カップ麺

来来亭「旨辛まぜそば」食べてみました!【ファミマ限定】香り豊かでコクのある旨辛な一杯

来来亭 旨辛まぜそば

来来亭 旨辛まぜそば」を食べてみました。(2021年6月29日発売・エースコック/ファミリーマート限定・数量限定)

この商品は、滋賀県野洲市に本店を置く人気チェーン店“来来亭(らいらいてい)”で提供されている数量限定メニュー“旨辛まぜそば”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現したもので、臭みのないポークの旨味をしっかりと利かせた濃厚な醤油ダレに味噌やピリッとした辛みをバランス良く合わせたことによって最後まで飽きることなくガツンとした味わいが楽しめる食べ応え抜群な一杯が登場です!

それも…“旨辛まぜそば”らしく動物系の旨味がほどよいこってり感を表現した醤油ベースの濃厚なタレには、別添された“卵黄風きみまろペースト”によって濃厚感やコク深さが際立ち、さらにピリッとした香辛料を利かせたことで全体のバランスは非常に良く、分厚い旨味と後引く辛さがクセになるボリューム感抜群な一杯、“来来亭 旨辛まぜそば”となっております。(税抜き230円)

ご覧の通り、パッケージには“卵黄風きみまろペースト付き”と記載されているように、キレの良い濃厚な醤油ダレにたっぷりと動物系の旨味を利かせたコク深く濃厚な味わいをまろやかに際立たせる卵黄ペーストが別添されており、それによって深みのある美味しさを再現しているようですね!これは何とも食欲そそる臨場感溢れるテイスト!(実際の“旨辛まぜそば”の中央にも卵黄が添えられています。)

一方こちらには、太麺・角刃仕様の噛み応え抜群な麺に動物系の旨味や醤油・味噌などを利かせたツヤのあるこってりとした濃厚なタレが絡む仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…焼豚・ねぎ・もやし・メンマが使用されています!

このように今回の“来来亭 旨辛まぜそば”には…動物系の旨味を利かせた濃厚な醤油ダレ、そして味噌や卵黄ペースト、さらに後引く辛さの香辛料がうまく合わさったことによってまろやかで深みのある味わいやキレの良い口当たりだけでなく、ガツンとした旨味がたっぷりと楽しむことができ、実店舗でも様々な具材が使用された“旨辛まぜそば”らしい一杯が再現されているようですね!(実際の店舗では特製チャーシューや辛ニラ、辛もやしや卵黄など豊富な具材が取り揃えられています。)

そしてこちらには以前発売されていた“来来亭 まぜそば”とはひと味違った“旨辛”といった文字が大きく記載され、デフォルトの濃厚な味わい・卵黄ペーストを絡めたまろやかさ・ピリッとした後引く辛さ、それら全体をしっかりと混ぜ合わせた旨味溢れる味わいが楽しめるようで、そもそも“まぜそば”自体様々なトッピングをお好みで追加して思い切り混ぜていただく…という醍醐味がありますから、恐らく満足度の高い味わいがクオリティ高く再現されているものと思われます!

他にも特徴として…麺は太麺・角刃仕様のフライ麺で、“旨辛まぜそば”らしい130gものしっかりとした食べ応えはもちろん、もっちりとした食感と噛み応えのある強いコシを併せ持つボリューム感抜群な仕上がりとなり、それによってポークをベースに醤油や味噌、そして後引く辛さをバランス良く合わせた濃厚な旨辛ダレとともにがっつりと食欲を満たしてくれる…そんな旨味溢れる味わいが最後まで思う存分楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

動物系の旨味を利かせたこってりとした仕上がりだったものの…醤油や味噌のキレとピリッとした唐辛子などの後引く辛さがバランス良く調和され、さらに別添されている“卵黄風きみまろペースト”によってまろやかさが際立つ満足度の高い“旨辛まぜそば”が再現され、麺量130gもの圧倒的ボリュームによってがっつりと食欲が満たされるパンチのある一杯となっていました!
これは特に、来来亭の限定メニュー“旨辛まぜそば”が好みの方はもちろん、“旨辛まぜそば”ならではの様々な旨味をしっかりと混ぜ合わせた濃厚な味わいや後引く辛さを加えた飽きの来ない味わいをたっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は黄色い看板・パッケージでもはやファミマでもお馴染みとなった“来来亭”の実店舗で提供されている限定メニュー“旨辛まぜそば”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現した濃厚かつ旨味溢れる一杯、「来来亭 旨辛まぜそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

