サンヨー食品

サッポロ一番 日高屋監修 野菜たっぷりタンメン!野菜の旨味をしっかり利かせたコク深い一杯

サッポロ一番 日高屋監修 野菜たっぷりタンメン
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

サッポロ一番 日高屋監修 野菜たっぷりタンメン」を食べてみました。(2023年12月18日発売・サンヨー食品

この商品は、東京都や埼玉県、千葉県や神奈川県など関東を中心に店舗展開するチェーン店“熱烈中華食堂 日高屋(ひだかや)”の人気メニュー“野菜たっぷりタンメン”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現したもので、豚肉と鶏肉のコクに野菜の旨味を合わせ、黒胡椒で味を調えたタンメンならではの味わいに際立ち、そこに特殊切刃を使用することで手打ち風の食感を再現したフライ麺が食欲を満たす調理感のある一杯、“サッポロ一番 日高屋監修 野菜たっぷりタンメン”となっております。(値段:税別236円)

サッポロ一番 日高屋監修 野菜たっぷりタンメン パッケージ

ご覧の通り容器側面には…豚肉と鶏肉のコクに野菜の旨味を合わせ、胡椒で味を調えたシンプルながらも“ごま油”の風味が食欲そそるタンメンスープに各種具材が盛り付けられた仕上がりイメージが掲載されており、これを見る限り具材には…キャベツ・人参・“もやし”が使用されているようです!

このように今回は…関東を中心に400店舗以上も展開するチェーン店“熱烈中華食堂 日高屋”の人気メニュー“野菜たっぷりタンメン”をカップ麺に再現した一杯ということで、豚肉や鶏肉をベースに野菜の旨味を利かせ、具材にも野菜を豊富に使用したことで食感といい旨味といい申し分のない一杯に間違いありません!

他にも特徴として…麺はサンヨー食品独自技術によって麺の厚みに差を付け、薄い部分はつるつるとした食感、厚い部分はもちもちとして食べ応えがあり、まさに手打ち風の食感を再現、それによって豚肉や鶏肉をベースに野菜の旨味をしっかりと利かせ、黒胡椒で味を調えたタンメンならではの味わいが最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

臭みのない動物系の旨味がちょうど良いコクを下支えし、そこに野菜の旨味や炒め野菜の風味をバランス良く合わせ、黒胡椒で味を調えたキレの良い口当たりによって最後まで飽きることもなく、あっさりとしているんですが物足りなさといった感じもなく、そこに手打ち風の食感を再現した独自技術によるフライ麺が食欲を満たすヘルシーで風味豊かな一杯となっていました!

ゆうき
ゆうき
では、今回は2023年12月18日にサンヨー食品から発売された「サッポロ一番 日高屋監修 野菜たっぷりタンメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

サッポロ一番 日高屋監修 野菜たっぷりタンメン

今回ご紹介するカップ麺は、東京都や埼玉県、千葉県や神奈川県など関東を中心に店舗展開する“熱烈中華食堂 日高屋(ひだかや)”の人気メニュー“野菜たっぷりタンメン”の味わいを同店監修によって再現したもので、豚肉と鶏肉のコクに野菜の旨味を利かせ、黒胡椒で味を調えたタンメンらしいメリハリの付いたスープに仕立て上げ、そこにサンヨー食品の独自技術による厚みに差を付けたことで手打ち風の食感を再現したフライ麺が絶妙にマッチした風味豊かな一杯、“サッポロ一番 日高屋監修 野菜たっぷりタンメン”となっています。
※売っている場所:今回はヨドバシの通販で購入

このように今回のフレーバーはタンメンならではの味わいをうまくカップ麺に再現し、一方で人気メニュー“バクダン炒め”をアレンジした“サッポロ一番 日高屋監修 バクダン炒め味ラーメン”も同時発売され、カップ麺としては以前ご紹介した“カップスター 日高屋監修 チゲ味噌ラーメン(2023年5月22日発売)”なんかも登場しており、“熱烈中華食堂 日高屋”では他にも様々なメニューを提供していますから、今後の商品展開なんかも気になるところではないでしょうか?

ちなみにここ“熱烈中華食堂 日高屋”の創業は1973年(昭和48年)2月、創業者である“神田 正(かんだ ただし)”氏が埼玉県大宮市にラーメン店“来来軒”をオープンしたのがはじまり。その後1978年3月には“有限会社日高商事”を設立、1998年6月には“株式会社ハイデイ日高”に商号変更し、2002年6月に低価格ラーメン中華そば“日高屋”の1号店となる“新宿東口店”をオープン、同年12月には100店舗達成し、2008年7月には200店舗、2012年2月には300店舗、2017年5月には400店舗を達成しています!(FCを含む。)

というのもセントラルキッチンを導入しているため、関東中心に数多く店舗展開し、安定した味わいを提供しているようで、今回はその中でも人気のメニューを再現した“野菜たっぷりタンメン”ですから、豚肉や鶏肉をベースに調理感のある野菜の旨味、黒胡椒を利かせたクセになる美味しさ、そして手打ち風の幅広なフライ麺が食欲を満たす後味すっきりとした味わいがカップ麺として気軽に楽しめそうです!

