カップ麺

麺神カップ 極旨塩豚骨!後味の良い濃厚な塩豚骨スープに“焦がしねぎ”風味が食欲そそる本格的な一杯

麺神カップ 極旨塩豚骨

麺神カップ 極旨塩豚骨」を食べてみました。(2021年6月7日発売・明星食品)

この商品は、まるでラーメン店で食べているようなコシが強い神食感の超極太麺に常識を越えた神旨な味わいが楽しめるという…カップ麺の域を超えた明星食品の“麺神(めがみ)”シリーズ第4弾として新登場したもので、濃厚な豚の旨味をベースに煮干しやガーリックをバランス良く合わせ、食欲そそる”焦がしねぎ”の風味が香るコク深い極旨塩豚骨スープに仕上がった“神旨”なテイストが楽しめる一杯が登場です!

それも…上記の通り豚の旨味を利かせた乳化感のある豚骨スープには、濃厚ながらも繊細な旨味を引き立てる煮干しが絶妙にマッチし、具材に使用されたチャーシューや背脂加工品などがコクのある厚みをプラス、そしてなんと言ってもラーメン店で食べているかのような粘り気のある超極太仕様による強いコシが気軽に楽しめる期待の新シリーズ第4弾としての一杯、“麺神カップ 極旨塩豚骨”となっております。(税抜き230円)

ご覧の通りパッケージには麺の神…“麺神”と書いて“めがみ”と読む神妙な趣を感じさせる上品なデザインにあしらわれ、力強くも繊細な…極旨を超えた神旨な味わいがラーメン店にも引けを取らない超極太仕様の麺とともにカップ麺で気軽に楽しめるとあって気になっている方もかなり多いのではないでしょうか?

麺神カップ 極旨塩豚骨 パッケージ

また、こちら容器側面には今回のフレーバー名である“極旨 塩豚骨”と記載されていて、その背景には豚の旨味をベースに煮干しやガーリックを利かせた乳化感のあるコク深く濃厚な豚骨スープに神食感の極太麺がよく絡む仕上がりイメージが掲載されていて、これを見る限り具材には…チャーシュー・背脂加工品・“ねぎが使用されているようです!個人的に“塩豚骨”と聞くと割とあっさりとしたテイストをイメージするんですが、今回の一杯に関しては濃厚・こってりとしたスープに仕上がっているようですね!

中でも豊富に使用された背脂加工品が豚骨スープに滲み出すことでスープ全体の味わいにも強く影響しますから…煮干しやガーリックの旨味に負けじと奥行きのある味わいを表現し、濃厚は濃厚でも脂っこさのない喉越し抜群なコクのある旨味がたっぷりと楽しめそうです!

さらに上記には、神食感に拘り抜いたという超極太麺に濃厚な塩豚骨スープがしっかりと絡む麺リフト写真なんかも掲載されていて、これを見る限り確かに超極太な仕様のようですが、強いコシだけでなく…もっちりとした弾力のある食感なんかも表現されているように見えますね!しかも手揉み風のほどよい“ちぢれ”によってスープとの絡みも良さそうです!

このように今回の“麺神”シリーズのカップ麺第4弾は、臭みのない豚の旨味をしっかりと利かせた旨味の強い後味すっきりとした濃厚な塩豚骨スープにラーメン店で味わっているかのような拘りの極太麺による神食感が楽しめるとのことで、カップ麺ながらも本格感のあるテイスト・縦型ビッグサイズで税別230円ですからね…この辺りに関しては思ったよりリーズナブルにも感じられます!(しかも麺量は70gと食べ応えなんかもばっちりです。)

他にも特徴として…麺は上記の通りラーメン店で食べているようなもっちりとした弾力とコシが強い神食感をノンフライ仕様で再現、“カップ麺最太級”を謳う超極太麺に仕上げ、麺だけでなくスープにも拘り、豚の旨味に煮干しやガーリックで繊細な味わいを表現、さらに食欲そそる”焦がしねぎ”の香ばしい風味が香るコク深い“極旨 塩豚骨”といったイメージ通りメリハリのあるスープが最後まで思う存分楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

