EDGE

EDGE 鬼アブラ こってり肉だれ風油そば!動物原料不使用なのに濃厚?驚き&やりすぎな一杯

EDGE鬼アブラ こってり肉だれ風油そば

EDGE 鬼アブラ こってり肉だれ風油そば」を食べてみました。(2021年6月28日発売・エースコック)

この商品は、“驚き&やりすぎ”をテーマとする“EDGE(エッジ)”シリーズの新商品ということで、今回は麺や具材、タレ全てにおいて動物原料を使用していないのにも関わらず濃厚・こってりな“次世代型やりすぎ系油そば”を表現、醤油ベースのタレにガーリックやジンジャーを利かせ、まさに“肉がなくても罪な美味しさ”が楽しめる食べ応え抜群な一杯が登場です!

それも…上記の通り醤油をベースにガーリックやジンジャーを加え、大豆加工品によって肉風の食感を再現し、さらに別添された調味油(追い油)を加えることで肉の風味が引き立ち、見た目・ 風味ともに脂っこい濃厚なタレに仕上がり、動物原料不使用とは思えないパンチのある超濃厚こってりな一杯、“EDGE 鬼アブラ こってり肉だれ風油そば”となっております。(税抜き260円)

ご覧の通り、パッケージには“驚き&やりすぎ”といったシリーズのコンセプトはもちろん、“鬼アブラ こってり肉だれ風油そば醤油仕立て”といった今回の商品名も掲載されており、文字通りこってりとした肉の風味を付与した油をたっぷりと加えたやりすぎ・オイリーな一杯に仕上がっているようですね!

一方こちらには…“さらば、お肉よ。”、“動物原料不使用 Good bye!”と記載されているように、今回の“油そば”には動物原料を一切使用せずに濃厚・こってりな“油そば”を再現しているとのことで余計脂っこさを感じさせるギトギトとしたテイストに仕上がり、“油そば”というだけあって、お好みによっては別途追加トッピングやラー油、さらに相性抜群な“お酢”を予め用意しておいても良いかもしれませんね!
※“油そば”はお好みの具材、ラー油とお酢をたっぷりと混ぜ合わせて食べるというのが醍醐味です。

そしてこちらには…“お肉風味がバッチリの追い油付き”と記載され、その背景には醤油をベースに食欲そそるガーリックやジンジャーを利かせ、さらに別添された調味油を加えることでギットリとしたオイリーな“油そば”を表現、動物原料不使用の脂こってりなタレが食べ応えのある太麺にしっかりと絡む仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…揚げ玉・ごま・ねぎ・唐辛子が使用されているようです!

“油そば”と言えば…容器底にポークを利かせた濃厚な醤油ダレが特徴的なんですが、今回の“EDGE 鬼アブラ こってり肉だれ風油そば”に関しては動物原料不使用ということで、その代わりに調味油(追い油)を加えたことで濃厚・こってり感が楽しめる一杯のようで、味変用に様々な香辛料・調味料を用意して味を調整してみても面白いかもしれません!

他にも特徴として…麺は太麺・丸刃で、ほどよい弾力とつるっと滑らかな食感を兼ね備え、さらに原材料を見る限り食塩や醤油などでさり気なく味付けが施されたことによって動物原料不使用にも関わらずコク深くこってりとしたタレとしっかりと馴染み、ギトギトとした濃厚な味わいが最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

パッケージに掲載されていた仕上がりイメージ通り強烈な脂っこさを感じさせるギトギトとしたタレに仕上がり、食べ進めていくに連れて口の周りはテカテカ…しかし、“後入れかやく”に含まれる揚げ玉や唐辛子、肉風の食感を再現した大豆加工品によって思ったよりも後味すっきりとした印象で、確かに容器底には油分が溜まっていたものの、ある意味シリーズらしくないというか、個人的にはパッケージほどの驚きではなく、ほどよいこってり感が楽しめる“油そば”となっていました!
これは特に、濃厚・こってりな“油そば”が好みの方はもちろん、各種香辛料や調味料を自分好みに調整して旨味溢れる味わいをたっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は“驚き&やりすぎ”でお馴染み“EDGE”シリーズの新商品として動物原料不使用にも関わらず別添されている調味油(追い油)によって濃厚・こってりとした“油そば”が楽しめるインパクトのある一杯、「EDGE 鬼アブラ こってり肉だれ風油そば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

