カップ麺

ペヤング 沖縄ゴーヤMAXやきそば!ゴーヤの苦味が心地よい旨味溢れる一杯

ペヤング 沖縄ゴーヤMAXやきそば!ゴーヤの苦味が心地よい旨味溢れる一杯

ペヤング 沖縄ゴーヤMAXやきそば」を食べてみました。(2019年7月22日発売・まるか食品)

この商品は、お馴染み“ペヤング”の新商品ということで、今回はなんと“ゴーヤMAX”といった商品名だけを聞くと強烈な苦味がソースだけでなく風味からも漂ってきそうな“ペヤング”らしい挑戦的なフレーバーが登場です!!

とは言え…ゴーヤと聞くと誰もが思いつく沖縄料理の人気メニュー“ゴーヤチャンプルー”の味わいをイメージした一品で、商品名に“MAX”と表示されているとゴーヤだらけの強烈な一杯を想像させるんですが。。実際にはチキンやポークの旨味を利かせた比較的あっさりとしたソースに仕上がり…オイスターやエビ・ホタテの旨みを合わせ、具材に使用されたゴーヤならではのほどよい苦味がアクセントとなった“ペヤング”らしい香ばしさ、さらにラー油が美味しくマッチした一杯“ペヤング 沖縄ゴーヤMAXやきそば”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通り、パッケージには…晴れ晴れとした夏の海辺を背景にハイビスカスやシーサーなど暑い沖縄をイメージさせ、今回の“沖縄ゴーヤMAX”といった商品にぴったりなデザインがあしらわれています!

ちなみにこの“ゴーヤ”の別名は“ニガウリ”というだけあって、特徴的な苦味は賛否ある味わいかと思いますが…その苦味がまた美味しさでもあり、ゴーヤチャンプルーの味わいを“ペヤング”らしくアレンジした香辛料や旨味を利かせたソースにも相性良く馴染み、香ばしさが漂う仕上がりを想像させるため、今回は奇をてらった商品ではなくストレートに美味しさを訴求した一杯のようですね!

ペヤング 沖縄ゴーヤMAXやきそば パッケージ

その気になる特徴としては…上記でもお伝えした通り動物系・魚介系の旨味をふんだんに利かせた塩ベースの後味すっきりとした中にもしっかりと旨味が凝縮された濃いめの味わいに仕上がり、そこにオイスターの風味、ラードを使用した油で揚げた“ペヤング”ならではの麺から香る香ばしさが絶妙にマッチしたことによってゴーヤの苦味がアクセントに感じられ、“沖縄ゴーヤMAX”といった名前通りの美味しさ溢れる飽きの来ない仕上がりとなっています!

他にも特徴としては…具材に使用されたゴーヤ以外にも“ゴーヤチャンプルー”には欠かせない濃い目に味付けされた豚肉や彩りの良い卵が使用され、ほどよく香辛料が利いた塩気のあるキレの良い口当たりや、ラー油ならではの風味豊かな香りなどが絶妙なバランスで表現されたことによって…まさに“おかず”にもなりそうな一品が表現されているわけです!

実際に食べてみて…

当初“ゴーヤMAX”と聞いて凄まじい苦味が表現されていると思っていたんですが…ゴーヤの苦味を引き立てるかのようにチキンやポーク、そしてエビやホタテなど…実に様々な旨味が凝縮された塩ベースのソースに仕上がり、一瞬あっさりめにも感じられるかもしれませんが、以外と濃い目な塩分濃度や旨味が物足りなさを全く感じさせない…普通に“美味っ”と思わせる“ゴーヤチャンプルー”ならではの味わいに仕上がり、ラー油やラードの香ばしさが絶妙にマッチした“ペヤング”らしさもしっかりと楽しめる一杯となっていました!
これは特に、“ゴーヤチャンプルー”の味わいが好みの方はもちろん、ほんのり苦味の利いた旨味溢れる香ばしさが食欲そそる一杯を気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの夏にぴったりなゴーヤの苦味に動物系・魚介系の旨味が凝縮された塩ベースのソースが美味しくマッチした風味豊かな一杯「ペヤング 沖縄ゴーヤMAXやきそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ペヤング 沖縄ゴーヤMAXやきそば