神食感の麺と神旨なスープが楽しめるというカップ麺の常識を超えた“麺神(めがみ)”シリーズ第4弾ということで麺は幅もある超極太麺で食べ応え抜群なボリューム感があり、強いコシもありつつ弾力のあるもっちりとした食感なんかもあって本格感のある仕上がりで、一方の塩豚骨スープには豚の旨味が背脂とともにコク深く厚みのあるテイストを表現し、濃厚ながらも塩味ならではのキリッとした後味の良さが全体のバランスを調和させ、麺・スープともにシリーズらしい満足度の高い一杯となっていました!
これは特に、豚の旨味をベースに煮干しやガーリック、食欲そそる“焦がしねぎ”の風味をバランス良く合わせたコク深く濃厚な塩豚骨スープに神食感の超極太麺が絡む食べ応え抜群なテイストをたっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はコシの強い神食感の超極太麺と豚の旨味をベースに煮干しやガーリックを利かせ、具材に使用されたチャーシューや背脂加工品からも良い旨味が滲み出すことによって食欲そそる神旨な塩豚骨スープがたっぷりと楽しめる“麺神”シリーズ待望の第4弾となる一杯、「麺神カップ 極旨塩豚骨」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

麺神カップ 極旨塩豚骨

今回ご紹介するカップ麺は、ラーメン店で食べているかのような強いコシなどの麺を明星食品が持つ独自技術によって締まりのある神食感や風味豊かな仕上がり具合を表現、さらにスープにも強く拘り、濃厚な豚の旨味に煮干しやガーリックを利かせ、たっぷりと使用された背脂加工品などの肉や脂の旨味・甘味が馴染むことで濃厚ながらも後味すっきりとした味わいがカップ麺として気軽に味わえる“麺神(めがみ)”といったシリーズ名に相応しい神食感・神旨な一杯、“麺神カップ 極旨塩豚骨”となっています。

ご覧の通りフタの上に別添されている調味料を剥がしてみると…明星食品から新たに登場となった神旨な味わいが楽しめる新シリーズ第4弾“麺神 極旨塩豚骨”に関する簡単な説明書きが記載されていて、これによると…“豚の旨みに煮干し・香味野菜で味にコクと香りの深みを加えた塩豚骨スープ。締まりがありコシの強い、神食感の超極太麺。ラーメン店のような神旨の一杯、お楽しみください。”とのことで、豚の旨味をベースに濃厚な塩豚骨スープに仕立て上げ、そこにたっぷりと煮干しやガーリックを加えたことでやみつき感のある繊細な旨味を表現し、そういった神旨な塩豚骨スープに負けじと超極太な麺が楽しめるカップ麺ながらも非常にクオリティの高い仕上がりのようで今回もまたかなり期待させますね!

また、こちらには…“創業以来、製麺技術に磨きをかけ続けてきた明星食品が「真のお店品質」を目指し 小麦香る、麺の食感にこだわった即席麺の常識を越えた麺を開発いたしました。従来の即席麺では味わえない神旨な一杯をお楽しみください。”と記載されているように、しっかりとした食べ応えのある太さはもちろん、小麦の風味なんかも感じさせるコシの強い神食感、それに相応しい旨味溢れる塩豚骨スープに仕上げているようで、この“麺神”シリーズは明星食品としてもかなり拘りのある一杯であることがよーく伝わってきます!

ちなみにこの“麺神”シリーズは袋麺も登場していて…風味豊かな香味野菜に豚骨エキス、赤味噌・白味噌をブレンドした“麺神 神太麺×旨 味噌”と、3種の出汁(鶏ガラ・煮干し・香味野菜)に煮干し、さらに背脂を加えた“麺神 神太麺×旨 醤油”が発売地域:関東・甲信越として2020年9月21日に発売され、その後2021年3月15日には全国発売、さらに2021年5月24日発売には流水にさらして冷たい麺が味わえる“麺神 つけ麺 極旨魚介醤油”が発売されています!

他にもカップ麺第1弾としては以前ご紹介した“麺神カップ 神太麺×旨 醤油”が2020年10月5日に発売され、その後商品名を“麺神カップ 極旨魚介醤油”に変更してリニューアル発売されており、第2弾としては“麺神カップ 神太麺×旨 味噌”が2020年11月9日発売に登場し、第3弾として“麺神カップ 極旨辛豚味噌”が2021年3月15日に発売され、今後の商品展開にも期待したいシリーズのひとつといったところ!

