カップ麺

6種の野菜を使用旨辛味噌!後引く辛さがクセになる旨辛スープにFD仕様の野菜を加えたコク深い一杯

6種の野菜を使用旨辛味噌

6種の野菜を使用旨辛味噌」を食べてみました。(2022年6月14日発売・東洋水産/ファミリーマート限定・数量限定)

この商品は、ファミリーマートと東洋水産が共同開発したカップ麺であり、味噌やポークエキスをベースに食欲そそるガーリックといった香味野菜や香ばしい“ごま”を加えた後味の良い旨辛味噌スープにに仕上げ、そこにFD仕様の野菜を6種類も使用したことでヘルシー感も出しつつ…汗を誘う旨辛な味わいが楽しめるボリューム感抜群な一杯、“6種の野菜を使用旨辛味噌”となっております。(値段:税抜き184円)

ご覧の通りパッケージは“6種の野菜を使用”、“旨辛味噌”といった特徴や商品名が掲載されており、特に“旨辛味噌”が強調されたことでヘルシーさだけでなくピリッとした辛さが伝わってくる文言が印象的で、食欲そそるテイストを思わせる赤みのある色合いをポイントカラーにたっぷり野菜が盛り付けられた仕上がりイメージなんかも掲載されています!

これは…ポークの旨味をしっかりと利かせたコク深い旨辛スープもさることながら、たっぷりと野菜を使用したことによって食感も非常に良く、健康面にも配慮された“旨辛味噌”に期待できそうです!(今回はどこにも東洋水産のロゴが記載されていないため、ファミリーマートのPB“ファミマル”の商品となっています。)

6種の野菜を使用旨辛味噌 パッケージ

このように今回の“6種の野菜を使用旨辛味噌”は…味噌や臭みのないポークエキスをベースにしたコク深いスープに野菜の旨味や唐辛子、さらに具材に野菜をたっぷりと加えた旨辛味噌スープに仕立て上げたことで単純にヘルシーさを強調しているわけではなく、喉越しの良いクセになるスープなんかも楽しめるボリューム感抜群な一杯のようですね!

しかも使用されている具材は凍結・真空・乾燥によるフリーズドライ(FD)仕様となっていて、もちろん野菜を加えた際の変な水っぽさなども一切なく、シャキシャキ感が保たれた状態の食感が楽しむことができ、まさに商品名にもある通りこの一杯でたっぷりの野菜が摂取できる画期的な商品となっています。

また、こちらには…ポークエキスをしっかりと利かせた上にコクのある味噌や唐辛子の辛さをバランス良く合わせた旨辛スープにたっぷりと野菜が盛り付けられた仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…キャベツ・玉ねぎ・小松菜・ねぎ・ニラ・人参が使用されているようです!

ちなみにこのイメージ写真を見ると“旨辛”というだけあって赤みのある濃厚な旨辛味噌スープに仕上がり、コク深くピリッとした辛みの中にも野菜の旨味や甘みがたっぷりと滲み出し、物足りなさを一切感じさせない濃厚とも言える飽きの来ない味わいといったところでしょうか?まさに“1食分の野菜”シリーズを彷彿とさせるたっぷり野菜を使用しているだけありますね!

他にも特徴として…麺は角刃の中太仕様となっていて、ほどよい弾力と角刃ならではの強いコシを兼ね備え、それによってポークエキスをベースに香味野菜や唐辛子を利かせ、“ごま”で調理感のある香ばしさを引き立てた旨辛味噌スープ、そして豊富に使用されたFD仕様のシャキシャキとした食感の野菜とともに後味すっきりとしたヘルシーかつ旨辛な味わいが縦型ビッグサイズで思う存分たっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

ポークエキスをベースにコク深い味噌や唐辛子、さらに食欲そそる香味野菜をバランス良く利かせたことで、まさに旨辛な味噌スープがしっかりと楽しめるわけですが…実施にはたっぷりと使用された各種具材からも良い旨味が滲み出したことで以前ご紹介した“野菜たっぷり旨辛味噌タンメン(2020年9月29日発売)”にも近しい野菜の旨味が活かされており、旨辛で濃厚な味わいに間違いなく、歯切れの良い中太麺やたっぷりと使用されたFD仕様を含む6種類もの野菜といった素材本来の旨味が楽しめる飽きの来ない一杯となっていました!
これは特に、臭みのないポークエキスを利かせたコク深くも汗を誘う後味の良い旨辛味噌スープを豊富に使用された野菜とともにボリューム感たっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はファミリーマート・数量限定で発売されたポークの旨味をベースにたっぷり野菜からの旨味が滲み出すキレの良い口当たりとピリッとした辛さが印象的な満足度の高い一杯、「6種の野菜を使用旨辛味噌」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

