カップ麺

日清ラ王 野菜たっぷりタンメン(やさいタンメン)塩!炒め野菜の旨味が詰まった優しい味わい

日清ラ王タテカップ やさいタンメン塩

日清ラ王タテカップ やさいタンメン塩」を食べてみました。(2017年8月7日発売/2019年8月26日リニューアル発売・日清食品)

この商品は、全粒粉を練り込んだ風味豊かな麺でお馴染み“日清ラ王タテカップ”シリーズから発売されているもので、タンメンというだけあって炒め野菜の旨味が凝縮され、さらに別添された香味油を加えることで、風味豊かな優しい野菜の旨味・香りが楽しめる一杯“日清ラ王タテカップ やさいタンメン塩”となっております。(税抜き180円)

そして、ご覧の通りパッケージにはそういった野菜の旨味を利かせた優しい味わいを思わせるパステルカラーで統一されたデザインとなっていて、“ラ王”のロゴの中に記載されている“やさいタンメン塩”といった商品名や、“炒め野菜の旨味がギュギュッと”といった特徴なんかも印象的ですね!

ちなみに、この商品は2017年8月に地域限定(関東甲信越地区・静岡県)で発売され、後に“やさいタンメン醤油”が発売された2018年1月29日から全国発売となっています!

日清ラ王タテカップ やさいタンメン塩 パッケージ

また、ご覧の通り“小麦の風味がクセになる全粒粉入りノンフライ麺”と記載されているように、この“日清ラ王タテカップ”シリーズには、独自製法“3層ストレートノンフライ麺”によって風味豊かな全粒粉が練り込まれ、ノンフライ麺ならではの生麺を思わせる弾力のある食感なんかも特徴のひとつです!

そんな風味豊かな麺が炒め野菜の風味と合わさったことによって、スープにはクオリティの高い味わいだけでなく優しい野菜の風味が香り立ち、シリーズはじまって以来主婦層を中心に好評だという納得の美味しさが表現されているようですね!

そして、スープの特徴としては…「日清ラ王」袋麺の味わいをベースにタンメン風の炒め野菜の旨味を詰め込んだことで、あっさりとした塩スープには味わい深い野菜の旨味が風味良く仕上がり、量が若干少なめといった“ちょうどいいおいしさ”が楽しめる仕上がりとなっています!

他にも特徴として…別添された香味油を加えることで、炒め野菜の風味がより一層アップし、全体的にバランスの良い油分が旨味を引き立て、深みのあるタンメン風の味わいが表現されているようです!

実際に食べてみて…

塩ベースの比較的あっさりとしたスープには、炒め野菜の旨味を引き立てるかのように鶏や豚など動物系の旨味がしっかりと利き、それによって深みのある風味豊かなコク深い味わいが広がり、全粒粉入りの麺から香る小麦の風味とともに満足度の高い優しい味わいとなっていました!
これは特に、風味豊かな炒め野菜の味わいを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの全粒粉入りによる小麦の風味香る麺と炒め野菜の香り豊かなスープが美味しくマッチした一杯「日清ラ王タテカップ やさいタンメン塩」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

【追記】この商品は野菜を増量し、商品名も「日清ラ王 野菜たっぷりタンメン」として“日清ラ王 野菜たっぷりタンメン しょうゆ”と一緒にリニューアルされ、新たなフレーバー“日清ラ王 野菜たっぷりタンメン トマト味”とともに2019年8月26日に発売されています!

日清ラ王 野菜たっぷりタンメン(やさいタンメン)塩

今回ご紹介するカップ麺は、全粒粉を練り込んだ麺でお馴染み“日清ラ王タテカップ”シリーズから発売されているもので、塩ベースのあっさりとしたスープに炒め野菜の旨味が凝縮され、さらに別添された香味油、全粒粉を練り込んだ麺とともに香り立つ旨味が美味しくマッチした一杯“日清ラ王タテカップ やさいタンメン塩”となっています。

そもそもこの“ラ王”シリーズはスープの美味しさはもちろん、生麺のような麺の仕上がりにも定評のあるシリーズですからね!それが今回優しい味わいをイメージさせる野菜の旨味をふんだんに利かせた香り高い一杯に仕上がっているとのことですから…その味わいには期待したいところ!

