ラーメン

「大衆食堂 中華そばとおコメの店 メシケン。」に行ってきました!白醤油が大変好評の人気店

大衆食堂 中華そばとおコメの店 メシケン。

大衆食堂 中華そばとおコメの店 メシケン。」に行ってきました!

このラーメン店は、鶏ガラをベースとしたあっさりめな“中華そば”を看板メニューに、ラーメン以外にもカレーや丼物など様々なメニューに対応し、家族で気軽に楽しめる広々とした清潔感のある雰囲気や空間作りが心地良い人気店“大衆食堂 中華そばとおコメの店 メシケン。”となっております。

その特徴としては…基本的には“中華そば”を中心に“担々麺”や“味噌ラーメン”、もっちり食感が心地良い“ワンタン麺”などが取り揃えられていて、なんと言っても全粒粉を練り込んだ自家製麺がほどよいもっちりとした弾力や小麦の風味の良さを引き立て、素材の旨味を活かしたスープをより一層美味しく楽しめる優しい味わいで、まさに幅広い層に人気のラーメン店と言えるでしょう!

中でも一番人気は“中華そば 白醤油”となっていて、ここ“メシケン”の“中華そば”には“白醤油”と“醤油”の2種類あり、価格もなんと税込み590円とかなりリーズナブルで、わかりやすく“醤油”は濃いめ、“白醤油”は若干薄めな仕上がり具合ですが、決して物足りなさを感じさせるほど薄味というわけではなく、ほんのり香り立つ魚介の旨味が相性良く馴染んだことで深みのある味わいを表現した一杯となっています!

また、お子様セット(“中華そば”かカレー)にはソフトクリームが付いていたり、麺類を注文した際には+300円で丼物(小)がセット(メシケンセット)にできたり、平日のランチタイム(11:00〜14:00)には麺大盛り、またはセット丼物(ご飯大盛り)が無料だったりとかなりお得感のある価格設定やサービスによって子供連れにも人気のお店で、今回訪問した際もお一人の方から家族の方など…年齢問わず実に様々な客層が訪れ、次から次へと客足の絶えない様子でしたね!

他にもここ“大衆食堂 中華そばとおコメの店 メシケン。”は、上記の通り自家製麺を使用しており、全粒粉を練り込んだことによって小麦の香りと高い栄養価が特徴的で、素材の旨味を活かした“中華そば”にも相性良くマッチし、風味豊かに楽しめる麺類をはじめ、丼物やテイクアウトにも対応した気軽に立ち寄れる大衆食堂というわけです!

ゆうき
ゆうき
では、今回は素材の旨味を活かしたじんわりと染み渡る“中華そば 白醤油”が大変人気で他にも多くの丼物を提供することで幅広い層に好まれるラーメン店、「大衆食堂 中華そばとおコメの店 メシケン。」について実際に食べてみた感想などを詳しくレビューしてみたいと思います!

大衆食堂 中華そばとおコメの店 メシケン。

今回ご紹介するラーメン店は、“家族で気軽に足を運べる食堂”をコンセプトとし、味わい深い“中華そば”をはじめ、カレーや丼物など幅広い層に好まれるメニューを取り揃えたことで、実に様々な客層が来店する人気店、“大衆食堂 中華そばとおコメの店 メシケン。”となっています。(通称;メシケン)

ちなみに創業は2018年10月、オーナー店主“都築 宏宗(ツヅキ ヒロムネ)”氏によってオープンしたのがはじまり、修行経験やどういった経緯で創業に至ったのかは定かではありませんが…自家製麺に拘ったり、さらに人気の“ワンタン麺”に使用されているワンタンまでもが自家製とのことで、ある程度の料理経験や独学、修行などの経歴があるものと思われます!

…と思ったんですが、後ほどお伺いしたところ、なんとラーメン業界では修行経験はないとのこと!驚きです。。しかも自社開発でラーメン業界は初、日々試行錯誤を繰り返しているとのことで、定期的に訪問してみるとどんどん改良・進化した味わいが楽しめるのではないでしょうか?

また、ここ“メシケン”は、元々ミスドの居抜き物件をリフォームしているため、雰囲気は非常に良く、開放的で清潔感溢れる店内はもちろん、家族で楽しんでもらうためにも看板メニューの“中華そば”以外にも味噌ラーメンや担々麺の他、“メシケン”で人気の“メシケンカレー”やザンギ丼など各種丼物なんかも用意されており、クローズドキッチンとなっているため、他のラーメン専門店とはちょっと異なる印象を持たれるかもしれません!

しかしその実力は確かなもので、一番人気だという“中華そば 白醤油”は鶏ガラベースに魚介出汁をバランス良く合わせ、非常に落ち着いた雰囲気でありながらも幅広い層に好まれるテイストに仕立て上げ、じんわりと染み渡る旨味によってシンプルながらも手の込んだ逸品として楽しむことができ、滑らかな食感が楽しめる自慢の自家製ワンタン使用の“ワンタン麺 白醤油”なんかも大変人気を博すリーズナブルな人気店となっています!

