どん兵衛

日清のあっさりおだしがおいしいどん兵衛 旨だしカレーうどん!出汁の旨味を活かしたスパイシーな一杯

日清のあっさりおだしがおいしいどん兵衛 旨だしカレーうどん

日清のあっさりおだしがおいしいどん兵衛 旨だしカレーうどん」を食べてみました。(2022年2月21日発売・日清食品)

この商品は、シニア層や女性層をターゲットに通常よりもあっさりとした味わいに仕上げ、さらに量も通常より7〜8割少なめといったちょうど良いサイズで楽しめる新シリーズ“日清のあっさりおだしがおいしいどん兵衛”の新商品ということで、今回は鰹節と昆布によるW出汁と豚の旨味を利かせた“カレーつゆ”に仕上げ、そこにつるっと滑らかな“うどん”が絡む風味豊かな一杯が登場です!

それも…これまでに4品発売されているこの新シリーズは大変好評とのことで、今回ご紹介するのは“日清のどん兵衛”シリーズらしく鰹節や昆布の和風出汁に豚の旨味を利かせたスパイシーな風味の“カレーつゆ”に仕上げ、つるっとした滑らかな食感が特徴的な“うどん”が絶妙にマッチし、あっさり・少なめ、しかも大変リーズナブルな価格設定として楽しめる一杯、“日清のあっさりおだしがおいしいどん兵衛 旨だしカレーうどん”となっております。(税抜き125円)

ご覧の通り、パッケージには“旨だし”、“カレーうどん”といった特徴や今回の商品名が記載されており、そもそも“日清のどん兵衛 カレーうどん(1食当たり87g・麺量66g)”がレギュラー商品として発売されていますから…それよりも若干量は少なく、落ち着いた味わいとして染み渡る“カレーつゆ”やつるみのある“うどん”を楽しみたい時にちょうど良いのかもしれませんね!

一方こちらには“豚の旨みとWだし”、“鰹節×昆布”と記載され、あっさりとした中にもシリーズらしい出汁の旨味をしっかりと利かせ、レギュラーサイズだとちょっと多い…でもミニだと物足りない…といった味と量を考慮したちょうど良いミドルサイズで楽しむことができ、“どん兵衛”シリーズはそもそも出汁の美味しさに定評がありますから、恐らくあっさりとは言っても決して薄味ではない美味しさが表現されているものと思われます!(これまで発売されてきた同シリーズは4〜5種類の具材が使用されているのが特徴だったんですが、これからは出汁の旨味に拘っていくようです。)

また、こちらにはあっさりとした中にも鰹や昆布などW出汁と豚の旨味をしっかりと利かせたじんわりと染み渡る“カレーつゆ”に各種具材が盛り付けられた仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…味付油揚げ・人参・“ねぎ”が使用されているようです!

ちなみにこのシリーズは豊富な具材とあっさりおだしでちょっと少なめといった特徴があり、2020年3月2日に3種同時発売され、2021年2月22日には“温つゆおそうめん”が登場したことで現在以下の4商品が発売されています!
※“4種の具材が入った肉だしうどん”のみ通常よりも約8割の内容量となっています。

そしてなんと言ってもあっさりとした味わいをイメージさせる彩度の低めなパステルカラーを基調に“あっさりおだしがおいしい”と記載されているのが特徴的!

他にも特徴として…麺はつるみのある食感滑らかな“うどん”が採用されていて、もっちりとした弾力とほどよいコシがあり、鰹節や昆布によるW出汁と豚の旨味を利かせたスパイシーな“カレーつゆ”に仕立て上げた味わいがちょうど良いサイズで堪能でき、上記のように“あっさり”とは言っても出汁がしっかりと利いていますから、物足りなさを全く感じさせない旨味がスパイシーな風味とともに最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