ちなみに“日清ラ王タテカップ”シリーズは、この他にも“日清ラ王タテカップ やさいタンメン醤油”や“日清ラ王タテカップ やさいタンメンピリ辛味噌”も発売されています!
※“やさいタンメン味噌”も以前発売されていましたが、2018年7月で製造終了となっています。

それでは、今回の“日清ラ王タテカップ やさいタンメン塩”がどれほどの旨味が表現されているのか?香味油による炒め野菜の旨味・風味や全粒粉を練り込んだ麺との相性・バランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り234kcal(めん・かやく184kcal / スープ50kcal)となっております。(塩分は5.5g)

カロリーは、一杯の量が若干少なめということもあってかなり低い数値のようですが、塩分の方は平均的といった数値のようですね!
ちなみに1食当たり61g、麺の量は40gとのこと。

この炒め野菜による優しい味わいに加え、低カロリーというのもまたヘルシーさに際立ち、主婦層を中心に好評というのもわかりますね!これなら夜食なんかにもぴったりです!

ちなみにダイエット中にもおすすめのカップ麺については、ぜひこちらの記事もご覧ください!

ダイエット中にもおすすめのカップ麺を一挙ご紹介します!【随時更新】ダイエット中のカップ麺はちょっと…と気にしていませんか? そもそもカップ麺だからダイエット中はダメというわけではなく、最近では糖質...

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、動物油脂(豚、鶏)をはじめ…

  • チキンエキス
  • 野菜調味油
  • 香味油
  • クリーミングパウダー
  • 香味調味料
  • 香辛料
  • 魚介調味油
  • 魚介エキス
  • 昆布エキス

といった、あっさりとした塩ベースのスープには、炒め野菜の旨味を引き立てるかのように動物系や魚介系の旨味がふんだんに使用され、別添された香味油による風味はもちろん、全粒粉が練り込まれた麺とともに香り立つ優しい味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4902105245705
原材料名

めん(小麦粉、小麦全粒粉、食塩、植物油脂、大豆食物繊維、チキンエキス)、スープ(食塩、動物油脂(豚、鶏)、でん粉、チキンエキス、野菜調味油、糖類、小麦粉、香味油、クリーミングパウダー、香味調味料、香辛料、魚介調味油、魚介エキス、昆布エキス)、かやく(キャベツ、チンゲン菜、コーン、ニラ、赤パプリカ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、かんすい、香料、増粘多糖類、炭酸Ca、カロチノイド色素、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、炭酸Mg、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・さば・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (61g) 当たり]
熱量234kcal
めん・かやく: 184kcal
スープ: 50kcal
たんぱく質5.6g
脂質6.0g
炭水化物39.5g
食塩相当量5.5g
めん・かやく: 1.5g
スープ: 4.0g
ビタミンB10.25mg
ビタミンB20.31mg
カルシウム90mg

引用元:日清ラ王タテカップ やさいタンメン塩 | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、フタの上には“香味油”と記載された調味料が別添されていました。

そして、具材には…

  • キャベツ
  • チンゲン菜
  • コーン
  • ニラ
  • 赤パプリカ

が入っています。

炒め野菜の旨味を引き立てるには欠かせない野菜の具材が豊富に取り揃えられているようです!

また、麺はご覧の通り全粒粉が目視できるほどしっかりと練り込まれていて、これによって小麦の風味がアップし、炒め野菜の旨味を利かせたスープをより一層風味豊かな仕上がりへと引き立てているものと思われます!

また、若干細めにも見えますが、ノンフライ麺ということもあって生麺らしいもっちりとした弾力のあるコシなんかも楽しめるのではないでしょうか?

調理してみた

では、熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの野菜がふっくらと仕上がり、まだ香味油を入れていない状態ですが…すでに炒め野菜の風味香る優しい味わいが表現された一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの香味油を注いでいきます!
ちなみにこの香味油は、炒め野菜の香りがより一層引き立つ透明な油となっていて、若干固まっているようにも感じられたため、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

すると…見た目は変わりませんが、炒め野菜の風味がクオリティ高く上品に香り、まさしく麺、スープ、具材など全てにおいてこだわりのある“ラ王”シリーズらしいワンランク上といった仕上がりを思わせますね!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そして、スープが全体に馴染むと…全粒粉入りの麺はスープ底に沈んだ状態となっているようで、スープ表面に浮かぶ動物系などの旨味と思われる上質な油分が炒め野菜の旨味を風味良く引き立てているようにも見えますね!