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“ペヤング”シリーズの新商品ということで、カップ麺としてはなかなか類を見ないフレーバー“ゴーヤチャンプルー”の味わいをイメージした一杯であり、塩ベースの後味すっきりとしたソースにほどよい香辛料、様々な旨味が使用されたことによって満足度の高い味わいが表現された一杯“ペヤング 沖縄ゴーヤMAXやきそば”となっています。

ちなみに最近の“ペヤング”と言えば…先週は具材にたっぷりとネギが使用された和テイストの2商品“ペヤング ネギ味噌七味風味やきそば”や“ペヤング ネギ塩ガーリック風味やきそば”が2019年7月15日に同時発売され、その前は“青じそ”の風味に梅肉の酸味が心地良い爽快感を表現した話題性抜群な一杯“ペヤング 青じそやきそば(2019年7月8日発売)”なんかも記憶に新しいかと思います!

さらに、“ペヤング 激辛やきそば 超超超大盛 GIGAMAX(2019年6月24日発売)”や“ペヤング ソースやきそば 超超超大盛 GIGAMAX マヨネーズMAX(2019年7月1日発売)”といった…まさかのGIGAMAXシリーズの後継となる商品の登場など新商品ラッシュの“ペヤング”ですが…今週もまた想像もしていなかった“沖縄ゴーヤMAXやきそば”ですからね!ゴーヤならではの苦味がどれほどMAXな仕上がりとなっているのか?非常に気になるところではないでしょうか?

それでは、今回の“ペヤング 沖縄ゴーヤMAXやきそば”が塩ベースのソースにどれほどの旨味が表現されているのか?具材に使用されたゴーヤらしい苦味の程度やソースとの兼ね合い、また何と言っても“ペヤング”らしい食欲そそる香ばしい風味が漂う麺のとバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り532kcalとなっております。(塩分は3.8g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)ということもあって若干高めな数値のようですが、一方で塩分はやや低めにも感じられる数値のようです!
ちなみに1食当たり115g、麺の量は90gとのこと。

この“ペヤング”は、いつも良い意味で期待を裏切ってくれるシリーズなんですが、今回の“沖縄ゴーヤMAXやきそば”は素材の旨味をふんだんに活かした濃い目の塩ソースにゴーヤならではの苦味がマッチした一杯のようで、何と言ってもこのラードを使用した油で揚げた麺による香ばしさが臨場感溢れる仕上がりを表現しているんですよね!今回もそういった意味ではこの麺による風味が“ゴーヤチャンプルー”の美味しさを後押しした味わいに期待できそうです!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、植物油脂やオイスターソースをはじめ…

  • 食塩
  • チキンエキス
  • ポークエキス
  • エビエキス
  • ホタテエキス

といった、塩ベースのキレの良いソースには動物系の旨味以外にも、エビやホタテのエキスが使用されたことで、後味すっきりとした濃い目に仕上がった塩ソースには満足度の高い美味しさが表現され、そこに“ゴーヤチャンプルー”らしいゴーヤの苦味がちょうど良いアクセントとなった相性・バランスともに絶妙な仕上がりを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目にはしっかりと“ラード”といった文字が記載されているのが確認でき、これによって香ばしさが表現された“ペヤング”らしい風味の良い一杯に仕上がっているんですよね!こちらもまた仕上がり具合が気になるところ。。

JANコード49 02885 00576 6
原材料名

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、たん白加水分解物、しょうゆ、香辛料)、スープ(糖類、香辛料、花椒調味油、植物油脂、粉末しょうゆ、チキン調味料、食塩、豚脂、ポーク調味料、クリーミングパウダー、唐辛子みそ)、かやく(味付豚ミンチ、キャベツ、味付卵、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、炭酸Ca、かんすい、増粘多糖類、香料、カロチノイド色素、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、乳化剤、炭酸Mg、ビタミンB2、ビタミンB1(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (115g) 当たり]
熱量532kcal
たん白質10.1g
脂質28.4g
炭水化物59.0g
食塩相当量3.8g

引用元:ペヤング 沖縄ゴーヤMAXやきそば | まるか食品株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやく、ソースといった2つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料など2パックとなっていて、こちらを見る限り“ゴーヤMAX”の割に具材にはそこまで多くのゴーヤは使用されてはいないようで、ソースの方は塩ベースということもあって後味の良さを思わせるさらっとした状態のようです!

