ペヤング

ペヤング もち麦MAXやきそば!食感の良い“もち麦”が思う存分楽しめる一杯

ペヤング もち麦MAXやきそば

ペヤング もち麦MAXやきそば」を食べてみました。(2020年3月16日発売・まるか食品)

この商品は、お馴染み“ペヤング”シリーズの新商品ということで、今回は穀物の美味しさを追求する“株式会社はくばく”との珍しいコラボ商品が登場です!

それも…レギュラー商品でお馴染み“ペヤング ソースやきそば”の味わいや具材をベースに食物繊維豊富な「はくばく“もち麦”」をたっぷりと加えたことによる“もちもちプチプチ”といった食感の良い一杯、“ペヤング もち麦MAXやきそば”となっております。(税抜き250円)

ご覧の通りパッケージには、お馴染み“ペヤング”のロゴとともに、通常だと“やきそば”と記載されている箇所に“もち麦”といった文言がにコラボらしく“株式会社はくばく”のロゴと一緒に記載され、一応MAXシリーズでもありますから…使用されている“もち麦”の量なんかも気になるところ。。

また、パッケージには「はくばく“もち麦”」を豊富に使用した仕上がりイメージなどは一切掲載されていないんですが…原材料を見る限り具材には…“もち麦”をフリーズドライ加工した乾燥炊飯精白麦・キャベツ・味付け鶏ひき肉が使用されているようです!
※“ふりかけ”には、ごま、アオサ、紅生姜が使用されています。

このように今回の“もち麦MAXやきそば”は、食物繊維たっぷりな「はくばく“もち麦”」を加えたということで健康志向の強い方にもおすすめの一杯かもしれませんね!カロリーは若干高めではあるんですが…

他にも特徴として…麺には“ペヤング”シリーズらしくラードを使用した油で揚げたことによってラードの旨味や香ばしい風味が食欲そそり、コクのあるソース焼そばを本格感のある味わいに仕上げ、それによって安定した美味しさとともに「はくばく“もち麦”」のもちもちプチプチとした独特の食感が最後まで飽きることなく楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

「はくばく“もち麦”」の“もち麦”特有のプチプチ感と言うんでしょうか?ほどよい噛み応えなど食感の良さがたっぷりと楽しむことができ、ベースとなっているのは定番とも言えるコク深い味わいですから、シンプルながらも食物繊維たっぷりな“もち麦”とともにラードを使用した油で揚げた麺から香り立つ香ばしい風味が食欲そそる安定感のある一杯となっていました!
これは特に、2020年で45周年を迎える超ロングセラー商品“ペヤング ソースやきそば”の馴染み深い味わいとともに「はくばく“もち麦”」ならではの“もちもちプチプチ”とした食物繊維をたっぷりと含んだ食感の良い具材が使用された焼そばを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“ペヤング ソースやきそば”の味わい・具材をベースに「はくばく“もち麦”」をたっぷりと加えた食感の良い食物繊維豊富な一杯、「ペヤング もち麦MAXやきそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ペヤング もち麦MAXやきそば

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“ペヤング”シリーズの新商品ということで、“株式会社はくばく”とのコラボが実現された商品であり、従来の“ペヤング ソースやきそば”をベースに「はくばく“もち麦”」をたっぷりと加えた食感の良さに際立った健康志向の強い方向け、食物繊維豊富な一杯、“ペヤング もち麦MAXやきそば”となっています。

ご覧の通りパッケージも従来の“ペヤング ソースやきそば”をモチーフとしたデザインにあしらわれ、暖簾の箇所に“株式会社はくばく”のロゴや、今回の商品名“もち麦MAX”といった文言が掲載されているのが印象的で、一瞬“もち麦”と聞くとどういったテイストなのかイメージしにくいんですが…単に具材として食感の良い「はくばく“もち麦”」をたっぷりと加えた一杯ということで、今回の“ペヤング”は安定感のある美味しさがストレートに楽しめそうなフレーバーのようですね!

ペヤング もち麦MAXやきそば パッケージ

ちなみに先週は“ペヤング 超大盛やきそば マシマシキャベツ(2020年3月9日ファミリーマート先行発売/2020年4月6日一般販)”といった通常の5倍ものキャベツが大盛り・さらにサイズ感も“超大盛”シリーズとして登場していたように、“ペヤング 獄激辛やきそば(2020年2月17日CVS先行/2020年2月24日一般販売)”の発売以降、割と体に優しいフレーバーが続いているようです!笑

そんな今回の“ペヤング もち麦MAXやきそば”は、そこまで奇抜なテイストではないものの…「はくばく“もち麦”」を具材として使用していますから…なかなか類を見ない組み合わせは割とボリューム感のある食べ応えなんかにも期待したいところではないでしょうか?