EDGE 鬼アブラ こってり肉だれ風油そば

今回ご紹介するカップ麺は、“驚き&やりすぎ”をテーマとする“EDGE”シリーズの新商品ということで、“さらば、お肉よ。”という…動物原料不使用にも関わらず醤油をベースに別添されている調味油(追い油)を加えることによって濃厚感・こってり感が際立った“油そば”ならではのタレに仕上がり、そこにもっちりとした食べ応えのある太麺が相性良くマッチしたボリューム感のある一杯、“EDGE 鬼アブラ こってり肉だれ風油そば”となっています。

ご覧の通り今回の容器は“どんぶり型”となっているんですが、底の方も幅が広い仕様となっていることからもしっかりとした食べ応えをイメージさせ、さらに濃厚・こってりとした油を強調するかのような黄色を基調に“すべてのこってりファンへ”といった文言が非常に印象的で、見るからに脂こってりな“油そば”に仕上がっていることを思わせますね!

一方こちらには“動物原料は使用しておりません。”、“ハラル対応商品ではありません。”との注意書きがあり、動物系の原料を使用していないとは言ってもハラル対応の一杯というわけではないようです!(しかしこの仕上がりイメージはかなりのギトギト感があり、“追い油”によるこってりとした味わいが伝わってきますね。。ある意味、動物原料を使用するよりも脂っこいのかもしれません。)

ちなみにこの“EDGE”シリーズは、これまでも以下のような“驚き&やりすぎ”をテーマにしたフレーバーが各種登場していて、今回は非常に久しぶりの登場であり、中でも特に辛さに際立ったフレーバーはかなり強烈な存在感がありましたので個人的にも再発売してほしいところ!!!

他にも最近ではコラボ商品として以下のようなフレーバーが発売されているため、“EDGE”シリーズ自体の存在はご存知の方も多いのではないでしょうか?(とにかく“やりすぎ”なテイスト・フレーバーが特徴的で個人的にはかなり好みのシリーズです。)

また、容器側面には大きく“肉がなくても罪な美味しさ”と記載されており、今回の“EDGE”シリーズは動物原料不使用に拘った一杯に仕上げ、別添されている調味油(追い油)によってこってりとしたテイストが表現されているものと思われます!

それでは、今回の“EDGE 鬼アブラ こってり肉だれ風油そば”がどれほど濃厚こってりとした仕上がりとなっているのか?“後入れかやく”に含まれる揚げ玉や唐辛子、肉風の食感を再現した大豆加工品との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもほどよく味付けが施された食べ応えのある太麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り617kcalとなっております。(塩分は5.9g)

カロリーは、汁なしカップ麺・大盛り仕様の“追い油”付きというだけあって高めな数値のようで、一方で塩分もそれなりに高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり123g、麺の量は90gとのこと。

個人的には“EDGE”シリーズがパッケージにここまで大々的にこってりとした“油そば”を推しているくらいなので、もしかしたら800kcalくらいあるのかと思いましたが…これはちょっと微妙ですね。。動物原料不使用なだけあって別添されている調味油(追い油)はそこまで濃厚ではないのかもしれません!

原材料について

では原材料も見てみます。

タレには、植物油脂や大豆加工品をはじめ…

  • しょうゆ
  • 香味油
  • 食塩
  • 香辛料

といった、醤油をベースに別添されている調味油(追い油)を加えることによって物足りなさを感じさせない濃厚・こってりとしたテイストに仕上がり、豊富に使用された各種具材によって食感やほどよい塩気や辛みといったアクセントが加わり、濃厚ながらもメリハリのある最後まで飽きの来ない味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…食塩や“しょうゆ”といった材料が確認でき、ほんのりと味付けが施されていることがわかりますね!

JANコード4901071207908
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ、砂糖)、たれ(植物油脂、大豆加工品、しょうゆ、香味油、食塩、香辛料)、かやく(揚げ玉、ごま、ねぎ、唐辛子)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、炭酸Ca、香料、カラメル色素、かんすい、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・ごま・大豆を含む)

栄養成分表示 [1食 (123g) 当たり]
熱量617kcal
たんぱく質9.8g
脂質35.4g
炭水化物64.9g
食塩相当量5.9g
ビタミンB10.49mg
ビタミンB20.51mg
カルシウム331mg

引用元:EDGE鬼アブラ こってり肉だれ風油そば|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り調味たれ、後入れかやく、調味たれ、調味油といった3つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特に“調味たれ”には恐らく醤油ベースのタレが含まれ、調味油には追い油となる無色透明な脂っこさを引き立てる油分となっていて、両方ともにサラッとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温める程度で十分かと思われます!

