カップ麺

「KEN軒(けんけん)」監修カップ麺 “濃厚魚介豚骨らぁ麺” 豚骨に魚介出汁を合わせた濃厚な一杯

KEN軒監修 濃厚魚介豚骨らぁ麺

KEN軒(けんけん)監修 濃厚魚介豚骨らぁ麺」を食べてみました。(2022年3月14日発売・サンヨー食品)

この商品は、東京都武蔵野市・三鷹の人気ラーメン店“KEN軒”の看板メニュー“濃厚豚骨魚介らぁ麺”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現したもので、じんわりと染み渡る魚介系の旨味をポークによってコク深く引き立たせ、“とろみ”を付けた濃厚な魚介豚骨スープに仕立て上げ、サンヨー食品の独自技術による製麺方法による強いコシと密度感のあるずしっとした極太麺が絡むことで食欲をガツンと満たしてくれる風味豊かな一杯が登場です!

それも…臭みのないポークの旨味と荒々しくも感じるほどの魚介出汁によるWスープ仕様によって濃度の高い豚骨魚介スープを再現した一杯には、素材の旨味を存分に活かしたことで最近の流行でもある超濃厚なテイストに仕上がり、厚みのある旨味に香辛料がちょうど良いアクセントとなったことで最後まで飽きの来ない食べ応え抜群な一杯、“KEN軒監修 濃厚魚介豚骨らぁ麺”となっております。(税抜き230円)

ご覧の通りパッケージには“東京・三鷹 KEん軒 監修”と記載されているように、実際の店舗名は“KEN軒(けんけん)”ですが、実店舗の看板には「N」が「ん」と表記されており、実はすでに商品化されている“麺屋 さくら井”のサードブランドとして定休日の水曜日のみが営業日といった二毛作の営業形態で、基本は“濃厚豚骨魚介らぁ麺”と“濃厚豚骨魚介つけ麺”の2本柱で人気を博する行列店とのことでカップ麺ながらも豚骨や魚介の旨味を存分に活かした超濃厚な豚骨魚介スープが楽しめそうです!

KEN軒監修 濃厚魚介豚骨らぁ麺 パッケージ

一方こちら容器側面には…“濃厚魚介豚骨らぁ麺”といった今回の商品名が記載され、その背景には…じんわりと染み渡る魚介の旨味を豚骨がコク深く引き立て、“とろみ”を付けた濃厚な豚骨魚介スープにほどよく味付けが施された噛み応えのある極太麺や各種具材が盛り付けられた仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…鶏・豚味付肉そぼろ、“ねぎ”が使用されているようです!

しかもここ“KEN軒”の店主は“麺屋 さくら井”のスタッフということもあって修行経験を活かしたことで同じく無化調にも拘り、素材本来の旨味を活かした濃厚な味わいが非常に人気のラーメン店ということで、なかなかカップ麺に再現するのは難しいとは思いますが…豚骨×魚介によるWスープ仕様といった濃厚なテイストがどれほど後味さっぱりと仕上がっているのか?気になるところ!

また、こちらには…“水曜限定営業の行列店”、“人気店麺屋さくら井の二毛作”と記載され、鶏の旨味に和風出汁を合わせた看板メニュー“特製らぁ麺(醤油)”が大変人気の“麺屋 さくら井”の定休日である水曜日に二毛作として“KEN軒”が営業(11:30~15:00 / 18:00~20:30)、“麺屋 さくら井”とはひと味違った濃厚な豚骨魚介スープが楽しめるとあって行列を作る人気店のようですね!これはカップ麺ではなく実店舗の方でも味わってみたいものです。。

他にも特徴として…麺はサンヨー食品の独自技術によってほどよく味付けが施された極太なフライ麺が採用されており、強いコシと密度感の高い食べ応えによって食欲もガツンと満たされ、それによって魚介系の旨味を豚骨がコク深く引き立たせたWスープによる濃厚な味わいと絶妙にマッチし、食べ進めていくに連れて喉越しの良い“とろみ”も増していき、それと同時に満足度も満たされる…そんな旨味溢れる味わいが最後まで飽きることなくじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

