カップ麺

辛い牛カレーうどん 食べてみました!コシの強い“うどん”に辛口の“カレーつゆ”が絡む絶品な一杯

辛い牛カレーうどん

辛い牛カレーうどん」を食べてみました。(2020年8月24日発売・東洋水産)

この商品は、マルちゃんこと東洋水産お馴染みの“和風丼カップ麺シリーズ”の派生品として以前発売されていた“辛い牛カレーうどん”を縦型ビッグとして再発売したもので、唐辛子の辛さを利かせた“和風カレーつゆ”にもっちりとした食感の太く幅広な“うどん”が絶妙にマッチした食べ応え抜群な一杯が登場です!

それも…“辛い牛カレーうどん”といった商品名の割にポークの旨味をベースにしており、玉ねぎの旨味・甘みを加えた王道とも言える“カレーうどん”に仕上げ、“カレーうどん”特有のドロッとした感じは全くなく、むしろ粗挽唐辛子を合わせたことによるピリッと辛口なキレの良い口当りを表現、まさに汗を誘う辛さの中にもコク深い旨味がたっぷりと楽しめる一杯、“辛い牛カレーうどん”となっております。(税抜き220円)

ご覧の通りパッケージは辛さを強調するかのような赤を基調に“和風丼シリーズ”らしく今回の商品名である“辛い牛カレー”と大きく記載され、旨味を利かせた“カレーつゆ”に唐辛子を加えたことによって…見るからにしっかりとした辛さが表現された一杯であることがよーく伝わってきますね!これはまさに夏の暑い時期にも食べたくなるやみつき感のあるフレーバーと言えるのではないでしょうか?

辛い牛カレーうどん パッケージ

一方こちらには…“たまねぎの旨みをくわえた辛口のカレーつゆ”と記載され、その背景にはほんのり“とろみ”を付けたコク深くまろやかな“カレーつゆ”に唐辛子を加えたことによって辛口なテイストといった仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…味付牛肉・人参・ねぎが使用されているようです!

これは具材に使用されている味付牛肉からも良い旨味が滲み出しているようにも感じられ、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな王道的な味わいによってがっつりと食欲が満たされる…そんな幅広い層に好まれるテイストとも言えるでしょう!

また、今回の一杯は“辛い牛カレーうどん”とのことで、こちら容器側面には辛さで涙ぐむ牛のイラストイメージなんかも掲載されており、想像以上にしっかりとした唐辛子の辛さに関しても期待できそうです!(後ほど詳しくご説明しますが、原材料を見る限り牛の要素は具材に使用された味付牛肉程度となっています。)

他にも特徴として…麺は厚みもあり幅広なほどよい弾力としっかりとしたコシを兼ね備えた食感の良い“うどん”が採用されており、ポークをベースに玉ねぎの旨味を加えた“とろみ”のある“カレーつゆ”と相性抜群な美味しさを表現し、まさに旨味が凝縮されたコク深く後引く辛さがクセになる味わいが最後まで飽きることなくじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

ほんのり“とろみ”があるものの…思っていたよりもさらっとした“カレーつゆ”には、しっかりとポークの旨味が利いたことでコク深いテイストが表現され、さらに相性抜群な玉ねぎの旨味がバランス良く融合したところに唐辛子によるキリっとした口当りと後引く辛さをプラス、それによってもっちりとした弾力と噛み応えのある“うどん”が絶妙にマッチし、王道的“カレーつゆ”に唐辛子を加えたやみつき感のある味わいがたっぷりと堪能できる仕上がりとなっていました!
これは特に、ポークや玉ねぎの旨味を利かせた“カレーつゆ”に唐辛子を加えた刺激的な味わいをもっちり食感の“うどん”とともにじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は東洋水産から以前発売されていたテイストを縦型ビッグとして再登場となったポークや玉ねぎの旨味をベースに具材として使用された味付牛肉からも旨味が滲み出し、コク深くまろやかなテイストにキリッとした唐辛子ならではの辛みがクセになる一杯、「辛い牛カレーうどん」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