それでは、今回は“大衆食堂 中華そばとおコメの店 メシケン。”の看板メニュー“中華そば 白醤油”がどれほど鶏ガラベースに魚介出汁をバランス良く利かせた仕上がりとなっているのか?低温調理されたかのような旨味が閉じ込められたホロホロチャーシューや“中華そば”と相性抜群な味付けメンマや“ねぎ”との兼ね合いはもちろん、なんと言っても自家製麺に拘る全粒粉を練り込んだ小麦の風味豊かなもっちりとした麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

店舗に到着

ということで、今回は祝日の昼を若干過ぎた12:40頃に到着したものの、広々とした店内ということもあってまだ空席があったため、すぐにテーブル席に案内してもらいました(ここ“メシケン”では券売機ではなく後払い制となっています。)

そしてこの“中華そばとおコメの店 メシケン。”といったシンプルながらも可愛らしく、印象に残る看板が特徴的で、商業施設が建ち並ぶ中でも大きな通り(下手稲通)に面しているため、非常に気になっている方も多いのではないでしょうか?

ちなみにこの施設内には、“札幌ら〜めん共和国”にも出店している“らーめん 初代”の新発寒店があり、近くには札幌の超人気店“らーめん てつや”や“らぁめん&カレー 黒帯”、そしていつ見ても駐車場が満車の“ 北海道らーめん奥原流 追風丸”など地味にラーメン激戦区でもあります!
※ここメシケンの駐車場は商業施設内にあるため、十分過ぎるほどのスペースが用意されています。

メニューについて

そしてメニューはこちら!
色々とあるようにも見えますが、意外とシンプルなメニュー内容となっています!

まず麺類としては…以下のように数多く取り揃えられていますが、基本は看板メニューの“中華そば”をはじめ、味噌ラーメンや海老そば、そして担々麺といったテイストを基に各種ワンタンや“ねぎ”、辛みなどを加えた種類が用意されており、中でも“ホーチャーメン”が一際目を惹きますが、こちらは単純に具材として“ほうれん草”とチャーシューが加わった一杯となっています。(各種+100円で大盛りにできます。)

  • ホーチャーメン(850円)
  • 青唐辛子担々麺 1辛〜5辛(890円)
  • 海老そばワンタン(890円)
  • 海老そば(790円)
  • ワンタン麺 白醤油・醤油(820円)
  • ネギラーメン 白醤油・醤油(790円)
  • 辛味噌ラーメン 1辛〜3辛(850円)
  • 味噌ラーメン(690円)
  • 中華そば 白醤油・醤油(590円)

中でも自家製ワンタンの食感なんかも気になるところではありますが…ラーメンとは言っても様々なジャンルがありますからね!そういった意味では幅広ニーズに対応されているようです!(“つけ麺”なんかもあれば最高ですね!)
※右下の店舗ロゴに掲載されている“ケンジです”と言っているイラストが地味に気になります…笑

他にもご飯物としては…カレーをはじめ様々な丼物が用意されており、カレーにはザンギや“とんかつ”をトッピングとして加えることも可能、さらに丼物の大盛りに関しては+100円で対応しているようです!
※一部テイクアウトも可

  • メシケンカレー(590円)
  • ザンギ丼(600円)
  • 和風カツ丼(600円)
  • ネギトロ丼(600円)
  • 小ライス(150円)
  • ライス(200円)

そして、麺類のトッピングとしても基本的な具材が各種提供されているようです!

  • 味玉(100円)
  • メンマ(100円)
  • ネギ(100円)
  • チャーシュー3枚(200円)
  • ワンタン5枚(250円)

しかも家族連れにも楽しんでもらいたいとのことで、“中華そば”・カレーそれぞれのお子様セット(500円)が用意されており、なんと両方にソフトクリームが付いています!(単品だと200円なんですが、セットだからと言って決して小さい仕様というわけではありません。)

ちなみに店員さんに1番人気を聞いてみたところ、やはり“中華そば 白醤油”とのことで、白醤油・醤油の違いも伺ってみると…味の濃さの違いとのことでしたので、“中華そば 白醤油”を注文してみることに!

…というかラーメン一杯税込590円って安いですよね。。
札幌の低価格・ワンコイン程度で楽しめる人気ラーメン店と言えば…“ラーメン 木曜日”や“いせのじょう”、“中華そば カリフォルニア”や“サッポロ赤星”なんかも非常に人気で連日客足の絶えない人気店なんですが、ここ“メシケン”ではそういった看板メニューを筆頭に各種ジャンルのメニューや、ご飯物(丼物)も数多く取り揃えられているため、家族連れでも好みのメニューに対応できることによって幅広い層に好まれるんでしょう!