6種の野菜を使用旨辛味噌

今回ご紹介するカップ麺は、ファミリーマートのPB“ファミマル”から限定発売された商品で、その名の通り6種類もの野菜が摂取できてしまうヘルシーなテイストで、ポークの旨味にガーリックや唐辛子をしっかりと利かせた旨辛味噌スープに野菜の旨味が滲み出し、コク深くまろやかな味わいを表現、さらに6種類ものたっぷり野菜が使用されたシャキシャキ食感が楽しめるボリューム感抜群な一杯、“6種の野菜を使用旨辛味噌”となっています。
※売っている場所:今回はファミリーマートで購入

ご覧の通り、フタの上に別添されている調味料を剥がしてみると…こちらには容器側面とは異なり赤を基調に“6種の野菜を使用”、“旨辛味噌”といった商品名などがシンプルに掲載されていて、豊富な野菜がこれひとつでしっかりと摂取できることをイメージさせますね!

そして今回の一杯は1食当たり105g・麺量70gとレギュラーサイズのカップ麺と比べて若干ボリュームもあり、たっぷりと使用された6種類もの野菜によってしっかりとした食べ応えなんかも楽しめるのではないでしょうか?

また、個人的に気になったのが…この商品はファミリーマートのPBカップ麺であり、これまでは以下のように“1食分の野菜”シリーズとして東洋水産のロゴも入った“留型(とめがた)”と呼ばれる商品として発売されていたんですが、今回はどこにも東洋水産のロゴは記載されていないため、完全なファミリーマートのPB商品ということになります!(税込198円ではありますが、PBカップ麺らしくもう少しリーズナブルな価格帯だと嬉しいんですけどね。。)

そのため“1食分の野菜”といった文言は敢えて使用していません。ただ、恐らく今回の1杯も1食分(1/3相当)の野菜が使用されているものと思われ、当然3食これで良いというわけでは決してなく、別途主食や主菜・副菜も摂取するべきというわけですね!

それでは、今回の“6種の野菜を使用旨辛味噌”がどれほどポークの旨味をベースにガーリックや唐辛子を利かせたコク深く後味すっきりとした旨辛味噌スープに仕上がっているのか?FD製法によるカップ麺とは思えないほどのシャキシャキ感を実現した6種類もの色とりどりな野菜との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもほどよい弾力と強いコシを兼ね備えた角刃の中太麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り460kcal(めん・かやく337kcal / スープ123kcal)となっております。(塩分は5.3g)

カロリーは、ポークの旨味にガーリックや唐辛子をしっかりと利かせたコク深くやみつき感のあるピリッとした旨辛な仕上がりの割にやや低めな数値のようで、塩分もこのボリューム感を考慮するとやや低めな数値となっているようです。
ちなみに1食当たり105g、麺の量は70gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけで123kcalとやや高めな数値を占めていることから、やはりポークエキスをしっかりと利かせたことでコク深く濃厚な味わいに仕上がり、濃厚感をうまく調和させるかのようにガーリックや唐辛子を加えた後味の良い旨辛味噌スープを表現、物足りなさを感じさせない深みのある仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“みそ”や植物油をはじめ…

  • 豚脂
  • ポークエキス
  • 食塩
  • 香辛料
  • 香味油脂
  • すりごま
  • チキンエキス

といった、豚の旨味だけでなくチキンの旨味がコク・深みを際立たせ、キレ・後味の良さを引き立てる唐辛子の辛みが加わった野菜たっぷりのヘルシーかつ濃厚な旨辛味噌スープに仕上げ、最後まで飽きの来ないやみつき感のある味わいを想像させる材料が並びます。

また、以前ご紹介した“野菜たっぷり旨辛味噌タンメン”と比較してみると…記載されている順序は異なりますが、使用している材料は全く一緒となっていますので、やはり全体のフレーバーに改良を加えての登場のようですね!(使用されている具材までも一致しています。)

他にも販売者については東洋水産株式会社と記載されていますが、製造所はグループ会社のひとつである“株式会社酒悦”が担っているようです!

6種の野菜を使用旨辛味噌
野菜たっぷり旨辛味噌タンメン
JANコード4901990370292
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ、卵白)、添付調味料(みそ、植物油、豚脂、ポークエキス、食塩、香辛料、砂糖、香味油脂、すりごま、チキンエキス、発酵調味料、酵母エキス)、かやく(キャベツ、たまねぎ、こまつな、ねぎ、にら、にんじん、でん粉)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸カルシウム、かんすい、カラメル色素、乳化剤、パプリカ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、pH調整剤、香料、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (105g) 当たり]
熱量460kcal
たん白質9.2g
脂質22.1g
炭水化物58.2g
糖質:53.9g
食物繊維:4.3g
食塩相当量5.3g
めん・かやく: 2.1g
スープ: 3.2g
ビタミンB10.30mg
ビタミンB20.38mg
カルシウム200mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープやFD仕様の具材などがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“特製油”と記載された調味料が別添されています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、触ってみた感じだと…割とサラッとした油分のようでしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます。