辛い牛カレーうどん

今回ご紹介するカップ麺は、東洋水産お馴染みの“和風丼カップ麺シリーズ”として以前発売されていた“辛い牛カレーうどん”を縦型ビッグとして再発売したもので、ポークや玉ねぎの旨味を利かせた“カレーつゆ”に唐辛子の辛みがやみつき感を際立たせた旨味溢れる一杯、“辛い牛カレーうどん”となっています。

ちなみにこのカップ麺は2007年6月4日に新フレーバーとして“どんぶり型”で登場したのがはじまりで、その時は“黒い豚カレーうどん”のリニューアルと同時発売されており、今回新たに縦型ビッグとして再発売され、ご覧の通り“和風丼シリーズ”らしくフタの方にも商品名が大半を占めるほどのインパクトあるデザインがあしらわれていますね!

また、こちらには“底からよくかきまぜて食べる”と記載されているように、今回の一杯には容器底にたっぷりと粉末スープが溜まっているようですので、濃厚とも言える旨味・辛みが調和された“カレーつゆ”を楽しむためにも調理後はしっかりと容器底からかき混ぜていただきましょう!

一方こちらには…“〆にご飯で2度おいしい!”と記載され、残った“カレーつゆ”に別途用意した白飯を加えても楽しめるとのことで、旨味を利かせたカレー味の“つゆ”ですから…合わないわけがありませんからね!この辺りに関しては、お好みに合わせて追い飯を楽しみたいところ!!

他にも東洋水産では“和風丼シリーズ”として数多くのフレーバーを発売してきているんですが、2020年8月現在では以下のようなラインアップとなっているようです!
※基本“和風丼シリーズ”は“どんぶり型”で統一されています。

これ以外にも季節限定の定番メニューも数多くありますから、“和風丼シリーズ”もけっこうフレーバーが豊富で様々なテイストが楽しめるシリーズと言えるでしょう!

それでは、今回の“辛い牛カレーうどん”がどれほどポークや玉ねぎの旨味を凝縮したコク深い仕上がりとなっているのか?具材に使用された味付牛肉や後引く辛みを引き立てる唐辛子との兼ね合いはもちろん、何と言っても厚みもあり幅広な弾力・強いコシを兼ね備えた太い“うどん”との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り405kcal(めん・かやく342kcal / スープ63kcal)となっております。(塩分は4.9g)

カロリーは、ポークを利かせた濃厚感を思わせる“カレーつゆ”の割に意外と低めな数値のようで、塩分もまた同じくやや低い数値となっています。
ちなみに1食当たり91g、麺の量は70gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけで63kcalとこちらもまたそこまで高い数値ではないようですので、ポークや玉ねぎなど…素材の旨味を存分に活かした深みのある“カレーつゆ”をイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、香辛料やポークエキスをはじめ…

  • 食塩
  • でん粉
  • 野菜エキス
  • 豚脂
  • しょうゆ
  • 植物油

といった、ポークをベースに玉ねぎの旨味を合わせた深み・コクのある“カレーつゆ”に仕上げ、そこに唐辛子が後引く旨味を引き立てるキリッとした口当りが印象的なほんのり“とろみ”を付けたクセになる味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901990366458
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、乾燥酵母、植物性たん白、卵白)、添付調味料(香辛料、ポークエキス、砂糖、食塩、でん粉、野菜エキス、豚脂、しょうゆ、植物油、たん白加水分解物、酵母エキス)、かやく(味付牛肉、にんじん、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、トレハロース、増粘多糖類、カラメル色素、リン酸塩(Na)、炭酸カルシウム、レシチン、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、パプリカ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・牛肉・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんご・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (91g) 当たり]
熱量405kcal
めん・かやく: 342kcal
スープ: 63kcal
たん白質8.5g
脂質17.7g
炭水化物52.8g
食塩相当量4.9g
めん・かやく: 2.0g
スープ: 2.9g
ビタミンB11.02mg
ビタミンB20.39mg
カルシウム155mg

