カップ麺

黒い豚カレー焼そば でか盛 食べてみました!夏季限定 ポークを利かせたスパイシーな定番メニュー

黒い豚カレー焼そば でか盛

黒い豚カレー焼そば でか盛」を食べてみました。(2020年8月17日リニューアル発売・東洋水産)

この商品は、マルちゃんでお馴染み東洋水産の和風丼カップ麺シリーズの派生品として発売されている“黒い豚カレーうどん”を“カップ焼そば”に再現したもので、2009年から毎年のように発売されている夏季限定・お馴染みの一杯が登場です!

それも…ポークの旨味をベースに野菜の旨味を加え、さらに醤油で味を整えたことによって甘さとスパイス感のある焼そばソースに仕上げ、すすり心地の良い中太麺と相性良く馴染んだ風味豊かな一杯、“黒い豚カレー焼そば でか盛”となっております。(税抜き220円)

ご覧の通り、パッケージには“香りとコクのスパイシーソース”、“食べる程にはまるおいしさ!具材1.5倍”と記載されているように、今回の一杯にはポークの旨味によるカレーならではのコク深さや野菜の旨味、そして風味豊かなスパイス感を粉末ソース・液体ソースの2種類のソースによって再現しており、決してパサつくことのないちょうど良い油分と香辛料がバランス良く融合しているようです!

また、上記の通りこのフレーバーは2009年から発売されていて、今回初の“でか盛”仕様にすることによって若干焼そばソースの味にも改良が加えられているようです。(気になってお問い合わせしたところ…そのような返答でしたので、そのままボリュームアップしているわけではない点が好印象といったところ。)

一方こちらには…ポークや野菜の旨味にカレーならではの香辛料が利いたスパイシーな焼そばソースが中太麺に絡む仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…味付豚肉・人参が使用されているようです!(この辺りは“黒い豚カレーうどん”を踏襲しているようですね。)

…というか“でか盛”仕様の130gはさすがにボリューム感抜群ですね!最近で言うと、大好評の“赤いきつね 焼うどん”も2019年6月24日に大盛りサイズ“でか盛”として発売(2020年6月22日にも再発売)されていますから、かなり人気の高いフレーバーであることが予想されます!

他にも特徴として…麺は中太・丸刃仕様の油揚げ麺となっていて、すすり心地も非常に良く、それによってスパイス感が活かされた風味豊かな焼そばソースをじっくりと楽しむことができ、さらに今回は麺量130gの“でか盛”仕様となっていますから、思う存分コク深くスパイスの利いた王道とも言えるカレー焼そばがたっぷりと堪能できるというわけです!

実際に食べてみて…

野菜の甘みは素材本来によるもので、カレーテイストと非常に美味しくマッチし、ポークの旨味を引き立てるのはもちろん、スパイシーな香辛料も同じくしっかりと利いていたため、後味すっきりとした味わいとやみつき感のある旨味がバランス良く融合した食べ応え抜群な一杯となっていました!
これは特に、定番メニューとも言えるポーク・野菜の旨味を利かせ、さらに風味豊かなスパイスを利かせたカレー味の“焼そば”を思う存分たっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は東洋水産の“和風丼シリーズ”の中でも唯一の“カップ焼そば”で、ポークをベースに野菜の旨味を合わせ、さらにカレー特有のスパイス感が後引く旨味を引き立てるボリューム感たっぷりな一杯、「黒い豚カレー焼そば でか盛」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

黒い豚カレー焼そば でか盛

今回ご紹介するカップ麺は、東洋水産のお馴染み“和風丼シリーズ”の中で唯一ひとつの“カップ焼そば”の新商品ということで、毎年夏季限定で発売されている定番のフレーバーであり、今回初となる大盛り仕様の“でか盛”として登場となったスパイシーな風味がクセになるボリューム感抜群な一杯、“黒い豚カレー焼そば でか盛”となっています。

ご覧の通りこのシリーズに関してはパッケージの大半を商品名で占める非常にインパクトのあるデザインとなっていて、特に今回は“でか盛”ですからね!!いつもよりも一回り大きな容器となっているため、持った時の重量感は中々のものがあります!

ちなみにこの“黒い豚カレー焼そば”は、元々2009年6月1日から発売されており、これまでも毎年のように夏季限定商品として再発売やリニューアルを繰り返し登場し、ここ最近では“赤いきつね 焼うどん”と同時発売されてきたんですが、今回は単品での再登場で、しかも麺量130g・初の“でか盛”仕様となっております!!
※以前は1食当たり111g(麺量90g)・税別193円

さらに、東洋水産ではお馴染みの超ロングセラー商品、“赤いきつね”や“緑のたぬき”といった“和風丼”シリーズの中でも唯一のカップ焼そばということで、毎年の発売時期を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?

他にも東洋水産では“和風丼シリーズ”として数多くのフレーバーを発売してきているんですが、2020年8月現在では以下のようなラインアップとなっているようです!

