたので、これはかなり幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!