日清食品

日清のとんがらし麺 うま辛トマトクリーム&チーズ味!“ロゼクリーム”をアレンジした濃厚な一杯

日清のとんがらし麺 うま辛トマトクリーム&チーズ味
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

日清のとんがらし麺 うま辛トマトクリーム&チーズ味」を食べてみました。(2024年3月11日発売・日清食品

この商品は、韓国発の人気グルメ“ロゼクリーム”の味わいを“とんがらし麺”流にアレンジしたもので、トマトのまろやかな旨味と唐辛子の辛みを利かせた濃厚なクリームスープに仕上げ、チーズの風味を付与したクセになる味わいに際立ち、そこに今までの“唐辛子練りこみ麺”にホタテとアサリの旨味をプラスした“うま辛練りこみ麺”が相性良く馴染み、まさに旨辛でやみつき感のある味わいが楽しめる一杯、“日清のとんがらし麺 うま辛トマトクリーム&チーズ味”となっております。(値段:税別153円)

ご覧の通りこのシリーズはレギュラーサイズということもあって、1食当たり67gとやや量も少なく、辛み・素材の旨味に拘った後味の良いフレーバーがこれまでも数多く発売されていますので、夜食なんかにも重宝している方も多いのではないでしょうか?

日清のとんがらし麺 うま辛トマトクリーム&チーズ味 パッケージ

また、こちらには“噂のロゼ風”、“やみつきチーズ!”と記載され、その背景には…トマトの旨味と唐辛子の辛みを利かせたコク深いクリームスープにリニューアルされた“うま辛練りこみ麺”や各種具材が盛り付けられた仕上がりイメージが掲載されていて、これを見る限り具材には…味付豚ミンチ・トマト加工品・“ねぎ”が使用されているようです!

さらに、この“日清のとんがらし麺”シリーズ最大の特徴としては唐辛子を麺に練り込んだ“唐辛子練りこみ麺”だったんですが…唐辛子に加え“ホタテとアサリの旨み”と記載されているように、魚貝類の旨味が加わった“うま辛練りこみ麺”へとリニューアルしたことによって、辛さだけでなくスープの旨味との相性なんかも考慮されているようですね!(サイズもちょうど良く、夜食にもぴったりなので個人的にも好みのシリーズです。)

ちなみに気になる辛さについては、こちらに辛さレベルが掲載されていていて、今回は5段階中の「3」ということで中辛程度の辛さが表現されているようですが、今回のフレーバーはトマトの旨味を利かせた濃厚でコク深いクリームスープなので、恐らくそこまで辛さは際立っていないように感じられます!(クリーム系のまろやかさを考慮すると4〜5くらいでも良かったような気が…)

他にも特徴として…麺は上記の通り唐辛子の他にアサリとホタテの旨味をプラスし、若干幅広で“ちぢれ”を付けた”うま辛練りこみ麺”が採用されており、韓国発の人気グルメ“ロゼクリーム”をイメージし、トマトのまろやかな旨味に唐辛子を利かせ、相性抜群なチーズの風味を付与したクセになる甘辛スープが最後までたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

今回のフレーバーには“辛さ調節パウダー”が別添されていないものの…トマトの旨味を利かせたまろやかなクリームスープにシリーズらしく唐辛子のピリッとした辛みがちょうど良いアクセントとなってメリハリをプラス、さらに新しく採用された“うま辛練りこみ麺”からも良い旨味が滲み出し、しっかりと混ぜながら味わうことによってコク深さ・旨味が際立ち、それと同時に満足度も増していく…そんなやみつき感のある最後まで飽きの来ない一杯となっていました!

