激めんワンタンメン

激めんワンタンメン わかめしお!煮干しや昆布を利かせた塩スープに“わかめ”を加えた風味豊かな一杯

激めんワンタンメン わかめしお

激めんワンタンメン わかめしお」を食べてみました。(2020年9月28日発売・東洋水産/販売エリア:名古屋以東)

この商品は、“感激する旨さ”・“ボリュームたっぷりのワンタン”が特徴的なお馴染み“激めんワンタンメン”シリーズの新フレーバーということで、今回はチキンを利かせたあっさりとしたテイストに魚介出汁やジンジャーをバランス良く利かせ、シリーズらしいペッパー系の香辛料が後味すっきりと感じさせる飽きの来ない一杯が登場です!

それも…チキンの旨味をベースに煮干しや昆布の旨味を利かせた塩味のスープに仕上げ、具材に“わかめ”を使用したことによってあっさりとした中にも磯の風味が香るじんわりと染み渡るような味わいを表現し、キリッとした口当たりが特徴的なスープとサイズの大きなワンタンを一緒に楽しめる満足度の高い一杯、“激めんワンタンメン わかめしお”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通り、パッケージにはお馴染み“激めんワンタンメン”のロゴが記載され、“わかめ”をイメージさせる色合いを基調とした比較的目立つデザインとなっており、なんと言ってもこの“わかめしお”といった今回のフレーバーが一際目を惹きますね!(“激めんワンタンメン”シリーズは概ねキレの良いすっきりとしたフレーバーが多く登場しています。)

ちなみにこの1978年に発売開始となった“激めんワンタンメン”シリーズは元々、北海道限定(商品によっては関東地方以北など地区限定)で取り扱いされていた商品で、北海道では慣れ親しまれたシリーズなんですが、2018年10月1日から発売・販売エリアを全国に拡大しているため、ご存知の方も以前よりもかなり増えているのではないでしょうか?

一方こちらには、チキンの旨味をベースに煮干しや昆布を利かせた素材の旨味を活かした塩スープに食感滑らかなワンタンが添えられた仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…ワンタン・メンマ・なると・わかめ・ごまが使用されているようです!

そしてなんと言ってもこの…つるっとした食感のワンタンなんかもこの“激めんワンタンメン”シリーズの魅力でもあるんですよね!そんなシリーズに今回は魚介出汁の旨味が加えられ、こちらもまた少し想像しただけでも安定感のある美味しさが表現されていることがよーく伝わってきます!

他にもこの“激めんワンタンメン”シリーズ通しての特徴として…麺には、香味野菜やポークの旨味が練り込まれており、風味の良さはもちろん、中細ながらも滑らかさと歯切れの良いコシがあり、あっさりとした塩スープをベースに魚介出汁やジンジャーの旨味を利かせた染み渡るスープを最後まで飽きることなく堪能できる一杯というわけです!

実際に食べてみて…

煮干しや昆布など魚介出汁を利かせた塩スープには、チキンの旨味が深みを引き立て、さらにシリーズお馴染みの食感滑らかなワンタンだけでなく“わかめ”が使用されたことによって磯の風味が心地良く、すすり心地の良い中細麺とワンタンが同時に楽しめる満足度の高い一杯となっていました!
これは特に、あっさりとした中にも物足りなさを感じさせない魚介出汁をしっかりと利かせた塩味のスープに“わかめ”による磯の風味や食感滑らかなワンタンを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は北海道エリアでは特に馴染み深い“激めんワンタンメン”シリーズから新しくラインアップに追加されたチキンの旨味をベースに魚介出汁を加えた磯の風味豊かな一杯、「激めんワンタンメン わかめしお」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

激めんワンタンメン わかめしお

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“激めんワンタンメン”シリーズの新商品ということで、先ほどもお伝えした通りチキンの旨味をベースに煮干しや昆布などの魚介出汁をバランス良く合わせた後味すっきりとした塩味のスープに仕上げ、さらにシリーズらしい胡椒系の香辛料はもちろん、食感滑らかなワンタンや磯の風味を際立たせる“わかめ”を加えた風味豊かな一杯、“激めんワンタンメン わかめしお”となっています。
※使用されているワンタンは、“激めんワンタンメン えびみそ味(2019年9月23日発売)”からサイズアップされています。

やはり魚介出汁を利かせたスープと具材に使用した“わかめ”は同じく魚介系ということもあって当然相性も良いですから!あっさりとした塩スープに利かせた染み渡るような旨味・風味の仕上がりに関しては期待したいところ。。

激めんワンタンメン わかめしお パッケージ

ちなみにこのシリーズは、これまでも以下のようなフレーバーが発売されていて、原点でありレギュラー商品である“激めんワンタンメン”を中心に意外とひと味違ったテイストが定期的に登場しています!

そして現段階でのラインアップとしては、通常の“激めんワンタンメン”に加え、“まめ激めん”といったサイズ違いや…

といった計4商品となっています!