それでは、今回の“麺神カップ 極旨塩豚骨”がどれほど豚の旨味を凝縮させた濃厚な仕上がりとなっているのか?塩味ならではのキレ・後味の良さ、さらに煮干しやガーリックを利かせた繊細な味わい、食欲そそる香味野菜や“焦がしねぎ”の香ばしい風味との兼ね合いはもちろん、なんと言っても“麺神(めがみ)”シリーズとして神食感と称するコシの強い超極太麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り372kcal(めん・かやく304kcal / スープ68kcal)となっております。(塩分は5.9g)

カロリーは、豚の旨味を利かせた濃厚な塩豚骨スープ・縦型ビッグサイズの割にノンフライ仕様ということもあって思っていたよりも低めな数値のようですが、一方で塩分はやや高めな数値となっているようです。
ちなみに1食当たり94g、麺の量は70gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと68kcalとやはり塩味ながらも高めな数値を占めていることから、豚の旨味や背脂加工品をたっぷりと加えたコク深く濃厚なスープに仕上がっているようで、神旨と呼ばれる拘りの塩豚骨スープに具材から滲み出す肉の旨味が溶け込むことによって最後まで飽きの来ないやみつき感のある風味豊かな仕上がりをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、ポークエキスや豚脂をはじめ…

  • 食塩
  • 乳等を主要原料とする食品
  • 香味調味料
  • 香辛料
  • 香味油
  • にぼし粉末

といった、豚の旨味をベースに煮干しやガーリックをバランス良く合わせた繊細な味わいによって濃厚かつ深みのある神旨スープに仕立て上げ、そこに具材として使用されたチャーシューや背脂加工品からも旨味が滲み出し、食欲そそる香味野菜や“焦がしねぎ”の香ばしい風味が相性良く馴染んだシリーズらしい本格感のある味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4902881452731
原材料名

めん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ、植物性たん白、酵母エキス)、スープ(ポークエキス、豚脂、デキストリン、たん白加水分解物、食塩、糖類、乳等を主要原料とする食品、香味調味料、香辛料、酵母エキス、香味油、にぼし粉末)、かやく(チャーシュー、背脂加工品、ねぎ)/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、香料、炭酸カルシウム、かんすい、乳化剤、卵殻カルシウム、微粒二酸化ケイ素、カラメル色素、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に卵・乳成分・小麦・えび・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (94g) 当たり]
熱量372kcal
めん・かやく: 304kcal
スープ: 68kcal
たんぱく質9.2g
脂質8.8g
炭水化物63.9g
食塩相当量5.9g
めん・かやく: 4.4g
スープ: 1.5g
ビタミンB10.27mg
ビタミンB20.37mg
カルシウム258mg

引用元:明星 麺神カップ 極旨塩豚骨 | 明星食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“神旨の一滴”と記載された調味料が別添されています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、“豚と焦がしネギが香り立つ”と記載されているように、今回の神旨な味わいの決め手となる風味が凝縮された調味油のようですね!また、触ってみると非常にサラッとした状態となっていたため、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、かやくには…

  • チャーシュー
  • 背脂加工品
  • ねぎ

が入っています。

まだ湯戻りしていない状態なので何とも言えませんが…たっぷりと使用されたチャーシューから滲み出す肉の旨味・甘味がスープに溶け出したことによって豚の旨味を利かせた濃厚な塩豚骨スープがどのような味わいに仕上がるのか気になるところで…神旨な味わいが楽しめるシリーズらしい申し分のない具材が豊富に取り揃えられているようです!…というか“ねぎ”に関しては輪切り・斜め切りを使い分けて使用されている辺りがシリーズらしい手の込んだ仕様を思わせますね!

