ラーメン

「麺や けせらせら」に行ってきました!濃厚な鶏白湯スープが人気の札幌ラーメン店

麺屋 けせらせら

濃厚な鶏白湯スープが人気のラーメン店「麺や けせらせら」に行ってきました!

このラーメン店は、札幌のラーメン店の中では珍しい濃厚な鶏白湯系で人気のお店で、中でも“塩らぁめん”といった臭みのないまろやかな鶏の旨味が凝縮されたスープに塩ならではのキレのある後味の良さが美味しくマッチした一杯が人気の“麺や けせらせら”となっております!

ちなみにここ“麺や けせらせら”は2008年に創業、2017年には一時長期休業していた時期もあったようですが、現在は特に心配するようなこともなく営業されているようですね!

そして、場所が札幌市北区の太平といったちょっと良い場所とは言えないわけですが…にもかかわらず連日行列を作る人気店で、多くのお客さんが一番人気である“塩らぁめん”を注文しています!

ここ札幌で“塩”といったテイストが人気のラーメン店ってそこまで多くはない印象ですからね!濃厚な鶏白湯がどういった味わいに仕上がっているのか?個人的にも気になっていた北区の穴場とも言えるお店のひとつでした!

また、“麺や けせらせら”では“塩らぁめん”が一番人気なんですが、“つけ麺(塩)”なんかも用意されていて、ここは非常に選択が迷うところではありますが…はじめて伺うなら間違いなく“塩らぁめん”をおすすめしますね!詳しくは後述しますが…とにかく強烈に美味いです!!

ゆうき
ゆうき
では、今回はこのまろやかな鶏の旨味が凝縮された鶏白湯スープに塩ならではの後味すっきりとしたキレのある口当たりが絶妙にマッチした一杯が人気のラーメン店「麺や けせらせら」についてレビューしてみたいと思います!

麺や けせらせら

今回ご紹介するラーメン店は、札幌では珍しい塩ベースの濃厚系鶏白湯が人気のお店で、コク深くも“くどさ”や脂っこさといった感じが一切ない鶏の旨味が丁寧に抽出されたことによる上品な口当たりが印象的な“塩らぁめん”が一番人気であり、お店の看板メニューでもある“麺や けせらせら”となっています。

ちなみに、この“麺や けせらせら”の店主“中山 洋一”氏は、ラーメン店以外にも修行経験を持つとのことで、今回ご紹介する“塩らぁめん”といった鶏の旨味を最大限に活かした一杯にもそういった経験があってこその味わいなんでしょうね!これは期待してしまいます!!

それでは、今回ご紹介する“麺や けせらせら”の人気メニュー“塩らぁめん”がどれほど濃厚な仕上がりとなっているのか?鶏の旨みの具合や塩テイストとの相性の良さなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

店舗に到着

今回は昼時を少し過ぎた1時頃に到着したわけですが、店内に数組、店外にも5組み程度の待ちがあり、すぐに並びます!

また、暖簾には“小林製麺”といった文字がしっかりと確認できます!
この“小林製麺”は、“らーめん信玄”や“吉山商店”など、札幌ラーメンらしいプリッとしたコシが印象的な麺で、比較的こってり系が人気のラーメン店がよく使用している製麺所ですね!

ちなみに駐車場は、店舗前に数台停められるスペースが用意されていますが、ここが満車の場合、店舗裏にも提携駐車場が4台ほど用意されているので、そちらを利用すると良いでしょう!(人気店ですからね、周辺に迷惑にならないように気を付けたいところ。)

そして、店内にも数組の待合席が用意されているんですが、店員さんが頃合いを見て誘導してくれるので、呼ばれるまで待ちます。(店員さんがみなさん非常に丁寧な対応だったのが印象的でしたね!)
※会計は食券制ではなく、後払い制となっています。

その店内は、厨房に面した6席程度のカウンターに加え、小上がりのテーブル席がふたつ(6人用・4人用)あり、割とこぢんまりとした雰囲気となっています!

メニューについて

そしてしばらくして店内に入り、さらに席が空くと案内されるので、改めてメニューを見てみます!意外とシンプルなメニューですね。(列に並んでいる時にメニューが渡され、注文も聞いてくれます。)

基本的には…

  • 塩らぁめん
  • 味噌らぁめん
  • 醤油らぁめん

が用意されていて、大盛りや半麺も注文可能、“お子様らぁめん”なんかも用意されていますね!これはうちのような家族連れにとってありがたいところ!

