まるか食品

ペヤング 九州もつ鍋風やきそば!“にんにく”を利かせた醤油味のソースに“豚モツ”が使用された一杯

ペヤング 九州もつ鍋風やきそば
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ペヤング 九州もつ鍋風やきそば」を食べてみました。(2022年10月17日発売・まるか食品

この商品は、“九州もつ鍋”の味わいを“ペヤング”流にアレンジ・再現したもので、食欲そそる“にんにく”の旨味を利かせた醤油ベースのソースに仕立て上げ、具材には噛むほどに旨味が滲み出す“豚モツ”を使用、そこにラードを使用した油で揚げた麺から滲み出すラードの旨味や香ばしさが相性良く馴染むことで、本格感のある“もつ鍋”風テイストが気軽に楽しめる一杯、“ペヤング 九州もつ鍋風やきそば”となっております。(値段:税別214円)

ご覧の通り、パッケージにはお馴染み“ペヤング”のロゴや“九州もつ鍋風”といった今回の商品名が大きく記載されており、“にんにく”をはじめポークの旨味や鰹エキスをバランス良く利かせた醤油スープといった“九州もつ鍋”をイメージさせる味わいに仕立て上げ、これまでも“牛モツ”や“豚モツ”を具材に使用したフレーバーは数多く登場してきましたが、意外にも“もつ鍋”は初でしょうか?相性抜群なテイストが改めて“カップ焼そば”としてアレンジされた一杯ということで恐らく安定感のある美味しさが再現されているものと思われます!

一方パッケージ背景には…“もつ鍋”専門店のような店内のイラストイメージが掲載され、壁にはさり気なく“もつ鍋やきそば”といったメニューが貼られており、今回は特に仕上がりイメージは掲載されていないんですが、原材料を見る限り具材には…キャベツ・豚モツ・唐辛子・ニラが使用されているようです!そして今回は醤油味の焼そばソースということもあって万人受けするかのような“九州もつ鍋”の味わいを“カップ焼そば”に再現、シリーズらしい突拍子もないフレーバーというわけではありませんが…安定感のある美味しさが十二分に楽しめることでしょう!

このように今回の“九州もつ鍋風やきそば”はお馴染み“ペヤング”シリーズの中でも割と定番とも言える“にんにく”を利かせた醤油味となっており、ポークの旨味や鰹エキスを合わせた醤油味といったテイストで、しかも香ばしい麺や具材に使用された“豚モツ”が相性良くマッチしたシンプルながらも物足りなさを感じさせない仕上がりが予想されるため、幅広い層に好まれる一品としてやみつき感のある味わいがたっぷりと楽しめそうです!

また、最近の“ペヤング”から登場したフレーバーと言えば、“ペヤング きのこ蕎麦風(2022年9月26日発売)”や“ペヤング 豚バラ入り 旨い辛さの油そば(2022年10月3日セブンイレブン先行販売)”、“ペヤング 味の大関やきそば(2022年10月10日発売)”など…ある意味シリーズらしくない落ち着いた雰囲気のフレーバーが多く登場していて、今回も“九州もつ鍋”の味わいを“カップ焼そば”へとアレンジした間違いないテイストですから…シンプルながらも最後まで飽きの来ない仕上がりに期待できそうです!

他にも特徴として…麺は“ペヤング”シリーズお馴染みのラードを使用した油で揚げたフライ麺が今回も同じく採用されていて、それによって“九州もつ鍋”の味わいを“ペヤング”流に“焼そば”にアレンジした“にんにく”の旨味が食欲そそる醤油ベースのソースはもちろん、比較的あっさりとした中にも物足りなさを感じさせることもなく、さらに旨味を引き立てる“豚モツ”などの具材や麺から滲み出す旨味や香ばしさなどが最後まで飽きることなくじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

醤油ベースに“にんにく”を利かせたシンプルな焼そばソースではありますが、原材料にも記載されている通りポークの旨味や鰹エキスをバランス良く合わせた安定感のあるテイストに仕立て上げ、決して薄味というわけではありませんが…素材の旨味を存分に活かした幅広い層に好まれる安定感のあるテイストとなっており、噛むほどに美味い“豚モツ”とともに“九州もつ鍋”のシメを味わっているかのような最後まで飽きの来ない醤油ベースの味わいが最後までじっくりと楽しめる風味豊かな一杯となっていました!
これは特に、“九州もつ鍋”といったテイストが好みの方はもちろん、醤油ベースに“にんにく”をはじめポークの旨味や鰹エキスなどをバランス良く合わせた焼そばソースにシリーズらしいラードを使用した油で揚げた麺が絶妙にマッチし、物足りなさを感じさせることもなく想像以上に相性良く全体が融合した味わいを香ばしい麺とともにじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“ペヤング”シリーズの新フレーバーとして登場したもので、“九州もつ鍋”の味わいを“カップ焼そば”にアレンジ、醤油ベースに“にんにく”の旨味を利かせたことによってシンプルながらも深みのある味わいを再現、具材にも本格感のある“豚モツ”を豊富に使用したことによって物足りなさといった感じもなく、そこにラードを使用した油で揚げた麺から滲み出すラードの旨味や香ばしさが絶妙にマッチした一杯、「ペヤング 九州もつ鍋風やきそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ペヤング 九州もつ鍋風やきそば

