焼そばU.F.O.

日清焼そばU.F.O. 濃い濃い魚介豚骨醤油まぜそば!魚粉の旨味×豚骨醤油ダレが極太麺に絡む濃厚な一杯

日清焼そばU.F.O. 濃い濃い魚介豚骨醤油まぜそば

日清焼そばU.F.O. 濃い濃い魚介豚骨醤油まぜそば」を食べてみました。(2022年5月2日発売・日清食品)

この商品は、大人気の“まぜそばU.F.O.”に“濃い濃いニューフェイス”が登場ということで、醤油をベースに染み渡る魚粉の旨味と豚骨のコクを加えた濃厚なタレに仕立て上げ、シリーズとしては大変珍しい食べ応えのある“極太ウェーブ麺”に絡むことで食欲をガツンと満たす風味豊かで濃厚な一杯です!

それも…豚骨のコクを加えた醤油ダレに噛み応えのある“極太ウェーブ麺”が絡み、仕上げにふりかける“魚粉ふりかけ”によって魚介の風味が一気に広がっていき、濃厚ながらも後味の良さが心地良く、間違いない美味しさを“焼そば”に再現した食べ応えのある一杯、“日清焼そばU.F.O. 濃い濃い魚介豚骨醤油まぜそば”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通りこちらには…“濃い濃い魚介豚骨醤油まぜそば”といった商品名が記載されているように文字通り最近特に人気が高い醤油ベースの魚介豚骨が“日清焼そばU.F.O.”シリーズからも登場ということで、麺も円盤型のフレーバーとしては初でしょうか?噛み応えのある“極太ウェーブ麺”が採用されており、メリハリのある濃厚な味わいがたっぷりと楽しむことができ、魚粉の荒々しさやほどよい塩気がちょうど良いアクセントとなり、当然脂っこさといった感じもありませんから…幅広い層に好まれるフレーバーであることに間違いなさそうです!

一方こちらには…“極太麺&魚粉×濃厚ダレがたまらない!!”と記載されているように、この醤油ベースの魚介豚骨は、ほどよい豚骨臭が香るコク深い味わいに別添されている“魚粉ふりかけ”を仕上げに加えることで相性抜群な魚介豚骨の旨味を互いに際立たせ、食欲そそる風味と噛み応えのある“極太ウェーブ麺”とともに食欲をガツンと満たしてくれるやみつき感のあるフレーバーとなっています!

さらにこちらには…醤油ベースに豚骨のコクをしっかりと利かせた濃いめのタレに魚粉が添えられた“極太ウェーブ麺”のリフト写真が掲載されていて、これを見る限り具材には…キャベツのみとなっているようで、“ふりかけ”の方には節系の魚粉がたっぷりと含まれており、これらをしっかりと全体に混ぜ合わせていただくとこでガツンとした味わいが楽しめる濃厚なテイストは間違いなく、まさに嫌いな人がいないのでは?と思うほど万人受けする一杯と言えるでしょう!

他にも特徴として…麺は円盤型のシリーズとしては非常に珍しいもっちりとした弾力と強いコシを併せ持ち、さらにほどよく“ちぢれ”を加えた噛み応えのある“極太ウェーブ麺”が採用されており、醤油ベースに豚骨のコクやじんわりと染み渡る魚粉の旨味・風味をバランス良く合わせた濃厚な醤油ダレがしっかりと絡むことでコシの強い極太麺にも負けじと濃いめの味わいが最後まで飽きることなく楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

全体的に魚粉ならではの染み渡る旨味や風味が強調されているんですが、実際にはコク深い豚骨の旨味が下支えしたことで物足りなさといった感じは一切なく、荒々しくもじんわりと染み渡るかのような美味しさがバランス良く融合され、濃いめのタレが密度感の高い“極太ウェーブ麺”にしっかりと絡み、使用されている具材はキャベツのみではありますが、十分に魚介豚骨の美味しさが楽しめるシリーズらしいインパクト抜群な一杯となっていました!
これは特に、魚介豚骨といったテイストが好みの方はもちろん、醤油ベースに豚骨のコクをバランス良く利かせ、仕上げに“魚粉ふりかけ”を加えることによってメリハリのある旨味が際立ち、噛み応えのある“極太ウェーブ麺”とともにクセになる味わいをボリューム感たっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は醤油ベースに豚骨のコクを加え、仕上げに“魚粉ふりかけ”を加えることによって濃厚な魚介豚骨ならではの味わいがたっぷりと楽しむことができ、“日清焼そばU.F.O.”シリーズの円盤型としては珍しい噛み応えのある“極太ウェーブ麺”とともに染み渡るかのような美味しさがガツンと食欲を満たしてくれる一杯、「日清焼そばU.F.O. 濃い濃い魚介豚骨醤油まぜそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日清焼そばU.F.O. 濃い濃い魚介豚骨醤油まぜそば