最後に加える“仕上げの小袋”によってざらつきを感じるほどの魚粉が想像以上に荒々しい旨味を表現しているんですが、コク深くまろやかな豚骨の旨味がうまく調和したことで全体的なバランスは非常に良く、ほんのりと唐辛子のような香辛料が後味の良さを際立たせ、そこに独自技術による極太仕様の麺が濃厚なスープにも負けじと相性良く馴染み、カップ麺とは思えないほどクオリティの高い風味豊かな一杯となっていました!
これは特に、人気行列店“KEN軒”ファンはもちろん、じんわりと染み渡る魚介出汁にまろやかな豚骨の旨味をバランス良く合わせたWスープらしいコク深い豚骨魚介スープを縦型ビッグサイズらしくボリューム感のある味わいをじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は東京・三鷹の人気ラーメン店“麺屋 さくら井”の定休日である水曜日だけ営業する人気行列店“KEN軒”の看板メニュー“濃厚豚骨魚介らぁ麺”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現した魚介×豚骨のWスープによって超濃厚なテイストをうまく再現した食べ応えのある一杯、「KEN軒監修 濃厚魚介豚骨らぁ麺」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

KEN軒監修 濃厚魚介豚骨らぁ麺

今回ご紹介するカップ麺は、東京・三鷹の人気ラーメン店“麺屋 さくら井”の定休日にスタッフの“けんけん”氏が営業する二毛作としての行列店“KEN軒”の看板メニュー“濃厚豚骨魚介らぁ麺”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現したもので、魚介の旨味に豚骨がコク深く際立たせ、“つけ麺”でも流行の濃厚な豚骨魚介スープに仕上げ、そこにサンヨー食品の独自技術による極太仕様の強いコシや密度感のある麺が採用され、濃厚なスープにも負けじとしっかりとした食べ応えを表現、それによって最後まで飽きの来ない超濃厚な味わいが楽しめる風味豊かな一杯、“KEN軒監修 濃厚魚介豚骨らぁ麺”となっています。

ご覧の通りフタの上に別添されている調味料を剥がしてみると…こちらには“KEN軒”の店舗ロゴや今回の商品名“濃厚魚介豚骨らぁ麺”といった文字に加え、“水曜限定営業の行列店”といった文言が特に大きく掲載されており、紺色を基調にしたことによって格式高い味わいをイメージさせますね!

ちなみにここ“麺屋 さくら井”の創業は2016年11月、東十条の“麺処 ほん田”・そのセカンドブランドとなる赤羽の人気店“麺処 夏海(なつみ)”にて5年間もの修行経験の後、店主“櫻井 祐太”氏によって東京都武蔵野市西久保にオープンさせたのがはじまり。

そこで修行するスタッフとして働く“けんけん”氏が“麺屋 さくら井”の定休日に間借り営業する形でサードブランド“KEN軒”を2021年1月にオープン、そもそも名店での修行経験を持つ方が二毛作としてひと味違ったテイストを提供するとあって瞬く間に人気行列店として広まったようですね!
※2020年8月にはセカンドブランドとして“三鷹らーめん酒場 SAL”がオープンしています。

また、こちら容器側面には“KEN軒”についての簡単な説明書きが記載されており、これによると…“東京・三鷹にある行列の出来る人気店「麺屋さくら井」の定休日である水曜日だけ間借り営業しているラーメン店。炊き出した豚骨に複数の煮干しや節を合わせたこだわりの濃厚魚介豚骨スープを求めて、平日にもかかわらず、開店のたびに多くの人が訪れる”とのことで週1日しか営業していないという点はもちろん、味が確かなことで行列を作るんでしょう!これは間借り営業ではなくそのうち独立するのではないでしょうか?