さらに、麺はご覧の通り厚みもあり若干幅広にも感じられる超極太麺(ノンフライ麺)が採用されており、これがシリーズらしい本格化のある神食感を演出し、湯戻りすることによってどこまで強いコシと小麦の風味が香り立つ仕上がりとなるのか気になりますが、これまでのシリーズ通り期待を裏切らないお店レベルの食感が楽しめるものと思われます!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:400ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸ったことで先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に神食感と呼ばれる超極太麺には強いコシはもちろん、もっちりとした弾力のある食感が加わり、滑らかでありながらも噛み応えのある絶妙な食感が楽しめるクオリティの高い一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“神旨の一滴”を加えていきます!
すると…“豚と焦がしネギ”と記載されていた通り若干白濁とした豚の旨味・脂や食欲そそる“焦がしねぎ”風味が利いているようで、確かに香りとしてはしっかりと確認できるものの…この時点ではそこまで強い香りではないようですね!

そのため、この調味油を加えても見た目としての変化はほぼなく、じっくりと風味を確認してみると…やはりそこまで特徴のある香りではないようで、ガーリックに関してはスープに旨味としてしっかりと溶け込み、コク深い濃厚な塩豚骨スープの美味しさを引き立てているように感じられます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…見るからにコク深く濃厚な塩豚骨スープを思わせる白濁とした仕上がりとなり、表面には豚の旨味と思われる脂や具材に使用された背脂加工品がたっぷりと浮き、さらに豊富に使用されたチャーシューからも良い旨味が滲み出すことによって神旨な塩豚骨スープにコク・深みが際立ち、濃厚でありながらも後味すっきりとしたメリハリのある一杯に仕上がっているようです!

また、実際には背脂加工品はスープ底にもたっぷりと沈んでいますので、全体をしっかりと混ぜ合わせながら食べ進めていくことによってコク深さが際立ち、そもそも豚の旨味やチャーシューからも良い旨味が滲み出しているように感じられるため、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな安定感のある味わいがスープ・麺・具材それぞれに対して楽しむことができ、“麺神”といったシリーズ名に相応しい贅沢仕様のテイストとなっています!!

食べてみた感想

一口食べてみると…まず豚をベースにした塩豚骨スープには厚みのある濃厚な旨味が凝縮されており、コク深いスープに背脂加工品がさらにまろやかさを引き立てているものの、塩味ということもあって決して脂っこさや“くどさ”といった感じはなく、むしろ後味すっきりとしたキレの良い口当たりが心地良く、全体的なバランスは非常に良いですね!なんと言ってもこの濃厚感と後味の良さがうまく融合されたことで塩テイストとは思えないほどのガツンとした仕上がりとなっています!

これはこれまで発売されてきたフレーバーの中でも特に美味しい一杯と言えるのではないでしょうか?第1〜3弾として登場したフレーバーも“麺神”シリーズならではのお店さながらの麺が楽しめたわけですが、個人的にはどうしてもスープに個性がなかったように感じられたため、どこか物足りなさがあったものの…今回の“極旨豚豚骨”に関してはかなり完成度が高い印象です!

この辺りに関しては…“カップ麺の常識を越えた〜”や“神旨・神食感”といったラーメン店で食べるような強いコシ・超極太麺だけでなく、豚の旨味も非常に丁寧で臭みもなく、背脂加工品も合わせてコク深く濃厚な塩豚骨スープがたっぷりと楽しめることに間違いありません!

そのため…この仕上がりで税別230円は破格とも言え、豚の旨味をベースにした濃厚な塩豚骨スープに煮干しやガーリックを利かせたことによって深みのある味わいに仕上げ、さらに生麺さながらの超極太麺が楽しめるとあってスープ・麺ともに申し分ありませんね!デフォルトでも十分美味しいんですが、お好みによっては“おろしにんにく”や唐辛子などの香辛料をちょい足ししてみても良いでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通り超極太麺にほどよい“ちぢれ”を付けた厚み・幅広な仕様で、強いコシというよりも…もっちりとした弾力のある食感が特に印象的であり、確かに麺は神食感と呼ぶに相応しい仕上がりとなっているんですが、強いコシをガシガシと楽しみたいのなら調理時間5分のところ4分程度でも良いかもしれません。。(この辺りはお好みによって調整してみてください。)