また、サイドメニューとして“チャーシューめし”なんかもあり、トッピングもシンプルにチャーシュー、味付玉子のみとなっているようです!

そして、一番人気は“塩らぁめん”とのことでしたが、メニューの裏を見てみると…“つけ麺(塩・醤油)”なんかも用意されているようで、これは揺らぎますね。。並(250g)/ 小(200g)※+50円で100g増量可能とのこと。

ちなみに、麺は“冷たい麺”と“温かい麺”から選ぶことができ、さらにスープ割も後ほどいただけるとのこと。

そして、テーブル調味料は、ご覧の通り…

  • ブラックペッパー
  • おろしにんにく
  • 柚子胡椒
  • 一味唐辛子

が用意されています。

今回はこの“つけ麺”と悩みましたが…注文を聞きにきてくれた店員さん曰く“塩らぁめん”が一番人気とのことでしたので、今回は“塩らぁめん(730円)”を注文することにしました!

食べてみた感想

そして、しばらくすると…というか列に並んでいる時から注文済みでしたので、席に案内された後、あっと言う間にラーメンが運ばれてきます!

ちなみに、店主である“中山 洋一”氏がラーメンを作る姿がしっかりと確認できるんですが、ラーメンだけでなく周囲にも気を配っている様子で、店内に何組み誘導するのか?どこの席に何名を案内するのか?といった細かい指示を店員さんに伝えている様子は、ラーメンに対する真摯な姿勢の現れにも感じられ、この細かな気の使い方によって鶏の旨味が丁寧に抽出され、最大限に美味しさが引き出されているものと思われます!

というか…席や客数の関係上、案内する順序が入れ替わってしまった際、店主自らお客さんに直接声かけする優しい言葉使い・気遣いは、まさに素晴らしいオペレーションとも言えますね!

そして、気になるその仕上がりはというと…ご覧の通り真っ白く綺麗な鶏白湯スープならではの濃厚でありながらもコク深さを思わせる“とろみ”がほんのりと付き、それが塩といった後味すっきりとしたテイストと相性良くマッチしたことによって、多くのお客さんがスープを飲み干している状態でしたね!

ということで、さっそく一口食べてみると…あぁ。。美味っ!!ポタージュスープとも言える濃厚なコク深いスープには変なクセもなく、上品にも感じられるまろやかな鶏の旨味がこれでもかというほど美味しく表現されています!

そして、濃厚ではあるんですが、脂っこさが一切ないため最後まで飲み飽きることもなく、後味すっきりとした塩といったテイストと非常に良くマッチしていますね!

とは言え、鶏の旨味ならではの良い意味での粘り気のある口上がりがほどよい飲み応えを楽しむことができます!塩ラーメンでここまで美味いと思わせる仕上がりは行列も納得のラーメン店と言えるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通りやや太めの札幌ラーメン特有の黄色みのあるプリッとしたコシの強い仕上がりとなり、心地良い歯切れや噛み応えが楽しめるのはもちろん、このほどよい“ちぢれ”を付けたことによってスープも絡みやすくもなるんです!

そんな…いわゆる“プリシコ”な麺には、鶏の上質とも言える旨味が凝縮された濃厚な鶏白湯スープがよく絡み、一口ずつに鶏の旨味が一気に押し寄せてきて、そのすぐ後からは塩テイストならではのすっきりとした後味が抜けていくことで全く飽きが来ませんね!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのチャーシューが入っていて、サイズも非常に大きく、さらに仕上がりはと言うと…口の中でとろけるほどのトロトロ仕様の美味しい具材となっていて、これがまた濃厚な鶏白湯スープとも相性抜群です!

また、脂身もほどよく含んでいるところが好印象で、まさに濃厚な鶏白湯スープの美味しさをより一層引き立てるかのような具材のようです!

これならチャーシューを追加トッピングしてみても良いかもしれませんね!(チャーシュー増し+200円)
濃厚な鶏白湯スープと楽しむこの味わいは格別と言えますね!

さらに、こちらのメンマなんかもサイズ感の大きな仕様となっていて、素材本来の味やメンマならではの味付けがしっかりと確認でき、食感はコリコリとまではいかないものの…やや柔らかめな仕上がりのようですね!個人的にもメンマは好きなので、サイズ感・味付けともに申し分ない具材と言えるでしょう!