それでは、今回の“KEN軒監修 濃厚魚介豚骨らぁ麺”がどれほど魚介の出汁と豚骨の旨味を丁寧に溶け込ませているのか?“仕上げの小袋”に含まれる魚粉の旨味との兼ね合いはもちろん、なんと言っても独自製法による生麺さながらの強いコシを表現した密度感のあるずしっとした極太麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り384kcal(めん・かやく290kcal / スープ94kcal)となっております。(塩分は6.1g)

カロリーは、縦型ビッグサイズ・濃厚な豚骨魚介スープの割に低めな数値のようですが、一方で塩分は若干高めといったところでしょうか?
ちなみに1食当たり93g、麺の量は70gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけでも94kcalと割と高めな数値を占めていることからも、やはり魚介の出汁をコク深くまろやかな豚骨と合わせたことによって濃厚なWスープに仕上がり、最後に加える“仕上げの小袋”によって味に深みが際立ち、素材の旨味を存分に活かした濃厚な仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、魚粉やポークエキスをはじめ…

  • 食塩
  • クリーミングパウダー
  • ポーク調味料
  • 油脂加工品
  • しょうゆ
  • 香辛料

といった、じんわりと染み渡る魚介出汁にコク深さやまろやかさを引き立てる豚骨の旨味が絶妙にマッチしたことで濃厚なWスープに仕立て上げ、醤油感のキリッとした口当たりが全体のメリハリを付けた“とろみ”のある風味豊かな味わいを想像させる材料が並びます。

また、販売者は“サンヨー食品株式会社”ですが、製造所はグループ会社である“太平食品工業株式会社”が担っているようです!

JANコード4901734045687
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩、ポーク調味料)、スープ(糖類、魚粉、ポークエキス、食塩、クリーミングパウダー、ポーク調味料、油脂加工品、しょうゆ、ゼラチン、香辛料、酵母エキス)、かやく(鶏・豚味付肉そぼろ、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類、アルギン酸ナトリウム)、カラメル色素、炭酸カルシウム、かんすい、乳化剤、香料、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (93g) 当たり]
熱量384kcal
たんぱく質9.5g
脂質12.8g
炭水化物57.6g
食塩相当量6.1g
めん・かやく: 1.6g
スープ: 4.5g
ビタミンB10.33mg
ビタミンB20.59mg
カルシウム259mg

引用元:KEN軒監修 濃厚魚介豚骨らぁ麺 | サンヨー食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“仕上げの小袋”と記載された調味料が別添されています。

そしてこちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、中には魚粉が含まれているようでしたので、特に調理中はフタの上で温める必要はありません。

そして、かやくには…

  • 鶏・豚味付肉そぼろ
  • ねぎ

が入っています。

このように具材は2種類とやや少なめにも感じられるかもしれませんが、今回は魚介出汁と豚骨によるWスープ仕様による濃厚な豚骨魚介スープがコク深く楽しめる仕上がりに期待でき、さらにそういった旨味を引き立てる相性の良い具材が取り揃えられているようです!

また、麺はご覧の通りサンヨー食品の独自技術のほどよく味付けが施された生麺さながらの極太仕様で、強いコシを表現すると同時に密度感のあるずしっとした仕上がりによってガツンと食欲を満たしてくれる食べ応え抜群な仕様となっているようです!(麺に色が付いたことでほどよく味付けが施されていることが伝わってきますね。)

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ4分待ちます。(必要なお湯の目安量:420ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸い、先ほどまでの極太麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはもっちりとした弾力や跳ね返りの強いコシが加わり、まだ別添されている“仕上げの小袋”を入れる前の状態ではありますが…魚介系ならではの荒々しい旨味を豚骨のまろやかさが絶妙にマッチし、コク深くも味わい深いWスープによる風味豊かな一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“仕上げの小袋”を加えていきます!
すると…スープに溶け込まなさそうなざらつきのある魚粉が割と多めに使用されており、食欲そそる魚介系ならではの風味が一気に広がっていき、恐らく容器底にもたっぷりと粉末スープが溜まっているものと思われますので、容器底からしっかりと混ぜた方が良さそうです!

