焼そばU.F.O.

日清焼そばU.F.O. お好み焼味焼そば!こってりとしたソースに“コク旨マヨ”が絡む濃厚な一杯

日清焼そばU.F.O. お好み焼味焼そば

日清焼そばU.F.O. お好み焼味焼そば」を食べてみました。(2021年7月5日発売・日清食品)

この商品は、箸が止まらない!ガッツリとした“濃い&旨い”汁なしタイプの“日清夏めんトリオ”ということで、まさに暑い夏でも食べやすい汁なしタイプのフレーバー3種が同時発売されたうちのひとつ、お馴染み“日清焼そばU.F.O.”シリーズの“お好み焼き”をテーマに甘味のあるこってりとしたソースに別添されている“コク旨マヨ”を加えることによって濃厚な味わいが楽しめる一杯が登場です!

それも…“お好み焼き”ならではの甘味のあるこってりとした味わいに別添されている“コク旨マヨ”を加えることによって卵黄のコクが際立ち、さらに“ふりかけ”に含まれる鰹節粉末や青のり、紅生姜によって風味豊かな磯の香りやほどよいアクセントなどがうまく調和され、王道とも言えるテイストによって間違いない美味しさを“焼そば”に再現した一杯、“日清焼そばU.F.O. お好み焼味焼そば”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通り、パッケージには自宅でスポーツ観戦や音楽ライブ配信を楽しむ機会が増えるこの季節に盛り上がって楽しめるフェスをイメージし、まさに今回のトリオシリーズに相応しいパワフルで賑やかな感じが伝わってくるデザインとなっています!

一方こちらには…“アツい夏に食べたい!夏めん”と記載されているように、今回のテーマは“ガッツリとした濃い&旨い味わい”といった…暑い日でも食べやすい汁なしタイプのガッツリメニューということで、暑い日に熱々のスープでいただくよりも場合によっては汁なしの方がありがたいですからね!甘味のあるこってりとした仕上がりには期待したいところ!

ちなみに今回の容器は“焼そばU.F.O.”シリーズお馴染みの円盤型で、湯切りした後に別添されている液体ソースや“コク旨マヨ”を加えることによってコク深く濃厚なガッツリ系の味を楽しむ“お好み焼味焼そば”といった間違いない美味しさに期待できそうなフレーバーです!

また、こちらには…“お好み焼き”らしい甘味のあるこってりとした濃厚なソースがシリーズならではのコシの強い中太ストレート麺にしっかりと絡み、“お好み焼き”らしさを強調させる“コク旨マヨ”や青のり・紅生姜などの“ふりかけ”が添えられた仕上がりイメージが掲載されており、これを見る限り具材には…シンプルにキャベツのみが使用されているようで、“ふりかけ”の方には鰹節粉末や青のり、紅生姜が含まれています!…というか、甘味のある濃厚なソースにピリッとした紅生姜のアクセントを加えた濃厚なお好み焼味といったテイストはかなり幅広い層に好まれる味わいとも言え、まさに夏の暑い日にもさっぱりと食べられそうな一杯に間違いありません!

また、今回登場した“日清夏めんトリオ”は以下の3種類のフレーバーが同時発売されているように…実は毎年何らかのテーマを元にトリオとして登場し、昨年は“日清 じゃぱん♥ぬーどるずトリオ”として“カップヌードル 抹茶 抹茶仕立ての鶏白湯(2020年7月6日発売)”がシリーズの変わり種として大変話題となったことを覚えています!

他にも特徴として…麺はシリーズらしい歯切れの良い強いコシを表現した中太ストレート麺が採用されており、それによって“お好み焼き”をイメージした甘味のある濃厚なソースにコク深くまろやかなマヨネーズやトッピングとして欠かせない鰹節粉末や青のり、紅生姜がちょうど良いメリハリとなったことで風味豊かな臨場感溢れる美味しさが最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

“お好み焼き”ならではの甘味や酸味、クセになる濃厚な味わいがストレートに美味しく再現されており、そこに別添されている“コク旨マヨ”を加えることによってコク深くまろやかな旨味が全体をバランス良く調和したことで濃厚感を演出、さらに鰹節粉末や青のり、紅生姜といった“お好み焼き”には欠かせない各種トッピングが絶妙なアクセントとなってメリハリをプラスし、想像以上にやみつき感のある“お好み焼き”らしい味わいが楽しめる最後まで全く飽きの来ない汁なしガッツリメニューに相応しい仕上がりとなっていました!
これは特に、“お好み焼き”が好みの方はもちろん、甘味のある濃厚なソースに“コク旨マヨ”や風味豊かな青のり、紅生姜を加えたこってりとしたテイストをじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は暑い日でも食べやすい濃くて旨い汁なしタイプの3商品として登場した“日清夏めんトリオ”のひとつ、“焼そばU.F.O.”としては非常に王道とも言えるフレーバーで、甘味のある濃厚なソースに“コク旨マヨ”や“ふりかけ”に含まれる鰹節粉末や青のり、紅生姜が絶妙にマッチした旨味溢れるガッツリメニューの一杯、「日清焼そばU.F.O. お好み焼味焼そば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日清焼そばU.F.O. お好み焼味焼そば