あっさり感を全く感じさせないW出汁と豚の旨味によるコク深い“カレーつゆ”は、割とサラッとしていながらも素材の旨味を活かした味わい深いテイストに仕上がり、“あっさりおだしがおいしい”というだけあって濃厚感こそないものの…じんわりと染み渡る美味しさが凝縮されており、それによって決して物足りなさを感じさせることもなく、後味に香るスパイシーな風味が食欲を掻き立て、“カレーつゆ”をしっかりと吸った油揚げからも良い旨味・油分が滲み出し、つるっと滑らかな食感の太い“うどん”が食欲を満たしてくれるちょうど良いサイズで楽しめる満足度の高い一杯となっていました!
これは特に、“カレーうどん”といった味わいが好みの方はもちろん、あっさりとした中にも魚介出汁や豚の旨味を活かしたことでスパイス感のあるコク深い“カレーつゆ”につるっと滑らかな食感の太い“うどん”を気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“日清のどん兵衛”から登場したシニア層や女性層に向けた“あっさりおだしがおいしいどん兵衛”シリーズの新商品ということで、ミニでは物足りない…そして味もあっさり目でちょうど良いサイズ感と豊富な具材が楽しめるW出汁仕様の風味豊かな一杯、「日清のあっさりおだしがおいしいどん兵衛 旨だしカレーうどん」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日清のあっさりおだしがおいしいどん兵衛 旨だしカレーうどん

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“日清のどん兵衛”の新商品ということで、ちょうど良い味とサイズが豊富な具材とともに楽しめる新シリーズ“日清のあっさりおだしがおいしいどん兵衛”から新たに登場した新フレーバーであり、鰹節や昆布のW出汁に豚の旨味をバランス良く利かせたことで、じんわりと染み渡るスパイシーな“カレーつゆ”がもっちりとした弾力とほどよいコシを併せ持った太い“うどん”に絡む後味すっきりとした一杯、“日清のあっさりおだしがおいしいどん兵衛 旨だしカレーうどん”となっています。

ご覧の通りパッケージは、レギュラー商品として発売されているものと比べて“あっさり感”を思わせるかのように若干色が薄く、“あっさりおだしがおいしい”、“旨だしカレーうどん”といった商品名や特徴が記載されたわかりやすいデザインが印象的!

日清のあっさりおだしがおいしいどん兵衛 旨だしカレーうどん パッケージ

また、以前ご紹介した下記の商品なんかも“あっさり・少なめ”といったシニア層や女性層に向けたミニではちょっと物足りない…といった商品が2018年4月9日に発売されていましたね!(2018年7月には“あっさりおいしいカップヌードル”に改名)

そういったコンセプトによる新シリーズがロングセラーブランド“日清のどん兵衛”からも登場ということで、量が少なめな変わりに豊富に使用された具材なんかも嬉しい一品は評価も高いんじゃないでしょうか?何せ商品価格が希望小売価格で税抜125円ですから…夜食なんかにもぴったりなので安売りされている時に買い溜めしておきたいところ!!

それでは、今回の“日清のあっさりおだしがおいしいどん兵衛 旨だしカレーうどん”がどれほど鰹節や昆布の染み渡る美味しさが豚の旨味と相性良く凝縮された仕上がりとなっているのか?出汁の利いた“カレーつゆ”ならではのスパイス感のある風味豊かな後味との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもつるみのある食感滑らかな太い“うどん”との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り332kcal(めん・かやく317kcal / スープ15kcal)となっております。(塩分は4.7g)

カロリーは、あっさりめなテイストが特徴的というだけあって非常に低めな数値のようで、塩分も若干低めといったところでしょうか?
ちなみに1食当たり74g、麺の量は60gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと15kcalとやはり魚介出汁や豚の旨味を存分に活かしたあっさりとした中にも物足りなさを感じさせないじんわりと染み渡るスパイシーな仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩やカレー粉をはじめ…

  • 魚粉(かつお、さば)
  • かつおぶし調味料
  • ねぎ
  • 香味調味料
  • ポーク調味料
  • こんぶ粉末
  • 香辛料

といった、鰹節×昆布によるW出汁に豚の旨味を合わせたことで、あっさりとしていながらもコク深く繊細な味わいが表現され、さらにカレー特有のスパイシーな味わい・風味が食欲を掻き立てる“カレーつゆ”に仕立て上げ、まさに素材の旨味を存分に活かした香り高い味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4902105271452
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩)、スープ(食塩、カレー粉、糖類、魚粉(かつお、さば)、小麦粉、酵母エキス、かつおぶし調味料、ねぎ、香味調味料、ポーク調味料、こんぶ粉末、香辛料)、かやく(味付油揚げ、にんじん)/加工でん粉、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、炭酸Ca、カラメル色素、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、香辛料抽出物、カロチノイド色素、チャ抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・乳成分・牛肉・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (74g) 当たり]
熱量332kcal
めん・かやく: 317kcal
スープ: 15kcal
たんぱく質6.3g
脂質14.1g
炭水化物45.0g
食塩相当量4.7g
めん・かやく: 1.8g
スープ: 2.9g
ビタミンB10.51mg
ビタミンB20.23mg
カルシウム126mg