ご覧の通りこの“仕上げの小袋”には魚粉が豊富に含まれており、そもそも容器底にも粉末スープがたっぷりと使用されているものと思われるんですが、じんわりと染み渡る魚介出汁の旨味をさらに際立たせ、荒々しさを増したことで食欲そそる風味が印象的で、素材の旨味を存分に活かした行列店の味というのも納得の仕上がりではないでしょうか?

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…すでにほんのり“とろみ”が付き、醤油感の強いキレと魚介出汁が相性良く馴染んだことでシャープな飲み口を表現、そこにコク深くまろやかな豚骨の旨味が厚みのあるテイストへと際立たせ、魚介出汁×豚骨によるWスープ仕様によって厚みのあるコクが加わり、まさに素材の旨味を存分に活かしたことで安定感のある美味しさがたっぷりと楽しめる拘りの仕上がりといったところ!

また、具材に使用されている“鶏・豚味付肉そぼろ”からも良い旨味が滲み出しているようにも感じられ、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんなコク深い旨味がたまらなく、喉越しの良い濃厚なスープに仕上がり、魚介の風味が香り立つものの特別クセのあるテイストというわけでもありませんから、かなり幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?麺も本格的ですので、かなり手の込んだ仕様であることが伝わってきます!

食べてみた感想

一口食べてみると…想像以上に濃厚です!それも、じんわりと染み渡る魚介系の旨味をコク深く引き立てるかのように豚骨の旨味が絶妙にマッチしたことで、Wスープ仕様の豚骨魚介スープがかなりクオリティ高く仕上がっているように感じられます!なんと言うか…コク深さといい、食欲そそる風味といい、キレとコクのあるメリハリが醤油感の強い口当たりと相性良く馴染み、濃厚なんですがギトギトとした脂っこさといった感じは一切なく、最後まで全く飽きの来ないパンチのあるテイストが好印象といったところ!

そして再現性は定かではありませんが、カップ麺でここまでの美味しさなら実店舗だともっと美味しいんでしょうね!魚介系の旨味と臭みのない豚骨の旨味が醤油ダレとバランス良く融合し、ほんのりと唐辛子のようなアクセントが加わったことで濃厚ながらも後味すっきりとしたテイストが心地良く、評価もかなり高いのではないでしょうか?

また、今回のフレーバーは“濃厚魚介豚骨らぁ麺”というだけあって非常に濃厚で、容器底にかなり多くの粉末がダマになっていたため、しっかりと底からひっくり返すように食べ進めていくと良いでしょう!それによって少しずつ“とろみ”も増していき、それと同時に満足度も増していく…そんな喉越しの良い豚骨魚介スープを存分に楽しむことができ、そもそも味も濃いめなので、残ったスープに追い飯しても抜群に美味しいかと思われます!(オープン当初は“つけ麺”のみだったというのも納得の濃厚感・美味しさです!)

麺について

麺は、ご覧の通りサンヨー食品の独自技術によって実店舗でも採用されている全粒粉入りの極太ストレート麺を再現しているかのように味付けが施され、さらにもっちりとした弾力とガシガシとした強いコシを兼ね備え、密度感のあるずしっとした生麺さながらの仕上がりとなっています!

そんな極太麺には…じんわりと染み渡るかのような魚介出汁にまろやかな豚骨の旨味が絶妙にマッチしたWスープ仕様によるコク深く濃厚なスープがよく絡み、一口ずつに荒々しくも感じられる魚介出汁や豚骨の旨味などが口いっぱいに広がっていき、食欲そそる魚介系の風味が後味良く抜けていきます!…というかやはり濃厚な豚骨魚介スープは美味しいですね!そこに醤油ダレのようなキレの良さやピリッとした香辛料が絶妙に利いたことで全く飽きが来ません!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“鶏・豚味付肉そぼろ”が入っていて、“肉そぼろ”という割にサイズは大きく、じっくりと味わってみると…しっかりと味付けが施された肉の旨味がじゅわっと滲み出てくる美味しい具材となっていたため、スープと馴染ませながら食べ進め、後ほど噛み応えのある極太麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