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“焼そばU.F.O.”シリーズの新商品ということで、醤油うベースに豚骨の旨味・コクをバランス良く合わせた濃厚なタレに魚粉をたっぷりと加えたことで大変人気のテイストである魚介豚骨の味わいを“まぜそば”として再現、荒々しくも感じられる魚粉の旨味が豚骨によって引き立てられ、噛み応えのある“極太ウェーブ麺”と相性良く馴染み、レギュラーサイズにも関わらず食欲をガツンと満たす食べ応えのある一杯、“日清焼そばU.F.O. 濃い濃い魚介豚骨醤油まぜそば”となっています。

ご覧の通り今回の“日清焼そばU.F.O.”シリーズの新フレーバーは…お馴染みレギュラーサイズの円盤型ということで、間違いない魚介豚骨の旨味を凝縮した濃厚な味わいがたっぷりと堪能でき、“濃い濃い”というだけあって濃い目のテイストによって幅広い層に好まれる美味しさに期待したいところ。。

日清焼そばU.F.O. 濃い濃い魚介豚骨醤油まぜそば パッケージ

ちなみにこの“日清焼そばU.F.O.”は、1976年から発売されている“カップ焼そば”カテゴリーでNo.1の売上を誇るロングセラーブランドです!
※インテージSRIカップインスタント麺市場 焼そばカテゴリー 2021年1月〜12月、累計販売金額(全国、全業態)

また、この“日清焼そばU.F.O.”の円盤型シリーズで言うと…最近では以下のような商品が発売されており、2021年11月中旬から割と久しぶりの新フレーバーということになります。

中でも“日清焼そばU.F.O.”の発売45周年記念として発売された…ソースに“つぶつぶオニオン&ガーリック”を加え、さらにソースを増量したことによってシリーズ史上最高に濃くて美味いという。。控え目に言って“ドロドロ”な“最極濃厚ソース”がコシの強い中太ストレート麺に絡む粘度の高い濃厚な一杯、“日清焼そばU.F.O.大盛 最極濃厚ソース”なんかも大変話題となり(その後レギュラーサイズとしてリニューアル発売)…個人的にもかなり好みのシリーズですので今回もまた安定感のある一杯に間違いないでしょう!

それでは、今回の“日清焼そばU.F.O. 濃い濃い魚介豚骨醤油まぜそば”がどれほど豚骨の旨味によってコク深い醤油ベースのタレに仕上がっているのか?仕上げに加える“魚粉ふりかけ”による魚粉の旨味をバランス良く合わせたメリハリのある旨味との兼ね合いはもちろん、なんと言っても円盤型のシリーズとしては珍しいもっちりとした弾力と強いコシを併せ持ち、ほどよく“ちぢれ”を付けた“極太ウェーブ麺”との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り482kcalとなっております。(塩分は4.9g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)・濃厚な魚介豚骨の割にレギュラーサイズということもあってやや低めの数値のようで、塩分も同じくやや低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり111g、麺の量は85gとのこと。

また、カロリーや塩分の数値を見てみると…豚骨の濃厚なコクを利かせた醤油ベースのタレにも関わらず飽きるようなこってり感は一切なく、魚粉の旨味など素材本来の美味しさを存分に活かしたシリーズらしい“濃くて旨い”納得の仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、糖類や植物油脂をはじめ…

  • しょうゆ
  • ポークエキス
  • 魚粉
  • 食塩
  • 醸造酢
  • 魚介調味油
  • かつおぶしエキス
  • 香辛料

といった、醤油ベースに豚骨の旨味・コクをバランス良く利かせ、さらに別添されている“魚粉ふりかけ”を加えることによって荒々しくも深みのある魚介豚骨ならではの美味しさが際立ち、濃厚ながらも後味すっきりとしたメリハリのある味わいが心地良く、ほどよい香辛料を加えたことで最後まで飽きの来ない味わいを想像させる材料がシンプルに並びます。

また、麺の項目を見てみると…植物油脂や食塩、“しょうゆ”や香辛料などが確認でき、今回も同じく味付けが施されているようで、噛み応えのある“極太ウェーブ麺”ながらもシリーズらしいコシのある食感が楽しめそうです!