ゆうき
ゆうき
では、今回は2024年3月11日に日清食品株式会社から発売された「日清のとんがらし麺 うま辛トマトクリーム&チーズ味」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日清のとんがらし麺 うま辛トマトクリーム&チーズ味

今回ご紹介するカップ麺は、2000年から発売された“日清のとんがらし麺”シリーズの新商品ということで、韓国発の人気グルメ“ロゼクリーム”の味わいをアレンジ、トマトの旨味に唐辛子の辛さをバランス良く合わせ、チーズの風味を利かせたやみつき感のある味わいに仕上げ、なんと言っても唐辛子だけでなくホタテとアサリの旨味をプラスした“うま辛練りこみ麺”が絶妙にマッチしたクセになる一杯、“日清のとんがらし麺 うま辛トマトクリーム&チーズ味”となっています。
※売っている場所:今回はセイコーマートで購入

ご覧の通りフタの方にも容器側面と同じく“とんがらし麺”のブランドロゴや商品名、唐辛子やホタテ・アサリの旨味をプラスした“うま辛練りこみ麺”といった仕上がりイメージが掲載され、赤みのある麺リフトのイメージ写真がまた食欲を掻き立てられますね。。

ちなみに…昔は“激辛アラビアータ味(2016年7月25日発売)”や“激辛ジャークチキン味(2016年1月18日発売)”といった激辛好きも納得の強烈に辛いフレーバーもあったんですが…最近は比較的落ち着いた辛さで以下のような商品展開をしている様子です!(今回は人気の“日清のとんがらし麺 うま辛海鮮チゲ”も“うま辛練りこみ麺”を採用してリニューアル発売されています!)

また、超激辛なカップ麺が好みの方はぜひこちらの記事も参考にしてみてください!

激辛カップ麺
激辛カップ麺!本当に辛くて美味しいカップ麺ランキング【随時更新】激辛カップ麺は好きですか? このブログでも、これまでに様々なカップ麺をご紹介してきましたが、今回はその中から特に“激辛”に注目して...

それでは、今回の“日清のとんがらし麺 うま辛トマトクリーム&チーズ味”がどれほどトマトの旨味に唐辛子の辛みを利かせたまろやかなクリームスープに仕上がっているのか?食欲そそるチーズ風味との兼ね合いはもちろん、なんと言っても唐辛子の他にホタテやアサリの旨味をプラスした幅広でほんのり“ちぢれ”を付けた“うま辛練りこみ麺”との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り328kcal(めん・かやく264kcal / スープ64kcal)となっております。(塩分は4.2g)

カロリーは、レギュラーサイズの中でも若干少なめなサイズということもあってかなり低めな数値のようで、塩分も同じくやや低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり67g、麺の量は50gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと64kcalとこのボリュームを考慮すると低すぎるわけでもなく、トマトのまろやかな旨味と唐辛子の辛みを利かせた濃厚なクリームスープといった韓国発の人気グルメ“ロゼクリーム”にチーズの風味を組み合わせたクセになる仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、豚脂やクリーミングパウダーをはじめ…

  • 食塩
  • 小麦粉
  • 乳等を主要原料とする食品
  • 香辛料(唐辛子、ガーリック)
  • オニオンパウダー
  • コチュジャン調味料
  • トマトパウダー
  • プロセスチーズ

といった、トマトのまろやかな旨味や唐辛子の辛さをバランス良く利かせ、相性抜群なチーズの風味を合わせたことで韓国発の人気グルメ“ロゼクリーム”をアレンジしたコク深いクリームスープに仕立て上げ、後引く辛さがクセになる甘辛な味わいを想像させる材料が並びます。
※製造工場:日清食品株式会社 下関工場(山口県)

また、麺の項目を見てみると…香辛料(唐辛子)、ほたて調味料、あさり調味料といった材料がしっかりと記載されており、濃厚なクリームスープとの相性抜群な噛むほどに美味い“うま辛練りこみ麺”が採用されていることが確認できます。