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“ペヤング”シリーズの新商品ということで、“九州もつ鍋”の味わいを“カップ焼そば”にアレンジ、醤油ベースに“にんにく”をはじめ…ポークの旨味や鰹エキスをバランス良く利かせたシンプルながらも最後まで飽きの来ないテイストを再現、具材にも噛むほどに美味い“豚モツ”を使用し、そこにシリーズらしいラードを使用した油で揚げた麺から滲み出すラードの旨味や風味が相性良くマッチしたやみつき感のある一杯、“ペヤング 九州もつ鍋風やきそば”となっています。
※売っている場所:今回はドン・キホーテで購入

というかそもそも醤油ベースに“にんにく”の旨味を利かせた“焼そばソース”は定番のテイストとしてほぼほぼ間違いありませんからね!今回はシンプルでありながらも飽きの来ない“九州もつ鍋”の味わいをアレンジしたことであっさり感や芳醇な風味などがバランス良く融合し、特に辛さもありませんから…子どもから大人まで楽しめる最後まで飽きの来ないフレーバーとなっており、特別奇抜な味わいというわけではありませんが…決して物足りなさを感じさせない醤油味の“焼そば”がたまらなく…具材にも“豚モツ”を使用したことで旨味を引き立てる臨場感の高いテイストが再現されているものと思われます!

ペヤング 九州もつ鍋風やきそば パッケージ

ちなみにこの“ペヤング”シリーズではこれまでも“モツ”を使用したフレーバーは以下の通り数種類発売されてきたんですが、相性抜群な“もつ鍋”はさすがに初でしょうか?醤油ベースの味わいがうまく“焼そば”にアレンジされているようですね!ただ、実際にはポークの旨味や鰹エキスなどがバランス良く融合したことで想像以上に繊細な味わいを再現、さらに“ペヤング ソースやきそば”に関しては2022年で47周年を迎えたわけですが…50周年にはとんでもない企画が行われることに間違いなさそうです。。

そして上記の通り今回の新商品はぱっと見だと“九州もつ鍋”のアレンジ商品ということで特に奇抜なフレーバーというわけではありませんが…これまで登場してきたテイストのように素材本来の旨味を引き立てる間違いない仕上がりで、幅広い層に好まれる納得の味わいが気軽に堪能でき、風味豊かな香りと豊富に使用された“豚モツ”やニラなどの各種具材によって最後まで飽きの来ない醤油味の“カップ焼そば”が楽しめる一杯と言えるでしょう!

このように“ペヤング”シリーズにはレギュラーサイズとして激辛なテイストから突拍子もない企業・メーカーとのコラボだったりと様々なフレーバーが発売されており、他にもボリューム感のある“超大盛”シリーズや“GIGAMAX”・“ペタマックス”シリーズなど…その種類は非常に多岐に渡り、2021年も実に様々な商品が発売されましたから…まだまだ2022年も期待したいところ!

他にも、ここ数年の“ペヤング”シリーズ一覧は下記の記事にもまとめてありますので、ぜひご覧ください!やはり“ペヤング”は改めて見ると多種多様なフレーバーが数多く登場していて面白いですね!

「ペヤング」シリーズ一覧
「ペヤング」シリーズ一覧!歴代フレーバーを一挙ご紹介します!【随時更新】このブログでは、これまで実に様々な“ペヤング”のフレーバーをご紹介してきましたが、今回は実際に味わってみた一杯を全てご紹介したいと思いま...

それでは、今回の“ペヤング 九州もつ鍋風やきそば”がどれほど醤油ベースに“にんにく”をはじめポークの旨味や鰹エキスなどを利かせた“九州もつ鍋”ならではのテイストに仕上がっているのか?具材に使用された噛むほどに旨味が滲み出す“豚モツ”との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもシリーズらしいラードを使用した油で揚げたことによるラードの旨味・香ばしい風味が香り立つすすり心地抜群な麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り574kcalとなっております。(塩分は3.0g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)ながらも醤油ベースに“にんにく”を利かせた“九州もつ鍋”をアレンジしたテイストということもあってそこまで高い数値ではありませんが、一方で塩分はかなり低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり121g、麺の量は90gとこちらは他のレギュラー商品と同じボリューム感のようです!