また、具材として使用されているのは全てがFDブロックではないようで、他の具材と合わせて…

  • キャベツ
  • 玉ねぎ
  • 小松菜
  • ねぎ
  • ニラ
  • 人参

といった6種類もの野菜がたっぷりと入っています。

ただ、FD仕様の野菜ブロックはパックとして別添されているわけではありませんので、一部が崩れている可能性も考えられます。

さらに麺は、ご覧の通り粉末スープがたっぷりと使用されているため若干確認しにくいんですが…角刃の中太仕様となっていて、湯戻りする以前からすでに歯切れの良い強いコシをイメージさせますね!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:440ml)
そして出来上がりがこちら!

想像以上にしっかりとお湯を吸ったことで、先ほどまでの麺や豊富に使用された6種もの野菜がふっくらとした仕上がりとなり、麺に関してはたっぷり野菜で確認しにくい状態となっているんですが…ほどよいもっちりとした弾力や強いコシが加わり、想像以上にボリュームのある食べ応え抜群な一杯…といった印象の出来上がりです。(…というかFD仕様のたっぷり野菜がお湯を吸い過ぎている感じがしますね。。)

ではここに先ほどの“特製油”を加えていきます!
すると…旨辛味噌というだけあって、辛みを思わせる赤みを帯びた油分となっていて、こちらにはそこまで特徴的な風味などは感じられなかったため、ピリッとした辛みによるやみつき感をプラスする香辛料や旨味エキスなどが含まれているものと思われます!

ご覧の通りスープ表面には食欲そそる赤みのある油分が広がっていくものの…旨辛というだけあって激辛というほどではなく、あくまで食欲そそるちょうど良いアクセントとなり、ポークを利かせたコク深いスープにピリッとしたメリハリが際立っているようにも感じられ、辛いもの好きにとっては見るからに食欲をそそられますね。。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…“旨辛味噌”の文字通りスープはコク深くキレの良い旨辛な味噌スープに仕上がり、調理時に注ぐ目安の線よりもかなり下がっていることからもたっぷりと使用された野菜にスープが染み込み、濃厚とも言えるコク深さや後引く旨味・辛さが凝縮されているようです!

また、見るからに強い辛さをイメージさせるスープですが、“6種の野菜を使用”というだけあってたっぷりと野菜の旨味なんかも滲み出しているものと思われ、見た目ほどの辛さではないことが予想されます!…というよりもちょうど良いアクセントとなるピリッとした辛みが食欲そそり、食感の良い6種類もの野菜がたっぷりと使用されており、改めて見てみると税別184円はお求めになりやすい価格かもしれませんね!

食べてみた感想

一口食べてみると…ポークの旨味をベースにコク深い味噌や食欲そそるガーリック、唐辛子などをバランス良く合わせたことでキレの良い後引く辛さが心地良く、そこにたっぷりと使用されたFD仕様の野菜からも良い旨味・甘みが滲み出し、ほどよい辛さとコク深さが絶妙にマッチしているようで後味の良さが際立ち、まさに野菜の旨味が利いたやみつき感のある旨辛味噌スープとなっています!

そしてポークエキス以外にもチキンも使用されているわけですが、特に変な臭みなどは一切なく、むしろ味わい深さ・コクを引き立てており、もちろん脂っこさや“くどさ”なんかもありませんから…思いのほか野菜本来の旨味なんかもじっくりと楽めるのではないでしょうか?あまりにも野菜の旨味が際立ってしまうとタンメンっぽくなってしまいますが…その辺は全体のバランスが考慮されているようです!

また、上記の通り6種類ものたっぷりと使用されたFD仕様の野菜からもちょうど良い旨味が滲み出し、こちらもまたコク深い旨辛味噌スープの味わいを引き立て、ベースとなるスープを損なうこともなく相性良く馴染み、ポークエキスやガーリックなどの旨味が強いため、変に野菜の旨味だけが主張しているわけでもありません!

しかもたっぷりと使用された野菜に加え70gの麺が使用されたことで意外とボリューム感もあり、そもそもこの一杯で野菜がたっぷりと摂取できてしまうわけですから…色んな意味でけっこうな満足感があります!

麺について

麺はご覧の通り、角刃の中太麺となっていて、ほどよい弾力と噛み応え抜群な強いコシを兼ね備え、今回の旨辛味噌スープにもぴったりな食感に仕上がっています!

