webproduct-lab-blog

ラーメン・カップ麺を中心とした食べ歩き雑記ブログです。

セブンプレミアム 鳴龍 担担麺 食べてみました!胡麻と辣油が利いた美味い担担麺がカップ麺で登場!

スポンサーリンク

セブンプレミアム 鳴龍 担担麺 食べてみました!胡麻と辣油が利いた美味い担担麺がカップ麺で登場!

2017年11月7日にセブン&アイ・ホールディングスから発売された「セブンプレミアム 鳴龍 担担麺」を食べてみました。もちろん製造は日清食品ですね!

この商品はミシュランガイド東京2017 一つ星獲得の「鳴龍(なきりゅう)」の人気メニューの担担麺を商品化したものです。

ご覧の通りフタにもミシュランガイドに掲載されたことが記載されていますね!

f:id:yuki53:20171107224649j:plain

そして鳴龍と言えば、以前にも“有名店シリーズ”として発売しておりましたが、今回改めてセブンプレミアムとして登場したようです!

blog.webproduct-lab.com

実際に食べてみましたが、濃厚な担担麺のスープは胡麻の風味や旨味が濃すぎず食べやすく、その代わりに鶏や魚介からダシを取ったという旨味がしっかりとスープに厚みを持たせていて非常にクオリティ高いセブンプレミアムらしい商品に仕上がっておりました!

では、今回はこの「セブンプレミアム 鳴龍 担担麺」についてレビューしてみたいと思います。

セブンプレミアム 鳴龍 担担麺について

今回のカップ麺のフタの裏にも記載されていましたが、2012年創業の「鳴龍」は、お洒落なだけでなくミシュランガイドに掲載されるだけあって、ラーメンにももちろんこだわり、国内外の専門家からも高く評価されているということが記載されています。

そんな鳴龍は名店ということもあり、店舗は連日行列が絶えないそうです。。そんな人気の味わいがカップ麺で楽しめるというから気になりますよね?しかもセブンプレミアムシリーズは美味しいですから、それなりに期待値も膨らみます!

f:id:yuki53:20171107224654j:plain

では気になるカロリーから見てみましょう。

ご覧の通り677kcalとなっております。(塩分は7.2g)カロリー、塩分ともにかなり高めな印象ですね…ま、実際にはかなりの美味しさなのでしょうがないと思ってしまいます。。

f:id:yuki53:20171107224650j:plain

では原材料も見てみましょう。

スープには豚脂やポークエキス、魚介エキスや昆布粉末など様々な旨味が使用されていることがわかります。そして、みそも加えられた醤油ベースの担担麺のようですね!

f:id:yuki53:20171107224651j:plain

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやく入り粉末スープ、液体スープ、ねりごまオイルといった3つの調味料などが入っています。ちなみにそれぞれのパックは大きめです。

f:id:yuki53:20171107224652j:plain

調理してみた

まずかやく入り粉末スープを入れてみます。

ご覧のように、細くなめらかなことが想像できるノンフライ麺にはネギや胡麻、味付肉そぼろといった具材が確認できます。

f:id:yuki53:20171107224653j:plain

続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。

そして出来上がりがこちら!まずは麺をほぐしてから調味料などを入れるので先によーく麺をほぐしましょう!この時点では花椒などの香辛料の良い香りが漂います。

f:id:yuki53:20171107224655j:plain

麺をほぐしたら液体スープとねりごまオイルを入れます!
すると、ラー油と胡麻の担担麺らしい甘くもキレを感じる美味しそうな風味が一気に漂ってきます!

f:id:yuki53:20171107224656j:plain

では、よーくかき混ぜてみましょう。

この仕上がりは良いですね!
動物系の旨味が利いていると思われる濃厚なスープは、コクを思わせるとろっとしたもので、セブンプレミアムシリーズらしく、カップ麺とは思えない非常に美味しそうな仕上がりです!

f:id:yuki53:20171107224657j:plain

スポンサーリンク

食べてみた感想

一口食べてみると…これは美味いです!!
想像通り濃厚なスープには旨味が一気に口に広がります。

そして花椒などの香辛料がほどよく利いているため、後から抜ける風味が後味よくさっぱりとした味わいを感じさせてくれます。

麺について

麺はつるっとしたコシのある仕様となっています!この辺りはノンフライ麺ならではかと思われます。

ストレートな麺には濃厚な担担麺のスープが絡み、そのスープの良い風味を引き立てるような喉ごしです!

f:id:yuki53:20171107224659j:plain

そして担担麺らしく具材にはこちらの味付肉そぼろが入っていますが、噛むと柔らかく花椒の利いたスープを吸っているため、肉の旨味とともに美味しくいただくことができます。

f:id:yuki53:20171107224658j:plain

スープについて

食欲そそるピリッとしたラー油や香辛料が決めてのスープには、醤油ベースとは思えないほど味噌感の強い美味しい仕様のようで、担担麺らしい濃厚さが非常に美味しく感じられます。

さらに、黒酢やリンゴ酢といった酸味も含まれているせいか、濃厚なのに全くくどくないスープに仕上がっているところが鳴龍の人気の味わいを感じますね!

そして、個人的に担担麺はこれくらい胡麻が抑えられた仕上がりの方が好みです。
胡麻の甘みというんでしょうか?担担麺の胡麻の旨味・風味ってちょっと強すぎるんですよね。。

しかし、これくらい他の旨味が感じられる方がスープに様々な旨味がバランスよく合わさっていることがよくわかるので、何度も味わってみたくなる…そんなクセになりそうなスープに仕上がっています。

f:id:yuki53:20171107224700j:plain

まとめ

今回は「セブンプレミアム 鳴龍 担担麺」を食べてみましたが、ミシュランガイドにも掲載されただけあってスープの仕上がりはカップ麺とは思えないほどのクオリティで、まさにセブンプレミアムとしてふさわしい一杯に仕上がっていました!

そして食べ終えた後の感想は恐らく「美味い」の一言に尽きます!

気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

Copyright © webproduct-lab-blog ALL RIGHTS RESERVED.