JANコード4902105271964
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ、香辛料、大豆食物繊維)、たれ(糖類、植物油脂、しょうゆ、ポークエキス、魚粉、食塩、醸造酢、魚介調味油、かつおぶしエキス、香辛料)、かやく(キャベツ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、アラビアガム)、香料、炭酸Ca、かんすい、カラメル色素、pH調整剤、酸化防止剤(ビタミンE)、くん液、乳化剤、炭酸Mg、チャ抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・乳成分・ごま・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (111g) 当たり]
熱量482kcal
たんぱく質10.7g
脂質20.4g
炭水化物63.9g
食塩相当量4.9g
ビタミンB10.39mg
ビタミンB20.42mg
カルシウム485mg

引用元:日清焼そばU.F.O. 濃い濃い魚介豚骨醤油まぜそば | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“まぜそばのたれ”、“魚粉ふりかけ”といった2つの調味料が入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特に“まぜそばのたれ”は使用されている量も多く、醤油ベースに豚骨のコク深い旨味を凝縮させたことで若干ドロッとした状態でしたので、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

また、麺はご覧の通り“焼そばU.F.O.”シリーズの円盤型としては非常に珍しい“極太ウェーブ麺”が採用されていて、密度感のある歯切れの良い強いコシともっちりとした弾力を併せ持ち、ほどよく“ちぢれ”を付けたことによってタレとの絡みも非常に良く、醤油ベースの濃厚な魚介豚骨といった旨味溢れるフレーバーとの相性なんかも気になるところ。。

そんな“極太ウェーブ麺”の裏側には、今回具材として唯一使用されているキャベツがすでに入っています。若干少なめに見えますが…今回のフレーバーは濃厚な魚介豚骨といった豚骨のコクと魚粉の染み渡る旨味が醤油ベースのタレに凝縮されているため、恐らく物足りなさといった感じはありません!

調理してみた

では熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:460ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの麺に歯切れの良い強いコシや弾力が加わり、まだ“まぜそばのたれ”を加える前の状態ではありますが…キリッとした醤油ベースに濃厚・コク深い豚骨の旨味をバランス良く利かせ、さらに別添されている“魚粉ふりかけ”を加えることによってやみつき感のある旨味が“極太ウェーブ麺”とともにたっぷりと楽しめる満足度の高い一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“まぜそばのたれ”を加えていきます!
すると…豚骨の旨味を凝縮した濃厚な醤油ダレが出てくるわけですが、非常にドロッとしたペースト状となっていたため、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

ただ、これを見る限り特に脂っこさだけが際立っているわけではなく、旨味としてコク深さ・濃厚感をプラスしているようにも感じられ、豚骨ならではの特徴的な臭みがほんのりと香り立ち、個人的にはこれくらい良い意味での臭みがあった方が好みですので、恐らく後ほど加える“魚粉ふりかけ”とバランス良く調和し、やみつき感のある魚介豚骨がたっぷりと楽しめるものと思われます!

そしてタレはやや多め・若干ドロッとした状態でしたので、容器底に沈むことなく表面に留まり、やはり風味としては豚骨ならではの香りが印象的で、他にも醤油感の強い味の濃さ・こってりとした濃厚感がバランス良くマッチし、仕上げに加える“魚粉ふりかけ”によって濃厚ながらもメリハリの利いた最後まで飽きの来ない味わいがたっぷりと楽しめそうです!これは恐らく間違いないテイスト!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通り若干ドロッとしたペースト状のタレでしたが、決して粘度の高い仕様というわけでもありませんので、思ったよりもすんなりと“極太ウェーブ麺”に馴染んでいきます!…というか混ぜている途中からも豚骨ならではの良い香りが漂い、食欲を掻き立てていきます。。

そして“まぜそばのたれ”が全体に馴染んだら最後に先ほどの“魚粉ふりかけ”を加えて完成となります!ちなみにこちらの“ふりかけ”には鰹節はもちろん、他にも複数の魚介系の節・粉末が使用されているようで、これはこれで魚粉ならではの食欲そそる風味が一気に広がっていき、旨味溢れる濃厚なテイストであることがよーく伝わってきます!