そんな麺には、ポークエキスをベースにガーリックや唐辛子、香ばしい“ごま”をバランス良く合わせたコク深い旨辛味噌スープがよく絡み、一口ずつにまろやかでありながらもキリッとした辛さや野菜の旨味などが口いっぱいに広がっていき、フライ麺ならではの香ばしい風味が後味良く抜けていきます!…というかこのフレーバーは動物系の旨味をしっかりと利かせたことで味噌と相性抜群な深みやコクがあり、後引く辛さがクセになる旨辛なテイストということもあって全体のバランスは非常に良いですね!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのキャベツが使用されていて、FD仕様によるシャキシャキ感はもちろん、まさに茹で野菜を別途追加したかのようなリアルな仕上がりで、こちらからも良い旨味が滲み出すことによって濃厚なスープをさらに美味しく引き立てているようにも感じられます!

そしてこちらの人参は、やや小ぶり・数も少なめではありますが…食感としては非常に柔らかく、素材本来の味わいなんかもしっかりと伝わる仕上がり具合となっていて、やはりこちらもまた上記のようにFD仕様ならではのワンランク上の美味しさがしっかりと表現されています!

また、こちらの“玉ねぎ”は、じっくりと味わってみると…素材ならではの甘みなんかもあり、こちらもまたFD仕様ならではのシャキシャキとした食感が臨場感ありますね!

一方こちらのニラは、今回の旨辛味噌スープにぴったりな香味野菜として旨味を引き立て、これがまた意外と他の野菜とも相性良くマッチし、ガーリックを利かせたスープの美味しさを引き立てているようです!

さらに、こちらの小松菜は比較的葉の部位が多く使用されており、FD仕様ならではの素材本来の味わいがしっかりと伝わる満足度の高い仕上がりとなっています!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されているんですが、こちらはかなり小ぶりで…シャキシャキとまではいかないものの、ちょうど良い薬味にもなったことで今回の馬辛味噌スープの美味しさを引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り味噌やポークエキスをベースに食欲そそるガーリックや唐辛子、“ごま”などをバランス良く合わせたことで割とシンプルなテイストではありますが、思ったよりコク深く繊細な旨辛味噌スープに仕上がり、たっぷりと使用されたFD仕様の野菜からも良い旨味が滲み出し、まさにやみつき感のあるスープには動物系・野菜の旨味が相性良く溶け込み、キリッとした後引く辛さによってついついスープが止まらなくなってしまいます。。

また、気になる辛さについては…やはり見た目ほどの強い辛さではなく、食べ進めていくに連れてほんのり汗を誘う程度のピリッとしたアクセントとしてシャープな口当たりを際立たせ、そもそも動物系の旨味がベースとなっているんですが、この辛さによって飽きが来るような脂っこさはうまく調和され、ちょうど良いメリハリをプラスしているようです!

そしてなんと言ってもたっぷりと使用された野菜の旨味がヘルシー感を加え、一口ずつにコク深い味わいや野菜の旨味がたっぷりと押し寄せてきますから…このキレ・後味すっきりとした飲み心地の良いスープはパッケージのイメージ通り旨辛なテイストと言えるでしょう!

ちなみに…今回のフレーバーは粉末スープがすでに入っている状態で、容器底にもダマになっているようでしたので、しっかりと混ぜながら食べ進めていくと良いかもしれませんね!そうすることで後半にもなると濃厚感が増していき、より一層喉越しの良い味わいがたっぷりと楽しめるかと思われます!

このように、今回の“6種の野菜を使用旨辛味噌”は、味噌とポークエキスをベースにガーリックや唐辛子、“ごま”などをバランス良く合わせたことでコク深く旨辛な味噌スープに仕立て上げ、そこにFD製法の6種類ものたっぷり野菜によるシャキシャキとした食感が心地良く、多くの野菜がこれひとつで簡単に摂取できてしまう満足度の高い仕上がりとなっていたため、お好みによっては唐辛子などの香辛料を加えてさらに刺激的な辛さを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「6種の野菜を使用旨辛味噌」を食べてみて、味噌とポークエキスをベースにガーリックや唐辛子をコク深い味噌とバランス良く合わせた旨辛味噌スープには…厚みのある旨味がキリッとした辛さとうまく融合したことでやみつき感のある美味しさを演出、そこにシャキシャキ感のあるFD仕様の野菜を6種類も使用したことで旨味がさらに際立ち、まさに臨場感の高い味わいがボリューム感たっぷりと楽しむことができ、コシの強い角刃の中太麺とともにたっぷりと食欲を満たしてくれる…そんな満足度の高い一杯となっていました!

やはりこういった野菜の旨味が特徴的な旨辛味噌スープに仕立て上げた一杯は申し分ありませんね!コク深くも後味すっきりとした旨辛なスープに食感の良い野菜をたっぷりと盛り付けた一杯はかなり幅広い層に好まれることに間違いなく、カップ麺ながらも期待していた以上の美味しさが楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!