そして、こちらの“かいわれ大根”のシャキシャキ感や後味さっぱりと感じさせる素材ならではの味が、濃厚な鶏白湯スープにちょうど良いメリハリとなり、口直しにもなることで何度でも濃厚な鶏の旨味を楽しむことができます!

一方、こちらの味付玉子は、そこまで濃い味に味付けされているわけではないようですが、やや硬めの仕上がりとほどよい味の染み具合によって、濃厚な鶏白湯スープと絡めて食べてみることによって鶏のまろやかな旨味とともにマイルドな味わいを楽しむことができます!

そして、こちらの“小ねぎ”が“かいわれ大根”と同じくシャキシャキな食感としてのアクセントにもなり、こちらもまた今回の一杯にちょうど良い薬味にもなったことで、濃厚な鶏の旨味を調和しているようにも感じられますね!

このように、ここ“麺や けせらせら”の一番人気“塩らぁめん”には、濃厚な鶏白湯スープにちょうど良いアクセントにもなる具材がシンプルながらも必要最低限に取り揃えられたことによって、鶏の旨味を引き立てるのはもちろん、最後まで飽きることもなく絶妙にマッチしているようです!

スープについて

スープは、非常に濃厚ではあるんですが、鶏の旨味が丁寧に抽出されたことによって、臭みのないまろやかな味わいがじっくりと楽しめ、さらに脂っこさが一切ないため飲み飽きることもなく塩ベースのスープに上質な旨味として溶け込んでいます!

また、この鶏白湯スープには、濃厚感・コク深さがしっかりと表現されてはいるものの、“くどさ”といった感じが一切なく、塩ならではのキレのある口当たりと、すっきりとした後味が絶妙にマッチしたことで、“かいわれ大根”や“ねぎ”といった薬味と合わせて、何度でも鶏の旨味を味わえます!

そのため、いつまでも飲み続けられるのでは?と思ってしまうほどの後味の良さが心地良く、まろやかな鶏の旨味には…リピーターをはじめ多くの方が魅了されているものと思われます!北区太平といった立地条件にもかかわらず行列ができるのも納得です!

そして、先ほどもお伝えした通り、何と言っても鶏の下処理が非常に丁寧に行われていることがよーく伝わってくるほどの仕上がりで、雑味などの一切ない上質な鶏の旨味が表現されたことで、まろやかな舌触りの鶏白湯スープに仕上がっているものと思われます!

そして…そうこうしているうちに完食です。。
この後味すっきりとした塩ベースの鶏白湯は美味いですね!塩ラーメンや鶏白湯といった括りで言うと札幌でもトップクラスと言えるのではないでしょうか?

つけ麺(塩)について

そして、こちらが“つけ麺(塩)”となっていて、“冷たい麺”でお願いしたところ、やはり強烈なコシがたまらなく、さらに濃厚な鶏の旨味が凝縮されただけでない塩分濃度の高い鶏白湯スープが合いますね!

こちら、味変としてレモンを絞ることで、さっぱりとした後味が楽しめ、濃厚でありながらも後味すっきりとした塩べースのスープとの相性も抜群です!これもまたおすすめですね!!

また、麺をいただいた後は、スープ割がもらえるので、お好みの濃さに調整した上で極上な鶏白湯スープを楽しむことができるでしょう!

まとめ

今回「麺や けせらせら」の“塩らぁめん”を食べてみて、白湯スープならではの濃厚なスープには、丁寧な下処理を思わせる鶏の旨味が臭み・雑味などが一切なく、まろやかでありながらもコク深く脂っこさのない美味しさとなって後味の良い塩味と絶妙にマッチし、それによって最後まで飽きることのない…何度でも味わってみたくなるような味わいが表現されていました!

正直、塩ラーメンが人気のお店でここまで満足できるとは思ってもみませんでしたね。。濃厚なだけでなく旨味の出し方や薬味などの具材によるメリハリの付け方など、繊細にも感じられる考え抜かれた一杯には誰もが納得すると思われる美味しさが楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

麺や けせらせら 店舗情報

札幌市北区太平7-5-2-5
※駐車場は店舗前に数台程度、店舗裏に駐車場4台のスペースが用意されています。

TEL:011-771-5246
営業時間:11:30~15:00 / 17:00~20:00(水曜日 11:30~15:00)
定休日:木曜日・第3水曜