webproduct-lab-blog

ラーメン・カップ麺を中心とした食べ歩き雑記ブログです。

サッポロ一番 野郎ラーメン 汁無し野郎 食べてみました!背脂醤油だれが美味い!汁無し野郎!

サッポロ一番 野郎ラーメン 汁無し野郎 食べてみました!背脂醤油だれが美味い!汁無し野郎!

2017年8月28日にサンヨー食品から発売された「サッポロ一番 野郎ラーメン 汁無し野郎」を食べてみました。

また面白そうな商品が出たなー…っと思ってましたが、この商品は東京を中心に店舗展開している二郎系の人気ラーメン店「野郎ラーメン」という実在する店舗の人気メニューのひとつ「汁無し野郎」を再現したものです!

実際に食べてみましたが、二郎系というだけあってそうとうこってりしているかと思いきや…!意外にもしっかりとしたポーク系の旨味の感じる背脂醤油だれに唐辛子などの香辛料が利いていて非常に美味しい油そばに仕上がっていましたよ!

では、今回はこの「サッポロ一番 野郎ラーメン 汁無し野郎」についてレビューしてみたいと思います。

サッポロ一番 野郎ラーメン 汁無し野郎について

この「野郎ラーメン」は東京の数多く存在する二郎系の店舗の中でもチェーン展開するほどの人気のお店のようで、こってりしているようですがそこまでのインパクトではないようです。

しかし個人的にはちょうどよく感じられるので、二郎系はちょっと…という方におすすめの商品ではないでしょうか?

ちなみにパッケージにもあるように渋谷センター街に総本店があるようです。

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り618kcalとなっております。(塩分は4.8g)汁無しのカップ麺でこれくらいなら最近ではもはや低めに感じてしまいます。。

f:id:yuki53:20170830204740j:plain

では原材料も見てみます。
豚の旨味に香辛料が利いていることがうかがえる材料が並びます。これを見てわかるように、たれのベースは醤油です。

f:id:yuki53:20170830204912j:plain

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り特製調味だれ、特製スープ、トッピングの海苔が入っています。全て後入れのようですね。

f:id:yuki53:20170830205035j:plain

調理してみた

熱湯を注ぎ4分待ちます。

そして出来上がりに湯切りをして特製調味だれと特製スープを入れたところがこちら!背脂醤油ですがさらっとした印象の液体ソースです。

f:id:yuki53:20170830205446j:plain

では、よーくかき混ぜてみましょう。

麺のコシが強いせいか全くごわごわしませんね!かき混ぜやすいです。
そして仕上げに刻み海苔をかけて出来上がりです。

f:id:yuki53:20170830205708j:plain

スポンサーリンク

食べてみた感想

一口食べてみると…冒頭でもお伝えした通り、二郎系の頭で食べ始めると拍子抜けするほど脂っこさは感じません。

それどころか動物系のダシが利いたたれにはしっかりと背脂の甘みやコクなんかも感じられて非常に美味しい味に仕上がっていますね!これは美味しいです!

麺について

麺はコシが強く歯切れの良い太麺です!この麺は美味しいですねー!

そんな麺なのでガシガシ食べるって感じです。そして食べ進めていくうちに黒胡椒や唐辛子などの香辛料が利いてくるのですっきりとした口当たりで全く飽きが来ません。

f:id:yuki53:20170830210033j:plain

また、こちらの鶏・豚味付肉そぼろはしっかりと味付けされていて美味しく仕上がっています。

f:id:yuki53:20170830210815j:plain

他にもキャベツのシャキシャキ感が良いですね!

たれについて

濃い醤油たれには旨味が詰まっています!
どちらかと言うと…すっきりとした印象のたれですが、しっかりと背脂のコクがありバランスの良い美味しいたれではないでしょうか?

そして、ご覧のように容器底には油はたまっていません!意外と食べやすい脂っこくないので野郎といいつつも女性にもおすすめの一品です。

f:id:yuki53:20170830210830j:plain

これ、実店舗の方でも入っているようですが、卵黄入れたら合いそうです!
にんにくや一味なんかもお好みで調整してみても良いかもしれないですね。

まとめ

今回は「サッポロ一番 野郎ラーメン 汁無し野郎」を食べてみましたが、たれが濃いめの醤油ベースに背脂やダシが利いていて想像以上に美味しく仕上がっていましたね。

濃厚ではありますが、脂っこさを感じさせない絶妙なバランスは“野郎ラーメン”という店名とかけ離れたようにも思われ、そんな美味しいたれがコシの強い太麺とも合っていました。

気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

Copyright © webproduct-lab-blog ALL RIGHTS RESERVED.