それでは、今回の“激めんワンタンメン わかめしお”がどれほどチキンの旨味や煮干しや昆布などの魚介出汁を凝縮させた塩スープに仕上がっているのか?具材に使用された“わかめ”ならではの風味や、サイズを大きくした食感滑らかなワンタンとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもポークや香辛料、粉末野菜などの旨味を練り込んだすすり心地抜群な中細麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り368kcal(めん・かやく336kcal / スープ32kcal)となっております。(塩分は3.4g)

カロリーは、後味すっきりとした塩味のスープということもあってかなり低めな数値のようで、塩分も同じくかなり低い数値となっています。
ちなみに1食当たり79g、麺の量は60gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけで32kcalとやはりかなり低めとなっているため、煮干しや昆布など素材本来の旨味をしっかりと活かし、チキンの旨味がコク深さを引き立てる仕上がりをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、チキンエキスや香辛料をはじめ…

  • しょうゆ
  • 食塩
  • 粉末煮干し
  • 野菜エキス
  • 香辛料
  • 粉末こんぶ

といった、煮干しや昆布などの魚介出汁をチキンがコク深く引き立て、シリーズらしいペッパー系の香辛料がキリッとした塩味をさらに引き締め、具材に使用された“昆布”による磯の風味が食欲そそるあっさりとした中にもじんわりと染み渡るかのような味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目にもポークエキスや香辛料、粉末野菜といった様々な旨味・風味などの味付けが施されていることを思わせる材料が確認できます!

JANコード4901990366854
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、ポークエキス、香辛料、卵白、粉末野菜)、かやく(ワンタン、メンマ、なると)、添付調味料(チキンエキス、香辛料、しょうゆ、わかめ、食塩、砂糖、粉末煮干し、野菜エキス、ごま、たん白加水分解物、酵母エキス、粉末こんぶ、発酵調味料)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、かんすい、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、ベニコウジ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (79g) 当たり]
熱量368kcal
めん・かやく: 336kcal
スープ: 32kcal
たん白質8.0g
脂質17.1g
炭水化物45.5g
食塩相当量3.4g
めん・かやく: 1.2g
スープ: 2.2g
ビタミンB10.29mg
ビタミンB20.24mg
カルシウム142mg

引用元:激めんワンタンメン わかめしお | 商品情報 – 東洋水産株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り大きなワンタンがすでに入っていて、シンプルに“スープ”と記載された粉末タイプの調味料がひとつ入っています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、恐らくこちらに磯の風味を際立たせる“わかめ”が含まれているものと思われます。(先入れタイプ)

そして、かやくには…

  • ワンタン
  • メンマ
  • なると

が入っています。

見たところ使用されているワンタンは4つとなっているようですが、湯戻りする以前にもかかわらずかなり大きめなサイズにも感じられますね!これが“激めんワンタンメン”シリーズには欠かせない具材であり、つるっと滑らかな食感がまた相性良く馴染むわけです!

また、麺はご覧の通り“激めんワンタンメン”ならではの香味野菜やポークの旨味が練り込まれ、ほどよく味付けされた弾力のあるすすり心地の良い中細麺が採用されているようです!

調理してみた

ではまず、先ほどの“スープ”を入れてみます。
すると…こちらには具材として“わかめ”が含まれているようで、この時点ですでに魚介系ならではの風味豊かな香りが際立って感じられます!これは塩味ということもあって素材の旨味がストレートに楽しめるテイストに期待できそうです!

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:360ml)
そして出来上がりがこちら!

ほどよくお湯を吸い、先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に中太麺はひとまわり太さを増し、それによってほどよい弾力や細いながらも歯切れの良いコシが加わり、塩味のあっさりとしたスープに魚介系の旨味をしっかりと活かした染み渡るかのような飽きの来ない一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…塩味のスープらしく非常にサラッとした仕上がりではありますが、煮干しや昆布、さらに具材に使用された“わかめ”からも食欲そそる魚介系の風味が香り立ち、素材の旨味を活かした味わいをすすり心地抜群な中細麺と食感滑らかなワンタンとともに楽しめる万人受けするかのような一杯となっています!

また、今回のフレーバーには、具材として“わかめ”が使用されており、こちら風味だけでなく魚介系の旨味を滲み出しているようにも感じられ、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんなシンプルながらもクセになる“わかめしお”の文字通りあっさりとしたテイストが堪能できそうです!

食べてみた感想

一口食べてみると…“わかめしお”といった商品名通り塩味の非常にあっさりとしたテイストなんですが、決して薄味というわけではなく、煮干しや昆布などの魚介出汁がじんわりと染み渡り、飲んだシメにもちょうど良い優しい味わいとなっています!

そこに具材として使用されている“わかめ”からも良い旨味が滲み出し、シンプルながらも最後まで飽きることなく楽しめる後味すっきりとしたスープに仕上がり、ほどよく味付けが施された麺との相性も申し分なく、なんと言っても食感滑らかな大きいワンタンが満足度を引き立てているようですね!