今回ご紹介するカップ麺は、暑い日にも食べやすい汁なしタイプの“ガッツリとした濃い&旨い味わい”をテーマに登場した“日清夏めんトリオ”3商品のひとつで、お馴染み“焼そばU.F.O.”シリーズの新商品でもあり、人気の“お好み焼き”をイメージさせる甘味のある濃厚なソースに別添された“コク旨マヨ”や“ふりかけ”に含まれる各種トッピングを合わせることによってやみつき感のある味わいがたっぷりと楽しめる間違いない美味しさを再現し、シリーズお馴染みの中太ストレート麺と相性良くマッチした食べ応えのある一杯、“日清焼そばU.F.O. お好み焼味焼そば”となっています。

日清焼そばU.F.O. お好み焼味焼そば パッケージ

ちなみにこの“日清焼そばU.F.O.”は、1976年から発売されている“カップ焼そば”カテゴリーでNo.1の売上を誇るロングセラーブランドです!
※インテージSRIカップインスタント麺市場 焼そばカテゴリー 2020年1月〜12月、累計販売金額(全国、全業態)

ご覧の通り今回のフレーバーは誰もが好む“お好み焼き”を味わいを“カップ焼そば”に再現したもので、少し想像しただけでもかなりの美味しさが楽しめることに間違いありません!

ちなみに今回は“日清夏めんトリオ”ということで、他にも豚の旨味がやみつきになる旨辛ソースが特長的な“カップヌードル 旨辛カルビ味焼そば”や、牛の旨味を利かせたスパイシーなカレーソースに仕上げた“日清の汁なしどん兵衛 スパイシーカレー焼うどん”も同時発売されています!

しかも今回は夏らしくガツンとしたテイストを食べやすい汁なしタイプで味わう3種類ですから、それぞれひと味違った濃くて旨いガッツリとした味わいが楽しめるのはもちろん…まさに暑い日に熱々のスープでいただくよりも場合によっては汁なしの方がありがたいですからね!その仕上がりには期待したいところ!(また、昨年は3年振りに“日清 じゃぱん♥ぬーどるずトリオ”が発売されたように、数年後に同じトリオがリニューアルされて登場するのかもしれませんね。)

それでは、今回の“日清焼そばU.F.O. お好み焼味焼そば”がどれほど甘味のある“お好み焼き”ならではの濃厚なソースに仕上がっているのか?別添されている“コク旨マヨ”や“ふりかけ”に含まれる鰹節粉末や青のり、紅生姜との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもシリーズらしいコシのある中太ストレート麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り542kcalとなっております。(塩分は5.3g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)・濃厚な“お好み焼き”らしくコク深いテイストながらもそこまで高い数値ではないようで、塩分も同じく平均的といったところでしょうか?
ちなみに1食当たり120g、麺の量は90gとのこと。

また、カロリーや塩分の数値を見てみると…“お好み焼き”ならではの濃厚なソースと相性抜群な“コク旨マヨ”による濃厚感、そして“ふりかけ”に含まれる鰹節粉末や青のり、紅生姜など様々な材料をうまく活かした“濃くて旨いガッツリメニュー”というのも納得の仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、マヨネーズやウスターソースをはじめ…

  • 豚脂
  • 食塩
  • 中濃ソース
  • トマトケチャップ
  • しょうゆ
  • 粉末ソース
  • 香辛料
  • 醸造酢
  • 香味油

といった、“お好み焼き”ならではのほんのり酸味のある濃厚なソースに動物系の旨味や香辛料などを利かせ、そこに複数のソースを使用したことによって繊細かつ濃厚な味わいを想像させる材料がシンプルに並びます。

また、麺の項目を見てみると…食塩や“しょうゆ”、香辛料などが使用され、ほどよく味付けが施され、今回もまたシリーズらしい中太ストレートでコシのある食感が楽しめそうです!