これは間違いないですね!魚介豚骨で超有名なラーメン店の味わいを汁なしでカップ麺に再現した商品も数多く存在しますが、全く引けを取らないほど臨場感が高く、場合によっては唐辛子などの香辛料をちょい足ししても良いかもしれませんね!

こうして完成となるわけですが、やはり魚粉の食欲そそる良い香りによって若干クセのある豚骨臭はバランス良く調和され、ベースがキリッとした醤油なので濃厚ながらも後味の良さが魚粉とともに際立ち、魚介×豚骨による繊細な旨味はもちろん、食欲そそる“魚粉ふりかけ”が加わったことで荒々しい旨味がたまらなく…通年扱いされてもおかしくないクオリティの高い一杯と言えるのではないでしょうか?

また、今回は“まぜそば”ということで、お好みの具材や各種香辛料・調味料を加えて思い切り混ぜて楽しむといった醍醐味もありますから、デフォルトでも十分濃厚な味わいが楽しめるかと思いますが、別途追加したいトッピングなどがあれば予め用意しておくと良いでしょう!(チャーシューやメンマ、卵黄辺りは王道ですね!間違いなく合うと思います。)

食べてみた感想

一口食べてみると…まずはじめに魚粉の旨味がガツンと感じられるんですが、やはり醤油ベースに豚骨の旨味をしっかりと利かせたコク深さが全体の美味しさを引き立て、濃厚ながらも脂っこさといった“くどさ”は一切なく、魚粉×豚骨による間違いないテイストがストレートに楽しめるクオリティの高い仕上がりとなっていて、なんと言っても“魚粉ふりかけ”から香り立つ食欲そそる風味がたまらなく…デフォルトでも十二分に魚介豚骨ならではの味わいがたっぷりと堪能できるかと思われます!

そのため、豚骨の旨味・コク、そして魚粉の美味しさを存分に活かしたことで全体的な旨味は非常に強く、繊細かつ味わい深い“魚介豚骨まぜそば”に仕上がっており、商品名が“濃い濃い〜”というだけあって、ちょうど良い“つまみ”にもなりそうな塩気・魚粉の旨味がたまらなく…なんと言っても噛み応えのある“極太ウェーブ麺”の食感が良いですね!濃厚なテイストにも負けじと噛み応えのある強いコシは今回のフレーバーにもぴったりです!

また、醤油ベースに豚骨のコクと魚粉の旨味をバランス良く合わせた濃厚な“まぜそば”にはさりげなくペッパー系の香辛料が使用されたことでキリッとした口当たりが引き立てられ、辛いというよりもちょうど良いアクセントとしてメリハリのある味わいを表現、それによってコク深く濃厚なテイストでありながらも最後まで全く飽きが来ません!やはりこれは間違いないですね!

しかもコシの強い“極太ウェーブ麺”は豚骨の旨味・脂を合わせたことで別添されている“魚粉ふりかけ”を加えても最後までパサ付いた感じになることもなく、ちょうど良いオイリーな濃厚感を保ち、シリーズらしい濃いめのタレに関しても全く申し分ありません!

麺について

麺は、ご覧の通り“日清焼きそばU.F.O.”の円盤型シリーズとしては非常に珍しい“極太ウェーブ麺”が採用されており、もっちりとした弾力と強いコシを併せ持ち、ほどよく“ちぢれ”を付けたことで今回の濃厚なタレにも負けじと力強い噛み応えがあり、フライ麺ながらも臨場感の高い仕上がりとなっています!

そんな麺には…醤油をベースにほどよい豚骨臭が香る旨味やコク、そして魚粉の旨味などがバランス良く融合した濃厚なタレがよく絡み、一口ずつにじんわりと染み渡る魚粉の旨味や濃厚感を引き立てる豚骨のコクなどが口いっぱいに広がっていき、食欲そそる荒々しい魚粉の風味やほどよい豚骨臭などが後味良く抜けていきます!…というかこれはもう間違いないですね!“まぜそばのたれ”を絡めた麺だけでも十分すぎるほどの美味しさが楽しめるんですが…全体をしっかりと混ぜ合わせることによる魚粉の旨味・風味がたまりません!