そして、何と言っても今回の一杯は塩ベースのスープということもあって旨味がぼやけることなく鮮明に楽しむことができる仕上がりはもちろん、全粒粉を練り込んだ麺から香る小麦の風味も後押しすることによって風味が非常に良いですね!これはあっさりめな仕上がり・ちょうど良いサイズ感ということもあって主婦層を中心に好評というのも納得です!

食べてみた感想

一口食べてみると…炒め野菜の旨味がしっかりと利いていますね!というのも野菜の旨味を利かせたスープに豚・鶏など動物系の旨味が厚みをプラスしているため、コク深くも風味豊かな味わいとなり、じっくりと野菜の旨味を楽しむことができます!

そして、別添された香味油によってより一層炒め野菜の風味が際立ち、全粒粉を練り込んだ麺も後押ししたことで上品な風味が表現され、タンメンらしい野菜ならではの優しい味わいにも感じられます!

さらに、この香味油による油分がしっかりと利いているため、ギトギトとまではいきませんが…本格的とも呼べるタンメンスープとなっているようですね!

麺について

麺は、ご覧の通り全粒粉入りのやや細めにも見える仕様となっていて、ノンフライ麺ということもあってもっちりとした弾力のある食感が印象的で、直接的に小麦の風味が感じられるというわけではないものの…これによってスープの風味も引き立っているものと思われます!

そんな麺にはタンメン風の炒め野菜の旨味が凝縮されたコク深い塩スープがよく絡み、一口ずつに香味油によって風味が引き立った味わい深い野菜の旨味が口一杯に広がっていき、タンメン風の香りが後味良く抜けていきます!

ただ、強いて言うなら…スープ底に短く切れた麺がけっこう多く沈んでいたため、全粒粉を練り込んだせいか…若干プツプツと切れやすい仕様でもあるようです。。

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのキャベツが入っていて、シャキシャキとした食感が心地良い仕上がりとなっていて、今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

また、こちらの赤パプリカはしなやかな食感に仕上がり、素材本来の良い意味での苦味なんかも感じられることで、炒め野菜の旨味を利かせたスープとの相性も抜群です!

そして、こちらのニラもまた素材の味がしっかりと出ているようですが、特にスープの味わいを損ねるほどのものではなく、むしろスープの味わいを引き立てるかのような美味しい具材のひとつのようです!

そして、こちらのコーンはしっかりと甘みが感じられる仕上がりとなり、赤パプリカとともに彩りのコントラストが高い見た目としての華やかさなんかも演出しているように見えます!

そんな野菜を全粒粉が練り込まれた麺と一緒に絡めて食べてみると…炒め野菜の旨味がさらに引き立ち、さらにそれぞれの野菜の食感が加わったことで、より一層優しい野菜の旨味を存分に楽しむことができるでしょう!

スープについて

スープは、炒め野菜の旨味を引き立てるかのように豚・鶏など動物系の旨味だけでなく魚介の旨味が利き、それによってあっさりめに仕上がった塩スープにもかかわらずコク・深みのある味わいが表現され、最後まで飽きることなく野菜の旨味を楽しむことができます!

これはやはり別添されていた香味油の風味・油分によるものが大きいと思われ、1食当たりの量が若干少なめではありますが、この上質な野菜の旨味によるスープは満足度も非常に高いのではないでしょうか?

…というか今回の一杯には、塩スープとは思えないほどの旨味・コクが実に様々な材料によって表現されているため、そもそも塩テイストの一杯であることを忘れてしまいますね!

それほどの炒め野菜の旨味が詰まっていて、シンプルながらもコク深く風味豊かな一杯といったところでしょうか?スーパーなど通年で取り扱いされているのも納得の仕上がりです!

このように今回の“日清ラ王タテカップ やさいタンメン塩”は、シンプル・あっさりとした塩ベースの一杯にもかかわらず、炒め野菜の旨味が鶏・豚など動物系をはじめとする様々な旨味によってコク深い味わいに仕上がっていたため、そのままでも十分楽しめるかと思いますが、お好みによって胡椒などの香辛料を追加してみても良いかもしれません!

まとめ

今回「日清ラ王タテカップ やさいタンメン塩」を食べてみて、タンメン風の炒め野菜の旨味が塩ベースのスープにしっかりと溶け込み、さらに別添された香味油がより一層風味を引き立たせる香り豊かな仕上がりとなっていました!

この一杯は塩ベースということもあって、シンプルなテイストではあるんですが、それによって旨味がストレートに楽しむことができる仕上がりは満足度も高いですね!想像以上に深みのある味わいは食べる時間を選ぶことなく最後までじっくりと楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!