JANコード4902105268759
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ、香辛料)、ソース(マヨネーズ、糖類、ウスターソース、豚脂、食塩、中濃ソース、トマトケチャップ、しょうゆ、粉末ソース、香辛料、醸造酢、香味油、酵母エキス)、かやく(キャベツ)、ふりかけ(紅しょうが、かつおぶし粉末、あおさ)/加工でん粉、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、かんすい、香料、酸味料、増粘剤(キサンタンガム)、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、炭酸Mg、ビタミンB2、ビタミンB1、チャ抽出物、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・豚肉・りんごを含む)

栄養成分表示 [1食 (120g) 当たり]
熱量542kcal
たんぱく質7.7g
脂質24.5g
炭水化物72.6g
食塩相当量5.3g
ビタミンB10.40mg
ビタミンB20.57mg
カルシウム152mg

引用元:日清焼そばU.F.O. お好み焼味焼そば | 日清食品グループ

開封してみた

まず外装フィルムを剥がしてみると…ご覧の通り“ふりかけ”がフタの上に別添されており、恐らく風味などの関係によって中身に入っている各種調味料などと別で同梱されているものと思われます!

そしてフタを開けてみると、ご覧の通り液体ソース、コク旨マヨといった2つの調味料が入っていて、今回は計3パック仕様となっています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特に液体ソースは“お好み焼き”の味わいをイメージさせる若干どろっとした状態でしたので、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!
※“コク旨マヨ”は温めてはいけません。

また、麺はご覧の通り“焼そばU.F.O.”シリーズならではの中太・ストレート仕様(油揚げ麺)となっていて、この密度感のある歯切れの良い強いコシが特徴的で食感も良いんですよね!それが今回“お好み焼き”をイメージした濃厚な焼そばソースと絡みますから…相性の良さなんかも気になるところ。。

そんな中太麺の裏側には、今回唯一使用されているキャベツがすでに入っています。

調理してみた

では熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:460ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの麺に歯切れの良い強いコシや弾力が加わり、すすり心地の良さとシリーズらしい食感が濃厚な味わいや食欲そそる風味を利かせた汁なしのガッツリメニューとして楽しめる濃くて旨い一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体ソースを加えていきます!
すると…かなりドロッとした状態となっていて、見るからに“お好み焼き”ならではの美味しさが詰まった濃厚な味わいをイメージさせ、動物系の旨味や数種類のソースを合わせた繊細かつ大胆な味わいに仕上がり、食欲そそる香ばしい風味が一気に広がっていきます!

そしてソースはやや多め・さらっとした状態でしたので、すぐに容器底へと沈んでいき、塩味ということもあって見た目としてはそこまでの変化はないものの…昆布の出汁を利かせた染み渡るような香りが品良く漂います!

そして、量も多く重みのある液体ソースはほんのり“とろみ”があるものの…容器底へと沈んでいき、馴染み深い“お好み焼き”ならではの香りが食欲を掻き立て、嫌いな人はいないのでは?と思うほど安定感のある味わいのようです!!これは間違いないやつ。。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
今回の一杯には原材料によると動物系の脂なんかもさり気なく使用されており、“とろみ”が付いていますが、決して粘度の高い仕様というわけでもありませんので、思ったよりもすんなりと中太ストレート麺に馴染んでいきます!

そして液体ソースが全体に馴染んだら先ほどの“コク旨マヨ”を加えていきます!!こちらは“お好み焼き”にぴったりな卵黄のコクが凝縮されており、相性抜群な旨味・濃厚感を引き立てるため、たっぷりと絞り込んで入れていきましょう!

そして最後に先ほどの“ふりかけ”を加えて完成となります!
ちなみにこちらの“ふりかけ”には…鰹節粉末・青のり・紅生姜といった“お好み焼き”には欠かせない各種トッピングが含まれており、こちらを加えることによって一気に本格感のある味わい・風味に際立っていくのがよーく伝わってきます!

こうして完成となるわけですが、やはり“お好み焼き”の味わいを再現したガッツリメニューは風味からしてすでに間違いありませんね!マヨネーズのコクや濃厚感、そして各種トッピングによるアクセントが加わったことで繊細な旨味はもちろん、こってりとした味わいが暑い日でも食べやすい汁なしで味わうことができ、この安定感のあるフレーバーはレギュラーメニューとして通年扱いされても申し分のない一杯と言えるのではないでしょうか?

また、デフォルトの焼そばソースがすでに濃厚なテイストに仕上がり、そこに旨味・コクなどを引き立てる各種調味料や香辛料などが相性良く馴染み、王道を行く“お好み焼き”ならではの美味しさがたっぷりと楽しめそうです!

食べてみた感想

一口食べてみると…豚の旨味に数種類ものソースをバランス良く合わせた濃厚なソースには、“お好み焼き”ならではのほんのりとした酸味やコク深いテイストに仕上がり、イメージ通りやみつき感のあるガッツリメニューとして風味豊かな味わいが再現されています!…これは間違いないですね!まさに“お好み焼き”を食べているかのような臨場感の高い美味しさが“カップ焼そば”として味わうことができ、別添されている“コク旨マヨ”や“ふりかけ”との相性も抜群です!!