また、麺はご覧の通り太麺・丸刃仕様で、湯戻りする以前からすでにもっちりとした弾力や食べ応え抜群なボリューム感を思わせ、ほんのり味付けが施されたフライ麺となっています!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:680ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの太麺がさらに太さを増し、もっちりとした弾力が加わったことでボリューム感たっぷりと楽しめる濃厚な一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“調味たれ”を加えていきます!
すると…まずはじめにサラッとした醤油ベースのタレがたっぷりと出て来ます!

そしてその後からは肉風の食感を表現したという大豆加工品と思われる“挽肉”のような細かい具材がたっぷりと出てきますので、こちらも同じく絞り込んで入れていきましょう。(ちょっと出しにくい…笑)

さらに調味油も加えていきます!
こちらはやはり動物原料不使用の代わりに“追い油”によるこってり感・濃厚感を際立たせる無色透明な油分となっていて、これによってさらに脂っこさが引き立てられるとのこと!!

そしてこれら油分は非常にサラッとした状態となっていたため、すぐに容器底へと沈んでいき、ご覧の通り肉風の食感を再現したという大豆加工品が表面に留まり、ほんのり香ばしい風味なんかも加わっているように感じられます!(見た目はもう少しどうにかならなかったのか?疑問ではありますが…実際“後入れかやく”とともに全体をしっかりと混ぜ合わせることによってそこまで気になりません。)

では、よーくかき混ぜてみましょう。
写真ではちょっと確認しにくいかもしれませんが…容器底にはたっぷりと調味油に含まれる油分が溜まっています!この辺に関しては“油そば”らしい良い意味での脂っこさを感じさせるわけですが、“調味たれ”に含まれていた醤油ダレの色合いがかなり薄い辺りがどうしても気になります。。

こうしてタレが全体に馴染んだら、最後に“後入れかやく”を加えて完成となります!

ちなみにこの“かやく”には…

  • 揚げ玉
  • ごま
  • ねぎ
  • 唐辛子

が入っています。

こうして完成となるわけですが…“油そば”らしい脂っこいツヤのある醤油ベースのタレがしっかりと太麺にコーティングされているものの、見た目としては醤油感のない無色透明な仕上がりとなっていて、ここにどれほどキリッとした味わいが表現されているのか気になるところではないでしょうか?

特に“EDGE”シリーズは本当に振り切ったテイストで、なおかつ久しぶりの登場ということもあって濃厚・こってり、脂ギットリとした仕上がりながらも“後入れかやく”に含まれる様々な具材がちょうど良いメリハリをプラスしているようですので、やはり“油そば”らしくラー油や“お酢”、好みのトッピングを追加して自分好みの味わいで思い切り楽しんでみるのもありでしょう!!

とは言え、この容器の底にはアブラをたっぷりと利かせた濃厚なタレが溜まっていますから、しっかりと混ぜながらいただくと…今回の“鬼アブラ こってり肉だれ風油そば”の美味しさをたっぷりと楽しむことができるかと思われます!(そもそも“油そば”はお好みの香辛料や追加トッピングを加えて濃厚な醤油ダレと思い切り混ぜていただく醍醐味がありますから、しっかりと混ぜながら食べ進めていくと良いでしょう。)

食べてみた感想

一口食べてみると…醤油ベースのタレにたっぷりと使用された調味油(追い油)によってこってりとした油そばならではの濃厚感が表現されているわけですが、くどさを感じるほどの脂っこさというわけでもなく、別添されている後入れかやくに含まれる揚げ玉や唐辛子などのサクサク食感やピリッとしたアクセントがちょうど良いメリハリとなって旨味を引き立てているようです!というかパンチのある口当たりが良いですね!

そして、大豆が主原料の肉をイメージした大豆加工品には肉の旨味というよりも塩気の強い味付けや香ばしさが施され、これがまた良い感じでキレの良さを油そばに加え、全体としては非常にバランスの良いガツンとした味わいが楽しめるため、ここはぜひ“油そば”らしくラー油や“お酢”を加えて自分好みのテイストで味わってみると良いでしょう!デフォルトでも十分美味しいんですが、味を調整してみると、より一層満足度も増して楽しめるものと思われます!!