引用元:日清のあっさりおだしがおいしいどん兵衛 旨だしカレーうどん | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り具材がすでに入っていて、別途粉末スープがひとつ入っています。

そしてこちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、今回の“カレーつゆ”は粉末仕様・全て先入れタイプということもあって調理中に温める必要はありません。

また、麺はご覧の通りシリーズらしく厚みもあり幅広な太い“うどん”が採用されており、見るからにもっちりとした弾力とほどよいコシを併せ持った食感滑らかな仕上がりをイメージさせます!

そしてこの太い“うどん”の裏側には、具材として“味付け油揚げ”がすでに入っています。

調理してみた

ではまず、先ほどの粉末スープを加えてみます。
すると…使用されている量はやや多めで本格スパイスを利かせた風味豊かな香りが一気に広がっていき、さり気なく具材として“ねぎ”や人参が含まれているようです。

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:360ml)
そして出来上がりがこちら!

粉末スープは粒子も非常に細かいため、すでに熱湯に溶け込み、カレー特有のスパイシーな香り以外にも鰹節や昆布など魚介の旨味がしっかりと利いているため、あっさりとした中にも物足りなさを感じさせない出汁の旨味を活かした品の良い一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そして全体にスープが馴染むと…出汁を利かせた“カレーうどん”ということで、ほんのり“とろみ”が付いているものの、思っていたよりもサラッとした仕上がりとなっており、“あっさりおだしがおいしい”シリーズの文字通りあっさりとした中にも申し分のない美味しさがぎゅっと閉じ込められ、味わい深くもスパイシーな風味が心地良く、後味すっきりとした満足度の高い一杯が表現されているようです!

また、具材に使用された味付油揚げからも良い旨味・油分が滲み出しているようにも感じられ、しっかりとスープを染み込ませていただくと、より一層旨味が際立って楽しむことができ、あっさりとは言っても鰹節と昆布によるW出汁仕様に豚の旨味をバランス良く合わせた“和風カレーつゆ”でいただく品のあるテイストとなっているため、お好みによってはピリッとしたアクセントをプラスする七味やガラムマサラ辺りを加えてみても良いかもしれませんね!

食べてみた感想

一口食べてみると…“カレーうどん”のイメージ通りスパイス感もありつつも鰹節と昆布といったW出汁仕様によるじんわりと染み渡る旨味が絶妙にマッチし、“あっさりおだしがおいしい”とは言え単純に薄味というわけではなく、全く物足りなさを感じさせない出汁の利いた“カレーつゆ”に仕上がり、素材の旨味や本格スパイスを存分に活かしたテイストが印象的で比較的サラッとしたスープですが、申し分のない美味しさが表現され、もっちりとした弾力の太い“うどん”との相性も抜群です!しかも麺量も60gありますから…意外とボリュームもあって食欲も満たされるかと思われます!

また、あっさりというだけあって濃厚なテイストとはまたひと味違い、最初の口当たりにはまず豚の旨味をベースにしたカレーならではの旨味が押し寄せてくるんですが、その後からは鰹節と昆布によるW出汁の旨味が心地良く染み渡り、すすった際に香り立つスパイシーな風味がバランス良く感じられ、安定感のある味わいがじっくりと楽しめる上品な一杯にも感じられます!…というかレギュラー商品として発売されている“日清のどん兵衛 カレーうどん”とはひと味違ったテイストなので、むしろ幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

それと、気になる辛さに関しては本格スパイスを利かせたちょうど良いアクセント程度で、後引くスパイシーな感じが心地良く、決して唐辛子のような辛さはありませんので、シニア層や女性層をターゲットとしているのも納得のメリハリが最後まで飽きさせません!これはむしろ“あっさりおだしがおいしい”シリーズとしての登場でちょうど良いのかもしれません!

麺について

麺は、ご覧の通り厚みもあり幅広な太い“うどん”が採用されており、見た目通りもっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備えたことで、麺量60gながらもしっかりと食欲を満たしてくれる食べ応えのある仕上がりとなっています!