来来亭 旨辛まぜそば

今回ご紹介するカップ麺は、ファミリーマートでもお馴染み“来来亭”の実店舗で提供されている数量限定メニュー“旨辛まぜそば”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現したもので、キレのある醤油ダレにポークや味噌、後引く辛さの香辛料など様々な旨味がバランス良く融合され、濃厚でありながらもピリッとした辛さがクセになる…食べ応え抜群な一杯、“来来亭 旨辛まぜそば”となっています。

ちなみにこの“来来亭”、暖簾分けも含め全国に展開しているラーメン店として広く知られているわけですが、そもそもは京都風醤油味の鶏ガラスープが特徴的なラーメン店で、今回商品化された“旨辛まぜそば”を再現した一杯は数量限定メニューであり、いつものタテ型・スープタイプとはまたひと味違った美味しさやボリューム感が楽しめそうです!

来来亭 旨辛まぜそば パッケージ

また、ここ“来来亭”監修のカップ麺と言えば…これまでも以下のような商品が発売されていて、レギュラーメニューの“しょうゆラーメン”をはじめ…辛さを増した“旨辛麺 辛マシ”や“旨辛麺 辛さMAX”なんかも大変話題となっていましたね!(どれもファミリーマートとのコラボカップ麺となっています。)

他にも実店舗の方では、これ以外にも数多くのメニューが取り扱いされているため、まだまだ今後の商品展開なんかも期待したいところではないでしょうか?(実店舗の公式サイトを見てみるとまだまだ商品化されていないメニューが数多く存在します。)
※参考:メニュー|ラーメン・飲茶の来来亭

それでは、今回の“来来亭 旨辛まぜそば”がどれほど動物系や後引く辛さを加えたこってりとした仕上がりとなっているのか?別添されている“卵黄風きみまろペースト”によるまろやかな味わいとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても太麺・角刃仕様による食べ応え抜群な麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り726kcalとなっております。(塩分は6.8g)

カロリーは、汁なしカップ麺・大盛り仕様ということもあってかなり高めな数値のようで、塩分もまたかなり高い数値となっています。
ちなみに1食当たり166g、麺の量は130gとのこと。

やはりボリューム感のある汁なしタイプの“まぜそば”と旨味が凝縮された醤油ダレだとカロリーも高めになる傾向なんですかね?この数値を見るだけでもすでにポークを利かせたかなりの食べ応えをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

タレには、植物油脂や“しょうゆ”をはじめ…

  • みそ
  • 豚脂
  • ポーク調味料
  • 食塩
  • 香辛料
  • 卵黄油
  • 卵黄

といった、ポークの旨味を利かせた濃厚な醤油ダレをベースに味噌や香辛料によってメリハリのある旨味と辛みが絶妙にマッチし、さらに別添されている“卵黄風きみまろペースト”を加えることによってコク深くまろやかな味わいを想像させる材料が並びます。

また、取り扱いは今回も同じくファミリーマート限定、製造者・製造所ともにエースコック株式会社となっています。

ちなみに以前発売されていた“来来亭 まぜそば”と比較してみると…魚粉を含む“ふりかけ”が使用されていない分、今回の“旨辛まぜそば”には味噌が加わり、チキンを使用していない辺りが濃厚・こってりとしたテイストをイメージさせますね!他にも“玉ねぎ”ではなく“もやし”が使用されているようです!

来来亭 旨辛まぜそば
来来亭 まぜそば
JANコード4901071256166
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、砂糖)、たれ(動物油脂、しょうゆ、糖類、発酵調味料、みそ、豚脂、ポーク調味料、食塩、還元水飴、香辛料、卵黄油、卵黄、たん白加水分解物)、かやく(焼豚、ねぎ、もやし、メンマ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、酒清、カラメル色素、かんすい、増粘多糖類、ソルビット、香料、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (166g) 当たり]
熱量726kcal
たん白質11.1g
脂質32.7g
炭水化物96.8g
食塩相当量6.8g
ビタミンB10.72mg
ビタミンB20.71mg
カルシウム422mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り調味たれ、かやく、きみまろペーストといった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特に“調味たれ”は動物系の旨味が凝縮されているにも関わらず割とサラッとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!
※“きみまろペースト”は温めないようにしてください。

また、麺はご覧の通り太麺・角刃のフライ仕様で、麺量130gのボリューム感があり、湯戻りする以前からすでにもっちりとした食感や噛み応えのある強いコシをイメージさせます!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには…

  • 焼豚
  • ねぎ
  • もやし
  • メンマ

が入っています。

“まぜそば”のトッピングとしては若干物足りなさを感じさせますが、食感の良さを加える“もやし”メンマ、そして肉の旨味を引き立てる具材などが取り揃えられているようです!