引用元:辛い牛カレーうどん | 商品情報 – 東洋水産株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、具材には…

  • 味付牛肉
  • 人参
  • ねぎ

が入っています。

そして、今回の一杯には別添されている調味料などは一切はいっていないんですが、見るからにピリッとした辛みを思わせる唐辛子の赤みを帯びた粉末スープが印象的といったところ!しかもこの時点ですでにスパイシーな風味が食欲を掻き立てていきます!!

また、麺はご覧の通り厚みもあり、かなり幅広なフライ仕様となっていて、もっちりとした弾力はもちろん、噛み応えのある強いコシが表現された“うどん”が採用されているようです!

しかも容器側面にも記載されていた通り粉末スープはかなり多めに使用されているようで、調理後にはしっかりと容器底から混ぜていく必要がありそうですね!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:440ml)
そして出来上がりがこちら!

かなりしっかりとお湯を吸い、先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に“うどん”にはほどよい弾力や強いコシが加わり、それによって濃厚とも言えるポークを利かせた“カレーつゆ”とともに食べ応え抜群なテイストが楽しめるやみつき感のある一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そして“カレーつゆ”が全体に馴染むと…ほんのり“とろみ”があるものの、そこまでドロッとした印象というわけではなく、むしろ後味の良いキレの良さなんかも特徴的で、ポークの旨味を利かせた深みのあるテイストに唐辛子がキリッとした口当りを際立たせ、最後まで飽きの来ない辛口な味わいに期待できそうです!

他にも、“辛い牛カレーうどん”というだけあって、具材に使用された味付牛肉からも良い旨味が滲み出しているようにも感じられますので、食べはじめはスープ底に沈めておき、じっくりと旨味を引き出してもらうと良いかと思われます!

そしてこういった濃厚にもかかわらず、さらっとした仕上がり具合が良いですね!ドロッとした濃厚な“つゆ”だとちょっと後半飽きが来るような気もしますので、これだけほんのり“とろみ”もありつつさらっとしたバランスで旨味が凝縮された一杯は、汗を誘う唐辛子の辛みによってシャープな飲み口が表現され、後味に関しても非常に良さそうです!

食べてみた感想

一口食べてみると…ポークの旨味がしっかりと利いているんですが、脂っこさといった“くどさ”などは一切なく、あくまでコク深さや玉ねぎの旨味と合わせて厚みのある美味しさを“カレーつゆ”に表現しているようで、ほんのり“とろみ”はありますが、唐辛子の辛みも後押ししたことによってキリッとしたシャープな口当りが好印象といったところ!

そして、気になる辛さはというと…パッケージのイメージ通り思っていたよりも強めの辛さが加えられ、食べ進めていくに連れて汗ばむほどの辛さは、カレーならではのスパイシー感によってどこか清々しさなんかも感じさせ、暑い日にこそ食べたくなるテイストとも言えるでしょう!(強いて言えば…この唐辛子は別添されていないので、辛さが調整できればもっと良かったかもしれませんね。)

麺について

麺は、ご覧の通り厚みもあり、かなり幅広なフライ仕様の“うどん”で、この見た通りほどよい弾力と強いコシを兼ね備えた食べ応え抜群な仕上がりとなっています!

そんな太い“うどん”には、ポークをベースに玉ねぎの旨味を合わせたコク深い味わいに唐辛子を利かせたキレ・コクがバランス良く調和されたやみつき感のあるスパイシーな“カレーつゆ”がよく絡み、一口ずつに厚みのある旨味やカレーならではの香辛料などが口いっぱいに広がっていき、風味豊かなスパイス感のある香りが後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付牛肉が入っていて、じっくりと味わってみると、濃いめの味付けがしっかりと施され、牛肉ならではの旨味がじゅわっと滲み出てくる美味しい具材となっています!