また、麺はご覧の通り“ペヤング”お馴染みの若干細めにも見える仕様となっていて、ラードを使用した油で揚げたことによって旨味・風味を引き立てるほんのり香ばしい油揚げ麺が今回も同じく採用されているようです!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • 味付豚ミンチ
  • キャベツ
  • 味付卵
  • ねぎ

が入っています。

これを見てもわかるように…やはり今回の一杯は“沖縄ゴーヤMAX”といったゴーヤの苦味に際立った仕上がりを想像させますが、それよりも沖縄料理の“ゴーヤチャンプルー”の美味しさを訴求した一杯であることを思わせますね!

具材の量がバランス良く使用されているようで、中でも人参の彩りなんかも映えて見えます!

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。
そして出来上がりにしっかりと湯切りしたところがこちら!

ゴーヤの苦味は風味としてはそこまで感じられる仕上がりというわけではなく、この時点ではむしろ“ペヤング”ならではのラードの香ばしい風味なんかが印象的な旨味溢れる“ゴーヤチャンプルー”の味わいが表現された一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどのソースを注いでいきます!
ちなみにこのソースは、先ほどもお伝えした通り実に様々な旨味が使用されてはいますが、決して脂っこさを感じさせるソースではなく、後味の良い塩ベースのソースとなっているため比較的さらっとした状態となっています!

ただ、せっかくの麺を冷まさないためにも調理中はフタの上でしっかりと温めておいた方が良いでしょう!

すると…原材料にも記載されていたようにチキンやポーク、エビやホタテといった様々な旨味が含まれているということもあって、塩ベースのソースではありますが、食欲かき立てられる香ばしさとともに旨味溢れる風味が漂い、さらっとした状態のソースということもあってすぐに容器底へと沈んでいきます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通りソースはさらっとした状態で、量もやや多めとなっているため、すんなりと香ばしい麺にもしっかりと馴染んでいきます!

そしてソースが全体に馴染むと…ふんわりと香る“ペヤング”らしい香ばしさが“ゴーヤチャンプルー”の味わいを臨場感溢れる風味として表現し、決して苦味だけに際立った仕上がりではなく、チキンやポーク、エビやホタテなどの旨味が絶妙なバランスとなって仕上がったことで、最後まで飽きることのない“おかず”にもぴったりな沖縄の郷土料理の味わいが表現されているようです!

個人的には“沖縄ゴーヤMAX”というくらいですから…もっと大量にゴーヤを具材に使用してほしかった気はしますが。。見ての通り豊富に使用された鮮やかな具材によって華やかさなんかも演出しているようで、見た目からも楽しめる…そんな一杯に仕上がっているようです!(ここに豆腐が使用されていれば完璧でしたね!)

食べてみた感想

一口食べてみると…普通に美味い。。塩ベースの比較的あっさりにも感じられるシャープな口当たりには原材料にも記載されていたようにチキンやポーク、エビやホタテなどのエキスが互いの旨味を引き立てるかのような…何かの味だけに突出することなくバランス良く仕上がり、後味に香る香ばしさや旨味成分からの風味が想像以上の美味しさを感じさせます!

また、塩分濃度も非常にちょうど良く、香辛料がほんのりと利いたことによって味に締まりがプラスされ、食べ飽きることは決してありませんね!

これは…まさしく“おかず”にもぴったりなテイストに仕上がり、“ペヤング”らしいすすり心地の良い麺だからこそ“ゴーヤチャンプルー”の味わいを表現した風味もまた活きてきます!!

麺について

麺は、ご覧の通り“ペヤング”らしい若干細めにも見えるすすり心地抜群な仕様(油揚げ麺)となっていて、若干“ちぢれ”も付き、この軽やかな仕上がりが特に印象的な麺となっています!