JANコード4902105280232
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、香辛料(唐辛子)、ほたて調味料、あさり調味料)、スープ(豚脂、クリーミングパウダー、糖類、食塩、でん粉、小麦粉、乳等を主要原料とする食品、香辛料(唐辛子、ガーリック)、オニオンパウダー、コチュジャン調味料、トマトパウダー、プロセスチーズ)、かやく(味付豚ミンチ、トマト加工品、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、かんすい、酸味料、炭酸Ca、香料、ベニコウジ色素、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、カロチノイド色素、香辛料抽出物、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、カラメル色素、ビタミンB2、くん液、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (67g) 当たり]
熱量328kcal
めん・かやく: 264kcal
スープ: 64kcal
たんぱく質6.3g
脂質16.1g
炭水化物39.5g
食塩相当量4.2g
めん・かやく: 2.0g
スープ: 2.2g
ビタミンB10.13mg
ビタミンB20.20mg
カルシウム76mg

引用元:日清のとんがらし麺 うま辛トマトクリーム&チーズ味 | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、今回は特に調味料などは別添されていません。

また、具材には…

  • 味付豚ミンチ
  • トマト加工品
  • ねぎ

が入っています。

さらに、麺はご覧の通りシリーズお馴染みの唐辛子だけでなくホタテやアサリの旨味をプラスした“うま辛練りこみ麺”が採用されており、ほどよい厚みと幅広な仕様となっていて、見るからに辛みをイメージさせる赤みを帯びた辺りが印象的といったところ!

調理してみた

では熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:310ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりと湯戻りしたことによって先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはほどよい弾力とコシが加わり、表面にはまだ粉末スープが溶けきっていない状態で、思ったよりコク深く濃厚な“ロゼクリーム”らしいクリームスープのようで、後引く旨味・辛さがクセになる本格的な一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…トマトの旨味や唐辛子の辛さを利かせたまろやかな味わいに際立ち、ほんのり香るチーズの風味が食欲を掻き立て、韓国発の“ロゼクリーム”をアレンジしている割にロゼカラー(ピンク色)よりも赤みが強く、コク深いクリーム感が絶妙にマッチしたことで辛さの中にもしっかりとした美味しさが表現されているようです!

また、具材に使用された味付豚ミンチやトマト加工品からも良い旨味が滲み出しているようにも感じられ、唐辛子を利かせたシリーズらしい辛さだけでなくクリーム系のまろやかなコクが旨味を際立たせ、“ロゼクリーム”ならではの味わいに刺激的なアクセントが加わり、しかもちょうど良いサイズ感とやみつき感のあるテイストですから…まさに夜食にもぴったりな一杯といったところ!

食べてみた感想

一口食べてみると…やはり“辛さレベル3”ということもあってほどよい辛さが表現されてはいるものの、激辛好きにとってはまだまだ物足りなさを感じさせる仕上がりで、まさに“美味くて辛い”をコンセプトとした“とんがらし麺”シリーズらしいほどよい辛さと旨味がバランス良く融合したクリーム系のまろやかなスープとなっています!

そしてトマトの旨味と唐辛子の辛みを利かせたコクのあるテイストにチーズの風味がほんのりと広がることで思いのほか“ロゼクリーム”らしい味わいが再現され、濃厚とは言ってもドロッとしたこってり感ではなく、万人受けするかのような甘辛なクリームスープといった印象で、ひと口ずつに感じられる満足度は一際大きいのではないでしょうか?

このように“日清のとんがらし麺”シリーズの新フレーバーは、他の激辛なフレーバーと比較して全体的に辛さがやや控えめな印象で、先ほどお伝えした強烈な辛さが表現されたフレーバーも以前はあったんですが…現在は万人受けするかのような辛さとして調節されており、まさに韓国発の人気グルメ“ロゼクリーム”をアレンジした甘辛なテイストを楽しみたい時ぴったりな仕上がりと言えます!