それでは、今回の“ペヤング もち麦MAXやきそば”がどれほど「はくばく“もち麦”」の食感が際立った仕上がりとなっているのか?定番の“ソースやきそば”の味わいとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても“ペヤング”らしいラードを使用した油で揚げた麺から滲み出る旨味や香ばしい麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り613kcalとなっております。(塩分は3.8g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)ということや「はくばく“もち麦”」をたっぷりと使用しているせいか…割と高めな数値ではありますが、一方で塩分はかなり低めな数値となっています。
※参考までに“ペヤング ソースやきそば”は、カロリー544kcal・食塩相当量3.6gです。

ちなみに1食当たり135g、麺の量は90gとのこと。
※“ペヤング ソースやきそば”は、120g(麺量90g)です。

このことから、具材に使用された「はくばく“もち麦”」の分がカロリーや1食当たりの重量を増しているようにも感じられますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、ウスターソースや糖類をはじめ…

  • 食塩
  • 香味油
  • ビーフエキス
  • 香辛料
  • ビーフ風味調味料

といった、お馴染み“ペヤング ソースやきそば”と全く同じ順序・表記となっていることから、やはりあの安定感のあるコク深く香ばしい味わいをベースに「はくばく“もち麦”」を具材として豊富に加えた一杯のようで、食感の良さが際立った仕上がりを想像させる材料がならびます。

また、麺の仕様も全く同じようで、ラードを使用した油で揚げた麺から滲み出る旨味や香ばしく食欲そそる風味がこれまで同じく踏襲されているようですね!

JANコード49 02885 00606 0
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(ウスターソース、糖類、たん白加水分解物、食塩、香味油、ビーフエキス、香辛料、ビーフ風味調味料)、かやく(乾燥炊飯精白麦、キャベツ、味付け鶏ひき肉、ごま、香辛料、アオサ、紅生姜)/カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(グァーガム)、酸味料、かんすい、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、重曹、ビタミンB₂、甘味料(カンゾウ)、(一部に小麦・牛肉・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんごを含む)

栄養成分表示 [1食 (135g) 当たり]
熱量613kcal
たん白質10.9g
脂質28.2g
炭水化物78.8g
食塩相当量3.8g

引用元:ペヤング もち麦MAXやきそば | まるか食品株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り2種の“かやく”、ソースやきそば、ふりかけ・スパイスといった5種類の調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料4パック(“ふりかけ”とスパイスは仕切られた状態で一緒になっています。)となっていて、特に左上の「はくばく“もち麦”」は想像以上に使用されている量が多く、湯戻りすることによってどれくらいのボリューム感になるのか?非常に気になるところではありますね!

また、ソースは見た通り非常にさらっとした状態のようでしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

さらに、麺はご覧の通り、“ペヤング”シリーズお馴染みのラードを使用した油で揚げた仕様となっていて、これまでと同じく風味豊かな香りとほどよいコシが楽しめる麺が採用されているようです!

調理してみた

では念のため調理方法を確認してみると…「はくばく“もち麦”」を含む2種類の“かやく”を入れて熱湯を注ぎ3分待って湯切りする。そしてソースを馴染ませて最後に“ふりかけ”とスパイスを加えて完成ということで、特に注意点などはないようです!

ということで、まずはじめに2種類の“かやく”を入れてみます。

かやくには、

  • 乾燥炊飯精白麦
  • キャベツ
  • 味付け鶏ひき肉

が入っています。

特にフリーズドライ加工の「はくばく“もち麦”」は見た通りかなりの量が使用されているようで、これは“もちもちプチプチ”とした心地良い食感なんかにもかなり期待できそうです!

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:390ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

湯切りしている最中からすでにラードの香ばしさが食欲そそる風味豊かな仕上がりとなっているんですが、それ以上に先ほどまでの“もち麦”が一回りふっくらとした仕上がりとなり、シャキシャキとした食感のキャベツとともに思ったよりもしっかりとした食べ応えが表現された一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“ソースやきそば”と記載された液体ソースを注いでいきます!
すると…馴染み深いビーフを利かせた味わいを彷彿とさせる風味が一気に広がっていき、香ばしい麺と絶妙にマッチしたことで安定感のある仕上がりが印象的といったところ!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてソースが全体に馴染み、最後に先ほどの“ふりかけ”を加えていきます!

ちなみにこの“ふりかけ”には…

  • ごま
  • アオサ
  • 紅生姜

が入っています。

また、香辛料の“スパイス”も加えて完成となります!

こうして完成となるわけですが、「はくばく“もち麦”」が加わったことが最大の特徴ではあるんですが、馴染み深い味わいはもちろん、“ふりかけ”に含まれるアオサや紅生姜などがそれぞれちょうど良いアクセントにも感じられ、メリハリのある味わいとともに食感の良い“もち麦”特有の噛み応えなんかも楽しめそうな一杯となっています!

他にも最後にふりかけたスパイスによって、ピリッとしたちょうど良いアクセントが利き、それによって最後まで飽きの来ない味わいが表現され、さりげなく様々な具材や香辛料によって風味や味わいにキリッとした口当たりが引き立てられているようです!