また、こちらには…“「熱烈中華食堂日高屋」を展開する株式会社ハイデイ日高は、2023年2月に創業50周年を迎えました。”と記載されているように運営会社は創業50周年を迎え、他にも複数の飲食店ブランドを展開しているようです!

それでは、今回の“サッポロ一番 日高屋監修 野菜たっぷりタンメン”がどれほど豚肉や鶏肉のコクに調理感のある野菜の旨味を利かせた後味の良いタンメンスープに仕上がっているのか?ピリッとした黒胡椒で味を調えたキレの良い口当たりとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても麺の厚さに差を付けたことによってつるつる感ともちもち感を兼ね備えた手打ち風のフライ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り307kcal(めん・かやく259kcal / スープ48kcal)となっております。(塩分は4.6g)

カロリーは、後味すっきりとしたタンメン・レギュラーサイズということもあってやや低めな数値のようで、塩分も同じくやや低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり69g、麺の量は50gとのこと。(全体的に若干少なめです。)

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと48kcalと若干低めではありますが、豚肉や鶏肉のコクに野菜の旨味を合わせたことで物足りなさといった感じは一切なく、素材本来の美味しさを存分に活かしたことでタンメンらしい後味の良い仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩やポーク調味料をはじめ…

  • 香辛料
  • チキン調味料
  • 野菜調味料
  • しょうゆ
  • ほたて調味料
  • 香味油
  • たら粉末

といった、豚肉や鶏肉のコクに野菜の旨味を利かせ、黒胡椒で味を調えたタンメンならではの後味すっきりとしたスープに仕上げ、さり気なく使用された魚介系の旨味が繊細なテイストを引き立て、安定感のあるタンメンスープといった最後まで飽きの来ない味わいを想像させる材料が並びます。
※製造工場:太平食品工業株式会社 本社工場(群馬県)

JANコード4901734052340
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩、粉末卵)、かやく(キャベツ、にんじん、もやし)、スープ(食塩、ポーク調味料、糖類、香辛料、チキン調味料、野菜調味料、酵母エキス、しょうゆ、たん白加水分解物、ほたて調味料、香味油、たら粉末)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、レシチン、かんすい、香料、微粒二酸化ケイ素、増粘剤(キサンタン)、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、酸味料、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (69g) 当たり]
熱量307kcal
たん白質5.0g
脂質13.4g
炭水化物41.7g
食塩相当量4.6g
めん・かやく 1.7g
スープ 2.9g
ビタミンB10.33mg
ビタミンB20.33mg
カルシウム109mg

引用元:サッポロ一番 日高屋監修 野菜たっぷりタンメン | サンヨー食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、特に調味料などは別添されていません。

そして、かやくには…

  • キャベツ
  • 人参
  • もやし

が入っています。

さらに、麺はご覧の通りサンヨー食品の独自技術によって厚さに差を付けたことで薄い部分のつるつる感と厚い部分のもちもち感を併せ持ち、まるで手打ち風の食感を再現したフライ仕様となっていて、麺量50gということもあってちょっと小腹が空いた時や夜食なんかにもぴったりです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ4分待ちます。(必要なお湯の目安量:310ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりと湯戻りしたことによって先ほどまでのフライ麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺の様子が確認できないほどの野菜の量で、実際にはもっちり感やコシが加わり、まだ全体を混ぜ合わせる前の状態ではありますが、豚肉や鶏肉のコクに調理感のある野菜の旨味を合わせ、黒胡椒で味を調えた最後まで飽きの来ないタンメンらしいメリハリの付いた一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…タンメンらしく非常にサラッとした仕上がりではありますが、豚肉や鶏肉のコクがしっかりと下支えしたことで物足りなさといった感じはなく、調理感のある野菜の旨味や風味を合わせたことで後味の良さが際立ち、素材本来の美味しさを存分に活かした味わいがちょっと少なめのボリューム感で楽しめそうです!

他にも具材に使用された各種野菜からも良い旨味が滲み出し、しっかりと混ぜ合わせることによって容器底に溜まっている黒胡椒も全体に馴染んでいき、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな安定感のある“野菜たっぷりタンメン”に仕上がり、デフォルトでも十分メリハリの付いた味わいが楽しめることと思われますが、お好みによっては追加用の黒胡椒を別途用意しておくと良いでしょう!

食べてみた感想

一口食べてみると…野菜の旨味を豚肉や鶏肉のコクが引き立て、タンメンらしくあっさりとしたテイストながらも物足りなさといった感じはやはり一切なく、想像していた通り抜けの良いスープが印象的で、容器底に溜まっていた黒胡椒に関してもかなり控えめでピリッとしたアクセント程度でしたので、幅広い層に好まれるフレーバーに間違いなく、独自技術による手打ち風の食感を再現したフライ麺によって小腹を満たしてくれる風味豊かな一杯となっています!