また、このカロリーと塩分を見ると…醤油ベースに“にんにく”を利かせた単純にあっさりとしたテイストというわけでもなく、素材の旨味を存分に活かしたことで“九州もつ鍋”の味わいを“カップ焼そば”へとアレンジし、さらに具材にも噛むほどに美味い“豚モツ”が豊富に使用され、なんと言ってもラードを使用した油で揚げた麺から滲み出す旨味や香ばしさが絶妙にマッチした風味豊かな仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、“しょうゆ”や動物油脂をはじめ…

  • ポークエキス
  • 香辛料
  • 食塩
  • 食用風味油
  • 植物油脂
  • かつおエキス調味料

といった、醤油ベースに“にんにく”の旨味をはじめポークの旨味や鰹エキスなどをバランス良く合わせたことで“九州もつ鍋”の味わいを“焼そば”にアレンジした安定感のある味わいで、噛むほどに旨味が滲み出す“豚モツ”やニラといった“もつ鍋”には欠かせない具材が臨場感を引き立て、醤油感の強いキレの良さが全体をうまく調和し、まさにやみつき感のあるテイストがじっくりと楽しめる最後まで飽きの来ない味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…シリーズらしい“ラード”といった材料がしっかりと記載されていることが確認できます!これによってラードの旨味・香ばしさが滲み出し、ソースの旨味も増すんですよね!

JANコード49 02885 00866 8
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(しょうゆ、動物油脂、糖類、ポークエキス、香辛料、食塩、食用風味油、植物油脂、かつおエキス調味料)、かやく(キャベツ、豚モツ、唐辛子、ニラ)/調味料(アミノ酸等)、酒精、増粘多糖類、カラメル色素、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、香辛料抽出物、ビタミンB₂、香料、ベニコウジ色素、(一部に小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (121g) 当たり]
熱量574kcal
たんぱく質10.5g
脂質31.3g
炭水化物62.5g
食塩相当量3.0g

引用元:ペヤング 九州もつ鍋風やきそば  |  まるか食品株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく”、やきそばソースといった2つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特に“やきそばソース”は醤油ベースに“にんにく”をはじめポークの旨味や鰹エキスなどをバランス良く合わせたシンプルで非常にサラッとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温める程度で十分かと思われます。

また、麺はご覧の通り“ペヤング”ならではのラードを使用した油で揚げたフライ麺が今回も同じく採用されており、これによって今回の“九州もつ鍋風やきそば”といった醤油ベースに“にんにく”を利かせたフレーバーとして食欲そそる香ばしさなんかも引き立ち、後味すっきりとしたソースとも相性抜群な仕様となっているようです!

調理してみた

ではまず先ほどの“かやく”を加えてみます!

そして、その具材には…

  • キャベツ
  • 豚モツ
  • 唐辛子
  • ニラ

が入っています。

特に今回は“九州もつ鍋”にぴったりな具材が各種取り揃えられているようで、後味すっきりとした醤油ベースの焼そばソースに食欲そそる“にんにく”を利かせ、全体をしっかりと混ぜ合わせることによって満足度も増していき、シンプルに美味い…“もつ鍋”を“カップ焼そば”にアレンジしたテイストが臨場感高く楽しめそうです!(というか“もつ鍋”らしく割と具沢山。)

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:480ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺からは食欲そそるラードの香ばしさが漂い、まだ別添されている“やきそばソース”を加える前の状態ではありますが、醤油ベースに“にんにくをはじめポークの旨味や鰹エキスなどをバランス良く合わせた後味の良いテイストと相性抜群な各種具材が馴染み、まさに“九州もつ鍋”を味わっているかのような満足度の高い一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“やきそばソース”を加えていきます!
すると…醤油ベースにポークの旨味や鰹エキスなどを利かせたコク深くもサラッとした状態のソースがたっぷりと出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!ただ、原材料に記載されていた“にんにく”といった香味野菜の風味はそこまで感じられないため、恐らく旨味としてソースに溶け込んでいるものと思われます!