食べてみた感想

一口食べてみると…味は“ペヤング ソース焼そば”らしいコクのある後味すっきりとした味わいに仕上がり、まず美味しさの安定感がありますね!そこに“ふりかけ”に含まれるアオサがほどよい磯の風味を際立たせ、ラードの香ばしさと絶妙にマッチしています!

そして肝心の「はくばく“もち麦”」の食感はまさに“もちもちプチプチ”といった独特の心地良い噛み応えがあり、単純に馴染み深いフレーバーに“もち麦”を具材に加えただけではありますが、この食感はクセになりますね!ビーフを利かせた焼そばソースの味わいにもぴったりです!

そのため、若干変わり種としては弱いフレーバーではありますが、こういった具材を使用すること自体よく考えてみると…他にはありませんから、その辺りに関しては“ペヤング”らしいと一杯と言えるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通り“ペヤング”ならではのラードを使用した油で揚げたことによってラードの旨味や香ばしい風味がさりげなくソースの旨味に加わり、すすり心地の良さに際立った風味豊かな仕上がりとなっています!

そんな麺には…お馴染み“ペヤング ソースやきそば”のビーフを利かせたコク深くほどよくまろやかなソースがよく絡み、一口ずつに飽きの来ない焼そばソースの味わいが口いっぱいに広がっていき、香ばしい風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、なんと言ってもこちらの「はくばく“もち麦”」が入っていて、なんと言っても食感が非常に良く、もっちり感と言うんでしょうか?プチプチとした歯応えのある食感が心地良い食物繊維をたっぷりと含んだ具材となっています!

しかも使用されている量はかなりのボリューム感があり、まるで白飯と焼そばを同時に味わっているかのようにも感じられる仕上がりとなっているんですが、そこは“もち麦”ということで、罪悪感なく思う存分楽しめるのではないでしょうか?

ご覧の通り思いっきり麺と絡めていただくと…ラードの香ばしさや旨味はもちろん、「はくばく“もち麦”」ならではの“もちもちプチプチ”とした食感なんかも一緒に楽しむことができ、満足度も一際増して感じられますね!

また、こちらのキャベツはほどよくシャキシャキ感を残した仕上がりとなっていて、今回のメインの具材である「はくばく“もち麦”」とはまた若干異なる食感が表現され、さりげなく彩りの良さなんかも演出しているように感じられます!

さらに、こちらの“味付け鶏ひき肉”もまた“ペヤング”シリーズお馴染みの具材で、独特の食感があり、個人的にはあまり好みではないんですが…麺やその他具材と一緒に絡めていただくと、肉の旨味が引き立てられて楽しめるかと思われます!

他にも、“ふりかけ”やスパイスに含まれる風味豊かなアオサや、ピリッとしたアクセントの紅生姜や香辛料、そしてラードの香ばしさを引き立てる“ごま”なんかもたっぷりと使用されており、ソース焼そば全体としての風味の良さを際立たせ、メリハリのある味わいに仕上げているようです!

そして、これら具材を麺と一緒にしっかりと混ぜてみると…“もち麦”にもビーフを利かせたソースがしっかりと染み込み、これはこれで食感だけでなく旨味なんかも楽しめる相性の良い具材に感じられるでしょう!

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通り脂っこさのないビーフの旨味を利かせたコクのあるまろやかな味わいに仕上がり、ラードを使用した油で揚げた麺から滲み出る旨味や香ばしさも後押ししたことによって、最後まで飽きの来ない安定感のある美味しさが表現されています!

そして、ソース自体は先日ご紹介した“マシマシキャベツ”と同じく“ペヤング ソースやきそば”と全く同じ仕様ということで、今回は“もち麦”を追加トッピングしたようなフレーバーに仕上がり、“もちもちプチプチ”といった食感の良さと安定感のある味わいが楽しめる一杯ということで、45周年を迎える今年の“ペヤング”は原点に戻り、こういったあらゆるトッピングを楽しむテイストが数多く発売されるのかもしれませんね!

このように、今回の“ペヤング もち麦MAXやきそば”は、ビーフを利かせたコクのあるまろやかな馴染み深い味わいに仕上がり、そこに食物繊維をたっぷりと含んだフリーズドライ加工の「はくばく“もち麦”」を具材としてたっぷりと加え、“もち麦”らしい食感が思う存分楽しめる安定感のある仕上がりとなっていたため、オーソドックスな味わいだからこそお好みの香辛料や追加トッピングなどで楽しんでみても良いでしょう!

まとめ

今回「ペヤング もち麦MAXやきそば」を食べてみて、ベースとなる味わいは馴染み深いビーフを利かせた飽きの来ないコクのあるソースに仕上がり、そこに今回のコラボとなった“株式会社はくばく”の「はくばく“もち麦”」を豊富に加えたことによって相性抜群な“もちもちプチプチ”とした食感が思う存分楽しめる一杯となっていました!

そのため、今回はレギュラー商品でお馴染みのテイストに“もち麦”を具材として加えただけのちょっといつもの“ペヤング”シリーズとしては落ち着いた仕上がりではありましたが…今後も面白いコラボも含め様々な商品展開に期待したいと思います!

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!