そして、調理感のある野菜の風味が広がっていき、黒胡椒で味を調えたことで飽きる要素が一切なく、さり気なく利かせた魚介系が繊細な旨味を引き立て、タンメンの中でも群を抜いて美味しいわけではありませんが、安定感のある味わいということもあって後味すっきりとしたテイストが好みの方にはかなりハマる一杯と言えるでしょう!

また、豚肉や鶏肉を使用したコクのあるスープに仕上げているものの…こってり系というよりも黒胡椒でメリハリを付けたキレの良い飲み口が印象的で、具材に使用された食感の良い野菜の旨味が溶け込み、タンメンならではのテイストがカップ麺に再現されていて、突出した特徴がない点が若干残念ではありますね。。タンメンなのでこれで良いんでしょうけど…何か一工夫欲しかったところ!

麺について

麺は、ご覧の通りサンヨー食品の独自技術によって厚みに差を付け、つるつる感ともちもち感を併せ持つ硬めのフライ仕様となっていて、特に味付けが施されているわけではありませんが、手打ち風の食感によってスープとの馴染みも良く、割とガシッと食べ応えのある仕上がりが好印象!

そんな麺には…豚肉や鶏肉のコクに調理感のある野菜の旨味や風味を合わせ、黒胡椒でメリハリを付けた後味の良いタンメンスープがよく絡み、タンメンならではの野菜の風味やフライ麺特有の香ばしさが後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのキャベツが入っていて、使用されている数・サイズともに申し分なくシャキシャキとした食感が心地良く、じっくりと味わってみると…素材本来の旨味なんかもしっかりと感じられ、今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

また、こちらの“もやし”は、若干細めで頼りなく見えるかもしれませんが、実際にはシャキシャキとした食感が印象的で、上記のキャベツとともにちょうど良いアクセントはもちろん、タンメンには欠かせない具材のひとつとして旨味を引き立てているように感じられます!

他にもこちらの人参が使用されていて、やや小さくカットされているんですが、コリコリとした硬めの食感で、人参ならではの味わいはもちろん、今回の一杯に華やかな彩りをプラスしているようです!

スープについて

スープは、豚肉や鶏肉のコクに調理感のある野菜の旨味を合わせたことでコク深くも黒胡椒も加わったことによってキリッとした口当たりが際立ち、タンメンらしい後味すっきりとした仕上がりが印象的で、具材として使用された各種野菜からも良い旨味が滲み出し、サラッとしていながらも特に物足りなさといった感じは一切なく、“野菜たっぷりタンメン”らしい味わいがちょっと少なめのボリュームで楽しむことができます!

また、上記の通り割とサラッとしたタンメンスープではあるんですが、見た目以上に豚肉や鶏肉のコクが下支えしたことで深みがあり、黒胡椒によるピリッとしたアクセントが絶妙にマッチし、野菜の旨味・風味を活かした一杯は、あっさり系・後味すっきりとしたテイストが好みの方も納得の美味しさと言えるでしょう!

ちなみに今回の“野菜たっぷりタンメン”の黒胡椒に関しては、あくまで後味すっきりとしたタンメンスープの旨味を引き立てるかのようなアクセント程度となっており、そもそも動物系のコクに野菜の旨味を利かせ、豊富に使用された野菜の具材で“野菜たっぷりタンメン”を再現していますから、ほどよいメリハリが付いたテイストとしてクセになる味わいが楽しめることと思われ、他にもさり気なく利かせた魚介系の旨味が繊細さを引き立てているように感じられます!(直接的には感じられませんが…)

まとめ

今回「サッポロ一番 日高屋監修 野菜たっぷりタンメン」を食べてみて、東京都や埼玉県、千葉県や神奈川県など関東を中心に店舗展開する“熱烈中華食堂 日高屋(ひだかや)”の人気メニュー“野菜たっぷりタンメン”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現した一杯には…豚肉や鶏肉のコクに調理感のある野菜の旨味を合わせ、黒胡椒で味を調えたメリハリのあるタンメンスープに仕上げ、そこにサンヨー食品の独自技術によって厚みに差を付けた手打ち風のフライ麺が絶妙にマッチし、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな“野菜たっぷりタンメン”ならではの後味すっきりとした美味しさがちょうど良いサイズで楽しめる風味豊かな一杯となっていました!

やはりタンメンといったテイストは好みによりますね!個人的にあまり好みではないジャンルなんですが…これまでいくつか登場したタンメンを再現したカップ麺の中だと安定感のある仕上がりと言え、特に変なクセもありませんから、ヘルシー志向の方も含め幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

著者プロフィール
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな私「ゆうき」が運営しているブログです。新発売のカップ麺やおすすめラーメン店の実食レビュー記事をメインに更新しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です