麺について

麺は、ご覧の通り手揉み感のあるちぢれを付けた丸刃・太麺のフライ仕様で、濃厚なタレとの絡みも非常に良く、ガッツリと食欲を満たす食べ応え抜群な仕上がりとなっています!

そんな太麺には、動物原料不使用にも関わらず調味油による濃厚・こってりとした油そばならではの味わいに様々な具材が旨味を際立たせたタレがよく絡み、一口ずつにガツンとしたパンチの強い味わいや後入れかやくに含まれる薬味や香辛料などのアクセントが口いっぱいに広がっていき、フライ麺らしい調理感のある風味が後味良く抜けていきます!…というか容器底からしっかりと混ぜていただくと脂っこさは確かに感じられますが、様々な具材によるアクセントがちょうど良いメリハリとなって飽きが来ません!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの揚げ玉が入っていて、小ぶりながらもサクサクとした食感が心地良く、さらに香ばしい風味を際立たせ、最後までこってり感が楽しめる相性抜群な具材となっています!

また、こちらの肉風の食感を再現したという大豆加工品は割と多めに入っており、“肉そぼろ”のような食感をイメージしているのでしょうか?非常に細かい仕様ではありますが、じっくりと味わってみると…しっかりとした塩気などの味付けが施されており、さらに調理感のある香ばしい風味が心地良く、“油そば”ならではの脂っこさにちょうど良いキレの良さを加える相性抜群な具材となっているようです!

他にも“ねぎ”や“ごま”が豊富に使用されており、ちょうど良い薬味や風味豊かな香ばしさが加わったことで今回の濃厚なタレの旨味を引き立て、さらに全体にしっかりと混ぜ合わせて食べてみると…様々な旨味が口に広がっていき、濃厚ながらも全体のバランスが考慮された彩り・食感としてのアクセントがプラスされています!

タレについて

タレは、先ほどもお伝えした通り動物原料不使用にも関わらず、醤油ベースに別添されている追い油を加えることで不思議と濃厚・こってりとした油そばならではの味わいに仕上がり、様々な具材が旨味を引き立てるそんな物足りなさを一切感じさせないインパクトのある仕上がりとなっています!

特に肉の質感をイメージした大豆加工品に関しては濃厚、こってりなタレにちょうど良いアクセントとなる塩気がバランス良くマッチし、濃厚ながらも最後まで飽きの来ないメリハリをプラス、それによって動物原料不使用という今回のテーマを忘れてしまうほど普通にガツンとした油そばが楽しめるのではないでしょうか?

このように、今回の“EDGE 鬼アブラ こってり肉だれ風油そば”は、動物原料不使用とのことで肉の風味を利かせた調味油(追い油)を醤油ベースのタレに加えることによって食べ慣れ親しんだ油そばならではの味が想像以上にクオリティ高く再現されており、何より良い意味での脂っこさ・こってり感が印象的で、もっちりとした太麺に絡む食べ応え抜群な一杯に間違いなく、“後入れかやく”に含まれる各種具材がちょうど良いメリハリとなっていたため、お好みによっては“油そば”にぴったりなトッピングの追加、またはラー油や“お酢”などを加えて旨味溢れる味わいをたっぷりと味わってみても良いでしょう!

まとめ

今回「EDGE 鬼アブラ こってり肉だれ風油そば」を食べてみて、動物原料不使用にも関わらずこってりとした濃厚感が楽しめる“油そば”ならではのオイリーなタレには…別添されている調味油(追い油)によって物足りなさを一切感じさせない旨味を表現し、肉の風味を利かせた大豆加工品による具材をたっぷりと加えたことで最後まで飽きさせない食べ応えのある“油そば”に仕立て上げていたため、“油そば”の醍醐味である様々な調味料などを自分好みで加えてみると劇的に美味しくなること間違いない一杯となっていました!

と、動物原料不使用と言っても要は油をたっぷり加えて“油そば”ならではの脂っこさを再現するだけで良いような気もしましたが…実際には単純にギトギトとしたテイストというわけではなく、食欲そそるガーリックやジンジャー、そして各種豊富に使用された“後入れかやく”や肉の食感をイメージした大豆加工品によって最後まで飽きることのない満足度の高い仕上がりとなっていたため、思いのほか濃厚な美味しさに驚かされるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!