…と思ったらすりおろしたような“にんにく”がソースに含まれており、その量は割と多めで特別“にんにく”臭が強いわけではなく、“九州もつ鍋”ならではのほどよい塩気とあっさりとした中にも物足りなさを感じさせないポークの旨味・鰹エキスなどがバランス良く融合し、麺から滲み出す香ばしさや芳醇とも言える醤油ならではの風味によって想像以上に“もつ鍋”の味わいをクオリティ高く再現しているようです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通りソースはサラッとした状態で量も多いせいか…すんなりと香ばしい麺に馴染んでいきます!ちなみに“にんにく”の風味はやはりほんのり香る程度で旨味を引き立てているように感じられます!

こうしてソースが全体に馴染むと…先ほどまでの濃い目の色味は落ち着いた印象に仕上がり、醤油ベースに“にんにく”を利かせ、ポークの旨味や鰹エキスなどをバランス良く合わせたことで物足りなさを感じさせないテイストを表現、まさに“九州もつ鍋”を“カップ焼そば”にアレンジしたことによって最後まで飽きの来ないフレーバーとなっており、安定感のある美味しさがたっぷりと楽しめることに間違いなさそうです!

また、今回の具材はいつものキャベツや“味付け鶏ミンチ”とは異なり“九州もつ鍋”にぴったりな“豚モツ”やニラといった旨味を引き立て、見た目としての彩りはもちろん、安定感のある味わいながらも“もつ鍋”ならではのテイストに醤油感のあるキリッとしたシャープな口当たりが絶妙にマッチし、全体をしっかりと混ぜ合わせることでそれぞれの旨味がさらに際立ち、他にも麺から滲み出すラードの旨味や香ばしさが相性良く馴染んでいるようです!

食べてみた感想

一口食べてみると…まさに醤油ベースに“にんにく”をはじめポークの旨味や鰹エキスなどをバランス良く合わせたことによって“九州もつ鍋”を彷彿とさせる味わい深いテイストとなっていて、醤油感の強いキリッとした口当たりが絶妙にマッチしたことで物足りなさを感じさせることもなく、そこに相性抜群な“豚モツ”やニラなどの具材が加わったことによって旨味が引き立てられ、後味すっきりとしているんですが…醤油感の強さや各種旨味によって思ったより全体のバランスが良く、最後まで飽きの来ない“もつ鍋”風の味わいとなっています!

そしてもちろん具材に使用された“豚モツ”やニラとの相性も非常に良く、しっかりと全体を絡めていただくことで“九州もつ鍋”ならではの美味しさが際立ち、ラードを使用した油で揚げた麺から滲み出す旨味や香ばしさとも絶妙にマッチしたことで最後まで飽きることなく楽しめるのではないでしょうか?特に醤油דにんにく”といった相性抜群な旨味やコクがシンプルながらもバランス良く調和されている点が良いですね!

また、そもそも後味すっきりとした醤油をベースに“にんにく”をはじめポークの旨味や鰹エキスなどをバランス良く合わせ、そこに噛むほどに旨味が増していく“豚モツ”やニラなどが相性良くマッチした組み合わせですから…かなり幅広い層に好まれるテイストであることに間違いなく、あっさりとは言っても決して薄味という意味でもありませんので、“もつ鍋”ならではの味わいが好みの方だとかなりハマるかもしれません!

このように今回の“九州もつ鍋風やきそば”は決して奇抜なテイストというわけではありませんが…醤油や“にんにく”、様々な旨味をバランス良く合わせたことで“カップ焼そば”へとアレンジし、塩気の強さ・“にんにく”の旨味や風味はもちろん、ラードを使用した油で揚げた麺から滲み出す旨味や香ばしさが絶妙にマッチしたことによって臨場感の高いフレーバーであることに間違いなく、安定感のある焼そばソースはあっさりながらもついつい箸が止まらなくなります。。

麺について

麺は、ご覧の通りシリーズらしいやや細めの中細フライ仕様となっていて、すすり心地も非常に良く、ラードを使用した油で揚げたことによってラードの旨味・香ばしい風味が調理感や臨場感を高め、今回の“九州もつ鍋風やきそば”といったフレーバーにもぴったりな仕上がりとなっています!

そんな麺には、醤油ベースに“にんにく”をはじめポークの旨味や鰹エキスなどをバランス良く利かせたことによって“九州もつ鍋”をイメージさせる焼そばソースがよく絡み、一口ずつに食欲そそる“にんにく”の旨味や醤油ならではのコクなどが口いっぱいに広がっていき、芳醇な風味や食欲そそるラードの香ばしさが後味良く抜けていきます!…というか“にんにく”に関してはそこまで強くありませんが、今回のフレーバーを引き立てる相性抜群な旨味として溶け込んでいるようです!