続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:600ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺には弾力のあるもっちりとした食感や強いコシが加わり、ここに香辛料を利かせた濃厚・こってりとしたタレがたっぷりと絡むことで、食べ応え抜群なボリューム感だけでなく満足度の高い“旨辛まぜそば”らしい味わいがガツンと楽しめる風味豊かな一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“調味たれ”を加えていきます!
すると…ポークの旨味をベースに醤油や味噌、後引く辛さの香辛料などをバランス良く凝縮した濃厚なタレがたっぷりと含まれているため、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

そして、この“調味たれ”は量も多く割とサラッとした状態でしたので、すぐに容器底へと沈んでいき、この時点ではまだ動物系の旨味を利かせた濃厚な醤油ダレが加わっただけということもあり、特徴的な風味というよりもフライ麺特有の香ばしさがほんのりと感じられ、見るからに十分過ぎるほどの旨味が凝縮されているようです!(ラー油のような赤みを帯びた油分なんかも確認できます。)

では、よーくかき混ぜてみましょう。
すると…ご覧の通り動物系の旨味と思われる透明な脂が浮き、ポークを利かせた濃厚な味わいが表現されているのはもちろん、このこってり感を際立たせる油分によって今回使用されている食べ応え抜群な太麺にもすんなりと馴染んでいきます!

そして濃厚なタレが全体に馴染んだら最後に“きみまろペースト”を添えて完成となります!こちらは卵黄ならではのコク深くまろやかな味わいをイメージさせるその名の通りペースト状となっており、深みのある味わいを引き立てるには欠かせない材料のひとつとなっています!(実店舗のメニューにも中央に卵黄が添えられています。)

また、こちらの“きみまろペースト”は後ほど全体にしっかりと混ぜ合わせていただくんですが、デフォルトとの味の違いなんかも確かめたいので、お好みで少しずつ全体に馴染ませながら食べ進めていくと良いでしょう!

こうして完成となるわけですが…ポークの旨味に別添された“きみまろペースト”や各種具材が使用されたことによって様々な旨味が詰め込まれ、“まぜそば”ならではの旨味に旨味を重ねるやみつき感のあるボリューム抜群な一杯がピリッとした後引く辛さとともにガツンと楽しめそうです!(お好みによっては“おろしにんにく”なんかを追加してみても良いかもしれません!)

ちなみに以前発売されていた“来来亭 まぜそば”と比較してみると…今回の“旨辛まぜそば”の方が断然赤みを帯びた濃厚なタレとなっていて、魚粉の旨味こそないものの、こってりとした味わいに後引く辛さがクセになる文字通り旨辛なテイストであることがよーく伝わってきます!

来来亭 旨辛まぜそば
来来亭 まぜそば

他にも“まぜそば”とは自分好みの各種トッピングを追加して思い切り混ぜていただく…という旨味溢れる味わいをガツンと楽しむ醍醐味がありますので、メンマや“刻みねぎ”などを別途用意しておくのも良さそうです!もちろん辛さを引き立てる各種香辛料や調味料なんかを加えてみても良いかもしれませんね!

食べてみた感想

一口食べてみると…これは想像以上に美味しいですね!ポークの旨味は濃厚でありながらも醤油感の強いキレやピリッとした香辛料の辛みによって全体のバランスは非常に良く、味わい深い醤油ダレをしっかりと下支えし、さらに別添されている“きみまろペースト”によってまろやかさが引き立てられ、“旨辛まぜそば”ならではのパンチもありつつ最後まで全く飽きの来ないインパクトのある仕上がりとなっています!(もちろん変な脂っこさといった感じもありません。)

そのため、動物系の旨味を利かせた濃厚なテイストなんですが、キレや辛みによるメリハリが心地良く、“きみまろペースト”によるまろやかさはもちろん、カップ麺とは思えないほどやみつき感のある味わいを演出し、それによってガツンとした味わいを再現しているようです!…というかこの旨味溢れるタレに利いた香辛料のアクセントは、ちょうど良い“つまみ”にもなりそうで、後引く辛みがたまりませんね!

これはデフォルトでも十分な美味しさが凝縮されているんですが…“まぜそば”らしく自分好みの香辛料や各種具材などを加えてみると、より一層旨味が際立って楽しめるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通り太麺・角刃のフライ麺で、もっちりとした弾力としっかりとした噛み応えのある強いコシを兼ね備えた食べ応え抜群な“まぜそば”にぴったりな麺量130gのボリューム感のある仕上がりとなっています!