店内について

そして広々とした清潔感のある店内を見回してみると…ご覧の通り“当店の麺は自家製麺で全粒粉を使用し、小麦の風味と栄養価の高いのが特徴です。”と記載されているように、ここ“メシケン”で使用されている麺は自家製麺とのことで、全粒粉を練り込んだ風味豊かな麺が採用されており、素材の旨味・風味を存分に活かした味わいが楽しめるようですね!

他にも、こちら店内の壁には“メシケンの麺は全粒粉を使用した自家製麺”と記載され、描かれた各種麺類や丼物のイラストイメージなんかが確認でき、非常に優しい落ち着いた雰囲気作りにも気を使っていることがよーく伝わってきます!

また、店舗入って目の前にはカウンター6席が用意されており、調理場とは完全に仕切りが設けられているため、厨房の様子は確認できないクローズドキッチンとなっているため、食べる側としては特に集中して楽しむことができるでしょう!

さらに入店して左手には広々と2人用テーブルが13卓(移動可)もあり、全26席も座れる非常に開放的な空間となっています!しかも全面窓ガラス仕様となっていて店内は非常に明るく心地良い雰囲気です!

ちなみに気になるテーブルには、シンプルに胡椒と“おろしにんにく”のみとなっており、シンプルな“中華そば”や味噌ラーメンなどにちょい足しする香辛料などが常備されています。

食べてみた感想

こうしてしばらくすると注文した“中華そば 白醤油”が運ばれてきます!
すると…白醤油ということもあって割とスープには透明感があり、鶏ガラならではの上質な脂・油分がスープ表面に浮かび、あっさりとしていながらもコクのある後味すっきりとした味わいをイメージさせます!ここにどれほど魚介出汁を利かせているのか気になるところ。。

また、メンマなんかも数・サイズともに申し分なく、白醤油との相性を考慮してなのか…味付けもそこまで濃いめではなく、あっさりめのスープとマッチした品の良さを感じさせます!

一方こちらには“中華そば”と相性抜群な“ねぎ”がたっぷりと盛り付けられ、これを見る限り、“薬味ねぎ”と“小ねぎ”といった2種類の“ねぎ”が使用されており、食感の良さや薬味…それぞれの役割を考慮されているようにも感じられます!

他にも大きなサイズの豚バラと思われる見るからに食感柔らかなチャーシューが添えられ、こちらからも良い旨味が滲み出しているように見えるのはもちろん、これらシンプルながらも“中華そば”には欠かせない具材が各種取り揃えられており、税込み590円とは思えないクオリティの高さを感じさせますね!

ということでさっそく一口食べてみると…最初のアタックは若干弱いものの、非常に品のあるテイストで思ったよりもしっかりとした味わいといったところ!そして、あっさりとした白醤油なんですが、決して薄味というわけではなく、物足りなさを感じさせない旨味がバランス良く感じられ、鶏ガラスープにじんわりと染み渡る魚介の出汁が非常に心地良く、キリッとしたシャープな口当たりが最後まで飽きさせません!

そして、この魚介出汁に関しては、さり気なく感じる程度で、“中華そば”の味わいに深みをプラスし、苦味や“えぐみ”などは一切なく、非常に丁寧に抽出された繊細なスープを表現しています!(個人的にはもう少し魚介出汁の主張が強くても良いかな?と思いましたので、追加トッピングやテーブル調味料に魚粉なんかがあれば良いかもしれませんね。)

また、あっさりとしていながらも醤油ならではのキレ・コクの存在感がしっかりとしているため、素材の旨味がストレートに伝わってきます!そういった透明感のある美味しさによって全粒粉を練り込んだ拘りの自家製麺から香る小麦の風味なんかも感じられ、まさに幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

麺について

麺はご覧の通り、全粒粉を練り込んだ拘りの自家製麺となっていて、中太・角刃仕様でしょうか?もっちりとした弾力もありつつも、ほどよいコシを兼ね備えた風味豊かな仕上がりとなっています!

そんな麺には…見た目以上に醤油ならではのキレとコクのある味わいに鶏ガラの旨味や魚介出汁をバランス良く利かせた透明感のある澄んだスープがよく絡み、一口ずつにじんわりと染み渡る味わいが口いっぱいに広がっていき、ほんのり香る小麦の風味が後味良く抜けていきます!

ただ、デフォルトでは麺量140gと他店と比べて若干少なめとなっているため、お好みによっては“メシケンセット”や+100円で大盛りにしてみても良いでしょう!
※個人的には比較的小食な方なのでボリューム的にちょうど良いですね。

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのほどよく脂身を含んだチャーシューが入っていて、かなり薄くカットされているものの…サイズ感・ボリュームとしては全く申し分なく、じっくりと低温調理されているかのような非常に柔らかな仕上がりで、肉の旨味がぎゅっと閉じ込められおり、ジューシーとも言える非常に美味しい具材となっています!