これ以外にも季節限定の定番メニューも数多くありますから、“和風丼シリーズ”もけっこうフレーバーが豊富で様々なテイストが楽しめるシリーズと言えるでしょう!

それでは、今回の“黒い豚カレー焼そば でか盛”がどれほどポークや野菜の旨味を凝縮した仕上がりとなっているのか?カレーならではのスパイス感のある香辛料との兼ね合いはもちろん、なんと言っても中太・丸刃仕様のフライ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り772kcalとなっております。(塩分は4.3g)

カロリーは、大盛り仕様・汁なしカップ麺(カップ焼そば)ということもあって、かなり高い数値のようですが、一方で塩分はやや低めとなっています。
ちなみに1食当たり162g、麺の量は130gとのこと。

これだけのボリュームで塩分が抑えられているということは素材の旨味をふんだんに活かしているのでしょうか?これはポークをベースとしたスパイシーな味わいに期待できそうです!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、植物油や“しょうゆ”をはじめ…

  • 香辛料
  • ポークエキス
  • 食塩
  • 野菜エキス

といった、ポークの旨味をベースに相性抜群な野菜の旨味を溶け込ませ、さらにカレーならではの香辛料を利かせたスパイシーな味わいを想像させる材料がシンプルに並びます。

また、麺の項目を見てみると…精製ラードや食塩、“しょうゆ”や香辛料など、様々な材料が確認できることから、麺にもしっかりと味付けが施され、ラードを使用した油で揚げたことによってラードの旨味・香ばしさなんかも今回のテイストの美味しさを引き立てているように感じられます!

JANコード4901990366298
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、精製ラード、食塩、しょうゆ、香辛料、粉末野菜、卵白)、添付調味料(植物油、砂糖、しょうゆ、香辛料、デキストリン、たん白加水分解物、ポークエキス、食塩、野菜エキス)、かやく(味付豚肉、にんじん)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、炭酸カルシウム、かんすい、酒精、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)、香料、クチナシ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (162g) 当たり]
熱量772kcal
たんぱく質15.4g
脂質40.3g
炭水化物86.9g
食塩相当量4.3g
ビタミンB10.67mg
ビタミンB20.53mg
カルシウム275mg

引用元:黒い豚カレー焼そば でか盛 | 商品情報 – 東洋水産株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく”、液体ソース、粉末ソースといった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特に液体ソースに関しては触ってみた感じからして割とさらっとした状態でしたが、原材料にも記載されていた通りポークエキスなんかも含んでいたため、調理中はフタの上で軽く温めておくと良いでしょう!

また、麺はご覧の通り中太・丸刃仕様となっていて、麺量130gの大盛り仕様はもちろん、ラードを使用した油で揚げたことによるラードの旨味・香ばしさが香り立ち、風味豊かなカレー焼そばがたっぷりと楽しめそうです!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには…

  • 味付豚肉
  • 人参

が入っています。

種類としては少なく感られるかもしれませんが、味付豚肉は割と豊富に使用されているようですね!これら豚肉と一緒に絡めていただくと…より一層旨味が引き立つことが予想されます!

熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:720ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りしたところがこちら!

先ほどまでの麺にほどよい弾力とコシが加わり、すすり心地の良さと同時に密度感のあるしっかりとした食べ応えなんかもあり、食欲をがっつりと満たしてくれるボリューム感抜群な一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体ソースを加えていきます!
すると…まずはポークエキスでしょうか?透明なほどよい油分が出てきます!!

そしてその後からは…割とさらっとした液体ソースが出てきますので、しっかりと絞り込んで入れましょう!ドロッとしてない点が個人的には非常に好印象といったところ!

そのため、すぐに容器底へと沈んでいき、見た目としてはそこまでの変化はないように感じられますが、カレー特有の食欲を掻き立てるスパイシーな風味が広がっていきます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通りポークエキスのほどよい油分によってすんなりと麺にも馴染んでいきます!

そして軽く液体ソースを麺に馴染ませた後に、先ほどの粉末ソースを加えていきます!
こちらを加えることによって一気にスパイス感のある風味が広がっていきます!!

そして量も多く、粉末タイプということもあるので、素早く馴染ませていきましょう!
今回“でか盛”仕様ということもあって若干の混ぜにくさはありますが…何度も全体をひっくり返しながら混ぜていきます!

こうして液体・粉末スープそれぞれが全体に馴染むと…ポークエキスのほどよい油分とスパイス感溢れるカレーの風味が非常にバランス良く融合しているようで、それによって変なパサつきもありませんし、食欲そそる旨味・風味が互いに引き立てているようにも感じられる食べ応えのある仕上がりとなっています!

また、味付豚肉もこうして麺量130gと比較すると若干少なめに感じられるかもしれませんが…割と多めに使用されているため、しっかりと全体を混ぜていただくのも良し、麺だけ、もしくは具材と絡めていただくのも良いでしょう!