そんな神食感の極太麺には…豚の旨味をベースに煮干しやガーリックを利かせた濃厚な塩豚骨スープに仕立て上げ、食欲そそる“焦がしねぎ”風味を利かせたコク深くも後味すっきりとしたスープがよく絡み、一口ずつに厚みのある旨味や香味野菜などの味わいが口いっぱいに広がっていき、ほんのり香るガーリックや“焦がしねぎ”の風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのチャーシューが入っていて、やや小さめにカットされているものの、使用されている数に関しては全く申し分なく、じっくりと味わってみると…思ったよりもしっかりとした味付けが施され、肉の旨味がじゅわっと滲み出す美味しい具材となっていたため、食べはじめはしっかりスープと馴染ませながら食べ進めていき、後半に麺と一緒に絡めていただくと、より一層旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらの背脂加工品は割と大粒なサイズで特に脂っこさなどはなく、今回のスープにコク深いテイストを引き立てる相性抜群な具材のひとつとしてたっぷりと使用され、容器底にも沈んでいるようでしたのでしっかりと混ぜながら食べ進めていくと良いでしょう!

他にも、こちらの“ねぎ”は、輪切り・斜め切りといった仕様の異なる拘りによって素材本来の旨味・甘味などを活かし、ちょうど良い薬味にもなったことで今回の濃厚な塩豚骨スープの美味しさを存分に引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっているようです!

スープについて

スープは先ほどもお伝えした通り、豚の旨味をベースに煮干しやガーリックをバランス良く合わせたことで、繊細な味わいに仕上げたコク深く後味の良い塩豚骨スープを表現、そこに食欲そそる“焦がしねぎ”風味をほんのり加えたことで臨場感のあるテイストに際立たせ、塩味ながらも濃厚とも言える豚骨スープがバランス良く融合したコク深く厚みのある喉越しの良い味わいとなっています!

そして、この豚の旨味に関しては臭みはもちろん、脂っこさや“くどさ”といった感じもなく今回の旨味をしっかりと下支えし、煮干しやガーリックによってメリハリのあるスープに仕上げ、そこに具材として使用されたチャーシューや背脂加工品から滲み出す旨味によってコクを引き立て、キリッとした塩味ならではの口当たりと最後まで飽きの来ない濃厚感が心地良く、ついついスープが止まらなくなりますね。。

また、食べ進めていくに連れてたっぷりと使用されている背脂加工品がスープ馴染んでいき、それによってコク深さ・旨味が引き立っていき、それと同時に満足度も増していく…そんなコク深くクオリティの高い味わいがじっくりと楽しめるかと思われます!しかも豊富に使用されている“ねぎ”が後味の良さをさっぱりと感じさせ、まさに最後まで飽きの来ない一杯と言えるのではないでしょうか?

ちなみに塩味ながらも豚の旨味や背脂加工品をたっぷりと加えたことで濃厚な仕上がりではありますが、コク深いテイストといった印象で決して脂っこい濃厚感というわけではなく、とくに今回の“極旨塩豚骨”に関してはほとんど感じられないほどの煮干しの旨味がポイントとなり、決して単純ではない繊細で深みのあるスープといったところ!

このように、今回の“麺神カップ 極旨塩豚骨”は、豚の旨味をベースに煮干しやガーリックをバランス良く合わせ、別添されている“神旨の一滴”を加えることで豚の旨味が際立ち、さらに食欲そそる“焦がしねぎ”風味がふんわりと香る本格志向も納得の濃厚な塩豚骨スープに仕上がり、たっぷりと使用された背脂加工品によって脂っこさのないコク深さが引き立ち、まさに最後まで飽きの来ないメリハリのある味わいとなっていたため、お好みによっては豚骨スープと相性の良い“おろしにんにく”や唐辛子などの香辛料をちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「麺神カップ 極旨塩豚骨」を食べてみて、豚の旨味に煮干しやガーリックを合わせ、さらに別添されている“神旨の一滴”を加えることによって豚の旨味や“焦がしねぎ”といった食欲そそる香ばしい風味が利いた濃厚ながらも後味すっきりとした乳化感のあるテイストに仕上がり、特に神食感と謳う超極太麺のもっちりとした弾力や強いコシが表現された本格感のある麺が今回の神旨なスープにも負けじと相性良くマッチし、最後まで飽きの来ない満足度の高い一杯となっていました!

また、今回でカップ麺シリーズ第4弾となるんですが、個人的にはここに来てようやく満足の行くスープが楽しめる一杯が登場したような気もしますので、これまで発売されてきたフレーバーのリニューアルはもちろん、今後の商品展開にも期待したいところではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!