さらに、こちらの“ねぎ”は、やや細かくカットされていたため、シャキシャキとした食感というよりも…ほどよい薬味にもなったことで、今回の濃厚な豚骨魚介スープの美味しさをより一層引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっているようです!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りじんわりと染み渡るかのような魚介出汁に臭みのないまろやかな豚骨の旨味が絶妙にマッチした濃厚な豚骨魚介スープに仕上がり、そこに醤油感の強いキレやピリッとした辛みの唐辛子がバランス良く融合したことで、“とろみ”が付いた濃厚なテイストながらも飽きの来ないインパクトのあるテイストとなっています!そしてなんと言ってもこのスープは魚介系と豚骨のバランスが異常なほど素晴らしく、互いの旨味を引き立て合うかのような味わいはコク深くも脂っこさといった印象は全くなく、メリハリを付けたことで最後まで飽きの来ない美味しさが印象的といったところ!

そのため、キリッとしたシャープな飲み口のすぐ後からは魚介系や豚骨の旨味が押し寄せ、この喉越しの良い濃厚なスープには単純に濃厚感だけが際立っているわけではなく、じっくりと炊き出したかのような豚骨の旨味や数種類もの繊細な魚介出汁がガツンと感じられ、キレの良い醤油ダレがちょうど良いアクセントとなったことで想像以上に旨味溢れる味わいが表現されています!

また、食べ進めていくに連れて具材に使用された“鶏・豚味付肉そぼろ”からも良い旨味が滲み出していき、“とろみ”も増していくことで濃厚感がより一層際立っていき、旨味溢れるWスープに醤油ダレや香辛料をさり気なく利かせたことで後味すっきりとした仕上がりで、濃厚な豚骨魚介スープが好みの方にとってはかなりハマる味かもしれません!

そして、素材の旨味に拘った豚骨魚介スープには安定感があり、非常に濃厚なんですが不思議と飽きる要素が一切なく、何度も食べたくなるようなテイストと言えます!ただ、強いて言えば…香辛料として利かせた唐辛子はやや弱めにも感じられましたので、お好みによってはもう少し唐辛子を足して刺激的なアクセントを際立たせてみてもいいでしょう!

このように、今回の“KEN軒監修 濃厚魚介豚骨らぁ麺”は、じんわりと染み渡る魚介出汁とコク深くまろやかな豚骨の旨味をバランス良く合わせたWスープ仕様によって濃厚な豚骨魚介スープに仕立て上げ、そこに醤油ダレや香辛料をさり気なく利かせたことによって単純に濃厚感だけが際立っているわけではなく、後味すっきりとしたメリハリが心地良く、さらにサンヨー食品の独自技術による強烈なコシや重量感のある極太麺が相性良く馴染み、最後まで飽きの来ない食べ応え抜群な一杯となっていたため、お好みによっては上記の通り唐辛子といった香辛料をちょい足しして刺激的なアクセント・メリハリを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「KEN軒監修 濃厚魚介豚骨らぁ麺」を食べてみて、東京・三鷹の人気ラーメン店“麺屋 さくら井”の定休日に修行中のスタッフ“けんけん”氏が営業する二毛作として大変人気の行列店“KEN軒”の看板メニュー“濃厚豚骨魚介らぁ麺”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現したした一杯には…魚介出汁と豚骨の旨味をガツンと利かせた濃厚なWスープに仕立て上げ、醤油ダレのようなキレの良さや香辛料を利かせたことで濃厚ながらも脂っこさといった変な“くどさ”はなく、噛み応えのある超極太麺が絡むことで食欲もしっかりと満たされ、最後まで飽きの来ないテイストが満足度高く楽しめるクオリティの高い逸品となっていました!

また、最後に加えた“仕上げの小袋”によって魚介の旨味に深みが際立ち、食欲そそる風味はもちろん、物足りなさを感じさせない濃厚な豚骨魚介スープは、こってり系・濃厚なテイストが好みの方ならかなりハマる味わいと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!