ただ、食べはじめは若干湯戻りが完全ではないようでしたので、まずはスープ底に沈めておき、しっかりと旨味を滲み出してもらった後に噛み応えのある“うどん”と一緒に絡めていただくと…より一層肉の旨味が際立って楽しめるのではないでしょうか?

…というかポークの旨味をベースにこういった牛肉の具材によって旨味を引き立てるバランスは良いですね!牛を主に利かせてしまうと若干クセが出てしまいますから、これくらいの味わいが非常にちょうど良く感じられます!

また、こちらの人参は、かなり細かくカットされているため、素材本来の味わいはそこまで感じられませんが、カレーテイストには欠かせない相性抜群な具材であり、今回の一杯にちょうど良い彩りといったアクセントをプラスしているようです!

さらに、こちらの“ねぎ”は、非常に柔らかな食感に仕上がり、シャキシャキ感というよりも…今回の“カレーつゆ”に対してちょうど良い薬味にもなったことで、より一層旨味が際立ち、後味の良さを引き立てる相性抜群な具材となっています!

“カレーつゆ”について

“カレーつゆ”は、先ほどもお伝えした通りポークをベースに玉ねぎの旨味を合わせたことで、深みのある仕上がりとなり、ほんのり“とろみ”が加わったことで厚みのある美味しさに感じられ、濃厚とも言える味わいとなっています!

ただ、今回の一杯にはカレーならではのスパイス感のある香辛料の他に唐辛子がプラスされていますから、想像以上に強い辛さに感じられるかもしれません!

しかしそれによってキレの良い口当りを表現し、ポークや玉ねぎの旨味がコク深い味わいを際立たせ、まさに後味すっきりとした後引く旨味・辛みがクセになる辛口の“カレーうどん”に仕上がり、食べ進めていくに連れて汗が止まらなくなってきますね!これは王道ながらも唐辛子の辛みが食欲を掻き立て、ついついスープが止まらなくなってしまいます。。

また、原材料にも記載されていた通り“でん粉”が含まれているせいか、食べ進めていくに連れて“とろみ”も若干増していき、濃厚感・コク深さがより一層際立った満足度の高いテイストが思う存分たっぷりと楽しめるのではないでしょうか?

これだけ味が濃くて香辛料もしっかりと利いた本格的な“カレーつゆ”なら追い飯もばっちりでしょうね!今回は用意しませんでしたが…がっつりと食欲を満たしたい時にはぜひお試しください!!

このように、今回の“辛い牛カレーうどん”は、ポークをベースに相性抜群な玉ねぎの旨味を合わせたことでコク深い味わいに仕上がり、カレー特有の香辛料や唐辛子を加えたことによって想像以上に辛口な“カレーつゆ”を表現、そこに噛み応え抜群な強いコシに仕上がった“うどん”が絶妙にマッチしたことで、後引く旨味・辛みがクセになる食べ応え抜群な一杯となっていたため、お好みによっては白飯を用意して残ったスープで追い飯を楽しんでみても良いでしょう!

まとめ

今回「辛い牛カレーうどん」を食べてみて、ポークをベースに玉ねぎの旨味を合わせた王道にも感じられる“カレーうどん”には、物足りなさを感じさせないほどの旨味・コクが凝縮され、カレーならではの香辛料に加え唐辛子による辛口の“カレーつゆ”に仕上がり、具材に使用された味付牛肉が旨味を引き立て、まさにキレとコクがバランス良く融合されたやみつき感のある後味すっきりとした味わいとなっていました!

こういったシンプルながらもしっかりと旨味を利かせた“カレーつゆ”は安定感があってクセになりますね!しかもカレーならではの香辛料と唐辛子の組み合わせがまた意外としっかりとした強い辛さを表現していたため、後引く旨味・辛みがたまらない…白飯にぴったりなテイストと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!