そんな太麺には…ポークの旨味をベースにピリッとした香辛料の辛みが利いた濃厚な醤油ダレがよく絡み、一口ずつにコク深く厚みのある味わいや濃厚感をうまく調和するかのような辛みなどが口いっぱいに広がっていき、フライ麺ならではの風味豊かな香ばしさが後味良く抜けていきます!これだけでも十分濃厚で美味しいですね!

また、別添されている“きみまろペースト”を少し付けていただくと…卵黄ならではのコク深くまろやかな味わいが際立ち、動物系の旨味を利かせた濃厚な醤油ダレに深みが増しますね!これもまた美味い!!(物足りないようであれば、別途卵黄を加えてみるのもアリでしょう!)

ちなみに気になる辛さの強さについてですが…あくまでポークを利かせた濃厚なタレにちょうど良いメリハリを加えるかのようなアクセントとなっていて、このピリッとした辛みによって食欲が掻き立てられ、最後まで飽きの来ないちょうど良い辛さと言えます。

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの焼豚が入っていて、やや小さめにカットされてはいるものの…じっくりと味わってみると、思っていたよりも変にチープな仕上がりというわけでもなく、ほどよい味付けや肉の旨味が滲み出てくる仕上がり具合となっていたため、様々な旨味を合わせた濃厚かつピリ辛な醤油ダレを絡めた太麺と一緒にいただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらのメンマは、やや小ぶりではありますが…コリコリとした食感が心地良く、メンマ特有の味付けや素材本来の味わいなんかがしっかりと感じられ、今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

さらに、こちらの“もやし”は、シャキシャキとした食感が感じられるわけですが…使用されている数に関して若干少なめで物足りなさがあったため、お好みによっては実店舗で使用されているような辛みを加えた香辛料で味付けを施した“もやし”を別途加えてみても良いかもしれません!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されており、かなり小ぶりでしたのでシャキシャキとまではいかないものの…ちょうど良い薬味にもなったことで今回の濃厚なタレの美味しさを引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

タレについて

タレは、先ほどもお伝えした通りポークの旨味をしっかりと利かせた濃厚な醤油ダレをベースに味噌や香辛料をバランス良く利かせたことでコク深さとキレの良さが絶妙にマッチし、さらに別添された“卵黄きみまろペースト”を馴染ませることによってまろやかな味わいが引き立ち、濃厚でありながらも様々な旨味が融合し、後引く辛みがクセになる…最後まで飽きの来ない“旨辛まぜそば”らしいパンチのある仕上がりとなっています!

これは以前の“来来亭 まぜそば”よりも遙かに美味しいですね!!ポークの旨味や卵黄ペーストによって王道を行く濃厚・こってりなテイストながらもピリッとした香辛料によるアクセントがしっかりと利いていますから、思い切り頬張りたくなる大胆な味わいであり、なんと言ってもこの後引く辛さがたまりません!!(“つまみ”にもちょうど良さそうです。)

このように、今回の“来来亭 旨辛まぜそば”は、ポークの旨味を利かせた濃厚な醤油ダレに味噌を合わせたことで厚みのある味わいに仕上がり、別添されている“卵黄風きみまろペースト”を加えることでまろやかさをプラスし、まさに“旨辛まぜそば”といったイメージ通りの濃厚感とキレがバランス良く融合した旨味溢れるパンチの強いテイストとなっていたため、お好みによっては“おろしにんにく”や唐辛子、各種具材などのトッピングを加えて、より一層本格感のある美味しさを存分に味わってみても良いでしょう!

まとめ

今回ファミリーマート限定で発売された「来来亭 旨辛まぜそば」を食べてみて、“まぜそば”らしい濃厚な旨味をポークを利かせた醤油ダレによって再現し、コク深さやこってり感を味噌や別添されている“きみまろペースト”によって際立たせ、そこにピリッとした後引く辛みを利かせることによってやみつき感のある旨辛な“まぜそば”に仕上がり、申し分のない旨味とピリッとした辛みがちょうど良いメリハリとなったことで、最後まで飽きの来ない食べ応え抜群なパンチの強い一杯となっていました!

やはり“まぜそば”は様々な旨味・材料を加えてしっかりと混ぜ合わせることによる満足度の高いテイストが醍醐味とも言えますから、そういった濃厚な美味しさにピリッとした辛みを加えたやみつき感のある一杯はかなりクオリティの高い仕上がりと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!