トッピングについて

トッピングにはまずこちらの“豚モツ”が入っていて、使用されている数・サイズともに申し分なく、しっかりとした食感に加え、噛むほどに旨味が滲み出す“九州もつ鍋”には欠かせない具材のひとつとして相性良く添えられています!ただ、この食感を楽しむには調理時間を記載通り3分にする必要があり、麺が若干硬めの方が好みだからといって2分程度にすると…この“豚モツ”がしっかりと湯戻りされませんのでご注意ください。

また、こちらのキャベツは、やや大きめにカットされたことでシャキシャキとした食感が心地良く、今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

さらにこちらの唐辛子は、使用されている数も多く、じっくりと味わってみるとピリッとした辛さとしてのアクセントが加わり、今回の“九州もつ鍋風やきそば”との相性抜群な具材となっています!

他にも、こちらのニラが使用されていて、こちらは“もつ鍋”には欠かせない具材のひとつであり、さらに今回のソースにも“にんにく”が利いていますから、旨味を引き立てる香味野菜として彩り良く含まれているため、全体をしっかりと混ぜながら食べ進めていくと良いでしょう!

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通り醤油ベースに“にんにく”をはじめポークの旨味や鰹エキスなどをバランス良く合わせたことで“九州もつ鍋”ならではの味わいを再現、そこに相性抜群な“豚モツ”やニラなどが旨味を引き立て、シンプルながらも物足りなさといった感じは一切なく、最後まで飽きの来ない仕上がりが印象的で、あっさりとした見た目とは裏腹に実際には醤油感のある旨味やコクが溶け込み、なんと言っても麺から滲み出すラードの香ばしさが絶妙にマッチした安定感のあるフレーバーとなっています!

そのため、安定感のある“もつ鍋”風のテイストが気軽に楽しめるフレーバーであり、醤油のキレやコクと“にんにく”などの旨味がバランス良く融合したことで後味さっぱりとしていながらも素材の旨味を存分に活かしたことで想像以上の味わいとなっており、“九州もつ鍋”を“カップ焼そば”にアレンジした仕上がりは納得の一杯と言えるのではないでしょうか?やはりこれ醤油ベースという点が良いですね!“もつ鍋”と言えば味噌系もありますが醤油の方が最後まで飽きの来ない抜けの良さがあって個人的には好印象といったところ!

また、今回の“九州もつ鍋風やきそば”は“ペヤング”シリーズとしては特に奇抜なフレーバーというわけではありませんが…うまくアレンジされた美味しさが楽しめる一杯となっていて、動物油脂やポークエキスなどを使用したことで麺がパサつくこともなく、これまでのフレーバーとはまたひと味違った安定感のある“九州もつ鍋”といったクセになる味わいは箸が止まらなくなります。。

このように、今回の“ペヤング 九州もつ鍋風やきそば”は、醤油ベースに“にんにく”をはじめポークの旨味や鰹エキスなどをバランス良く合わせ、“もつ鍋”には欠かせない“豚モツ”やニラといった旨味を引き立てる具材を豊富に使用したことによってあっさりとした中にも臨場感の高い味わいに仕上がり、あっさりとしていながらも物足りなさといった感じのない醤油ベースの“焼そば”は幅広い層に好まれることに間違いなく、そこにラードを使用した油で揚げたフライ麺からも良い旨味や香ばしさが滲み出す一杯となっていたため、お好みによっては“もつ鍋”と相性の良い唐辛子などの香辛料や“白ごま”辺りをちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「ペヤング 九州もつ鍋風やきそば」を食べてみて、“九州もつ鍋”の味わいを“カップ焼そば”にアレンジした一杯には…醤油ベースに“にんにく”をはじめポークの旨味や鰹エキスなどをバランス良く合わせたことで、あっさりとした中にも物足りなさを感じさせない“もつ鍋”風のテイストに仕上がり、具材として噛むほどに美味い“豚モツ”や旨味を引き立てるニラなどが豊富に使用され、“もつ鍋”ならではの味わいが気軽に楽しめる後味すっきりとしたフレーバーとなっていました!

また、今回のテイストを引き立てるかのような麺から滲み出す香ばしさなんかも印象的で、“九州もつ鍋”をうまくアレンジした安定感のある“焼そば”であることに間違いなく、ラードの旨味や風味との相性も抜群な仕上がりとなっていたため、醤油ベースに“にんにく”などの旨味を利かせたシンプルながらも深みのある味わいが好みの方にはかなりハマる一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

著者プロフィール
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな私「ゆうき」が運営しているブログです。新発売のカップ麺やおすすめラーメン店の実食レビュー記事をメインに更新しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です