トッピングについて

トッピングにはまず…といってもこちらのキャベツのみとなっているんですが、ほどよいサイズでシャキシャキとまではいかないものの、ほどよい食感を残した仕上がり具合となっていて、今回の一杯に彩りの良さとしてのアクセントがプラスされているようです!

そして具材というわけではありませんが…こちらの“魚介ふりかけ”に含まれる鰹節などの粉末が異常なほど美味しく、これら魚粉を醤油ベースのタレ・麺にしっかりと馴染ませていただくと、コク深い豚骨と絶妙にマッチしたことで強烈に旨味が増し、じんわりと染み渡るかのような魚粉の旨味を豚骨がコク深く引き立て、これぞ魚介豚骨といった王道とも言える濃厚な味わいがたっぷりと堪能できることと思われます!

タレについて

タレは、先ほどもお伝えした通り醤油をベースにコク深い豚骨の旨味をバランス良く合わせ、仕上げに加えた“魚粉ふりかけ”をしっかりと混ぜ合わせることによって魚粉×豚骨といった非常に相性の良い組み合わせが濃厚感・繊細さを際立たせ、染み渡る旨味とコク深い味わいが心地良く、ほどよく利かせた香辛料がちょうど良いメリハリをプラスし、商品名の“濃い濃い魚介豚骨醤油まぜそば”といったイメージに相応しいやみつき感があり、キレとコクのある濃いめのタレが口いっぱいに広がっていき、最後まで全く飽きが来ません!

そのため、後味さっぱりとした染み渡る魚粉の美味しさが印象的なんですが、豚骨の旨味・コクを利かせた醤油ベースのタレによって濃厚感もあり、全体のバランスは非常に良く、それに合わせた噛み応えのある“極太ウェーブ麺”を採用したことが何より大正解ですね!濃厚感と噛み応えの力強さが絶妙で、決して“くどさ”といった感じも一切ありませんから…男女問わずかなり幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?レギュラーサイズというボリューム感もちょうど良いですしね!

このように、今回の“日清焼そばU.F.O. 濃い濃い魚介豚骨醤油まぜそば”は、“焼そば”ではなく“まぜそば”として醤油をベースに魚粉の旨味や豚骨のコクをバランス良く合わせたことで濃厚な魚介豚骨ならではの味わいをじっくりと楽しむことができ、円盤型のシリーズとしては非常に珍しいもっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備えた“極太ウェーブ麺”が採用されたことによって濃厚なフレーバーとの相性も非常に良く、レギュラーサイズでありながらも食欲をガツンと満たす食べ応え抜群な一杯となっていたため、お好みによっては相性抜群な唐辛子や“おろしにんにく”辺りをちょい足ししてみても良いでしょう!(デフォルトでも十分過ぎるほどの美味しさが楽しめるかと思いますが…)

まとめ

今回「日清焼そばU.F.O. 濃い濃い魚介豚骨醤油まぜそば」を食べてみて、大人気の“まぜそばU.F.O.”に“濃い濃いニューフェイス”が登場!ということで醤油をベースに魚粉の旨味や豚骨のコクをバランス良く合わせたことによって魚介×豚骨といった昨今大変人気を博すフレーバーを“まぜそば”に表現、濃厚ながらも塩気や香辛料、そして仕上げに加える“魚粉ふりかけ”によって後味さっぱりとしたメリハリのある美味しさがたまらなく、コク深くも脂っこさのない豚骨の旨味が絶妙にマッチしたことでシリーズらしい濃い目のタレに仕上がり、噛み応えのある“極太ウェーブ麺”にも負けじと存在感のある味わいが楽しめる最後まで飽きの来ない満足度の高い一杯となっていました!

やはりこの“日清焼そばU.F.O.”シリーズは濃くて美味いですね!特に今回は濃厚な魚介豚骨を“まぜそば”として表現したことで、後味さっぱりとしていながらも豚骨の旨味・脂がコク深く濃厚なテイストとして際立たせていたため、物足りなさといった感じも一切なく、噛み応えのある“極太ウェーブ麺”とともに期待を裏切らない美味しさがたっぷりと楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!