そしてその柔らかさは…箸で持ち上げられないほどホロホロと崩れていく仕上がり具合で、じっくりと味わってみると肉の旨味がじゅわっと広がる丁寧な作り込みが伝わってくることでしょう!

また、こちらのメンマは、サイズも大きく、メンマ特有のコリコリとした食感が心地良く、さらに味付けというよりも素材の旨味を活かした具材として今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!これなら+100円で追加してみても良いでしょう!

さらにこちらの“ねぎ”は…2種類使用されており、“薬味ねぎ”の方は見るからに新鮮さを物語るシャキシャキ感が心地良く、素材の旨味を活かした醤油スープの美味しさをより一層引き立て、“青ねぎ”とともに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

スープについて

スープは、この塩テイストにも見える透明感のある仕上がりとは裏腹に、しっかりとした味わいを感じさせる存在感のある味わいに仕上がり、鶏ガラをベースにあっさりとしたテイストながらも厚みのあるコク深い喉越しが印象的で、キリッとした口当たりのすぐ後には…じわりと染み渡る丁寧に抽出した魚介出汁の旨味が感じられ、スープ全体としては価格帯を考慮しても非常に完成度の高い一杯と言えるでしょう!

ただ、ここ“メシケン”では日々試行錯誤を繰り返しているとのことでしたので、定期的に訪問してみると“味が変わった”と思うかもしれませんが、確実にブラッシュアップされた美味しさが楽しめるものと思われるため、まだまだ今後に期待できそうな印象ではありますね!

というのも…個人的にはもう少し魚介出汁を利かせていても良いのでは?と思ったためであって万人受けする一杯に間違いありません!そのため、先ほどもお伝えした通り、別途追加トッピングやテーブル調味料に拘りの魚粉なんかがあれば自分好みの魚介出汁の利かせ具合で楽しめるかと思われます!

だからこそ、この後味の良さや鶏ガラベースのあっさりとしたテイストによる飽きの来ない味わいが表現されており、ついついスープが止まらなくなりますね。。
やはりシンプルな仕上がりは何度でも食べたくなる…そんな一杯に感じられるのではないでしょうか?

しかも“中華そば”には白醤油・醤油があり、今回はこれでもあっさりとした白醤油ですからね!あっさりとしていると言えばあっさりなんですが、旨味というか…かえし(醤油ダレ)がしっかりとしているため、物足りなさは一切なく、“メシケン”の1番人気というのも納得です!

そうこうしているうちに完食です!
シンプルながらも素材の旨味を活かした風味豊かな一杯は、特別何かに突出しているわけではありませんが…食べ進めていっても全く飽きが来ませんね!これはちょっと他のメニューなんかも食べてみたくなります。。

中華そば 醤油 について

そしてこちらが“中華そば 醤油”(味玉トッピング)となっていて、上記の“中華そば 白醤油”よりも定番とも言える仕上がりで、見た目としては王道とも言え、各種使用されている麺や具材に関しては白醤油と全く同じのようですね!

ただ、実際に味わってみると…白醤油と比較して醤油の濃さの違い程度で、濃いめな醤油に伴った動物系・魚介系の旨味が若干物足りなく感じられたため、こちらのメニューに関しては今後の改良にも期待したいところではないでしょうか?

個人的にはもう少しベースとなる動物系の旨味がしっかりと下支えしていれば白醤油との違いもはっきりしますし、濃厚な“中華そば”が好みの方にも高い支持を得られるかと思われます!

まとめ

今回「大衆食堂 中華そばとおコメの店 メシケン。」の“中華そば 白醤油”を食べてみて、あっさりとしていながらも物足りなさを感じさせない鶏ガラベースに魚介出汁を合わせたバランスの良い仕上がりは、小麦の風味が際立つ全粒粉を練り込んだ自家製麺の香りが際立ち、看板メニューにふさわしいシンプルながらも深みのある幅広い層に好まれる何度食べても飽きの来ない品のある逸品となっていました!

このように今回は人気メニュー“中華そば 白醤油”をいただいてみましたが、他にも味噌ラーメンはもちろん、“海老そば”や“青唐辛子担々麺”など…気になるメニューが数多く用意されていたのでまた訪問してみたいと思います!しかも日々試行錯誤を繰り返しているとのことでしたので、訪問する度に美味しさが増しているのではないでしょうか?

ということで気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

大衆食堂 中華そばとおコメの店 メシケン。店舗情報

札幌市手稲区新発寒4条1-1-55

TEL:011-663-1383
営業時間:11:00~21:00
定休日:不定休

「札幌ラーメン」のおすすめ店についてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!