麺について

麺は、ご覧の通り唐辛子だけでなくホタテやアサリの旨味をプラスした“うま辛練りこみ麺”が新たに採用されており、見るからに辛そうな仕上がりとなっているんですが…実際に麺自体そこまで辛くはなく、濃厚なクリームスープとも相性良く馴染んだことで刺激的な味わいを際立たせているようです!

そんな麺には、トマトの旨味や唐辛子の辛みをバランス良く合わせた濃厚なクリームスープがよく絡み、コク深くまろやかなクリームの味わいやトマトの旨味などが口いっぱいに広がっていき、ほんのり香るチーズの風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚ミンチが入っていて、やや小ぶりではありますが…使用されている数に関して申し分なく、じっくりと味わってみると、ほどよく味付けが施された肉の旨味がじゅわっと滲み出す仕上がりとなっていたため、まずはスープとよく馴染ませながら食べ進め、後ほど新たに採用された“うま辛練り込み麺”と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらのトマト加工品はイメージ通りトマトの旨味がしっかりと感じられるものの、具材として…というよりもしっかりと混ぜて旨味としてスープに溶け込ませた方が美味しくいただけるのではないでしょうか?(よく混ぜると自然と溶け込みます。)

他にもこちらの“ねぎ”が入っていて、割と小さくカットされていたため、シャキシャキとまではいきませんが、ちょうど良い薬味となったことで今回の甘辛なクリームスープを美味しく引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

スープについて

スープは、韓国発の人気グルメ“ロゼクリーム”をアレンジ、トマトの旨味と唐辛子の辛みを利かせたまろやかなクリームスープに仕上げ、相性抜群なチーズの風味を付与したことで甘辛な味わいが際立ち、そこに唐辛子の他にホタテやアサリの旨味をプラスした“うま辛練りこみ麺”が絶妙にマッチしたことによって後引く辛みが心地良い旨味溢れる仕上がりとなっています!

また、ベースはトマトの旨味を利かせたクリーム系のスープということもあって臭みや脂っこさなどは一切なく、あくまでまろやかな甘みと辛みをバランス良く融合し、食欲そそるチーズの風味が印象的で、“とんがらし麺”シリーズの中だと割と珍しいフレーバーなんですが、前回の“甘辛チーズヤンニョムチキン味”など最近は韓国グルメに着目しているような印象です!

ちなみに気になる辛さの強さに関しては、粒子の細かい唐辛子がクリームスープに溶け込んでいるんですが、辛さレベル「3」というだけあってそこまで強い辛さではなく…やはり美味しさと辛みをバランス良く合わせた“日清のとんがらし麺”シリーズらしく旨味やクリーム系のまろやかさによって“ロゼクリーム”のコク深い味わいがしっかりと感じられ、まさに辛さの中にも旨味が利いたクセになる一杯と言えるのではないでしょうか?

まとめ

今回「日清のとんがらし麺 うま辛トマトクリーム&チーズ味」を食べてみて、韓国発の人気グルメ“ロゼクリーム”をアレンジした一杯には…トマトのまろやかな旨味に唐辛子の辛みを利かせたクリームスープに仕上げ、さらにチーズの風味を付与したことで甘辛くクセになる味わいが臨場感高く際立ち、そこに具材に使用された味付豚ミンチやトマト加工品からも良い旨味が滲み出したことによってやみつき感のあるシリーズらしい旨辛な味わいとなっていました!

そして今回からは唐辛子だけでなくホタテやアサリの旨味をプラスした“うま辛練りこみ麺”が徐々に旨味・辛みを際立たせ、ほどよい辛さの中にも旨味が感じられるテイストで、超激辛というほどではないものの…後引く辛さと旨味が満足度高く楽しむことができ、サイズも若干少なめでリーズナブルなフレーバーですので、ある程度買い溜めしている方も多いのではないでしょうか?

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

著者プロフィール
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな私「ゆうき」が運営しているブログです。新発売のカップ麺やおすすめラーメン店の実食レビュー記事をメインに更新しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です