そんな麺には、沖縄料理で人気のメニュー“ゴーヤチャンプルー”の味わいをイメージした塩ベースのソースがよく絡み、一口ずつに飽きの来ない後味すっきりとした様々な旨味が口いっぱいに広がっていき、その旨味による風味やラードの香ばしさが後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、何と言ってもこちらのゴーヤが使用されていて、素材本来のシャキシャキ感というよりも…比較的しんなりとした仕上がりとなり、苦味も非常に万人受けさせるかのようにかなり控えめな味わいとなっています!

そのため、“ゴーヤチャンプルー”のゴーヤならではの苦い味が好みの方にとっては若干物足りなさを感じさせるかもしれませんが…今回は旨味が凝縮された塩ベースのソースも込みで言うと全体的なバランスは非常に良い一杯と言えるのではないでしょうか?

また、使用されているゴーヤは当然全く苦くないわけではありませんので、旨味が凝縮されたソースが絡んだ麺と一緒に食べてみるとより一層“ゴーヤチャンプルー”ならではの美味しさが楽しめるかと思われます!

また、こちらの豚肉は、若干しょっぱいくらいに味付けされていて、恐らく全体のバランスを考慮した上での味付けかと思われますので、こちらもまた上記のゴーヤと同じく麺などと一緒に絡めていただくとちょうど良い味が楽しめるでしょう!

さらに、こちらの卵は、味付け自体は感じられないものの…ゴーヤとのコントラストによって色鮮やかな賑やかな雰囲気を演出し、見た目からも楽しめる仕上がりとなっています!

そして、こちらの人参も上記の具材と同じく色とりどりの具材を豊富に使用したことによって見た目の良さだけでなく素材本来の味なんかもしっかりと感じられる食感の良い具材となっています!

このようにたっぷりと使用された具材を旨味が凝縮されたソースがよく絡む麺と一緒に食べてみると…まさしく様々な旨味の中に感じられるゴーヤの苦味がちょうど良いアクセントとなり、この苦味がソースの旨味もまた引き立てる…そんな対照的とも言える美味しさが交互に絡み、一際満足度も増していきます!!

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通りチキンやポーク、エビやホタテなどの旨味エキスがふんだんに使用され、ラー油の旨味を利かせた塩ベースの後味すっきりとしたソースには想像以上に濃い目の味わいが表現され、ソースだけでも十分美味しさを堪能することができる仕上がりとなっています!

また、そのバランスも非常に良く、動物系・魚介系どちらかに偏った仕上がりというわけではなく、物足りなさを感じさせないしっかりとした味わいが表現され、それによってゴーヤの苦味もまた引き立つ絶妙な味わいとなり、最後まで飽きることなく旨味・風味、そして様々な食感が同時に楽しむことができるため、“沖縄ゴーヤMAX”といった商品名のイメージを良い意味で裏切ってくれます。。笑

最初はまさに…旨味・風味ともに強烈な苦味によって食べきれないような仕上がりを想像していたんですが…実際には全くそんなこともなく沖縄料理を代表する味わいがゴーヤの苦味をうまく引き立て、“ペヤング”ならではの香ばしい風味とも相性抜群なクセになる一杯となっていました!

このように、今回の“ペヤング 沖縄ゴーヤMAXやきそば”は、ゴーヤならではの旨味・苦味を最大限に引き立てるかのように様々な旨味が塩ベースのソースに利き、さらに後味すっきとした香辛料によるキレの良さが非常に心地良く、食べ飽きることのない仕上がりが印象的な一杯となっていたため、後はお好みでラー油やペッパー系の香辛料をちょい足しアレンジしてみても良いかもしれません!

まとめ

今回「ペヤング 沖縄ゴーヤMAXやきそば」を食べてみて、沖縄料理の“ゴーヤチャンプルー”の味わいをイメージしたという一杯は、チキンやポーク、エビやホタテなどの旨味エキスが香辛料やラー油を利かせた塩ベースのソースに物足りなさを全く感じさせない風味豊かな仕上がりとなり、豊富に使用した色鮮やかな具材に含まれるゴーヤがちょうど良い苦味を表現し、最後まで飽きることなくじっくりと堪能できるのではないでしょうか?

個人的には、もう少しゴーヤの食感や苦味を強めにしてほしかったところではありましたが…そもそものソースの美味しさが非常に良く、さらに“ペヤング”らしい香ばしい風味とのバランスが絶妙にマッチしていたため、想像以上に好評な一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!