そのため、濃厚ながらも脂っこさといった“くどさ”は一切なく、“お好み焼き”ならではのソースの酸味や“ふりかけ”に含まれる紅生姜など…ピリッとしたアクセントが心地良く、最後まで飽きの来ないガッツリメニューが“カップ焼そば”に再現され、ソースと“コク旨マヨ”・“ふりかけ”によって非常に臨場感の高い味わいが楽しめることと思われます!

しかもコシの強い中太麺はソースを吸ってパサパサとした感じになることもなく、豚脂や香味油などが使用されているせいか…ちょうど良いオイリーな濃厚感を最後まで保ち、シリーズらしい味わい・美味しさに対しても全く申し分ありません!

麺について

麺は、ご覧の通り中太ストレート仕様(油揚げ麺)となっていて、この歯切れの良い強いコシが非常に心地良く、他メーカーにはない円盤型の“焼そばU.F.O.”シリーズ独特の食感が表現されています!

そんな中太麺には…“お好み焼き”の味わいをうまく再現した濃厚な焼そばソースがよく絡み、一口ずつにソース特有の酸味やコク深い旨味などが口いっぱいに広がっていき、食欲そそる香ばしい風味が後味良く抜けていきます!…というかこれはもう間違いないですね!プレーンのソースがすでに完成されていて、そこに別添されている“コク旨マヨ”や“ふりかけ”を少しずつ馴染ませつつ食べ進めていくと味の違いなんかも楽しめることでしょう!

そして、上記の通り“コク旨マヨ”や“ふりかけ”に含まれる鰹節粉末や青のり、紅生姜を少し多めに絡めていただくと…磯の風味やピリッとしたアクセント、さらに相性抜群なコク深いマヨネーズの味わいが加わったことでやみつき感のある旨味がさらに際立ち、まさに暑い日にも食べやすい汁なしタイプのガッツリメニューがたっぷりと堪能できます!

トッピングについて

トッピングにはまず…と言ってもこちらのキャベツのみとなっているんですが、ほどよいサイズにカットされたことでシャキシャキとした食感が心地良く今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

また、他にも“ふりかけ”に含まれる鰹節粉末や青のり、紅生姜が使用されており、鰹節粉末は出汁の旨味が相性良く馴染み、“青のり”はイメージ通り磯の風味がほんのりと加えられ、さらに紅生姜は“お好み焼き”との相性も抜群ですからね!ちょうど良いアクセントが濃厚なソースを最後まで全く飽きさせません!

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通り豚脂や数種類ものソース、醸造酢などをバランス良く合わせたことで“お好み焼き”をイメージした濃厚な味わいに仕上がり、そこに別添されている“コク旨マヨ”による相性抜群なコクが加わったことでこってり感が際立ち、さらに“ふりかけ”に含まれる各種トッピングがちょうど良いアクセントとなって焼そばソースそのものを美味しく引き立てる絶妙なフレーバーとなっています!

そのため、濃厚ながらも脂っこさといった感じは一切なく、濃いめの味というのは確かなんですが、ソースならではの酸味や紅生姜のピリッとしたアクセントがちょうど良いメリハリとなって安定感のある美味しさを再現し、“お好み焼き”ならではの王道とも言える甘味のあるこってりとした味わいが最後まで飽きることなく思う存分楽しめることでしょう!

このように、今回の“日清焼そばU.F.O. お好み焼味焼そば”は、豚脂や数種類のソース、さらに醸造酢などをバランス良く合わせたことで臨場感の高い“お好み焼き”ならではの味わいを再現し、別添されている“コク旨マヨ”や“ふりかけ”に含まれる鰹節粉末や青のり、紅生姜といった相性抜群なトッピングによってメリハリのあるテイストに際立ち、甘味のあるこってりとしたソースにも関わらず最後まで飽きの来ないテイストに仕上げ、まさに暑い日にも食べやすい汁なしの“濃くて旨いガッツリメニュー”となっていたため、お好みによっては紅生姜を別途追加して本格感をより際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「日清焼そばU.F.O. お好み焼味焼そば」を食べてみて、商品名にある通り“ソース焼そば”と相性抜群な“お好み焼き”をイメージした濃厚・こってり感のあるソースには、想像以上に繊細かつ濃厚な味わいに仕上がり、別添されている“コク旨マヨ”や“ふりかけ”に含まれる“お好み焼き”には欠かせない各種トッピングによって想像以上に臨場感の高い旨味溢れる満足度の高い一杯となっていました!

そしてなんと言っても今回は“お好み焼き”といった誰もが好む人気の味わいを再現したフレーバーということもあって、期待を裏切らない香ばしい風味が食欲そそる濃厚な仕上がりとなっていたため、間違いない味わいとしてかなり好評な一品と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!