とにかく今回“でか盛”仕様になったことによってがっつりと食欲を満たしてくれることに間違いなさそうですね!しかもスパイシーな風味が非常に臨場感あって食欲をそそります!

食べてみた感想

一口食べてみると…スパイス感のあるカレー味のソースには、ポークの旨味がほどよい油分となり、コク深さや濃厚感を表現、脂っこさや“くどさ”などは一切なく、野菜の甘味がポークを引き立てたことで大人の味とも言えるスパイシーな味わいがバランス良く仕上がっています!

そこにカレーならではのスパイス感のある香辛料がキレ・後味の良さを引き立てたことで風味豊かな味わいに感じられ、野菜は甘味というよりも…ポークを後押しするかのような旨味として相性良く馴染み、甘みのない後味すっきりとしたテイストが表現されているようです!

ちなみに気になる辛さについては…辛いというよりもしっかりと香辛料が利いたことで中辛くらいに感じられるかもしれませんが、本格香辛料を豊富に使用したことによるちょうど良いアクセント程度でしたので、まさに幅広い層に好まれる定番フレーバーと言えるでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通り中太・丸刃仕様となっていて、ラードを使用した油で揚げたことによるラードの旨味・香ばしさがカレー味の焼そばソースを美味しく引き立て、すすり心地の良い仕上がりとなっています!

そんな麺には…ポークをベースにしたコク深くスパイシーなカレー味の焼そばソースがよく絡み、一口ずつにコク深い動物系の旨味に香辛料がバランス良くマッチした風味豊かな味わいが口いっぱいに広がっていき、カレーならではの香辛料を使用したスパイス感のある香りが後味良く抜けていきます!これはボリューム感といい、申し分のない美味しさといい満足感がかなり高い一杯と言えるのではないでしょうか?

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚肉が入っていて、使用されている量はやや多め、そしてじっくりと味わってみると…旨味の詰まったカレー味の焼そばソースもしっかりと絡み、豚肉らしい肉の旨味なんかもじゅわっと滲み出てくる美味しい具材となっており、この豚肉の味わいがまたポークを利かせた焼そばソースにもぴったりです!!

また、こちらの人参は、やや小さめにカットされていたため、そこまで素材本来の味わいが感じられなかったものの…カレーには欠かせない具材のひとつとして彩りとしてのアクセントがプラスされているようです!

そしてこれら具材を一緒に絡めて食べてみると…肉や野菜の旨味がより一層引き立ち、“焼そば”としてスパイス感のある本格カレーの旨味を表現しているように感じられるでしょう!

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通りポークをベースに野菜の旨味を合わせ、カレーならではの香辛料を豊富に使用したことによって食欲そそる風味豊かなカレー味の焼そばソースに仕上がっています!

さらに今回はラードを使用した油で揚げた麺から滲み出るラードの旨味・香ばしさが“焼そばソース”の美味しさをより一層引き立て、臨場感の高い一杯に感じられることでしょう!

…というかカレーのテイストを“カップ焼そば”に表現した商品はこれまでも数多く発売されてきましたが、個人的にはここまでバランスの良い仕上がりはなかなかなかったように思います。

というのも…どうしてもカレーのスパイス感を表現するために粉末スープが必須となってくるんですが、それによって麺がパサついて粉っぽくなってしまうんですよね。。

そういった感じが今回の“黒い豚カレー焼そば”には一切感じられず、麺がポークの旨味となる脂・油分を吸うことなく、調味油・ポークエキス・野菜エキスが香辛料とバランス良く融合し、麺量130gによってボリュームたっぷりと堪能できるかと思われます!(加水率によるものでしょうか?けっこう綿密に考えられた麺も功を奏しているようで、非常に好印象といったところ。)

このように、今回の“黒い豚カレー焼そば でか盛”は、ポークをベースに野菜の旨味やカレー特有のスパイスを加えた王道とも言える“焼そばソース”に仕上がり、ポークエキスなど動物系の脂・油分とカレー由来のスパイスが絶妙にマッチ、さらにラードを使用した油で揚げたフライ麺から滲み出る旨味と香ばしさなんかも臨場感を高める風味豊かな味わいとなり、麺量130gの大盛り仕様といったボリューム感たっぷりと楽しめる満足度の高い仕上がりとなっていたため、お好みによっては辛みを際立たせる香辛料などをちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「黒い豚カレー焼そば でか盛」を食べてみて、ポークの旨味がカレーの味わいをコク深く引き立て、決して油っこさや“くどさ”などのないバランスの良さが最後まで飽きさせない秘訣でもあり、食欲そそるスパイス感溢れる後味の良いカレー味の“焼そばソース”としてボリューム感たっぷりと楽しめる“でか盛”ならではのがっつりと食欲を満たしてくれる一杯となっていました!

やはり2009年から毎年夏季限定で登場するフレーバーということもあって安定感がありますね!豚と野菜の旨味がカレーならではの香辛料とうまく調和された味わいは、幅広い層に好まれる仕上がりと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!