そんな“うどん”には…鰹節と昆布によるW出汁に豚の旨味を利かせた後味の良い“カレーつゆ”がよく絡み、一口ずつにじんわりと染み渡る魚介の旨味やカレーならではのスパイス感のある味わいなどが口いっぱいに広がっていき、出汁の風味やスパイシーな香りが後味良く抜けていきます!…というかこの一杯は“あっさりおだしがおいしい”シリーズとは言え、全く物足りなさを感じることなく楽しむことができ、かなり幅広い層に好まれると思われる仕上がりと言えるのではないでしょうか?

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“味付け油揚げ”が入っていて、若干小さめにカットされているものの…使用されている数に関しては全く申し分なく、ちょうど良い油揚げならではの旨味や油分が滲み出し、今回の“カレーつゆ”もしっかりと吸ったことで、じんわりと染み渡る旨味やコクが引き立ち、臨場感の高いテイストへと際立たせているように感じられます!

また、こちらの細かくカットされた人参なんかも使用されていて、見た通りかなり小ぶりな仕様ではありますが食感は割と良く、今回の“カレーつゆ”の美味しさを損なうことなく、彩りの良い具材としてW出汁に豚の旨味を合わせたスパイシーなテイストに華やかな彩りをプラスするちょうど良いアクセントとなっているようです!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されており、かなり小さく細かくカットされたことでシャキシャキ感こそありませんでしたが、ちょうど良い薬味として“カレーつゆ”の美味しさを引き立て、後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

“つゆ”について

“つゆ”は、先ほどもお伝えした通り鰹節と昆布によるW出汁に豚の旨味をバランス良く合わせたことでカレーならではのスパイス感と絶妙にマッチし、安定感のあるコク深い味わいを表現、それら旨味が丁寧に溶け込んだことによって…“あっさりおだしがおいしい”シリーズとは思えないほどの旨味が心地良く、素材の旨味も引き立てつつ後味すっきりとしたスパイシーな風味が加わった万人受けする仕上がりとなっています!

また、具材に使用された“味付油揚げ”からも良い旨味が滲み出し、食べ進めていくに連れコクも際立っていき、まさにあっさりとしたテイストながらも納得の美味しさを保ちつつ、申し分のない出汁の利いたスパイス感のあるフレーバーで、想像以上にシンプルかつ手の込んだ一杯といったところ!

他にもあっさりとしたテイストには感じられないほどW出汁仕様による魚介の旨味がしっかりと染み渡っていき、何より“カレーうどん”らしく“とろみ”も増していくため、後半になるに連れてどんどん旨味やコクが増していくのが伝わってきます!(ちょっと濃いめで味わいたい方は調理時の熱湯を少なめにして見ても良いかもしれません。)

このように、今回の“日清のあっさりおだしがおいしいどん兵衛 旨だしカレーうどん”は、レギュラー商品“日清のどん兵衛 カレーうどん”よりもボリューム的に8割強の量で、味わいもあっさりとしていながらも素材の旨味や出汁を活かしたことでちょうど良いサイズ感と美味しさが表現され、決して薄味というわけではなく、具材に使用された“味付油揚げ”からも良い旨味・油分が滲み出すことによってじんわりと染み渡る出汁の旨味がさらに際立ち、スパイシーな風味が心地良い絶妙な仕上がりとなっていたため、お好みによっては“和風カレーつゆ”と相性抜群な七味などの香辛料をちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「日清のあっさりおだしがおいしいどん兵衛 旨だしカレーうどん」を食べてみて、あっさり目な味わいといい、ちょっと少なめな量といい、ミニではちょっと足りない…といった時にちょうど良いサイズ感ですが…上記の通り決して薄味というわけではなく、じんわりと染み渡る出汁の旨味とスパイシーな風味がバランス良く仕上がったことで想像以上に満足度は高く、夜食にもぴったりな優しい味わいでしたのでシニア層や女性層はもちろん、かなり幅広い方に好まれる一杯となっていました!

やはり出汁の利いた“カレーうどん”は美味しいですね!今回の一杯はあっさりとしたテイストが売りなんですが、素材の旨味を活かしたことで物足りなさといった感じもありませんし、鰹節や昆布のW出汁がスパイス感のある“カレーつゆ”と絶妙にマッチしたことによってシンプルながらも最後まで飽きの来ない…そんな満足度の高い味わいが楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!