他にもシリーズらしく胡椒などの香辛料がキリッとした口当たりを際立たせ、さらにジンジャーの旨味が相性良く溶け込んだことで後味すっきりとした塩スープにほどよい深みをプラス、それによってあっさりとした塩スープにもかかわらず物足りなさを感じさせない素材の旨味がストレートに楽しめる逸品とも言えるでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通り中細麺に若干のウェーブ・“ちぢれ”を加えたすすり心地の良い仕様となっていて、原材料にも記載されていたように香味野菜やポークの旨味が練り込まれているため、しっかりとスープと絡めることによって旨味が引き立つ美味しい麺となっています!

そんな中細麺には、チキンの旨味をベースに煮干しや昆布などの魚介出汁を丁寧に利かせた塩スープがよく絡み、一口ずつにじんわりと染み渡る旨味やキリッとした香辛料などが口いっぱいに広がっていき、具材に使用された“わかめ”も後押ししたことで魚介出汁ならではの食欲そそる風味が後味良く抜けていきます!あっさりとした中にも魚介出汁を感じさせるテイストはかなり幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

トッピングについて

トッピングにはまず、なんと言っても“激めんワンタンメン”シリーズには欠かせないこちらのワンタンが入っていて、2019年9月23日発売の“えびみそ味”からサイズを大きくしたというだけあって滑らかな食感だけでなく意外としっかりとした食べ応えなんかも感じられる美味しい具材となっています!
※ただ…サイズが大きい分、やけどに注意が必要です。

また、食べはじめは若干湯戻りが完全ではなかったため…まずはスープ底に沈めておくことによってワンタンに包まれている餡(肉)からも良い旨味が滲み出し、食べ進めていくに連れてスープの満足度も増していく…そんな滑らかな食感と旨味が楽しめることでしょう!

さらに、こちらの“わかめ”は使用されている量も意外と多く、今回煮干しや昆布などの魚介出汁の旨味を利かせた後味の良い塩味のスープにちょうど良い磯の風味や美味しさそのものを引き立てる相性抜群な具材となっています!

そして今回の一杯には、こちらのメンマなんかも使用されており、ほどよいコリコリ感のある食感に仕上がり、メンマ特有の味付けはもちろん、素材本来の味わいなんかもしっかりと感じられ、魚介出汁の旨味を利かせた後味の良い塩スープにもぴったりです!

他にもこちらの“なると”が入っていて、味付け自体は感じられないものの…ぱっと見としての華やかな彩りといったワンポイントとしてのアクセントがプラスされているようです!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り、チキンをベースに煮干しや昆布など魚介の旨味を利かせた後味の良い塩味のスープに仕上がり、シンプルながらも素材本来の旨味をふんだんに活かしたじんわりと染み渡る味わいが表現されています!

さらにジンジャーやシリーズらしい胡椒などの香辛料を利かせたことによってキリッとした口当たりが印象的で、非常にあっさりとした仕上がりとなっているんですが、具材に使用された“わかめ”からも魚介出汁を引き立てる旨味・風味が際立ち、食べ進めていくに連れて満足度も増していくことに間違いありません!

ちなみに個人差はあるかと思いますが、強いて言えば…と思われる点がないほど安定感のある仕上がりで、塩加減や素材本来の利かせ具合が秀逸だからこそ染み渡る美味しさがストレートに感じられ、ついついスープが止まらなくなってしまうこういったシンプルながらも素材の旨味や香辛料、さらに食感滑らかなワンタンが楽しめる一杯は価格帯以上の満足感が得られるのではないでしょうか?

そして、食べ進めていくに連れて具材に使用された“わかめ”からも良い旨味が滲み出したことによってますます魚介出汁の美味しさは煮詰まるかのように凝縮されていき、さり気なく添えられた“ごま”の香ばしさも後押しし、キレの良い口当たりとじんわりと染み渡る旨味が心地良く、胡椒などの香辛料やジンジャーによって体もポカポカと温まっていきます!

このように、今回の“激めんワンタンメン わかめしお”は、チキンの旨味をベースに煮干しや昆布といった素材の旨味を活かした塩味のスープに仕上げ、さらに具材に使用された大きなワンタンや“わかめ”からも良い旨味・風味が滲み出したことによって満足度も増していく…そんなシンプルながらもじんわりと染み渡る飽きの来ないテイストに仕上がり、ほどよく味付けが施された中太麺とも相性良く馴染んだ飽きの来ない一杯となっていたため、お好みによっては塩ラーメンにぴったりなペッパー系の香辛料や魚粉などをちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「激めんワンタンメン わかめしお」を食べてみて、チキンや煮干し・昆布といった素材の旨味を存分に活かした塩味のスープに後味すっきりとした出汁の旨味が染み渡り、食感の良いワンタンや磯の風味を際立たせる“わかめ”がバランス良くマッチし、非常に後味さっぱりとしたテイストながらも物足りなさを感じさせない素材の美味しさが十二分に活かされた仕上がりとなっていました!

やはりこの“激めんワンタンメン”シリーズは濃厚というよりもキレの良いさっぱりとしたテイストが合いますね!特に今回のような塩味に関しては、あっさりとしていながらも素材の旨味を活かした染み渡る味わいが想像以上に納得のいく一杯に感じられるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!